黒柳徹子の若い頃が可愛い!スタイルも抜群!若さを保つ秘訣とは? エンタメ

黒柳徹子の若い頃が可愛い!スタイルも抜群!若さを保つ秘訣とは?

現在人気のインスタグラマーである黒柳徹子さんが若い頃の画像を公開して注目を集めています。驚きの大胆さや美しさを放つその画像を見た人たちからは、可愛い、美人だという声が殺到しています。今回は黒柳徹子さんの若さを保つ秘訣や、結婚されない理由等にせまっていきます。

目次

[表示]

黒柳徹子の若い頃が可愛いと話題!スタイルも抜群だった!

Bessi / Pixabay

黒柳徹子さんのトレードマークは何と言ってもタマネギ頭といわれる髪型です。しかし、若い頃はロングヘアーをセンター分けにした髪型をされていたこともありました。

容姿も美しく、「菜々緒さんかと思いました。お綺麗ですねー」といったコメントがネット上に寄せられるほどです。そして黒柳徹子さんはもともと女優なのでスタイルも抜群です。

黒柳徹子のプロフィールは?現在の画像は?

黒柳徹子さんは1933年8月9日生まれで、女優、声優、エッセイスト、司会者、ユニセフ親善大使とマルチに活躍されています。テレビ朝日「徹子の部屋」の部屋では1976年の放送開始以来司会を務めています。

黒柳徹子が若い頃の画像を公開し話題に!

panajiotis / Pixabay

黒柳徹子さんはインスタグラマーとしても有名で、そこに若いころの画像を公開しています。若いころの容姿が美しいのと、ファッションが非常に大胆だったので話題になっています。

一見胸を露出しているかのように見える「おっぱいTシャツ」を着こなした約40年前の写真はかなりインパクトがあります。これは当時「なりきりTシャツ」が流行っていて「タキシードTシャツ」等もありました。

黒柳徹子の若い頃が美人すぎ!可愛い画像を公開!

Free-Photos / Pixabay

ここからは、ネット上で黒柳徹子さんの若いころの画像が「美しすぎる」、とか「可愛すぎる」と話題のものをご紹介していきます。

デビュー当時の黒柳徹子さんです。コメントにもあるように、オードリー・ヘプバーンさんに似ています。

「満島ひかりにそっくり」とのコメントがあります。それもそのはず、自身の自伝エッセイをドラマ化した「トットテレビ」の自分役には容姿が似ている満島ひかりさんにやってほしい、と指名しているくらいです。

黒柳徹子さんがNHK専属の俳優試験を受けた時、第一次は演技、第二次は筆記、第三次はパントマイム、第四次は歌の試験でした。6000人の中から黒柳徹子さんは選ばれていますので当然パントマイムも上手です。

こちらもNHK時代の20代のころの可愛い黒柳徹子さんです。

「こういう髪型は、突風が吹いたときに髪の毛で顔が覆われ前が見えなくなり、危うく交通事故になりそうになったことがあるのでやめた」と黒柳徹子さんは語っています。

「30代のころの黒柳徹子」とコメントにあります。

このTシャツを着てCMに出たことがあるが、評判が悪く放送中止になったと語っています。その評判というのが「本物の胸ならわかるがただのプリントTシャツとはどういうことだ」というものでした。

黒柳徹子さんはその批判について、「すごくおかしいと思った」と当時を振り返っています。

ニューヨーク在住時代の黒柳徹子さんです。いつも着物を着て出かけていたので珍しがられ、人気があったといいます。

加賀まりこさんに似ているというコメントが寄せられています。

40代半ばの黒柳徹子さんです。ザ・ベストテンでもきた衣装で、森英恵さんが作りました。

関連する記事はこちら

黒柳徹子が昔から若さを保つために行っていることは?

xusenru / Pixabay

80歳を過ぎた黒柳徹子さんがあれほどお元気で活躍されているのには、昔からの地道な努力があってのことです。「努力」というよりもむしろストイックさを感じさせることまでされています。

どうすれば黒柳徹子さんのようにいつまでも現役で活躍できるようになるのでしょうか?これからその秘訣を見ていきます。

黒柳徹子は若い頃からトレーニングを欠かさない

Free-Photos / Pixabay

ジャイアント馬場さんのすすめで、ヒンズースクワットを毎日欠かさず行っています。これは海外ロケに出かける時も欠かさず行っているようです。

また30分から1時間のウォーキングを雨の日も風の日も毎日欠かさず行っています。そして5階くらいまでならエレベーターを使わず、階段で上り下りをします。

黒柳徹子は若さを保つために笑顔を心がけている!

ivanovgood / Pixabay

黒柳徹子さんの写真をみてもわかるようにいつも笑顔でいます。「『笑う門には福来る』でしょ?笑うと免疫力を高めてくれて元気になるんですって」と黒柳徹子さんがおっしゃっています。

笑うことによってストレスを発散し、免疫力を高めて内面からも健康でいることを心掛けているのです。

黒柳徹子は美容や健康に良い分割睡眠を行っている

ddimitrova / Pixabay

黒柳徹子さんの就寝時刻は22時ごろなのですが、一度夜中の2時頃に起床されます。そして3時間ほどお仕事をされて、再度就寝されます。

これを分割睡眠といい、医学的にも健康や美容にいいという意見があります。また高齢者におすすめの睡眠法といいます。

黒柳徹子は若い頃にニューヨークへ留学?

実家暮らしをされていた黒柳徹子さんは、家事を一切されなかったようです。このまま芸能界で仕事をしていては、何も知らない人間になってしまうという危機感を持ち、もっと見聞を広める必要性を感じていました。

ちょうどその頃、舞台の仕事を多くされていました。文学座で演劇の勉強はされていましたが、本場のブロードウェイで演劇の勉強をしたいと思うようになりました。そして単身ニューヨークへ行きました。

この写真は38歳の黒柳徹子さんです。ニューヨークのアパートで洗い物をしているときの様子です。フォロワーからは「本当に38歳?28歳の間違えでは?」とのコメントが寄せられています。

当時の画像がおしゃれで美人!街中で着物?

ニューヨークでは出かけるときにいつも着物を着て出かけていました。美人だったこともあり大変人気がありました。食事代は自分で払ったことがないというくらいモテていました。

そのニューヨークで出会ったのが日本の美容師の先駆者といわれる須賀勇介さんです。着物を着ていても、洋服を着ていても似合う髪型ということであの「タマネギ頭」が考案されました。

黒柳徹子は結婚している?若い頃から彼氏がいた?

sasint / Pixabay

抜群のスタイルと美貌を兼ね備えた黒柳徹子さんです。そんな彼女を世の男性がほかっておくはずがないと、実は結婚していたとか若い頃からずっと付き合っている彼氏がいるとか噂されています。

実際には若い頃、恋愛もされていましたが、様々な事情でそれが結婚にはつながらなかったと黒柳徹子さんご自身が語っておられます。

若い頃から交際していた彼氏がいた?

KathrinPie / Pixabay

実は40年間も交際していた人がいるということをテレビで公言されています。その恋人が誰なのかはわかっていませんが、外国人と遠距離恋愛をしていたという説もあります。

しかし、結婚をする前にその男性が亡くなり結婚には至らなかったといいます。

黒柳徹子は現在でも独身!結婚しない理由とは?

StockSnap / Pixabay

黒柳徹子さんは現在も独身で、一度も結婚はされたことがありません。若い頃には結婚を考えたこともあったけれど、タイミング等様々な理由から結婚には至りませんでした。

黒柳徹子さんのご両親は大変仲が良く、ご自身も結婚されたら仕事を辞め、すべてをご主人に尽くすのが当然という考えがありました。そういった考え方も結婚には至らなかった根底にあります。

しかし結婚されていないご自身について、「いい恋を経験していれば結婚をしていなくても幸せ」「結婚していなくても今の自分であることに変わりはない」ととても明るいとらえ方をしています。

黒柳徹子に隠し子騒動が?真相は?

FrauStief / Pixabay

黒柳徹子さんに隠し子がいるのではないかという噂がたったことがあります。この噂の発端は、ある事件で黒柳徹子さんの弟が公になったことがあり、この弟が黒柳徹子さんとは親子ほども齢が離れています。

実際は黒柳徹子さんの母親が47歳の時に出産なさった子供であることがわかり、隠し子ではないということが判明しています。

黒柳徹子は発達障害だった?

RobinHiggins / Pixabay

楽しいおしゃべりで周囲にいる人たちまでも明るい気持ちにさせてくれる黒柳徹子さんですが、実はご自身が発達障害であると告白されています。いったいどういうことなのか、見ていきます。

黒柳徹子は学習障害?読む事と計算が苦手?

Engin_Akyurt / Pixabay

黒柳徹子さんは発達障害の一種、学習障害(LD)だということを公表されました。学習障害(LD)とは知的発達に遅れはないが聞く・話す・読む・書く・計算する・推論する等の能力に困難がある発達障害のことです。

ご自身の著書の中で、台本を覚えるのに苦労する、計算は一桁の加算減算が限界、など「読む」「計算する」ことに困難があるということを書かれています。

しかしそういった困難に対しては、自分専用のすべて手書きの台本を書き起こすといった工夫と努力によって乗り越えておられます。

幼少期の頃を書いた「窓ぎわのトットちゃん」を出版

個性的な黒柳徹子さんは小学校一年の時に退学させられました。彼女のご両親は彼女の個性をつぶさず、のびのびと成長させられるような学校を探しました。それが「窓ぎわのトットちゃん」の舞台、トモエ学園でした。

トモエ学園入園面接のとき、校長先生は黒柳徹子さんの話を延々4時間しっかりと聞いてくださったといいます。この校長先生との出会いなくして今のご自身はなし、と黒柳徹子さんが語っています。

窓ぎわのトットちゃんは、「戦後最大のベストセラー」といわれます。ユニークな教育方針のトモエ学園で、黒柳徹子さんが友達とのびのび成長していく過程が書かれている自伝的物語です。

なんでも長続きする秘訣は?

JimboChan / Pixabay

黒柳徹子さんには物事を持続する能力があり、若々しさや好奇心をずっと持ち続けています。長寿番組「徹子の部屋」では司会を続けており、「世界・ふしぎ発見!」では番組開始以来レギュラー出演を続けています。

黒柳徹子さんはいい意味で自分に都合の悪いことを気にしないので物事を長続きさせられます。理不尽なことを言われた時、表面上ではそれを否定することなく、心の中で「勝手に言ってれば?」と思うそうです。

余計なストレスはためないようにするということが、物事を長く続ける秘訣であると黒柳徹子さんが教えてくれています。

黒柳徹子の生き方・考え方に人生のヒントあり

TeroVesalainen / Pixabay

出る杭は打たれるような日本の社会で、個性的な言動をしつつも途切れることなく活躍を続けられている黒柳徹子さんはまさに奇跡のような存在にみえます。

しかし、それを実現するためにストイックなまでの健康法を実践したり、苦手な分野をカバーするための努力を怠っていません。納得のいかないことを言われてもそれをスルーさせる術をあみだされています。

奇跡ではなく、努力のたまものです。世の中で多くの人が色々な壁にぶち当たり悩んでいます。黒柳徹子さんの生き方はそのような人たちに大きなヒントを与えてくれています。

関連する記事はこちら