小栗旬は2020年に事務所の社長に就任?現在は取締役だった? エンタメ

小栗旬は2020年に事務所の社長に就任?現在は取締役だった?

人気俳優である小栗旬さんは『トライストーン』という事務所に所属しており、2020年にはこの事務所の社長に就任するとの噂が流れています。しかも現在は取締役で、社長就任に向けて着々と歩を進めているそう。この記事ではそんな小栗旬さんの噂についてまとめました。

目次

[表示]

小栗旬の事務所は?2020年に社長に就任?

今や知らない人はいない実力派俳優・小栗旬さんの所属している事務所は、多くの人気俳優や人気ミュージシャンが所属しています。また、社長が元映画プロデューサーで映画も制作しているのだとか。

そして2020年には小栗旬さんが社長に就任するとの噂が流れています。真相を解明するべく、小栗旬さんと事務所の情報についてまとめました。

小栗旬のプロフィール

小栗旬さんは、トライストーン・エンタテイメント所属の俳優です。1982年12月26日生まれで、2019年8月現在は36歳。東京都出身で血液型はO型です。

小学6年生でオーディションに応募して合格。1998年には『GTO』で俳優デビューを果たしました。以後、『花より男子』や『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス』で大人気の俳優となりました。

2012年にモデル・女優の山田優さんと結婚。2014年には第一子が誕生し、2017年には第二子が誕生。公私ともに順風満帆な生活を送っています。

小栗旬の現在の事務所は?トライストーンとは?

MichaelGaida / Pixabay

株式会社トライストーン・エンタテイメントは、1993年に設立された芸能事務所・音楽プロダクションです。多くの人気俳優・人気ミュージシャンが所属していて、若手の発掘にも尽力しています。

小栗旬と同じ事務所には誰がいる?

小栗旬さん以外の俳優では、田中圭さん、綾野剛さん、木村文乃さん、手塚とおるさん、間宮祥太朗さん、坂口健太郎さんなど、多くの人気俳優が所属しています。

また、ミュージシャンではmiwaさん、清塚信也さんがおり、MAN WITH A MISSIONや防弾少年団とも業務提携しています。

ちなみに綾野剛さんは小栗旬さんに誘われる形でトライストーンに所属しました。miwaさんも小栗旬さんが出演するドラマの主題歌を担当するなど、小栗旬さんと関係の深い有名人が多く所属しています。

事務所が制作した映画もある?

geralt / Pixabay

実は映画製作会社としての顔もあり、設立者・代表取締役も映画プロデューサーの山本又一朗さん。トライストーン設立前は実写版『ベルサイユのばら』や劇場版『ゴルゴ13』を担当しました。

トライストーンでは『クローズZERO』『クローズZERO II』、『ルパン三世』、『新宿スワン』『新宿スワンII』など、漫画を原作とする実写版映画をメインに担当しています。

トライストーンの所属タレントがたくさん出演するこれらの作品はキャストが豪華であることが多く、制作発表をするたびに大きな反響を呼んでいます。

小栗旬が2020年に事務所の社長に就任!?

2018年12月、テレビ局関係者が『小栗が事務所の社長に就任することが決まったそうなんです』と発言。この情報は業界の関係者の中では有名な話で、信ぴょう性も高いとのことです。

実際に小栗旬さんはプライベートでの人脈が豊富で、山田孝之さんや藤原竜也さん、菅田将暉さん、松本潤さんなど映画製作のキャスティングなどもこなせるものと思います。

小栗旬は事務所の後輩のスケジュールも把握?

rawpixel / Pixabay

小栗旬さんは社長就任に向けて準備をしているとの話が出ており、その一環として事務所の所属タレントのスケジュールを把握しているそうです。

スケジュールがキツ目の後輩俳優には小栗旬さん自ら電話をかけ、「頑張ろう!」などと応援や励ましのメッセージを伝えることもあるようです。

小栗旬は現在、事務所の取締役?

2014年2月、小栗旬さんはトライストーンの取締役に就任しました。彼の他にも取締役は4人いますが、30代という若さで取締役に抜擢されることは珍しく、異例の大出世となりました。

小栗旬さんは映画製作に興味があり、映画『シュアリー・サムデイ』では映画監督としてもデビューしました。それが元映画プロデューサーの社長に気に入られ、可愛がられているという噂があります。

社長に気に入られているという小栗旬さんは、トライストーンの次期社長候補として名前が挙げられているという噂もあります。しかし社長になると俳優業との両立は難しいため、仮にこれが本当でもまだ先の話でしょう。

小栗旬は独立して事務所を立ち上げる噂も?

一時期、小栗旬さんはトライストーンの社長にはならず、独立して事務所を立ち上げるためにメンバーを集めているといった噂も流れていました。

ところがこの噂、実は事務所のメンバー集めではなく飲み会グループ『小栗会』のメンバー集めだったようです。現在では小栗会は無事に結成され、たびたび飲み会や誕生会などを開催して話題になっています。

ちなみに小栗会のメンバーは綾野剛さんや山田孝之さん、松本潤さん、生田斗真さん、ムロツヨシさんなど、事務所こそバラバラなものの人気俳優が集まっているようです。

「小栗会」は事務所社長就任への布石だった?

小栗会には人気俳優がたくさん集まっていることが分かりましたが、その理由はただ飲み歩きたいだけというわけではないようです。

小栗会を結成することにより自身の人脈を広げ、社長に就任した際に映画製作のキャスティングをスムーズにしようとしているのではないかと思われます。

小栗旬が目指す事務所とは?

俳優という仕事は、早朝から夜中まで撮影が続くことも多く、人気になれば1年を通して休みが数日しか取れず、に見合った報酬や保障制度もないとのこと。このような苦労はテレビや雑誌でもよく語られます。

こういった過酷な労働環境に小栗旬さんは疑問を抱いているようで、芸能界に対する不満や批判の発言もたびたびしています。彼が社長になった場合、俳優に優しい制度を取り入れる可能性が高いでしょう。

小栗旬の野望は、ユニオンを作ること?

truthseeker08 / Pixabay

アメリカの映画界では、俳優は事務所には所属せず個人で活動しているようで、その代わりに”ユニオン(労働組合)”に所属して過酷な労働環境から俳優を守る制度が実現されているようです。

小栗旬さんはこのようなユニオンを日本でも作りたいと宣言しており、小栗会などで人気の俳優に片っ端から声をかけ、結束を固めているものと考えられます。

関連する記事はこちら

小栗旬は事務所批判をし芸能界から干される?

小栗旬さんは芸能界や事務所への批判や不満の発言が目立っており、芸能界から干されてしまうのではないかと懸念の声があがっています。

小栗旬は芸能界への不満を暴露

小栗旬さんは芸能界に対する不満をたびたび暴露しており、それは上述した俳優の労働環境以外にも原因があるようです。

メディアで話題になった発言には「事務所の力だけで何故生き残っているのか分からない人が多い」というものがあり、大手事務所のタレントが優遇されていることに不満を感じているようです。

彼の過激な発言の数々は業界関係者から問題視されることになり、「小栗を使うな」と命令が出されているとの噂も。もしかすると将来、小栗旬は芸能界から姿を消すことになるのかもしれません。

殺される覚悟で芸能界を変えようと決意?

上述したように日本の俳優の労働環境改善を強く訴えており、「”自分は誰かに殺されるかもしれない”くらいの覚悟で戦わないと難しい」といった発言もしました。

過去に何かがあったのかもしれませんが、彼の活躍で多くの若手俳優が救われることに期待したいですね。

小栗旬の事務所が俳優を育成する演技研究所を設立

小栗旬さんの所属するトライストーンが、俳優を育成する演技研究所『トライストーン・アクティングラボ(TSAL)』を2010年4月に設立しました。

ここには本物の俳優を目指して芝居を学ぶ受講生が集まっており、TSAL在籍中から映画やドラマ、舞台などに出演するチャンスを設けられているようです。

受講生には元アイドルグループのメンバーや元モデル、中には演技未経験だという方も少なくないようです。本物の職業俳優の育成を目指すTSALは現在もレッスン生を募集しています。

小栗旬が社長に就任することはほぼ確定!

いかがでしたでしょうか。小栗旬さんが2020年にトライストーンの次期社長に就任するという噂の信ぴょう性について、ご理解頂けたかと思います。

小栗旬さんの俳優の労働環境や芸能界への不満・批判の発言については、賛否両論あるようです。しかし本当に小栗旬さんがこれらを改善するために動くのであれば、応援したいところです。

小栗旬さんの今後の活躍に目が離せません。

関連する記事はこちら