アンミカの国籍は韓国?密入国疑惑で炎上!元彼がスパイだった? エンタメ

アンミカの国籍は韓国?密入国疑惑で炎上!元彼がスパイだった?

アンミカの生まれは韓国ですが、彼女が育ったのは日本の大阪市です。アンミカは、元カレがスパイであったと語っており、命を失う危険まであったとテレビで話していました。彼女の話を鵜呑みにすると、密入国者である可能性も出てきます。その真実に迫ってみたいと思います。

目次

[表示]

アンミカのプロフィール

アンミカの両親は二人とも韓国人で、彼女の国籍も韓国になります。韓国の済州島で生まれたアンミカは、日本に来て小学校から大阪市の阿倍野区で育ちました。

  • 芸名:アンミカ
  • 別名義:安美佳、AHN MIKA
  • 愛称 :アンちゃん
  • 生年月日:1972年3月25日
  • 出身地:韓国(大阪府大阪市生野区・阿倍野区育ち)
  • 血液型:O型
  • 身長: 171cm
  •  スリーサイズ:88 – 65 – 93 cm
  • 靴のサイズ・24.5 cm
  • 資格:韓国語検定4級

アンミカは、5人兄弟の真ん中に生まれ、兄・姉・妹がいます。小学校は朝鮮学校ではなく、阿倍野区の高松小学校にも通い、その後に大阪府立の立住吉高等学校を卒業しました。

大阪の生野区は、在日韓国人が多いことでも有名で、韓国の食材もタップリ揃えている「生野コリアンタウン」や「鶴橋商店街」がある地域です。

幼少期のアンミカは、貧しい生活を楽にするために、新聞配達やパン屋でアルバイトをしたこともあり、家計を助けていたそうです。家が2度も火事にあうなど不幸も続きましたが、乗り越えています。

幼少期から大人になるまでを日本で過ごしているため、一般の日本人と同等に日本語は使いこなします。逆に本国の韓国語は検定4級を合格していますが、レベルはあまり高くはないようです。

アンミカは、母親の死をきっかけにモデルを目指し、日本の芸能事務所を足掛かりにして高校卒業後には、世界のトップモデルを目指して単身でパリに移住しました。

順調に力をつけたアンミカは、希望通りの一流モデルの仲間入りを果たし、世界中で活躍するトップモデルになりました。その後はモデル以外の才能も発揮して、活躍の場所も多岐に渡ります。

アンミカは、2012年7月17日に結婚していますが、子供はいません。旦那はアメリアカ人の「セオドール・ミラー」氏で、日本の「電通」や「ゲートウェイ」にヘッドハンティングされた有能な人物です。

また、ホリエモンの前に「ライブドア」の社長を務めていた人物で、経営手腕にもたけており実業家として現在も活躍しています。

アンミカの元彼はスパイだったって本当?!

RyanMcGuire / Pixabay

アンミカは、テレビで自分が付き合っていた元カレが「スパイ」だったと告白しています。また、命の危険まであったということで注目を集めました。

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で元彼のスパイ疑惑を告白

アンミカは、TBSの『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』で、彼女の元カレがスパイであったと激白しています。「国際的なスパイ」という言葉が使われ、何の目的で潜伏しているのかも疑問視されました。

元彼は自称貿易業の韓国人で7カ国語を話せる!アンミカの前でも披露

geralt / Pixabay

アンミカの元カレは、韓国人で7ヵ国語を話すといい、アンミカと話す時には片言の日本語と韓国語を使っていたと言います。

仕事は貿易会社に勤めているとのことで、世界中を股にかけていると言っていたそうです。実際に多国語を用いて仕事をしているのを見たと言っており、疑う気持ちは起きなかったようです。

二人の出会いは、パーティーだったということですが、どこで開催されたどんなパーティーであったかは分かっていません。

アンミカは失恋したてで元彼とは結婚を前提に交際をスタートさせた

bngdesigns / Pixabay

アンミカは、スパイの元カレと出会う前に、ひどく悲しい失恋を経験したそうで、彼はアンミカの「心の隙間」に入り込んできました。そして二人の交際が始まります。

アンミカは当時結婚がしたくて仕方が無かった

傷付くことを恐れたアンミカは、「結婚前提でなければ嫌だ」と迫り、彼の家族に合わせてくれるように頼んだそうです。

彼は、アンミカが結婚したくてたまらないことを、すぐに見抜くことができました。結婚に焦っていたアンミカは、彼の言葉や行動に疑問を感じても聞きただすことができませんでした。

彼を疑っていることが知れて、二人の関係が破綻することが怖かったそうです。全てに目をつぶり、見て見ぬふりをするしかなかったといいます。

元彼の家族にも紹介されていたが家族は劇団員だった

Free-Photos / Pixabay

元カレは、アンミカを安心させるためか、彼の家族にも会わせてくれたそうです。しかし後日になって、家族と言っていた全員が劇団員だと判明し、アンミカの前で家族を演じていた事がわかりました。

「しくじり先生」では1000万円を騙し取られたとも明かしている

アンミカは、テレビ朝日の『しくじり先生』に出演した際に、彼女が付き合っていた「国際的なスパイ」と思われる男性に、1000万円を騙し取られたという恐ろしい過去を語っています。

アンミカが34歳から36歳の時のことで、貿易関係の仕事をしていると語る彼氏は、アンミカの結婚願望につけ込んで、大金を騙し取ったのだとも言っています。

また、正体(スパイ?結婚詐欺師?)を知ってしまったアンミカを暗殺する可能性もあったとも話していました。

元彼はその後痕跡を残さず姿を消した

Pexels / Pixabay

アンミカに正体を知られた、国際的なスパイであり結婚詐欺師でもある2年間付き合った彼氏は、全く痕跡を残さずに彼女の前からいなくなってしまったそうです。

アンミカに関する記事はこちら

アンミカが元彼にスパイ疑惑を持ち始めた理由は?

succo / Pixabay

アンミカは、いつ頃から元カレの行動に不審をいだくようになったのでしょうか。

元彼の姉夫婦を紹介された際、姉にだけ訛りが

qimono / Pixabay

アンミカは、元カレの母国である韓国で開いてくれた食事会において違和感をおぼえたことを話しています。

『「訛りがあったんです。お姉さんだけ。彼はソウルやし、お姉さんに訛りがあるのがムチャクチャ気になった」

(引用:mybouzu.info)

食事会に両親はいなかったとのことで、姉夫婦を紹介されたそうです。ソウル育ちの彼の実姉にだけ訛りがあるのは、とても不自然に感じたと言っていました。

姉は北朝鮮の訛りがあった?

Chickenonline / Pixabay

アンミカの生国でもある韓国ですので、言葉の発音や訛りを敏感に感じ取ることができたようです。元カレと一緒に育ったはずの実姉には「北朝鮮」の訛りがあったそうです。

隣国で言語は同じだとしても、一緒に育ったはずの二人に言葉の地域差があるのは不自然きわまりなかったようです。それも南北で敵対する言葉であり、気になったのも当然です。

元彼のクレジットカードの名義が別人だった

stevepb / Pixabay

そして、元カレの疑惑が決定的になった瞬間のことを、アンミカは次のように語っています。それは、彼が食事の代金を支払う時のことでした。

「(私)視力2.0なので、なんか気になってパッて見たときに『あれ?名前が違う』って」とクレジットカードの名義が違うことを発見。

(引用:mybouzu.info)

彼が複数の名前を持ち、使い分けているのを目撃してしまったアンミカは、今まで不自然に感じていたことが、全てつながって大きな疑念となりました。

元彼の名前を調べると該当人物が5人も浮上

chachaoriginal / Pixabay

アンミカは、結婚前提に付き合っている元カレを妹に紹介しようと思い、韓国籍と聞いていた元カレの身元を調べたところ、該当する人物がいなかったと言っています。

これが元カレに疑念をいだくようになった始まりで、彼の名前を詳しく調査すると5人の人物が浮上しましたが、ピタリと合致する人物はいなかったそうです。

同じ名前ではあるものの、年齢や顔、その他の素性などが微妙に違い、本当の名前は別なのではないかという疑念もわいてきました。

元彼を問いただすとカタコトだったはずの元彼が関西弁で切れた

ZeeNBee / Pixabay

このままでは結婚の実現は難しいと考えたアンミカは、元カレに今までの疑惑の全てを問いただしたそうです。ぶち切れた彼から返ってきたのは意外な言葉でした。

「さっきからガタガタ、うるさいんじゃボケ!」

(引用:everyday-e-news)

今までは片言の日本語しか使わなかった元カレが、人が変わったように流ちょうな関西弁で彼女に罵声をあびせたといいます。

元彼は写真に写る時は顔が確認できなくしていた

Free-Photos / Pixabay

アンミカは、そういえば他にも不自然な行動があったとして、元カレが写真に写る時に自分の顔がハッキリと分からないようにしていたことも思い出しています。

写真の時に元カレは無理に変顔をつくったり、サングラスをかけたままで、後から見た時に人物を特定できる画像にならないようにしていたといいます。証拠を残さないスパイの手口だという事です。

アンミカはスパイの元彼に命を狙われていた?

Vitabello / Pixabay

アンミカは、元カレが彼女の命を狙っていたとも言っています。

元彼と別れる前に聖地ツアーに誘われていた

rawpixel / Pixabay

アンミカは、機会があって「スパイ専門誌」の関係者に、彼女の前に起きた全てのことを話したそうです。スパイに詳しい関係者の人は、アンミカにこう尋ねたそうです。

「その男性に聖地ツアーに誘われていませんか?」

(引用:everyday-e-news)

アンミカには心当たりがあり、元カレから結婚前に「聖地旅行」に誘われていたことを思い出しました。それは、彼が姿を消す直前のことだったそうです。

聖地に行っていたら消されていた可能性がある?

julianjudge / Pixabay

アンミカに「スパイ専門誌」の」関係者から、とても衝撃的な事実が告げられたそうです。

「行かなくてよかった。行ったら、多分亡くなってて身元不明にされてる」

(引用:matome.naver)

つまり、誘われたままアンミカが聖地に行っていたならば、殺されていただろうと告げられています。行かなかったのが不幸中の幸いで、命拾いをしたのだとも言われたそうです。

元彼スパイ疑惑を語るのは自分の命を守る為

そしてアンミカが、このように公の場所で「スパイの元カレ」の事を話すのは、実は自分の身を守る手段でもあると言っています。

現在も自分の命を狙っているかもしれない元カレの話をすることで、自分の身を守ることができると、アンミカは話していました。

元彼は現在モンゴルにいる?

enkhtamir / Pixabay

情報源はどこにあるか分かりませんが、アンミカの元カレは「モンゴル」にいるらしいと、彼女は話しています。

アンミカは密入国者という疑惑がある!噂の真相は?

アンミカは密入国の疑いがあるといい、その噂の発端はテレビで放送された特番だったそうです。

金スマでアンミカが密入国者ではないか?と思わせるVTRが流れた

TBSの「金スマ」で『アンミカ特集』という2時間スペシャルを放送したそうです。その内容は、アンミカの生い立ちを語るというもので、彼女の回顧録をもとに作成されています。

アンミカは彼女が4歳の時に、一家7人で生国の韓国から小舟で日本にたどりついたとされています。これが事実であれば、完全な密入国者であると言えます。

そして、密入国を斡旋したブローカーは次々と逮捕されています。VTRを見た視聴者からアンミカへの非難の声が多く寄せられ、同情する声は少なかったといいます。

「バイキング」で小川榮太郎と杉田水脈を「日本の恥」と批判

アンミカは、情報番組の「バイキング」の中で、小川榮太郎と杉田水脈の発言に対して苦言を呈しましたが、この批判の言葉が物議を醸す事になりました。

杉田水脈議員の「LGBTは生産性がない」という事に対して彼を非難したようですが、彼女の批判の言葉は大きな誤解を招き、度を越した発言に対して、視聴者からは逆に彼女を非難する声が多く寄せられました。

彼女はLGBTでもなく、日本国籍も持たないのに「日本の恥」とまでの究極発言はいかがなものかと、彼女をののしる言葉もあり、番組自体にも問題があるのではとまで言われています。

「涙が出てくるんですよ見てると。腹が立ってね。不勉強なのに勢いだけあるっていう支離滅裂で質悪い。人をすごく言葉のナイフで切り裂く。女性の活躍推進って言われているときに公の人が生産性なんていう言葉で…」

「正直、私も高齢出産ができなかったタイプですけど…」

「日本は世界の恥です!もうすごい傷つきました!」

(引用:blogs.yahoo)

アンミカ自身は、日本を第二の故郷と思って発言したのかもしれませんが、「日本の恥」は少し過激だったようです。日本を侮辱する言葉だと受け止められ、彼女を擁護する言葉は殆ど聞かれませんでした。

アンミカの国籍は韓国

JJuni / Pixabay

アンミカの両親は二人とも韓国人で、アンミカも韓国で生まれているのでアンミカ国籍は韓国になります。その後も帰化の手続きは行っていないため、現在の国籍も韓国となっています。

帰化しない理由は、「複雑な手続き」だということですが、国籍を変えない理由か変えられない理由が存在するという発言する人も多くいるようです。

NEXT:アンミカは現在韓国で楽しそうに過ごす姿をブログに投稿
1/2