小室圭と母親は在日韓国人だった?名前がキム?母方の祖父が韓国人? エンタメ

小室圭と母親は在日韓国人だった?名前がキム?母方の祖父が韓国人?

秋篠宮家の長女・眞子内親王(27)との結婚問題の中心人物である小室圭さんは、「婚約内定者」でありながら1年以上アメリカ留学中で、ロースクールに通っています。在日の噂、母親が、そして祖父が韓国人と言う報道が飛び交っています。噂の出所やその理由を詳しく解説します。

目次

[表示]

小室圭と母親は韓国人という説が浮上!?

調べるほど、韓国人ではという疑惑が強まっている、渦中の人物小室圭さんについて、まとめました。

小室圭のプロフィール !

小室圭さんは、1991年10月5日に神奈川県で生まれました。国立音楽学校附属小学校から、カナディアン・インターナショナルスクールで中学・高校学びました。大学は国際基督教大学・教育学部に進学しました。

大学卒業後は東京三菱UFJ銀行に就職しています。同行をわずか2年で自主退社して、「奧野総合法律事務所・外国法共同事業」に勤務しながら、一ツ橋大学大学院に進学しています。

2018年8月からは、米国NYのフォーダム大学のロースクールへ留学し、法学修士コースを2019年5月に修了しました。8月から法務博士コースに進学して、2021年に帰国する予定です。

ネット上で在日韓国人という噂がある

JJuni / Pixabay

小室さんには在日韓国人という噂があります。その噂の原因について詳しく見てみましょう。

噂が広まった原因①写真に記載された「Kim Komuro」の文字

海外サイトで取り上げられた写真に、小室圭さんは「Kim Komuro」と誤表記されました。この写真は以前付き合っていた女性とのツーショットの写真です。どうやら、KeiをKimに間違えられたようです。

大事な時期に「元カノ」との写真が出回り、しかも名前がいかにも韓国人では、ガードが甘いと言われても仕方ありません。もっとプライベートを大事にしてほしいと思います。

Kim(キム)と言えば朝鮮最大の姓です、海外あるある事件ですね。何故この写真が出回ったのか不明ですが、名前は訂正しておくべきだと思います。

写真画像から海外メディアも「Kim Komuro」と表記

MichaelGaida / Pixabay

写真画像から海外メディアでも、小室圭さんを「Kim Komuro」と誤って伝えました。間違った情報でも、一度流通すると容易に消す事が出来ない事はネットの常識です。こわいですね。

Kim(キム)と言えば朝鮮人の姓で最大の姓です。そういう点からも、海外からは受け入れ易い名前だったのかも知れません。

また、日本の皇室が朝鮮の民間人との結婚に踏み切るのかと、思ったメディアもあったかもしれません。

噂が広まった原因②メディアが母親の名前を誤表記?

母親の名前も誤表記されました。母親の名前は「佳代」でしたが「佳与」と誤表記されました。この「佳与」は韓国でよく使われる名前でした。こんな間違いが続くと、何か根拠があるのではないかと思う人も出てきます。

実際小室圭さんの父親については、家系が良くわかっていますが、母方については何もわかっていません。もしくはあえて公表しない(できない)のかもしれません。

噂が広まった原因③フリーライターが母方の祖父が韓国人と報道

kaboompics / Pixabay

そんな中で、香港の歴史がある英字新聞「South China Morning Post」に、小室圭さんの母方の祖父が韓国人であると報道していました。その可能性は大いにあるかと思われます。

記事を書いたのは、Julian Ryall(ジュリアン・ライオール)さんというフリーライターです。海外ではルーツを韓国とする見方が、優先されているかもしれません。もし事実なら早く公表すべきでしょう。

噂が広まった原因④小室圭が通ったスクールには韓国人が多い

小室圭さんが通ったカナディアン・インターナショナルスクールには、韓国人の子女が多かったため、小室さんもそうではないかと言われています。

インターナショナルスクールでは、入学の優先順位が在日や外国人が高く、日本人は低くなっているからです。やはり在日ではと言われる一因です。

本人の筆跡?金(小室)と書かれた紙が存在する?

本人が書いたかどうかまでは不明ですが、金(小室)圭と書かれた張り紙が存在します。ここでもKimが出てきて、混乱に拍車をかけました。韓国と関係が無いと断言する事は難しいかもしれませんね。

小室圭の現在や眞子さまとの婚約の状況は?

小室圭さんと眞子様の近況はどのようになっているのでしょう。最新情報をお伝えしましょう。

国際弁護士の資格取得のためニューヨークに在住

Claimaccident / Pixabay

小室圭さんは現在国際弁護士の資格を取得するために、米・ニューヨークのフォーダム大学のロースクールに留学中です。3年制のコースで、9月から2年目の授業が始まります。

現在大学は夏休み中ですが、その期間は大学の寮から退去しなくてはならず、小室さんは自身の厳しい経済状況のため、アメリカの知人宅に身を寄せているそうです。

小室さんは、日々の生活でも自炊が中心で、決して贅沢をせずに勉学にまい進しているようです。ストイックな生活が現実逃避とならないよう願いたいものです。

大学の奨学金がまだ下りてないという噂

geralt / Pixabay

留学1年目は日本人留学生としては異例の、学費もあわせて全額免除となった小室さんですが、2年目の費用に充てる奨学金が未だ下りていないようです。このままでは借金してでも、留学を続けるしかありません。

実際には年間1000万円程度の借金が必要になります。残りの期間は2年なので、少なくとも2000万円の借金を抱える可能性があります。さらに多額の借金の可能性が浮上しました。

米国留学の大きな落とし穴がこの借金です。多くの学生が借金返済に長期間苦労している事は、よく知られる事実です。多額の借金は小室さんにとって、もっと危機的なことになります。

借金トラブルの問題も依然として解決しないまま

janeb13 / Pixabay

眞子様との結婚が延期になった最大の原因と言われているのが、小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者との間の借金トラブルです。一連のやり取りでは、小室さん側の厚顔無恥な対応が目立っていました。

現状ですが、この問題がまったく進展しておらず、夏になって交渉相手の元婚約者が体調をくずしており、交渉が進展しない膠着状態となっています。

このような状況下では、二人の結婚の話についても全く進まない状況です。この話に加えて更なる借金の可能性は大きなリスクになるかもしれません。

眞子さまは現在も結婚の意思が固い?

小室さんの米国留学で一旦棚上げになっている結婚話ですが、眞子さまの結婚への意志はいまだに変わっていないと、宮内庁内関係者からはささやかれています。一方結婚に賛成していない紀子さまは苦悩されています。

紀子さまも眞子さまも多忙な状況で、母娘としてのコミュニケーションの機会も減ってきています。このまま、解決策が見つからない厳しい日々が当面続きそうです。

眞子さまがこのような不自然な形で婚約者と長期間会えない場合、精神的な苦痛は大変なものと思います。公務もありますから、心身の健康維持がとても重用だと思います。

過去のノルウェー王室のように記者会見を開く可能性も?

Broadmark / Pixabay

スキャンダルから起死回生の記者会見で世論を味方につけて、ゴールインした例がノルウェー王室にあります。小室圭さんも、眞子様との結婚にはその様な通過儀式が必要になるかもしれません。

2000年のノルウェー王国では、メッテ=マリット王太子妃が王室に嫁ぐ際、前代未聞のスキャンダルで国民から猛反発を受けました。

しかし、同年11月、婚約会見の場で彼女が過去の不祥事を告白し謝罪すると、その決意の固さにうたれ、一転して国民の多くが結婚を祝福しました。

もうそろそろはっきりさせましょう

小室圭さん、いつまでも「婚約内定者」でずるずると過ごす事はゆるされません。近い内にはっきりさせる事が重要です。多くの人々がそれを待っています。

それを実現するためには、借金問題の解決は避けて通れません。留学していようが、その解決のための努力を見せて欲しいと思います。2020年に向けてしっかり対応して行く事が何より大切になってきます。

小室さんには今の宙ぶらりんの状況を打破するべく、しっかり解決へ向けての努力をして頂きたいと思います。苦労が絶えない皇室も、新しい時代にかなうカップルの正式な誕生を心待ちしています。