デヴォン青木の現在は?家系図がすごい?子供は?美しい写真集も! エンタメ

デヴォン青木の現在は?家系図がすごい?子供は?美しい写真集も!

目次

[表示]

魅力的なデヴォン青木の写真⑱

デヴォン青木さんのイノセントな魅力が光るショットです。デヴォン青木さんの柔らかな髪の色や瞳の色が朝日に映えて美しいですね。

魅力的なデヴォン青木の写真⑲

これぞスーパーモデル、といった感の王道の一枚です。個性の強いブルーのファーのジャケットと帽子ですがデヴォン青木さんによくお似合いです。スーパーモデルオーラが凄いですね。

魅力的なデヴォン青木の写真⑳

青いブルーで顔に十字のペイントが施された不思議なメイクです。ヘアーも近未来的なイメージを感じさせるショットですが、こんな強いイメージでもぴったりはまってしまうのがデヴォン青木さんです。

ヌードも芸術的

デヴォン青木さんの美しいヌードがこちらです。ヌード写真と言ってもデヴォン青木さんにかかると芸術的になりますね。エロというよりもアートとして鑑賞したい一枚です。

当時18歳のデヴォン青木のヌード画像も

こちらもデヴォン青木さんのお宝画像で当時18歳のデヴォン青木さんのヌード画像です。ワイルドなイメージで撮影されています。

王道の美人ではないが一度見たら忘れられない個性が魅力

デヴォン青木さんは一部のファンからは「ブサかわ」とも言われるように王道の美人というより個性的な美人といったほうがいいかもしれませんね。

小さい口や細く吊り上がった目がアンバランスに顔の中に並んでいて、一度見たら忘れられない印象を残します。なぜか気になる顔、と言えばいいのでしょうか。

圧倒的な存在感と魅力で多くのファンやデザイナーのミューズとして活躍しています。

デヴォン青木の華麗なる家系図

スーパーモデルとしてのデヴォン青木さんの活躍を見てきましたが、デヴォン青木さんはどのような家族の元に育ったのか気になりますね。

デヴォン青木さんはお嬢様だと言う噂もありますが、デヴォン青木さんの家系図を見ていくことにしましょう。

父親はロッキー青木(BENIHANAのオーナー)

デヴォン青木さんの父親はアメリカで初めて成功した日本人実業家で、米国内80店舗を含む世界110店舗を展開し、メディアでは「遺産100億円」とまで報道されるほど大成功を納めました。

本名は青木廣彰さんで、1938年10月9日に長野県で生まれます。慶應義塾大学ではレスリング部に所属し、アメリカ遠征を経てニューヨークのシティカレッジに入学します。

両親が銀座などで洋食「紅花」を経営していたことからレストラン経営学を学び、両親や兄弟も呼び寄せて鉄板焼きレストラン「BENIHANAYA OF TOKYO」を開業します。

ロッキー青木はデヴォン青木を溺愛していた

このレストランはパフォーマンスを取り入れた鉄板焼きを披露することからマスコミに取材され、繁盛し後に全米80店舗、世界110店舗を展開する一大日本食チェーンとなります。

ロッキー青木さんは3回の結婚歴がありますが、2回目に結婚したドイル人とイギリス人のハーフの女性がデヴォン青木さんの母親です。ロッキー青木さんは2008年に癌で亡くなっています。

ロッキー青木さんはデヴォン青木を溺愛し、欲しいものは何でも買い与えていたということです

母親はパメラ・ヒルバーガー(宝石デザイナー)

OnlineMommyDiva / Pixabay

ロッキー青木さんの2番目の妻はパメラ・ヒルバーガーさんでドイツ人とイギリス人のハーフです。パメラ・ヒルバーガーさんは一般人ということで画像がネット上に見当たりませんでした。

パメラ・ヒルバーガーさんとロッキー青木さんの間には3人の子供がいてデボン青木さんはその一人です。

職業は宝石デザイナーということですが、詳しい情報はそれ以上掴めませんでした。

異母兄弟はスティーブアオキ(DJ)

デヴォン青木さんの異母兄弟はスティーブアオキさんで、アメリカでは有名なミュージシャンです。そのファッションセンスやライブのパフォーマンスでも常に注目されています。

両腕を水平に伸ばして両足をガニ股に開く「Aoki Jump」(青木ジャンプ)やケーキを投げつけるライブパフォーマンスはお馴染みになっています。

スティーブアオキさんはドキュメンタリー番組が組まれるほど人気があり、デヴォン青木さんも出演したことがあるそうです。

異母姉妹はジェニファー・クラム(モデル)

デヴォン青木さんの異母姉妹にはモデルのジェニファー・クラムさんがいます。ジェニファー・クラムさんは米国プレイボーイ誌でヌードを披露したことでセンセーショナルを巻き起こしました。

なぜジェニファー・クラムさんのヌードがそこまで話題を巻き起こしたかというと、ジェニファー・クラムさんは「左腕がない」モデルだからです。

ジェニファー・クラムは左腕の無いモデル

ジェニファー・クラムさんは4歳の時に自動車事故に合い、左腕のひじの部分から先を失ってしまいました。しかし五体満足でなくても女性は美しく輝けることを写真で証明したのです。

普段は左腕に義手をつけているジェニファー・クラムさんですが、道場ではなく感動を写真で伝えていきたいそうです。

姪はナタリー・ヌーテンブーム(プラスサイズモデル)

デヴォン青木さんの姪であるナタリー・ヌーテンブームさんはプラスサイズモデルとして活躍しています。

身長180cmという長身で、アナスイのコレクションでは堂々としたウオーキングを披露しました。涼しげな切れ長の目にデヴォン青木さんの面影が映ります。

デヴォン青木さんは叔母でありますが、ナタリー・ヌーテンブームさんにモデルとしてアドバイスをしているということです。

デヴォン青木は日系だけど、日本語はほとんど喋れない?

デヴォン青木さんの父親はロッキー青木さんということで、日本人の血が入っていますが、デヴォン青木さん本人はほとんど日本語をしゃべれないそうです。

母親がドイツ人とイギリス人のハーフということで、またロッキー青木さんと母親は離婚してしまい、日本語をしゃべる機会はあまりなかったのでしょう。

デヴォン青木の結婚相手は?子供は何人いる?

デヴォン青木さんは結婚しているのでしょうか?また子供はいるのでしょうか?デヴォン青木さんの結婚と子供について調べてみました。

2010年に投資家のジェームズ・ベイリーと婚約、2012年に結婚

デヴォン青木さんには投資家であるジェームズ・ベイリーさんという夫がいます。

2010年の夏にデヴォン青木さんとジェームズ・ベイリーさんは婚約をし、2011年の4月に結婚をしています。

2011年に長男、2012年に長女、2015年に次女を出産

デヴォン青木さんにはジェームズ・ベイリーさんとの間に3人の子供がいます。2011年の6月に長男のハンター君を出産、2013年の2月には長女、アレッサンドラ・リンヴィルちゃんを出産します。

また2015年の3月には次女、エレノアちゃんを出産しています。

長女は2018年にGuessのキッズモデルデビュー

デヴォン青木さんのお子さんたちはみんな美男美女揃いですが、長女のアレッサンドラちゃんはその美貌を買われ、Guessでキッズモデルとしてデビューを果たしています。

デヴォン青木さん親子の活躍を期待したいところです。

デヴォン青木のアジア系セレブメイクのやり方は?

kinkate / Pixabay

海外セレブのメイクやヘアーは華やかでトレンド感があり、一番先に取り入れたいと思っている人も少なくないはずです。

でも海外セレブは骨格が違うのでそのまま取り入れても似合わなかったり、どういう風に取り入れたらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで私たち日本人がお手本にするべきはやはり骨格などが似ている日系人セレブでしょう。デヴォン青木さんのメイクテクをここでご紹介しましょう。

ポイントはアイメイクとリップ

デヴォン青木さんの魅力的な容貌を作っているのはアイメイクとリップです。

印象的なヘーゼル色の瞳を持つデヴォン青木さんですが、アイメイクはしっかり重めに仕上げます。リップもしっかり重めの色で仕上げ、それ以外の部分は軽くしてバランスを取るようにしています。

デヴォン青木風メイク方法

stux / Pixabay

1. アイホール部分にクランベリー色のアイシャドウを広めに乗せていきます。クランベリー色のアイシャドウはピンクがかっているので、重くならず目元を引き締めてくれます。

2. 次にダークブラウンのアイシャドウで、目じり側の目の際に強めに乗せます。ブラシや指で先にのせたクランベリーのアイシャドウとなじむようにぼかします。

3. 下のまぶたにもクランベリー色のアイシャドウを目頭から目尻に細く入れていきましょう。

仕上げはアイライナーとマスカラを使う

kaboompics / Pixabay

ここからは仕上げです。アイシャドウで華やかな目元を作ったら目元を引き締めるためにアイライナーとマスカラを使います。

4. ブラックのペンシルアイライナーで、まつげの間を埋めるようにアイラインを引いていきます。アイラインは長くなり過ぎないように。

5. まつ毛にたっぷりとマスカラを塗って完成です。下まつげはマスカラを塗りすぎないようにしましょう。

デヴォン青木の経歴

ここからはデヴォン青木さんの生まれてから現在までの経歴を見ていきましょう。

ニューヨーク生まれ、カリフォルニア育ち、ロンドンの高校に通う

Free-Photos / Pixabay

デヴォン青木さんは1982年8月10日、ニューヨーク州ニューヨーク生まれです。その後カリフォルニアに移住し、そこで育ちました。高校時代はロンドンで過ごしたそうです。

13歳でモデルの活動を始める

13歳の時にデヴォン青木さんはモデルとして活動を始め、14歳の時にStorm Model Manegementと契約をします。

その後イヴ・サンローランやラルフ・ローレン、シャネルなどのショーに出演して一気に時の人となります。

1998年、ヴェルサーチのモデルに抜擢される

1998年、16歳の時にナオミ・キャンベルに変わりヴェルサーチのモデルとなります。

デヴォン青木を見出したのはケイト・モスだった?

デヴォン青木さんを見出したのはスーパーモデルのケイト・モスだったそうです。

あるライブ会場に、デヴォン青木さんの写真が写っていたのをケイト・モスが見てスタッフに「この子を捜して」と言ったのがきっかけでした。

その後もシャネルなどのショーでモデルに起用される

その後、デヴォン青木さんはシャネルなどのショーに出演しますが、そのシャネルへの推薦もケイト・モスさんからだったそうです。

ケイト・モスさんとどことなく雰囲気も体形も似ているので、ケイト・モスさんは気になったのかもしれません。

2003年に女優として映画デビュー

モデルとしてだけではなく、2003年には女優として映画デビューを果たしています。

出演した映画は「ワイルド・スピード」「シンシティ」「ダークアサシン」などです。

NEXT:2011年、妊娠を機に仕事を一時休止
2/3