サンドウィッチマンは仲良し過ぎる!?彼らの魅力と、小島さんの正体を調べてみた! エンタメ

サンドウィッチマンは仲良し過ぎる!?彼らの魅力と、小島さんの正体を調べてみた!

人気お笑い芸人の「サンドウィッチマン」の2人が仲良し過ぎるとネットで話題になっています。サンドウィッチマンはコンビ結成から20年を迎えるようです!コンビ愛が強すぎる二人の仲良しエピソードから、二人の学生時代まで詳しく調べてみました!

目次

[表示]

サンドウィッチマンは仲良し【相方大好き芸人】

サンドウィッチマンのコンビ愛が話題になったのは、人気番組「アメトーーク」の「相方大好き芸人」でのことです。家族ぐるみでの付き合いがあり、学生時代から共にしているため息もぴったりで、番組中は仲の良い様子が見受けられました。

サンドウィッチマンのプロフィール

1998年9月に結成され、伊達みきお・富澤たけしのコンビ芸人です。2007年の「M-1グランプリ」では、敗者復活戦からの奇跡の優勝を果たしており、そこからブレイクしています。優勝しても、消えていく芸人が多い中、サンドウィッチマンはコントの強みも有り、着実に人気を伸ばしてきています。
2人は仙台商業高等学校の同級生で、ラグビー部で知り合いました。既に就職していた伊達を、3年かけて口説いたことにより、念願のコンビ結成となりました。当初コンビ名は「親不孝」でしたが、その後「銭と拳」に改名し、更にその後に「サンドウィッチマン」となった。

伊達みきおのプロフィール

1974年9月5日生まれの、現在43歳。出身は宮城県泉市です。血液型はA型。仙台市立八乙女中学校、仙台商業高等学校を卒業している。2009年5月に宮城県出身のフリーアナウンサーの熊谷麻衣子と婚約発表し、その後7月に宮城県内で披露宴を行っている。

富澤たけしのプロフィール

1974年4月30日生まれの、現在44歳。東京都板橋区で生まれ、愛知、新潟、宮城へと父親の転勤により引っ越ししている。血液型はAB型。2009年4月2日に3年間交際していた一般女性と結婚している。2011年4月27日に長男、2015年6月9日に次男が誕生しています。

富澤の身長はいくつ?

富澤たけしの身長は170センチで、相方の伊達みきおも偶然同じ170センチでした。コンビで同じ身長とはすごいですが、これ以外にも二人には共通点がありました。まず、2人とも宮城県で育っています。その他にも、お互い2009年に結婚しており、W結婚会見を行っています。また、二人とも第一子の学年が一緒であります。

サンドウィッチマンの仲良しエピソード①出産立ち合い

サンドウィッチマンはコンビで仲がいいだけではなく、家族ぐるみで仲がいいことで有名です。富澤たけしの妻が出産の時に、富澤は立ち会えませんでしたが、代わりに伊達みきおの妻が立ち会ったそうです。第一子の時も、第二子の時も、相方の奥さんが立ち会い、状況を教えてくれていたそうです。

サンドウィッチマンの仲良しエピソード②10年も同居

今では人気のサンドウィッチマンですが、下積み時代がとても長かったようです。M-1で優勝する前まで約10年ほど一緒に2間の古いアパートで同居生活を送っていました。10年間お金はなかったようですが、宮城の実家からお米を送ってもらっていたので食べ物には困らなかったと語っていました。

サンドウィッチマンの仲良しエピソード③解散危機!?

仙台から上京してから、なかなか売れずに長い下積み時代を過ごしたサンドウィッチマン。コンビ結成は、富澤がすでに就職していた伊達を誘ったこともあり、負い目を感じていた富澤は「死んでおわびするしかない」と自殺を考えていたという。伊達に対しても、伊達の親御さんに対しても申し訳ないという思いからだいぶ追い詰められていたようです。
30歳を迎える2005年を勝負の年にしようと決め、アルバイトを辞めてライブに出まくっていたというエピソードがあります。同年の5月に日本テレビ「エンタの神様」に初出演して、その後M-1優勝を果たし、人気芸人としての地位を獲得していったのである。

サンドウィッチマンの仲良しエピソード③富澤への愛情

サンドウィッチマンの伊達は、もし富澤が死んだら芸能界を引退すると語っています。自分たちは両思いだが、6:4で自分の方が(相方思い)だと富澤への愛情を強く力説していました。また喧嘩をしたことは一回もなく、同居中は「自分だけが食べるのが嫌」という理由で、コロッケを買うときは富澤の分も買っていたということです。

サンドウィッチマンの仲良しエピソード④楽屋が別だと?

「1周回って知らない話」に出演した際に、楽屋ではいつも楽しく過ごしていると語っていました。伊達は、楽屋が一緒ではなく、隣同士だった時には寂しすぎて壁を「トントントン」と叩いて、相方の富澤も叩き返して二人で楽しんだというエピソードを語っていました。あまりにも異様な仲良しっぷりに他の出演者から悲鳴が上がっていました。

サンドウィッチマンの仲良しエピソード⑤相方への不満は?

ライオンのごきげんように出演した際に、相方へ言いたいことをいうコーナーでは、「無愛想なんだよ!」「いつも微妙な遅刻してくんじゃねーよ!」「夜中にラーメン食って”痩せてえなぁ”とか言ってんじゃねーよ!」「お前どんどん太ってんぞ!」などとお互いに爆笑しながら言い合っており、仲の良さが伺えました。

サンドウィッチマンの古参ファン「小島さん」とは!?

サンドウィッチマンファンならその名は知っている「小島さん」。小島さんとはサンドウィッチマンの古くからのファンであり、客席が2人しかいないときから見ているという。そして、最前列で見ることも多いという「小島さん」はサンドウィッチマンの二人にオープニングでいじられることもあるそうです。

サンドウィッチマンの古参ファン「小島さん」の活動

サンドウィッチマンを古くから応援している小島さんですが、決してストーカーではなく、サンドウィッチマンのファンでした。小島さんの凄いところは、単独ライブ・全国ツアー全てに来てくれているという。そして、必ずサンドウィッチマンより先に会場入りし、最前列のど真ん中の席を確保しているというのです。

サンドウィッチマンの古参ファン「小島さん」のプロフィールは?

小島さんは栃木県宇都宮市在住で、大手企業に勤めており、役職もついているという話です。以前に、伊達がライブで名前を出してしまい、DVDではピー音にて消されているとのことです。役職付きということもあり、時間の融通や金銭的な意味でも自由にできるのでしょう。
年齢はとあるラジオにて、昭和43年生まれだと話していたという情報もありました。写真から想定するに50歳前後ではと言われているので、サンドウィッチマンの二人よりだいぶ年配の方だということが分かりました。

サンドウィッチマンの古参ファン「小島さん」の優遇

初期のころからのファンということで、勿論サンドウィッチマンの二人も知っており、一部では連絡先も知っているということです。小島さんが先に会場入りすると、サンドウィッチマンの二人に「会場入りしました」と連絡を入れているそうです。まるで、マネージャーのような行動ですね。
そして、一ファンである小島さんの凄いところは、伊達の結婚式にも招待されたことがあるということです。長い間応援してくれているということで、ファンを代表して本人から招待されてという。そして親族席を用意されており、知らされていなかった相方の富澤は小島さんを見て驚いたそうです。

「小島さん」が語るサンドウィッチマンの魅力とは?

サンドウィッチマンの大ファンの小島さんは、同じ日の公演を全て見るといいます。同じネタを見て飽きないのかというと、小島さんは「サンドウィッチマンのコントはネタが同じでも毎回台詞が違っており、回を増すごとにアップデートされていく」と魅力を語っていました。

「小島さん」が選ぶ、サンドウィッチマンのネタベスト3

3位は「街頭インタビュー」で、こちらはM-1グランプリ2007の決勝のネタとなります。2位は「職務質問」で、こちらはエンタの神様で披露されています。1位は「ピザ屋」で、こちらはM-1グランプリ2007の決勝ネタでした。小島さんのチョイスは変わり種ではなく、王道のネタということでした。

「小島さん」ロンドンへ行く

なんと、サンドウィッチマン大ファンの小島さんは、ロンドンで行われた公演にも参加していました。お客さんは400人の満員だったようで、95%はロンドン在住の日本人の方だったようです。サンドウィッチマンのブログにも小島さんがロンドン入りしたことが書かれており、小島さんとのやり取りも公演にて行われたそうです。

サンドウィッチマンは、コンビ芸人ではなくトリオ芸人だった!?

今では二人組として普通に知られているサンドウィッチマンですが、実はもう一人加わって三人組として活動していた時期がありました。もう一人とは「浜田ツトム」という芸人で、彼を入れた3人で1年間活動していました。1年後に浜田が脱退しましたが、変わらず「サンドウィッチマン」という芸名で活動を続けました。

元サンドウィッチマンだった浜田ツトムは何故脱退した?

同じトリオとして活動していた浜田ですが、脱退した理由を伊達は本人を前にして「クズなのよ、クビにしたいくらい。ぶっちゃけ、人間性が最悪なのよ。素行が悪い。」と痛烈に批判していました。お金を借りたのに返してもらっていないという女性から電話がかかってきたこともあるそうです。
解散を決定的にした出来事として、浜田が特定の住んでいる家がないことに気づき、どこかに住んだ方がいいとアドバイスしたそうです。ですが浜田は日吉に住んでいるという嘘をつき、解散が決定したという。

好感度が高いサンドウィッチマンのファンが語る魅力とは?

週刊文春での好きな芸人ベスト50の中で、1位明石家さんま、2位タモリ、3位ダウンタウンと並ぶ中、4位にランクインしているサンドウィッチマン。ファンが語る彼らの魅力は「絶妙なボケとツッコミ」、「人柄・コンビ仲の良さ」、「ネタのおもしろさ」だという意見がありました。

今後のサンドウィッチマンとは?

ネタがおもしろいと言われているサンドウィッチマンは、自身でも「ライブは続けていきたい」と語っていました。ネタを求められているのでそれに答えていきたいということです。毎年新ネタのライブを行っているというサンドウィッチマンは、人柄だけでなく芸人としての面白さも評価されているということで、今後の活躍に期待したいものです。