米津玄師は天才すぎる?天才と言われる理由とこれまでの経歴 エンタメ

米津玄師は天才すぎる?天才と言われる理由とこれまでの経歴

トップシンガーソングライター「米津玄師」さんですが、もともとはボカロから派生したアーティストです。作詞・作曲だけでなく、イラストもプロ並みの腕前、自身のMVでは、圧巻のダンスも披露しています。もはや万人に一人の天才、米津玄師さんの情報をまとめてみました。

目次

[表示]

米津玄師は天才すぎる!天才と言われる理由まとめ!

若者の間で絶大な人気を誇る米津玄師さんは、Youtubeでの楽曲再生がほとんど億越えという快挙を成し遂げています。天才すぎるそのミステリアスな素顔に迫ってみました。

米津玄師のプロフィール!

  • 本名    米津玄師(よねつけんし)
  • 生年月日  1991年3月10日生まれ
  • 出身地   徳島県
  • 身長    :188cm
  • 血液型   O型
  • 職業:    シンガーソングライター、ボカロP、イラストレーター、映像作家

ボーカロイド(音声合成技術)で、クリエイター「ハチ」としてニコニコ動画で活躍していた米津玄師さんですが、今ではYouTubeで再生回数億越えの曲を連発しています。

このとんでもない数字には米津玄師さんの天才的な音楽の才能、幅広い語彙集が元となっていてその音楽は多くの人の心を鷲掴みにする中毒性があるようです。

しかも身長が188cmもあるとか。「灰色と青」「まちがいさがし」などでコラボした菅田将暉さんが「ヨネケンはデカ過ぎる」と言っていたそうです。

他のアーティストからも「恐ろしい」と言われる才能を持つ米津玄師

あるラジオ番組でいきものがかりの水野良樹さんが米津玄師さんについて語っていました。

この世界に入ってよく思うんですけど、天は二物、三物、四物位はサクサクあげちゃってるんですよ。

アレンジの1部をプロデューサーに預けたり、いろいろな人とコラボレーションしたり、そのクレーバーさと冷静さが恐ろしい

(引用:Sonar music)

同じ業界の人間でさえも虜にしてしまう米津玄師さん、その才能に末恐ろしさを感じながら天才として認めざるを得ないと絶賛しています。

米津玄師は作曲能力がすごい!

stevepb / Pixabay

米津玄師さんの紡ぎ出す言葉の数々は、日本人が忘れかけた美しい日本語が礎となっています。その奥の深い言葉が、音の魔術師と呼んでも過言では無い米津玄師さんの作曲した曲と見事にシンクロしています。

米津玄師は作詞も天才的?

米津玄師さんの楽曲を聴いていると、そのボキャブラリーの多さに驚かされます。またその作詞のどれもに誰もが共感し、感動し、聞き惚れてしまいます。

普段、言葉にすることができない思いや心の内側を米津玄師さんは音楽と言うメッセージで表現しています。それを聴いて「自分の言いたい事はこういうことなんだ」と改めて気づかされる人もいるようです。

米津玄師さんが作詞した言葉のひとつひとつに、自分の思いを照らし合わせ共感する人がたくさん存在しています。

米津玄師は絵もすごい!

2016年に、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の15周年記念で、イラストを描き下ろした事も有名ですが、多くの楽曲のジャケットのイラストも自身で描いているそうです。

また「ゴーゴー幽霊船」のMVでは、歌詞を漫画の吹き出しに変えて描かれたイラストにも賞賛が集まりました。

それまで米津玄師さんの音楽性にだけ注目していた人たちも、MVにあった「イラスト/米津玄師」に衝撃を受けイラストのクオリティーの高さにも驚嘆したようです。

米津玄師はダンスも天才的?

米津玄師さんが、自身初となるコンテンポラリーダンスを披露してくれたのは「LOSER」のMVの中でした。音楽とダンスの融合によって米津玄師の圧巻の世界観が表現されていました。

振り付けを指導したのは辻本知宏さん(シルクドソレイユの団員)ですが、ほんの数時間で完璧にマスターした米津玄師さんを「ダンスの天才」と絶賛していました。

米津玄師は歌声もすごい?

Pexels / Pixabay

低音から高音までその伸びやかな歌声は、淡白なようでいてどこかクセのあるものでした。一度聴くと耳から離れず、頭の中で、メロディーが何度もリバースしている感覚に陥ります。

米津玄師はカリスマ性がある!

今では日本中にその名を知らしめた米津玄師さんは、マルチな才能を持ちながらとてもミステリアスです。自分自身のことは多く語らず全てを制作に傾けています。

アーティストとして天才的で途方も無い才能には、カリスマ性が感じさせられます。実際米津玄師さんののチャンネル登録数は驚異の400万人です。

ファンにとっては、米津玄師さんは、もはや神と言っても過言では無いようです。

米津玄師の曲はYoutube再生回数がすごい?

紅白で歌われた「Lemon」は、再生回数4億回を超えています。他の楽曲も1億回をゆうに超えているものがたくさんあります。

簡単に億を超えていると思われがちですが、再生回数が100万回超えただけでもすごい事ですから、米津玄師さんがどれだけ突出している天才かがよくわかります。

米津玄師に対するネットの反応は?

GDJ / Pixabay

ネット上では米津玄師さんに関して様々な意見が飛び交っていました。顔やヘアスタイルについても言及されていましたが、結局実力がありすぎるから見た目はどうでもいいとまとめていました。

関連する記事はこちら

米津玄師のすごい曲まとめ!

米津玄師さんが世の中に生み出している多くの楽曲は、いずれも人の注目を集めています。YouTubeで発表した楽曲のいくつかを紹介していきます。

Lemon

米津玄師さんが、はじめてのNHK「紅白歌合戦」で披露したのがこの曲「Lemon」でした。紅白で初めて米津さんを見た視聴者は「だれ?」となったそうです。

その後、NHKには米津さんに対する問い合わせが殺到してサーバーがダウンする寸前だったそうで、米津さんの天才たる所以もここにあるようです。

「Lemon」のMVの再生回数は、驚くことに4億回以上となっています。

LOSER

米津玄師さんがMVで初めてダンスを披露したのが、この楽曲「LOSER」でした。

2016年9月に米津玄師さん自らがちょっとした企画(ダンス?)をやるとSNS上で告知していてファンが騒然となったようです。

Flamingo

ここにきて一気に曲調が民謡と演歌風にカスタマイズしました。レトロチックな和を感じさせる曲ですが、米津玄師さんはここでも流れるようなダンスを披露しています。

全く別次元の新しいメロディーは米津玄師さんの底知れない才能を感じさせます。

ピースサイン

米津玄師さんが兼ねてから愛読していた「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマであるこの曲は、アニメの製作者側から楽曲を提供してほしいというオファーを受けて作ったそうです。

この曲はオリコンデイリーランキングのアニメ週間チャートで1位を獲得しています。ITunesチャートでも配信を開始してから7日間連続の1位を獲得していました。

海の幽霊

劇場アニメの「怪獣の子供」で主題歌として作られた曲です。販売開始の翌週にはオリコンチャートで首位を獲得しています。一気に高音からサビにはいる時の声に鳥肌が立ったという人もいるようです。

パプリカ

千20年応援ソングとしてNHKの企画によって子供たちのユニットで発表されました。2019年8月には米津玄師さんのセルフカバーバージョンが配信されています。

米津玄師のこれまでの経歴は?

天才米津玄師は、多くの謎に包まれています。自身が「高機能自閉症」だとして自らカミングアウトしたほかプライベートははっきりと明かしていません。

ですが、アーティストとしての才能は、大きく開花させています。これまでの経歴を見ていきましょう。

天才・米津玄師の音楽の経歴は?

アーティスト米津玄師が生まれたのは、なんと小学5年生だったそうです。FLASH動画をネットで見たことでそれまでの音楽に対する概念が覆されたそうです。中学生になるとMTRを使って音楽を制作していました。

高校生で結成した「late rabbit edda」というバンドで10代限定のロックフェスに応募し、二次で落選しています。高校を卒業すると専門学校に入学しますが音楽活動も並行して行っていたようです。

結局入学した専門学校も方向性が違うと1年ほどで辞め、それからは音楽に没頭するようになったそうです。

米津玄師はボカロPとしても活躍していた

米津玄師さんはボーカロイドでもミリオンヒットを連発しました。ニコニコ動画でアップされた「パンダヒーロー」初音ミクもライブで歌った「結ンデ開イテ羅刹と骸」、「マトリョーシカ」が注目を集めました。

また初音ミクが歌う「砂の惑星」では、米津玄師さん独特の世界観が感じられます。その後ソロでデビューし、多くの著名人ともコラボレーションしているようです。

米津玄師の最新情報は?

TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌として制作された「馬と鹿」が9月11日に発売されました。また週刊オリコンデジタルシングルのランキングで1位を獲得しています。

米津玄師はYouTube登録者数が400万人を突破?

geralt / Pixabay

YouTubeチャンネル登録者数が、400万人もいるのは日本人アーティストでは米津玄師さんただ1人です。でいまだにその数字は伸び続けています。

今や日本中が米津玄師さんの動向に注目しています。どのような楽曲が発表されるのか気になるところです。

稀代のモンスター米津玄師

米津玄師さんの楽曲には、何度も繰り返し聴いてしまうという人の心を惹きつけて止まない中毒性があります。

米津玄師さんの才能は無限大の宇宙のように限界が全く見えません。人の心の琴線に何度も触れ感動の波に飲み込んでしまう天才的な才能は、もはや稀代のモンスターと言えるかもしれません。

これからもアーティストとしての振り幅を最大限に振り切りながら活躍していく米津玄師さんの動向に目が離せないようです。

関連する記事はこちら