河北麻友子の英語が上手?動画は?流暢な英語はニューヨーク育ち? エンタメ

河北麻友子の英語が上手?動画は?流暢な英語はニューヨーク育ち?

河北麻友子さんは、とても英語が得意であることでも知られ、すばらしい発音で話している様子をおさめた多くの動画もあります。英語と日本語を自在に操る河北麻友子さんの実家やご両親、国籍など、英語を流暢に話せる理由や背景について調べます。

目次

[表示]

河北麻友子の英語がすごい!動画は?なぜ流暢なの?

ここでは、河北麻友子さんの英語力を動画で確認するとともに、英語が流暢な理由を探ります。

河北麻友子のプロフィール

  • 生年月日:1991年11月28日(27歳)
  • 出身地:ニューヨーク市マンハッタン
  • 血液型:O型
  • 身長:163cm
  • スリーサイズ:78-58-79cm
  • 靴のサイズ:23.5cm

河北麻友子さんはアメリカ・ニューヨークの出身で、祖父はサンフランシスコ領事、父親はニューヨークで会社経営をされています。

河北麻友子の英語の発音がネイティブすぎ?動画は?

河北麻友子さんといえば、「イッテQ」での「出川ガールズ」としても知られ、年齢が倍ほどの出川哲朗さんとの遠慮のない面白い掛け合いでも知られています。

上の動画は、収録の企画でレストランで「英語縛り」で会話をするというシチュエーションになったときの映像です。

ちょっとした発音や言い回しが非常に自然でこなれており、河北麻友子さんが日常生活において英語を使いながら育ってきたことを感じさせます。

河北麻友子は生まれ・育ちがニューヨーク?国籍もアメリカ!

河北麻友子さんは生まれも育ちもニューヨークです。マンハッタンで生まれ、国籍もアメリカ国籍でした。

河北麻友子さんは11歳の頃(2003年)、全日本国民的美少女コンテストのグランプリを受賞し、その後16歳の頃(2008年)に母親と共に日本に移住しています。

実家がすごい!豪邸に住むお金持ち?

河北麻友子さんの実家はニューヨークのマンハッタンの中でも「アッパーウエストサイド」と呼ばれる一等地にあります。

アッパーウエストサイドはメトロポリタン・オペラやニューヨーク・シティ・バレエなどの劇場のあるリンカーン・センターやアメリカ自然史博物館でも知られ、高級マンションが立ち並ぶ地域です。

河北麻友子さんのご実家の隣はビヨンセ、近所にロバート・デ・ニーロが住んでいます。お父様が会社を順調に経営されているということで、経済的に申し分のない環境で育ってきたことが伺えます。

河北麻友子は国民的美少女コンテストでも英語でコメント

河北麻友子さんは2003年の「第9回全国国民的美少女コンテスト」でグランプリとマルチメディア賞をダブル受賞していますが、そのときの受賞インタビューでも英語を話したことが知られています。

その時の河北麻友子さんは”I wanna be a superstar”(スーパースターになりたい)と発言しました。

河北麻友子は日本語より英語が得意!日本語が話せるのは両親の教育方針?

英語が非常に堪能な河北麻友子さんですが、ご両親の教育方針により家庭では日本語で話し、お正月のお節料理など季節の行事にも親しんでいたそうです。

ただし母国語は英語であるため現在でも英語の方が得意で、日本語はとりわけ漢字に苦手意識があると語っています。

映画やドラマも英語で楽しんでおり、字幕があると漢字を読むスピードが遅くついていけなくなってしまうほどであるようです。

河北麻友子は英会話教材のイメージキャラクターにも!

河北麻友子さんは、英会話教材 “EVERYDAY ENGLISH PHRASES” のイメージキャラクターにもなっています。

完璧な発音で流暢に英語を話す河北麻友子さんを起用すれば、宣伝効果は抜群でしょう。

河北麻友子はハーフなの?両親は日本人!?

河北麻友子さんの英語力があまりにも高いこととはっきりとした美しい顔立ちから、もしかしたらハーフなのではないかという噂までありますが、河北麻友子さんはご両親共に日本人です。

お父様は愛媛県の今治市出身で、現在はニューヨークで会社を経営されている方、お母様は噂ではファッション関係の方とのことです。

英語と日本語の使い分け方は?距離を置きたい人とは日本語?

日本で芸能活動をするようになってから、河北麻友子さんは英語と日本語を相手との距離感によって使い分けることもあるのだそうです。

というのも、日本語には敬語があり、仲良くなれないと思ったら敬語で話して距離をとることができるためです。

河北麻友子の英語は下手?

あまりに川北さんの英語が話題なので、もしかしたら下手なのではという声が出てきたとしても仕方がないでしょうが、河北麻友子さんの語学力は本物のようです。

河北麻友さんのショーン・メンデスさんとのインタビューを「芸能人の英語レビュー」という動画でアメリカ人Youtuberの「KY先輩」が方が聞き、コメントをしている動画があります。

この方は河北麻友子さんがアメリカ国籍であったことはご存じないようで「アメリカ人にしか聞こえない」と、河北麻友子さんの英語が完璧なネイティブの英語であると絶賛しています。

河北麻友子の英語は中途半端?

河北麻友子さんの英語力に関して「中途半端」と言う声も一部にはあるようです。

念の為調べてみましたが、上の「KY先輩」の検証コメントからも、中途半端であるという印象はありません。

ただ、河北麻友子さんは16歳で日本に移住しているため、語彙力や表現力などがもしかしたら16歳の時点からインプットが減ってしまっており、そのことを言われている可能性はあります。

河北麻友子は最近英語を忘れてきてる?

河北麻友子さんは、最近英語を使う機会がどんどん減り「一生忘れることはないと思うけど、下手になったり、現代の言葉に慣れてなかったり」するという悩みを語っています。

あまり英語から遠ざかりすぎないよう、英語でドラマや映画を観ることを心がけているとのことです。

カルチャーショック!河北麻友子が日本に来て苦労したことは?

16歳までニューヨークで過ごし、芸能活動を本格的に行うために日本に移住した河北麻友子さんは、移住当初は文化の違いで相当苦労したようです。

ここでは、河北麻友子さんが経験されたカルチャーショックにまつわる苦労のエピソードをご紹介します。

河北麻友子は日本語の読み書きが苦手?漢字が読めない?

ニューヨーク在住時から家庭では日本語で話すよう心がけていたという河北麻友子さんも、日本人でも習得に時間がかかる読み書きに関しては相当苦労されたようです。

特に長文の読解と漢字には非常に苦手意識があり、学校のテストで質問文を読むことさえできず、追試・再試を繰り返すことになってしまいました。

授業についていくのも大変だった

日本語の読み書きが不得手であったために常に補習や追試に追われ、単位を落とすリスクが高かった河北麻友子さんは、在学していた堀越学園高校の卒業も危うい状態でした。

国語の授業はとりわけ、ふり仮名がないと読めないような状態であったために、ついて行くのが非常に大変だったようです。

その一方で、得意とする英語に関しては先生に教えることもあったようです。

堀越高校時代は、校則が厳しすぎてびっくり?

男女交際・ピアス・茶髪・コンビニへの立ち寄り等、禁止されていることが多い堀越学園高校の校則の厳しさにも、河北麻友子さんは非常に驚きました。

月1回校則検査があり、下着の色までチェックが入ることに河北麻友子さんは「(日本の学校は)ヒマか!」と呆れたそうです。

他にもカルチャーショックはたくさん

日本の学校では当たり前の掃除の習慣もアメリカにはなかったので、日本に来た河北麻友子さんは、生徒が掃除をするという日本の学校の習慣にも非常に驚きました。

ほかにも、「前ならえ」や「体育座り」をさせられることなどに戸惑ったようです。

河北麻友子の高校時代は、忽那汐里のおかげ?

河北麻友子さんのカルチャーショック続きの高校生活の支えとなったのが、同級生でオーストラリアからの帰国子女として同じような立場だった忽那汐里さんの存在でした。

忽那汐里さんと河北麻友子さんは非常に仲が良く、いつも英語で喋っていたそうです。

「汐里がいなかったら死んでた」とまで語っていますので、相当カルチャーショックや言葉の壁が辛かったのでしょう。

ハリウッド進出の可能性も!河北麻友子さんに今後も注目です

グローバル化が進み、バイリンガルの河北麻友子さんにとっては今後も活躍の場はどんどん広がっていくことでしょう。

菊地凛子さんに憧れているという河北麻友子さんは、いずれは語学力を活かしてハリウッドで活躍するかも知れません。

「出川ガール」に留まらないであろう河北麻友子さんの今後の活躍が、ますます楽しみです。