ウエンツ瑛士が留学先で金髪に!笑顔の裏の闇がヤバい?復帰はいつ? エンタメ

ウエンツ瑛士が留学先で金髪に!笑顔の裏の闇がヤバい?復帰はいつ?

俳優やバラエティタレントとして活動されていたウエンツ瑛士さんは今年の10月からイギリスのロンドンに留学していますが留学先では金髪姿やヒゲを生やしている様子などが流出しています。この記事では、留学先のウエンツ瑛士さんについて追及していきます。

目次

[表示]

イギリス留学中!ウエンツ瑛士の現在は金髪イケメン?

MCを担当していた番組「火曜サプライズ!」の終盤に2018年の10月からロンドンに留学することを発表し、9月をもって芸能活動は休止されてますが、今回の留学は様々な憶測が飛び交っているようです。

ウエンツ瑛士のプロフィール

  • 生年月日:1985年10月8日
  • 出身:東京都
  • 血液型:O型
  • 身長:170cm
  • 職業:タレント、俳優、モデル、声優

ウエンツ瑛士の母親は日本人、父親はドイツ系アメリカ人のハーフタレントです。しかし、日本生まれ日本語一筋の生活をしていたので見掛けによらずに英語はあまり得意では無いようです。

ロンドンに演劇留学中のウエンツ瑛士が古市憲寿のインスタに登場!

2019年6月15日に古市憲寿さんが自身のインスタグラムでロンドンに留学中のウエンツ瑛士さんとの2ショットを公開しました。古市憲寿さんとは8日からヨーロッパ旅行に出た時に落ち合ったようです。

古市憲寿さんは2016年に放送された「ワイドナショー」にて「ハーフは劣化が早い」と発言した事により、ネット上で同番組に出演していたウエンツ瑛士さんとの不仲説が噂されていました。

金髪姿はネットでも好評?ストレスでハゲてきた!?

ロンドン留学で金髪になったウエンツ瑛士さんの姿ファンからは「カッコ良くなった」や「大人っぽくなって男前になった」と好評でした。しかし、ストレスでハゲてきたなんて噂も出てきています。

ロンドン留学をしてから、急にハゲてきているとネット上で話題になりました。活動休止前と髪型が違うので薄く見えたという意見もありますが、慣れない海外のストレスもあるのではと言われています。

以前には柿谷勇人のTwitterにヒゲ姿で登場していた!画像は?

「海辺のカフカ」のパリ公演の為にフランス滞在中の柿谷勇人さんが2月17日にTwitterで口ヒゲ姿のウエンツ瑛士さんを投稿しました。ファンからは「ワイルドになってる」と良い反響を呼んでいます。

ウエンツ瑛士との4ショットも公開

ウエンツ瑛士さんと「海辺のカフカ」出演者の木南晴夏さん、高橋努さん、柿沢勇人さんの4人でパリに散策に出掛けた時の写真もTwitterに公開しています。久しぶりの再会を楽しんでいた様子。

ウエンツ瑛士が海外留学した理由はスキャンダル!?復帰はいつ?

freephotocc / Pixabay

ウエンツ瑛士さんの海外留学は、1年半という勉強するには短すぎて何の節目も無く突然決まっているので、ネット上ではスキャンダルな事があったのではと疑問に思われています。

仕事は順調なのに突然の留学で「やらかした?」という声も

昨今、芸能界では上手くいっていない芸能人が海外留学する事が多い中、留学前安定していたにも関わらず突然、海外留学を決めたウエンツ瑛士さんに何かやらかしたのではという声も出ています。

ウエンツ瑛士さんと女優の大島優子さんは以前、ドラマ共演をきっかけに熱愛報道をされていたので、2017年8月からアメリカに留学した大島優子さんに触発されたのではと言われています。

ネット上では少し厳しい意見も出ている?

ネット上では、「くすりで日本逃亡したのでは?」や「誰かの逆鱗に触れて島流しにあったのか?」などの少し厳しい意見も出てきているようです。

留学期間は1年半、夢を叶えるには短すぎるため不自然?

ijmaki / Pixabay

ウエンツ瑛士さんは舞台に立つのが夢で、今回の留学は舞台に立つための演技を学ぶのに出ていますが、海外の舞台に立つには英語を学ぶ必要もあるので1年半では短すぎるのではと言われています。

イギリスの大学では1年の短期留学でも受け入れてくれる所が多くあります。なので、今回の留学では半年を語学留学に費やし、残りの1年を舞台の勉強に使うようです。

本人が語った留学の理由は?

fotofan1 / Pixabay

今回の留学理由についてウエンツ瑛士さんは報道で、3年前から持ち続けているロンドンで舞台に立ち続ける夢を叶えるためにイギリスに海外留学する事を決めたと述べています。

ウエンツ瑛士さんは英国作品の舞台「天才執事ジーヴス」に出演したことがきっかけで、30代以降の人生を「舞台の道を極めたい」と考え始めました。

イギリスにある多くのミュージカルの大学は世界中から志望者が集まってくるので、素人が合格するのは厳しいですが、ウエンツ瑛士さんは5年のミュージカル経験があるので合格に役立ちます。

留学には応援の声も多数!

中居正広さんが自身のラジオ番組でウエンツ瑛士さんの留学について言及しています。10分にもわたりウエンツ瑛士さんへの思いを明かしています。もちろんファンの方からも多くの応援の声が送られています。

「ウエンツさん、頑張ってもらわないとね。どんだけへこんで帰ってくるのかな(笑)」

(引用:女性自身)

ウエンツ瑛士の神対応が凄い!

放送局の出口に出待ちするファンの1人がウエンツ瑛士さんに「イギリスに行っても頑張ってね」と叫んだところファンの前に立ち涙ながらに改めて挨拶をした、その姿にファンの目にも涙が浮かんでいた。

憧れのミュージカル女優からも応援の声が!?

9月25日に放送された「スッキリ」の番組内で紹介された応援メッセージでは、ウエンツ瑛士さんの憧れるミュージカル女優のキアラ・セトルさんや東方神起などそうそうたるメンツから送られていました。

2020年の春に復帰予定!

JillWellington / Pixabay

気になるウエンツ瑛士さんの復帰ですが、留学期間を本人が1年半と述べているので早くても2020年の春頃が復帰時期になります。番組の共演者からは励ましと同時に寂しくなるとの声が多数出ていました。

山瀬まみは「ごめん。勝手に決めて腹が立っている。寂しくて、、、。でも、やりたいことがあるのはうらやましいから、がむしゃらに頑張ってもらわないと困る」という言葉を贈った。

(引用:日刊サイゾー)

「Wat」解散はウエンツ瑛士の留学のため?小池徹平との関係は?

留学の件は、かなり前から考えられていたので「Wat」解散には留学が関係している可能性があります。そして、解散をしている現在でも、小池徹平さんとは関係が続いているようです。

「Wat」解散がウエンツ瑛士の留学と関係している可能性は

「Wat」の解散前に解散理由を小池徹平さんはグループ活動が個人個人で忙しくなってしまったからだと語っていますが、ウエンツ瑛士さんが忙しくなった理由に留学が関係していたのではと言われています。

現在も2人は連絡を取り合っている!

解散後も連絡を取り合っていた2人ですが、留学に行ってしまった後も連絡をしているようで、ウエンツ瑛士さんから小池徹平さんに「共通の知り合いに合った」など近況が送られているようです。

留学中のウエンツ瑛士さんの近況について質問された小池徹平さんは「すごい頑張ってます。ずっと勉強しています。」とコメントしています。

ウエンツ瑛士の英語は通用してない?現在は上達した?

BiljaST / Pixabay

英語力の低さはウエンツ瑛士さんが日系アメリカ人を演じた時に1度共演したチャド・マレーンさんから暴露されています。しかし、現在は英語が普通に喋れるぐらい上達しているようです。

小池徹平のアドバイスは英語を上達させないこと!?

小池徹平さんは、ウエンツ瑛士さんの英語が上達することに少し懸念をしているようで、西洋人風の見た目で喋れないのが面白かったのに喋れるようになってしまうと普通になってしまうと語っています。

ウエンツ瑛士の留学先の演劇学校が判明?

Free-Photos / Pixabay

留学期間が1年半である事と留学先がロンドンと限られていることから留学先の大学は、民間の演劇学校ではないかと予想されています。現在候補として2つの学校が上がってきています。

  • アマウントビューアカデミーオブシアター&アーツ
  • ロンドンスクールオブミュージカルシアター

ウエンツ瑛士の最新情報を大竹しのぶが公開!

2019年の8月23日、ロンドンに旅行中の大竹しのぶさんがインスタグラムにウエンツ瑛士さんとの2ショット写真を公開しています。2018年に共演しているお2人ですが約1年ぶりの再会になります。

留学前の様子も語られる

383961 / Pixabay

大竹しのぶさんは留学間近のウエンツ瑛士さんについて、ミュージカルに対する真摯な姿をずっと見ていたとコメントしています。留学前は忙しい合間にボイトレやダンスなどをしていたようです。

久しぶりの再会を楽しんでいた様子

大竹しのぶさんとレストランでランチをするなどして久しぶりの再会を楽しんでいた様子。挑戦を続けているウエンツ瑛士さんの姿に刺激を受けたようで、2人で野心溢れる誓いも立てています。

「私も、まだまだこれからだ、と思って勉強すると二人で誓い合いました!」

(引用:ねとらぼエンタ)

留学後のウエンツ瑛士に期待!

ウエンツ瑛士さんの留学期間はまだ多く残っていますが、帰りを待つファンの方も多くいます。留学後はどのように成長して戻ってくるのでしょうか?