生田絵梨花のピアノの実力は?芸能界でもトップレベル?演奏動画は? エンタメ

生田絵梨花のピアノの実力は?芸能界でもトップレベル?演奏動画は?

乃木坂46のメンバーとして活躍されている生田絵梨花さんですが、ピアノが上手いとファンの間で話題になっているそうです。芸能界でもトップレベルといわれているピアノ演奏の動画はあるのでしょうか?また東京音楽大学に通っているというのは本当?詳しく調べてみました。

目次

[表示]

ピアノが評判!生田絵梨花のプロフィール

  • 生年月日 1997年1月22日(22歳)
  • 出身地 ドイツ デュッセルドルフ
  • 身長 160cm
  • 血液型 A型
  • 職業 女優 アイドル
  • 好きな食べ物 うどん チョコレート 納豆 りんご
  • 好きな映画 レ・ミゼラブル
  • 苦手なもの ハト 料理
  • 趣味 音楽鑑賞 模写
  • 所属事務所 乃木坂46合同会社

3歳からピアノを始めドイツのデュッセルドルフで過ごし、5歳からは東京に移住されました。6歳の時にミュージカル「アニー」に影響を受けてミュージカル女優を目指し、2007年には舞台デビューしました。

習い事も幼少期から多く受けており、小中学生のときには「クラシックバレエ」「書道」「水泳」「英語」「ピアノ」「数学」とみっちりスケジュールを組まれていたそうで、多忙を極めたそうです。

その後音楽の道へ進みたいと考えていた矢先に、乃木坂46の1期生オーディションの存在を知り母親にお願いして応募されました。2011年8月21日に晴れて合格し、残影選抜メンバーにも選ばれました。

関連する記事はこちら

生田絵梨花のピアノの実力は?プロも評価?

生田絵梨花さんのピアノ演奏の実力はどの程度なのでしょうか?プロも評価しているとの噂があったので、詳しく調べてみました。

TEPPENでピアノ演奏を披露した生田絵梨花!負けてしまったものの高評価?

バラエティ番組「TEPPEN」に出演し、ピアノ演奏で競うコーナーに出演された生田絵梨花さんは、残念ながら1位にはなれず2位という結果になってしまったそうです。

しかし、ネット上では競争には負けてしまいましたが、称賛する声も多く「彼女の演奏のほうがかなり感情を揺さぶられた、不思議な子だ。」「このクオリティはスゴい」などの意見が多く見られました。

演奏された曲はJUDY AND MARYの「そばかす」をピアノアレンジした楽曲です。

「そばかす」に込められた佐久間正英への思い

TEPPENにて「そばかす」を演奏した生田絵梨花さんですが、その選曲に並ならぬ想いが込められていたことがわかりました。

JUDY AND MARYをプロデュースした佐久間正英さんが生田絵梨花さんの親戚であり、当時佐久間正英さんは胃がんで入院されていたそうで、闘病へのエールを込めて演奏されていたそうです。

幼少のころから佐久間正英さんが所有するレコードを聴いて育ったそうで、共演の夢も果たされましたが、闘病も虚しく2014年1月16日に亡くなられました。

生田絵梨花は東京音楽大学に入学!プロのピアニストも認める実力の持ち主?

生田絵梨花さんは東京音楽大学付属高校から東京音楽大学に進学していたことがわかりました。OBやOGの中には世界的な音楽家もいており、音楽のレベルがとても高い学校だと言われています。

プロピアニストである高橋多佳子さんも演奏されている姿を映像で見ていたそうで、自身のツイッター上では生田絵梨花さんの実力に驚いたと投稿していました。

「上手い!びっくりした。よく音楽を感じれているので、是非クラシックも聴いてみたい」と投稿しており、生田絵梨花さんの演奏はプロも認める実力を持っていることが分かりました。

生田絵梨花のピアノ演奏、実はそうでもない?

プロからも絶賛されていた生田絵梨花さんのピアノ演奏ですが、実はそうでもないとの批判的な意見もネット上で見られました。

「アイドルフィルターがかかっていて上手いように見えるだけ」「テンポが遅い、音色が粗い」「音大生としては平凡」などの辛口なコメントも多く見られました。

しかし、酷評しているのはプロではなくそのほとんどが匿名でのコメントだったため、妬みや嫉みを投稿しているだけではないか?とファンの間でも議論されているそうです。

小室哲哉が絶賛していた?芸能界では1・2位を争う上手さ?

TM NETWORKのメンバーであるTKの愛称でも知られる小室哲哉さんからも、生田絵梨花さんのピアノ演奏は絶賛されていたそうです。

小室哲哉さんが出席していた結婚披露宴の席で、秋元康さんに伝えていたようで「乃木坂の生田さんのピアノは凄いよね。高いレベルの音楽の話ができるよ」と嬉しそうに語っていたそうです。

秋元康さんもこの話が嬉しかったそうで、「TKに褒められると嬉しいなあ。」とコメントしていました。

2011年ピアノコンクールで優勝していた!

生田絵梨花さんは乃木坂46の1期生に合格した2011年に、第21回日本クラシック音楽コンクール(日本クラシック音楽協会)にてピアノ部門で入選されていました。

惜しくも優勝とはならなかったそうですが、入選するのも相当な技術と実力がないと選ばれないとされています。

現在でもコンクールは行われており、毎年1万人以上が参加するなど日本でも有数の大きなコンクールとなっているそうです。

生田絵梨花のピアノ歴がすごすぎた?

プロからも絶賛されている生田絵梨花さんのピアノ演奏ですが、そのピアノ歴もすごいと話題になっていましたので、詳しく調べてみました。

生田絵梨花、ドイツにいた3歳の頃からピアノを習い始める!

生田絵梨花さんがピアノを始めたのは、ドイツにいた3歳のころからだそうです。当時はドイツ語もペラペラで幼稚園ではドイツ語、家では日本語だったそうです。

ドイツはクラシック音楽の聖地と言われており「バッハ」「ベートーベン」「ブラームス」など今もなお有名で偉大な作曲者たちを多く輩出してきました。

クラシック音楽の本場でピアノキャリアをスタートさせた生田絵梨花さんの、実力の秘訣は環境が大きいのではないか?とネット上でも噂になっています。

5歳で帰国、練習漬けの毎日だった?

生田絵梨花さんは父の仕事の都合上でドイツにいましたが、5歳の時に帰国し東京に住むこととなりました。

日本に帰国後もピアノの練習は続けており、毎日2時間みっちりと練習されたそうです。発表会の前にもなると10時間以上弾き続けるほどの、練習漬けの毎日だったそうです。

文京区立音羽中学校に入学後はピアノの他に習い事も!勉強の成績もトップ?

小学校を卒業し、文京区立音羽中学校に入学した生田絵梨花さんはピアノを続けるほかにも習い事をされていたそうです。

  • 月曜日 数学
  • 火曜日 クラシックバレエ
  • 水曜日 習字
  • 木曜日 英語の家庭教師
  • 金曜日 ピアノ練習
  • 土曜日 ピアノ練習
  • 日曜日 クラシックバレエ

一週間全てを習い事に費やすほかに、勉強も力を入れており中学校の定期試験では常にトップの成績をおさめ、学級委員も務められたそうです。

中学生の時は合唱コンクールで伴奏もしていた!

生田絵梨花さんが中学生の時には、合唱コンクールでピアノ伴奏もされていたそうです。

生田絵梨花さんも当時を振り返り青春の時間だったとコメントしており、男子が集中してくれないと「男子~!もうちょっとちゃんとやってください!」と言っていたそうです。

東京音楽大学付属高校へ進学!ピアノと芸能活動を両立させていた!

生田絵梨花さんは文京区立音羽中学校を卒業後、東京音楽大学付属高校へと進学し、乃木坂46での芸能活動とピアノを両立されていたそうです。

進学した先は音楽科のピアノ専攻であり、入試科目の実技試験では課題曲と自由曲を演奏しなければならないそうです。

また、生田絵梨花さんの歌が上手い理由のひとつにピアノ科での声楽の授業があるそうで、声楽の経験があるからこそ上手いのではないかとファンの間でも話題になっていました。

東京音楽大学音楽学部ピアノ科に進学!芸能活動を休んでも勉強に励んだ!

生田絵梨花さんは東京音楽大学付属高校を卒業後、そのまま進学する形で東京音楽大学音楽学部のピアノ科に入学されました。

高校を卒業する前には「大学に進学するにあたって超えないといけないハードルがある」とコメントし学業に専念するため一時芸能活動を休止していました。

芸能活動をしばらく休止されていましたが、約半年後には乃木坂46に復帰して現在は活動を再開されています。

東京音大のピアノ科、レベルはいかほど?

生田絵梨花さんが通う東京音楽大学音楽学部のピアノ科のレベルは、いったいどれほどのものなのでしょうか?

ピアノ科が他の学科と比べて合格が難しいとされており、他の楽器に比べて人口も多いため競争率が高くなってしまうのが原因だそうです。

その高い競争率の中でも、ピアノ科に進学することができた生田絵梨花さんの演奏技術は、相当なものだとされています。

【動画あり】生田絵梨花のピアノを聴いてみたい!

MabelAmber / Pixabay

生田絵梨花さんのピアノ演奏が聴ける動画はあるのでしょうか?詳しく調べてみました。

生田絵梨花の「あなたのために弾きたい」

生田絵梨花さんが自身のソロ曲である「あなたのために弾きたい」をピアノの弾き語りで演奏している動画がありました。

生田絵梨花さんの人生を歌ったような歌詞が素晴らしいと、ファンの間でも人気があります。

プロコフィエフ「ピアノソナタ 第2番 第4楽章」演奏する生田絵梨花

生田絵梨花さんがセルゲイ・プロコフィエフのピアノソナタ第2番の第4楽章を演奏している動画がありました。

ピアノソナタ2番は特に難易度が高いそうで、生田絵梨花さんはそれを見事に演奏しています。

「君の名は希望」を演奏する生田絵梨花

乃木坂46の楽曲である「君の名は希望」をライブにて演奏している動画がありました。

バンドに混ざっていても埋もれずに抜けてくるピアノ演奏と声が、キャラクターがしっかりしていて聞きやすいと評判になっています。

生田絵梨花が弾くショパンのエチュードがすごい!

生田絵梨花さんがテレビ番組内で披露したショパンのエチュードの演奏がスゴいと、話題になっていました。

ショパンはピアノの詩人と呼ばれるほどの、美しい旋律を作曲することで知られており「幻想即興曲」や「軍隊ポロネーズ」などの名曲も有名です。

弾き歌いする生田絵梨花

乃木坂46の全国ツアーにて、「何度目の青空か?」をオーケストラに混ざって弾き語る生田絵梨花さんがスゴいと、ファンの間でも話題になっていました。

プロの演奏家達にも引けを取らない演奏は、ファンのみならず注目を集めており、動画の再生数も50万回を超えています。

生田絵梨花の夢はミュージカル女優だった!?

生田絵梨花さんの夢はミュージカル女優だったとの情報がありましたので、詳しく調べてみました。

声楽家ではピアノ科に入学した理由は?グランドピアノが関係してた?

ミュージカル女優を目指すのであれば、声楽科へと入学するのがセオリーだとされていますが、なぜピアノ科へ入学されたのでしょうか?

理由のひとつとして、父に買ってもらったグランドピアノが関係しており、中学3年生の時に買ってほしいとお願いした時には父親から「中途半端な覚悟じゃダメだ。」と言われたそうです。

「一生ピアノはやり続けるから」と泣きながらお願いし、買ってもらったそうで、その理由から声楽科ではなくピアノ科へ進学したのではないか?とされています。

生田絵梨花のミュージカル動画はある?

生田絵梨花さんのミュージカル女優としての動画はあるのでしょうか?詳しく調べてみました。

ロミオとジュリエットを演じる生田絵梨花

https://www.youtube.com/watch?v=dEYI-QAL134

ミュージカル「ロミオとジュリエット」にてジュリエット役を生田絵梨花さんが演じている動画がありました。

2017年と2019年に東京と大阪でそれぞれ公演を行っていたそうです。

レミゼラブルの生田絵梨花は圧巻?

「レ・ミゼラブル」にてコゼット役で生田絵梨花さんが出演している動画がありました。

レ・ミゼラブルも歴史が長いミュージカルで、そこに抜擢された生田絵梨花さんの歌声や演技が圧巻だと話題を呼びました。

ホールニューワールドを歌う生田絵梨花

2017年のFNS歌謡祭にて、生田絵梨花さんが映画「アラジン」の主題歌である「A whole new world」を横山だいすけさんとデュエットしていたことが分かりました。

動画内では映画「アラジン」のヒロインのジャスミンのようなドレスを着ており、本物みたいだとファンからも高評価だそうです。

ピアノ技術はどんどん上がっている?これからの活躍にも期待!

生田絵梨花さんのピアノ技術は年々向上しており、これからも弾き語りやソロ演奏などの活躍する機会が増えるのではないかと噂されています。

また、ミュージカル女優としても活躍しておりアイドルだけにとどまらず、様々な方面でこれからも活躍されることをファンからも期待されているそうです。