【悲報】松田聖子と娘・神田沙也加との不仲になった原因は男性関係だった? エンタメ

【悲報】松田聖子と娘・神田沙也加との不仲になった原因は男性関係だった?

松田聖子さんは歌手としても女優としても大活躍しています。そんな松田聖子さんと娘の神田沙也加さんは不仲だという声が聞こえてきました。本当のところはどうなのでしょうか。松田聖子さんと娘の神田沙也加さんの二人の関係を調べてみました。

目次

[表示]

松田聖子と娘・神田沙也加との不仲になった原因は?

俳優の村田充さんと結婚した神田沙也加さん。父の神田正輝さんと村田さんとのスリーショットの写真は公開しましたが、母の松田聖子さんとの写真が全く紹介されませんでした。

また聖子さんが、この結婚に関してコメントを一切しない事から、一部で不仲説や確執が報道されています。松田聖子さんと神田沙也加さんの確執の原因は何なのか検証していきたいと思います。

松田聖子のプロフィール

1978年CBSソニーが主催するミス・セブンティーンコンテストの九州地区大会にて優勝します。しかし、両親に反対され辞退します。

この時松田聖子さんの歌声を聴いた、CBSソニー制作部の若松宗雄さんにスカウトされます。1979年サンミュージックプロダクションと契約、1980年4月1日「裸足の季節」で歌手デビューします。

同年10月3rdシングル「風は秋色」で初のチャート1位を獲得します。この年の後半2ndシングル「青い珊瑚礁」で第22回日本レコード大賞の新人賞を受賞、年末の第31回紅白歌合戦にも出場しました。

また「聖子ちゃんカット」と呼ばれる髪型が女の子の間で大流行し、更にプロマイドの売り上げが年間1位となります。

神田沙也加のプロフィール

俳優の神田正輝さんと歌手の松田聖子さんの長女です。両親は1997年に離婚します。1999年ロサンゼルス在住中にデビッド・グリーンスパン監督の短編映画である「ビーン・ケーキ」(おはぎ)に出演します。

この映画は、2001年の第54回カンヌ国際映画祭で、短編部門の最高の賞「短編パルムドール」を受賞します。

2014年3月14日ディズニー制作の映画「アナと雪の女王」で王女・アナ役の日本語吹替えで大ヒットに貢献し、一躍注目を浴びました。

また年末の第65回紅白歌合戦にて、英語版でエルサを演じたイディナ・メンゼルとのデュエットで「生まれたはじめて」で出場します。2017年4月26日俳優の村田充さんとの結婚を発表しました。

神田沙也加の夫・村田充のプロフィール

  • 別名義: MITSUU
  • 生年月日: 1977年8月18日
  • 出生地: 大阪府
  • 身長: 187 cm
  • 血液型: A型
  • 職業: 俳優・ファッションモデル
  • ジャンル: テレビドラマ・映画・舞台
  • 活動期間: 2000年 –
  • 事務所: オリオンズベルト

松田聖子と娘・神田沙也加との不仲①きっかけ

松田聖子さんと神田沙也加さんに不仲説が流れるようになったのは2005年頃です。そもそものきっかけは芸能活動の休止を聖子さんに何の相談もなく一人で勝手に決め、家を出て一人暮らしを始めたこと。

松田聖子さんはそれに対し神田沙也加さんへの給料の支払いをストップし、神田沙也加さんはアルバイトに励んでいたそうです。しかし1度は折れて、松田聖子さんに謝罪して戻ったようです。

そして、松田聖子さんに年下の恋人ができ、その恋人と共に所属事務所から独立した事をきっかけに2人の中は修復不可能になってしまったと言われています。

110番通報されるほどの大喧嘩の真偽!?

mary1826 / Pixabay

上記のきっかけ時期の2004年頃のことらしいのですが、この母と娘は物を投げ合いガラスが割れる大喧嘩をして、近隣住民に110番通報されたことがあるとも言われています。

喧嘩の原因は、神田沙也加さんが12歳年上の彼氏と渡米したいと申し出たことです。一人娘のことを思ってのことかもしれませんが、あまりの過干渉に神田沙也加さんがキレたようです。

これがその後の不仲と確執に直結したかどうかは不明ですが、親子ですからとことん喧嘩して大騒ぎになったのは事実のようです。

松田聖子と娘・神田沙也加との不仲②共演

松田聖子さんと神田沙也加さんは共演歴がたくさんあります。まず、2003年カレーのCMで共演しました。松田聖子さんと神田沙也加さんが歌いながら共演する、このCMは大注目されました。

そして、芸能界デビュー10周年を迎えた神田沙也加さんが、初のソロコンサートを開催し、母・松田聖子さんがその演出・構成を担当すし、親子で同じステージに立ったことでも注目を浴びました。

2011年の紅白歌合戦で共演し、ラストでは松田聖子さんが涙を流し、親子愛がテレビからも伝わる感動的なシーンに日本中が沸きました。

松田聖子と娘・神田沙也加との不仲③男性関係

こんなにも一緒に仕事をして共演も多数あるのにもかかわらず、松田聖子さんと神田沙也加さんは不仲で確執があるという噂が絶えません。

不仲と確執の理由の一つに、母親である松田聖子さんの男性遍歴がヤバすぎて神田沙也加さんが嫌悪感を示しているというのです。

松田聖子の結婚・不倫歴がヤバい

松田聖子さんほど、恋多き女性もそうそういないことでしょう。しかも恋をするだけでなく、結婚と不倫とがオーバーラップする報道がこれだけ多いのは凄いかもしれません。

最初の結婚・不倫

1人目の旦那は1985年に神田正輝さんと結婚。1986年10月1日長女である神田沙也加さんを出産します。

そして1997年1月に離婚しますが、神田正輝さんとの結婚期間中に、NYで知り合った英語講師のジェフさんと1992年までの3年ほど不倫していました。

後に、ジェフさんは松田聖子さんとの不倫生活の暴露本を出版しました。

二度目の結婚

2人目の旦那は1998年に波多野浩之さんと結婚しました。出会って2ヶ月での電撃結婚で、「出会った時にビビビときて結婚した」との報道から「ビビビ婚」と言われてました。

しかし、2000年には離婚し、わずか2年半の結婚期間でした。

三度目の結婚・不倫?

3人目の旦那は2012年6月に河奈裕正さんと結婚し、現在も継続中です。しかし、離婚も秒読み段階に入っているとも噂されています。その理由は、松田聖子さんの元マネージャーと言われています。

2004年に河田将道さんと出会い専属マネージャーとなります。その後から恋人(不倫?)関係に発展します。この関係が現在も続き、それが3度目の離婚の秒読み段階なのかと言われています。

松田聖子と娘・神田沙也加の不仲④いじめ

数々の男性との浮き名や結婚離婚を繰り返していったことで、母と娘の溝が深まったと言われています。松田聖子さんは男性と好き放題恋愛をしているのに、娘に彼氏ができると猛反対をしていたようです。

以前付き合っていたとされるTRUSTRICKのギタリストとの交際も反対をしていたようです。これにより、親子の溝は更に深まりました。

母がビッグネームで奔放な恋愛三昧のため、神田沙也加さんは苦労したようです。2015年に発売した神田沙也加さん初のスタイルブック「Dollygirl」でも、学校でのいじめを明かしています。

いじめのそもそもの原因は松田聖子の身勝手からの「転校」?

geralt / Pixabay

神田沙也加さんの鬱憤は、大人になってから形成されたものでなく、小6頃のある経験に基づくという指摘もあります。彼女は中高一貫の私立中学への進学が実は内定していたのでそうです。

しかし子供にとって最も多感なこの時期、松田聖子は自身の都合だけで渡米を決めてしまいます。これにより生活は一変し、神田沙也加さんは学校で凄絶ないじめにあったと言われているのです。

親子がどこまで事情を話し合ったのかは不明ですが、娘の母への不信感はこの辺りから始まったとも言われています。

松田聖子との不仲で神田沙也加が激やせ?

一躍ブレイクした神田沙也加さんが最近では別人のように激やせしてしまったと話題です。若い時にデブとか顔が大きい、などとイジメられた過去を持つ人が、拒食・激やせに走るケースが多いのです。

かつては体型がふっくらしていた時期もあったが、色白かつ華奢な上半身、とりわけ腕の細さが目立つ。メイクを変えると写る角度や表情、視線など髪型でも違う印象で写る。

動かない表情と動いてる表情でもだいぶ違うが、これは明らかに痩せすぎ。ネット上では「細すぎて怖い」「大丈夫なのか心配になる」という声が数多く上がっています。

松田聖子が娘・神田沙也加の結婚を祝っていない?

俳優の村田充さんと結婚した神田沙也加さん。父の神田正輝さんと村田さんとのスリーショットの写真は公開しましたが、母の松田聖子さんとの写真の公開はありませんでした。

さらには聖子さんが、この結婚に関してのコメントを一切出していない事から、一部では不仲説や確執が報道されています。それらの経緯から、松田聖子さんとの確執が決定的との見方が出ました。

松田聖子にとって家族は「飾り」?

松田聖子さんがご自身のコンサート中に、身内名をコールしてファンがこれにならうのは、1つのお約束コーナーとも言えます。かつては愛娘の名を呼び、観客が後追いでコールしていました。

コンサートで「沙也加でーす」は恒例行事だった

コンサートでのMC場面では定番があるものですが、これが「沙也加でーす」の時期は長く続きました。親バカな定番のようでいて、実はこれは松田聖子さんの「演出」ではという声もあります。

いつの頃からか、会場に神田沙也加さんの姿を見掛けなくなり、この定番も終わったかとも思われました。

沙也加の次は2度目の結婚相手が2階席にいて名前をコール!

しかし娘がいないとなれば、豹変して今度は2階席にいる当時の夫・波多野さんをコールしたのだそうです。会場のファンは戸惑いながらも、定番にしたがい後追いコールをしたそうです。

つまり松田聖子さんにとって、詰めかけた「家族」には、愛されている「アピール」が欲しいだけのことではないかと勘繰る人が結構いるのだそうです。

離婚が決定的になると「冬樹さーん」でモト冬樹?

「松田聖子家族飾り説」は、この次に現れたようです。波多野さんとの離婚が、ほぼ決定的となった時、彼女がコールしたのは「冬樹さーん」だったのだそうです。

これはモト冬樹さんのことであり、「愛されアピール」のためなら誰でもいいのか?的な雰囲気が、コンサート会場に漂うも、律儀なファンは後追いコールで「冬樹さーん」をしたそうです。

ライブの演出としてのみの狙いかとも思われますが、神田沙也加さんにしてみると、このような「家族は飾り」のような独善的な姿勢も、もしかすると嫌悪の対象なのかもしれません。

松田聖子と神田沙也加が親子についてファンは?

神田沙也加さんと村田充さんが結婚するという報道を受けた事にファンは驚きを隠せなかったわけですが、それ以上に驚いたことがあったとネットで騒がれていました。

それが、「神田沙也加って松田聖子の娘なの!?」ってことでした。松田聖子さんと神田沙也加さんが親子であることを知らない人がいたことに驚きです。

NEXT:松田聖子と神田沙也加の関係は本当はどうなの?
1/2