千葉真一の若い頃の画像!真剣佑やゴードンにそっくりのイケメン? エンタメ

千葉真一の若い頃の画像!真剣佑やゴードンにそっくりのイケメン?

国際的スターの千葉真一さんは、その優れた身体能力と貪欲なまでの好奇心で、日本だけでなく世界で活躍してきました。若い頃は、自身でスタントこなすアクション派でしたが、芸域も広がり色々な役を演じています。最近は長男新田真剣佑くんも日本映画に出演して人気があります。

目次

[表示]

千葉真一の若い頃は息子たちにそっくり?千葉真一のプロフィールと現在の画像!

日本を代表するアクションスター千葉真一さんは1939年1月22日、福岡県福岡市で二男三女の長男として生まれました。年齢は80歳です。身長は176cm、血液型はO型です。

4歳のとき福岡から千葉県君津市に転居、中学から器械体操を始めオリンピックを目指すようになります。県立木更津一高3年生の時全国大会優勝し、日本体育大学へ進学しました。

大学2年生の時に怪我をした事で、退学して東映第6回ニューフェースに応募、見事トップ合格し、1959年東映に入社しました。60年にテレビドラマ「新七色仮面」で主演デビューしました。

千葉真一の若い頃は息子の新田真剣佑にそっくり?

千葉真一さんには3人の子供がいます。野際陽子さんとの間に生まれた長女の真瀬樹里さん、二度目の結婚で玉美さんとの間に生まれたのが、長男の新田真剣佑、次男の眞栄田郷敦くんです。

千葉真一の若い頃の画像は?

子供さんたちは若い頃の千葉さんによく似ています。みなさん本当にカッコいいですよね。千葉さんは、1970年台前半に4年連続で、ブロマイドの売上俳優部門のナンバーワンでした。

ただかっこいいというデビュー間もない頃から、次第に役に合わせて目の表情が豊かになっていってます。

息子・新田真剣佑との比較画像は?眉毛や輪郭が似てる?

やはり親子、よく似ています。角度によっては更に似て見えます。

この角度ではいかがでしょうか。眉毛も輪郭もよく似ていますよね。

次男の眞栄田郷敦(ゴードン)も似てる?

こっちの方が更ににているというか、本当にそっくりですね。

眞栄田郷敦がインスタで公開した画像が千葉真一の若い頃に似ていると話題に?

若くしてこんなに存在感が大きいのは、父親に似ているからかもしれません。

長女・真瀬樹里とは似ている?

長女・真瀬樹里は、野際陽子さんにそっくりです。千葉さんの影響が殆んどないみたいです。

千葉真一の生い立ちや若い頃の経歴を紹介!

スポーツ万能の千葉真一さん、本来ならオリンピック選手を目指していました。本人にとっては大変でしたが、ファンにとっては幸運なことに、怪我が原因で芸能界へはいることになりました。

幼少期からスポーツ万能でオリンピックを目指す

4歳のとき福岡から千葉県君津市に転居、君津市君津中学校に入学、体育教師の勧めで、陸上競技・バレーボール・野球など複数競技で大会に出場しました。このころ体操競技が大ブームとなります。

君津中学校にも体操部が創部されて、千葉さんも誘われて体操競技を始めました。直ぐに頭角を現した千葉さんは、やがて器械体操でオリンピックに出たい、という夢を抱くようになりました。

体操競技ならと県立木更津一高へ進学し、1年生の時に全国大会上位入賞、3年生で全国大会優勝しました。オリンピック参加が現実味を帯びてきました。高校卒業後、日本体育大学体育学部体育学科へ進学しました。

日本大学で練習中に身体を痛めてオリンピックを諦める

日本体育大学には、東京オリンピック跳馬の金メダリスト山下治広さんがおり、千葉さんはヘルシンキオリンピック跳馬の銀メダリスト、竹本正男さんから指導を受けました。

しかしながら、大学2年生の時に跳馬の着地に失敗して腰や膝を痛めてしまいます。独力で大学に通う事が条件だったので、アルバイトを掛け持ちして学費を稼いでいましたが、それが困難になってきました。

結局学費が払えず、千葉さんはやむなく大学を退学することなりました。周りからの評価が高かっただけに、もしも続けていたなら、メダルが獲得できたのではないでしょうか。

東映6期ニューフェイスにトップで合格し俳優業をスタート

千葉真一さんは大学を退学した後、今後の事を検討した結果、かつてミスタースポーツウエア・コンテストに入賞した時に勧められた、東映ニューフェイスを受験する事にしました。

結果ですが、千葉さんは東映第6期ニューフェース、26000人の応募者の中から見事トップ合格し、1959年東映に入社しました。俳優座で半年研修を受けてから俳優業をスタートしました。

同期生は、男性6名、女性14名でした。亀石征一郎、太地喜和子、真山知子、新井茂子、茅島成美、都築克子らが主な同期生です。

元祖アクションスター、歌手としても活躍

1960年にテレビドラマ「新七色仮面」の二代目、蘭光太郎役で主演デビューしました。変身ヒーロー物で、千葉さんはスーツアクターもこなしました。続けてテレビドラマ「アラーの使者」でも主演しました。

61年からは映画でも活躍しました。深作欣二監督から、吹き替え無しでスタントをこなす、アクションスターとして期待されました。幅広い役を演じたかったのですが、更にアクションに磨きをかけることになりました。

63年にシングル「男一匹生きるなら」で歌手デビューしました。67年にはグループ・サウンズの「ザ・サタンズ」を結成、リーダーそしてボーカルを務めました。夜は音楽喫茶やジャズ喫茶でライブをしていました。

ハリウッド進出し「サニー千葉」として海外でも知られるように

千葉真一さんは、数多くの主演映画、特に空手を中心とした格闘映画が、早い内から海外で高く評価されていました。本人は本格的な海外作品出演を希望しましたが、なかなか認めてもらえませんでした。

1990年頃には海外からの出演依頼が届き始めたのをきっかけに、92年アメリカ映画「エイセス/大空の誓い」に出演し、LAに移住しました。アメリカでも俳優活動を行い、幅広い活躍をしました。

千葉さんはアメリカでも俳優活動を始め、多くのハリウッド作品に出演しています。長年培ってきたアクションは、高い評価を得ています。アメリカでの芸名は、「Sonny Chiba」として有名です。

千葉真一の結婚歴は?新田真剣佑の母親はだれ?

千葉真一さんは2度結婚をしています。そして授かった3人の子供さんは、みんな芸能界に入り、それぞれ活躍しています。親の血が濃いのかもしれませんね。

1973年に野際陽子と結婚し、1994年に離婚

1968年放映開始のテレビドラマ「キイハンター」は、誰も見たことがないスーパーアクションをお茶の間に提供して、あっという間に視聴率は30%を超え、1年の予定が5年に渡って制作されました。

千葉真一さんは、キイハンターで共演した野際陽子さんと1973年結婚しました。おしどり夫婦として有名でしたが、アメリカ進出を希望する千葉さんと意見が合わず、1994年に離婚しました。

娘・真瀬樹里が誕生!画像は?

千葉真一さんと野際陽子さんの間には、1975年1月1日真瀬樹里さんが誕生しています。94年真瀬樹里さんはアクションもできる女優としてデビューしました。身長164cm、血液型はA型です。

殺陣が得意で、時代劇で父・千葉真一と戦う剣士を演じたり、2004年のアメリカ映画「キル・ビル」では、ユマ・サーマンの刀で突き殺される役を演じたり、別に2回斬られ役を演じて映画に貢献しています。

2017年のテレビ朝日系のテレビドラマ「トットちゃん!」では、黒柳徹子さんからのオファーにより、母・野際陽子を演じています。

1996年に一般女性と結婚し、2015年に離婚

千葉真一さんは、1996年に28歳年下の一般女性と結婚しました。お相手は元舞妓の玉美さんです。そして2人の男児を授かりますが、2015年に離婚しています。

新田真剣佑と眞栄田郷敦が誕生!家族写真画像は?

1996年に長男新田真剣佑くんが、2000年には次男眞栄田郷敦くんが誕生しました。

新田真剣佑くんは現在22歳、身長176cm、血液型はB型です。2014年から日本活動を開始し、2017年には「ちはやふる」で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞しました。

眞栄田郷敦くんは現在19歳、身長183cm、血液型はB型です。2018年モデルとして日本デビューした後、19年には映画2本と、話題のテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演しています。

離婚後に女子大生とのデートを報じられる!

千葉真一さんは、2015年10月「週刊新潮」で54歳年下の女子大生との不倫疑惑が報じられました。相手は早稲田大学の4年生で、家族ぐるみのお付合いとのことですが、デートもスクープされています。

女子大生がアルバイトをしている新宿のスナックを千葉さんが訪ね、徐々に親密な関係になっていったそうです。現在は千葉真一さんのセカンドハウス、レストラン等でもデートをしている姿が目撃されています。

なおスクープ当時は妻とは別居中で、同年離婚しています。今後の展開は全く読めませんが、80歳の千葉真一さんのバイタリティには本当に驚かされますね。

眞栄田郷敦のドラマ初挑戦がネットで話題!

日本デビューから短期間にもかかわらず、しかもテレビドラマ初挑戦なのに、千葉真一さんの次男・眞栄田郷敦くんの存在感が高く評価されています。

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の演技がカッコいいと話題

眞栄田郷敦くんが、TBS系テレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」でドラマデビューしました。ラグビーチーム・アストロズに新たな力を吹き込む七尾圭太役です。ドラマ初挑戦ながらも演技力が高く評価されています。

ストイックな役作りで17キロ増量!

眞栄田郷敦くんは、本作のオーディションを3回も受け、役作りのために、体重を増やしました。周囲がラグビー経験者で体格がよかったため、自分も鍛えて17キロ増量したとのことです。

ハリウッド俳優のような役作りに対するストイックな姿勢も、父・千葉真一さんの影響でしょうか。

眞栄田郷敦が暴露した千葉真一の鉄の掟がヤバい!

8月8日放送のTBS系バラエティ「櫻井・有吉THE夜会」に眞栄田郷敦くんが出演しました。そこで明かしたのは父親千葉真一さんの鉄の掟でした。

掟とは「ご飯の前にトレーニングを2時間ほどしないと、食べさせてもらえない」。メニューは、家から公園まで走って30分、ストレッチ・準備体操をして、腕立てやトレーニングをしてから筋肉トレーニングなどです。

食事面における掟は「白いものを食うな!」です。白菜やもやしなど、千葉さんが白いものに栄養がないと思い込んでいるからです。でも米や牛乳などは大丈夫だそうです。どうやら野菜以外は白くても良いみたいです。

伝説は続く

千葉真一さんがこれまで関わってきた、映画やテレビや実際の武道としての空手、どれをとっても、最高のパフォーマンスを発揮してきました。それには身体能力だけではない、千葉さん自身のたゆまぬ努力がありました。

好奇心旺盛で、何事にも物怖じせずとことん極める姿勢が、成果をあげて一流だと評価されています。そうであるからこそ、千葉さんが手がけてきた物事は伝説となります。

実際の年齢を全く感じさせない千葉さん、これからも次々に伝説を作って頂きたいと思います。