中島みゆきは結婚しているの?旦那と子供はいるのか検証しました! エンタメ

中島みゆきは結婚しているの?旦那と子供はいるのか検証しました!

国民的歌手である中島みゆきさん。とにかくたくさんの名曲を残している中島みゆきさんですが、年齢も60代ということで結婚はしているのでしょうか?年を重ねてもとても美しい中島みゆきさんの、結婚についての情報をまとめてみようと思います。

目次

[表示]

中島みゆきは結婚してる?旦那・子供がいるのか?

中島みゆきさんはとても美しい顔をしています。歌手としての名声も手に入れていますから、気になるのは結婚ですよね。

旦那さんがどういう方かも気になりますが中島みゆきさんはなんと独身で、これまで旦那さんがいたことはなく、現在の時点では1度も結婚の経験がないようです。もちろん子供もいません。

結婚式の定番の歌でもある「糸」の生みの親である中島みゆきさんが独身を貫いているというのは、意外です。

中島みゆきはなぜ結婚しない?理由①歌手との両立

名曲「時代」がヒットして以降、シンガー・ソングライターとしてトップを走り続けている中島みゆきさん。

歌手活動と恋愛の両立が出来なかったという話もあります。恋人との時間があるなら、歌手活動に捧げたいという気持ちこそが、独身である理由なのでは?とも言われています。

中島みゆきはなぜ結婚しない?理由②松山千春

過去、中島みゆきさんは松山千春さんと熱愛報道をされたことがあります。しかし報道が出た後、松山千春さんはその後別の方と結婚しています。

このことから松山千春さんのことが忘れられずに結婚していないのでは?との噂もありますが、本当に2人が交際していたのかどうかも不明です。

というのも、松山さんが中島みゆきさんとの交際を否定しているのです。2人は仲の良い友人関係ではあるものの、中島みゆきさんと一緒になっていたらヒモ男になっていたと松山千春さんは語っていました。

この発言は松山千春さんが中島みゆきさんの才能を尊敬してのことで、中島みゆきさんも「なんと書かれようと、友達関係は続けますよ」と2人の関係について言及しています。

中島みゆきはなぜ結婚しない?理由③学生時代の彼氏

中島みゆきさんが結婚しない理由として噂されているものの1つに、学生時代に付き合っていた恋人の死がトラウマになっているというものがあります。

中島みゆきさんの歌に「キツネ狩りの歌」というものがあるのですが、これは内ゲバ事件をテーマにしたものだと考えられています。

高校時代、中島みゆきさんは当時の恋人を内ゲバ闘争で亡くしており、そのことが大きなトラウマとなっていると囁かれているのです。

中島みゆきはなぜ結婚しない?理由④母の介護

中島みゆきさんは40年ほど前から東京に新居を構えて、そこに母親を呼んで2人暮らしをしていたといいます。

お母様は2014年に他界していたことが2020年に明らかになったのですが、お母様が亡くなる前は仕事を極力セーブして、2人で過ごす時間を何よりも大切にしていたそうです。

2010年に自宅内で転倒してからは、中島みゆきさんは車椅子生活になったお母様の介護を献身的にされていたといいます。この辺りも、結婚をしなかった理由に関係あるのかもしれません。

中島みゆきが結婚しない理由は不明

中島みゆきさんが結婚しない理由について、もしかして両親の不仲などの子供時代のトラウマがあるのでは?と見る声もありますが、中島みゆきさんのお父様は産婦人科医だったといいます。

お母様は中島みゆきさんが中学生の頃から体調が悪く、療養のために引っ越すこともあったとされますが、不自由のない子供時代を送っていたことがわかっています。

本人の口からも結婚願望について語られたこともない、というよりも私生活そのものを表に出していないため、どうして結婚をしなかったのかも不明と言えるでしょう。

中島みゆきの人となり

国民的人気を誇りながら、あまりTVに出ることのない中島みゆきさん。素顔はどんな方なのでしょうか?ここでは中島みゆきさんの人となりがわかるエピソードを紹介していきます。

ラジオでのトーク

多くの方が誤解されていると思いますが、中島みゆきさんは本当にラジオは軽快トークです。どこからあの重厚で、感動的で、ドラマチックで、悲しげな歌がでてくるのか?本当に不思議です。

語り口は声優のTARAKOさんに似ているとも言われていますが、まるで落語を聞いているみたいに、ハガキ読み役と感想を言っています。

2018年9月には惜しまれながら中島みゆきさんのオールナイトニッポンは終了していましたが、今でも不定期でも構わないからラジオをやってほしい!という声が数多くあがっています。

天理教

中島みゆきさんは天理教の熱心な信者であったそうで、天理教のために歌を作ったり、衣装も言葉づかいも天理教の影響受けていたとも囁かれています。(現在は脱会しています)。

あの名曲「糸」は、天理教の真柱(代表者)の中山善司氏が結婚する際に作られたバラードだそうです。歌詞に込められた思いは、人と人の繋がり巡り合わせは実に尊いということです。

松任谷由実とは犬猿の仲って本当!?真相は?

同年代のシンガー・ソングライターとして、何かと比べられることも多かった中島みゆきさんと松任谷由実さん。同じ歌番組に出ても全く口をきかないことから、2人は犬猿の仲だと囁かれることもありました。

しかし、それに対して2020年11月27日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演した松任谷由実さんが意外な発言をして話題になっています。

《たぶん仲が悪い方が人は面白いかもしれないけれど、すごい好きですよ、彼女のことを》と淡々と語り、《彼女も私のことを好きだと思いますよ》と結論づけた。

(引用:NEWSポストセブン)

中島みゆきさんのことは尊敬しているし、その才能に激しく嫉妬し「結婚しているだけ自分のほうが私生活は幸せ」と、自分をごまかして活動を続けた時期もあったと語る松任谷由実さん。

お互い最高のライバルがいたからこそ、ここまで走り続けられたのかもしれませんね。

中島みゆきの名曲

たくさんの名曲の中には恋の歌もたくさんあります。何十年も歌い継がれている曲もたくさんありますよね。歌手人生を全うしてきた中島みゆきさんの、名曲を紹介していきます。

中島みゆきの名曲「糸」

中島みゆきさんの名曲といえば「糸」ですよね。とにかく歌詞がよくカラオケでも上位にランクインしている曲です。結婚式の定番ソングにもなっています。

普通の恋愛ソングとは違う深い愛について語られている歌詞に共感する方は多いかと思います。いろんなアーティストがカバーしていることでも有名な曲ですね。

中島みゆきの名曲「時代」

こちらも中島みゆきさんの名曲の1つです。とても壮大な歌詞でとてもいい曲ですよね。中島みゆきさんの独特な声と歌詞がとてもマッチしている曲です。

ドキュメンタリーで使われることも多い曲で、こちらもずっと歌い継がれていく曲でしょうね。しかしこの曲を高校生で作ったという中島みゆきさんの才能には驚きを隠せません。

中島みゆきさんの名曲「地上の星」

こちらは中島みゆきさんの歌をあまり知らないという人でも知っている曲でしょう。

紅白歌合戦でも何度も歌って話題になった音楽です。とにかく中島みゆきさんの独特な声ととにかくかっこいい曲調が特徴な曲ですよね。中島みゆきさんといえば「地上の星」という方も多いでしょう。

中島みゆきさんの名曲「麦の唄」

こちらはかなり最近の曲ですね。朝ドラ「マッサン」の主題歌としても知られている曲です。この曲を聴くと朝ドラを思い出すという方も多いのではないでしょうか。

人気ドラマの主題歌でしたからとても有名な曲ですね。中島みゆきさんの歌唱力の高さが光る曲となっています。

中島みゆきさんの名曲「ファイト」

こちらもかなり古い曲となっていますが、CMでカバーされたことにより再度注目を集めた曲でもあります。とにかく元気が出る曲です。落ち込んだ時に聴くととても心に響く歌詞になっています。

力強い声と個性的な歌詞で励まされる、中島みゆきさんらしい1曲です。

中島みゆきの歌手活動

数多の名曲を生み出してきた中島みゆきさん。近年ではどのような活動をされているのでしょうか?ここでは最近の中島みゆきさんの活動の中から、特に大きな話題になったものを紹介していきます。

2009年に紫綬褒章受賞!

中島みゆきさんは、2009年秋、芸術・学問・スポーツに大きな貢献をした人物に贈られる、紫綬褒章を受章しました。この受賞に際し、中島みゆきさんは以下のようにコメントしています。

「思いがけずうれしいことの表現に「棚からぼたもち」と申しますが、今の私の気持ちは、ぼたもちどころではございません。「棚から本マグロ」。これくらいの驚きでございます。」

(引用:日刊スポーツ)

中島みゆきさんは一時、こんな大きな賞を頂くのは申し訳ないという気持ちから辞退しようとも思ったそうです。

しかし、「辞退なんかしたら 2度とこんな機会はないかもと思いまして、即座に「いただきます!」と、お返事してしまいました。」ともおしゃっていました。

令和でも中島みゆきの人気は健在!

2020年12月2日にセレクトアルバム「ここにいるよ」をリリースした中島みゆきさん。年末の紅白歌合戦にも2014年以来2度めの登場があるのでは?と期待されています。

コロナ禍でツアーが中止されるなど、もしかしたら引退するのでは?と心配されていた中島みゆきさんですが、年末にかけて日本を元気づけてくれそうです。

2021年には名曲「糸」が映画化!

2021年8月21日には、中島みゆきさんの同名曲をモチーフにした映画「糸」が公開される予定です。

本作の主演は菅田将暉さんと小松菜奈さんで、平成元年に生まれて結婚を誓った2人がすれ違い、離れ、別々の時間を過ごした後に巡り合うまでの話を日本の平成時代を振り返りながら綴っていきます。

中島みゆきのプロフィール

中島 みゆき (なかじま みゆき、本名:中島 美雪(読み同じ)、1952年2月23日 – ) は、北海道札幌市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。

1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューしました。公式ファンクラブ名は「なみふく」といいます。

オリコンにおいて、4つの年代にわたってシングルチャート1位を獲得した唯一のソロ・アーティストであり、他のアーティストへの提供曲が、5つの年代にわたってシングルチャート1位を獲得しています。

また、自身の歌唱も含めると、作詞・作曲を手掛けた作品が5つの年代にわたってオリコンシングルチャート1位を獲得したことになります。

中島みゆきが生み出した名曲の数々

今回は中島みゆきさんの結婚観や、旦那さんはいるのかについてと、中島みゆきさんの名曲についてお話ししてきました。

中島みゆきさんは結婚もしていなく旦那さんもいないようですが、とにかく作る曲はすべて素晴らしいということがわかったかと思います。

中島みゆきさんは一生を歌手活動に捧げてきた、とてもかっこいい女性だということがよくわかりますよね。これからもたくさんの名曲を世に残してくれることでしょう。