坂上忍は犬用に家を二軒も建てていた!家の全貌を公開!場所はどこ? エンタメ

坂上忍は犬用に家を二軒も建てていた!家の全貌を公開!場所はどこ?

坂上忍さんは大の犬好きで知られています。ある悲劇を経験したことで、犬のための家を持ちたいという事で番組が企画されました。大切な愛犬たちのために奔走し、本当にすごい家が建ちました。その経緯や家の全貌を紹介するとともに、更にもう一軒建てる事に至るまでを紹介します。

目次

[表示]

坂上忍のプロフィールは?

坂上忍さんは1967年6月1日、東京都杉並区に生れました。血液型はAB型、身長は169cmです。3歳のときから劇団若草に所属して、早くからテレビドラマの子役をこなし、天才子役と言われました。

父親が経営する出版社が倒産して借金を抱えます。15歳の時に両親が離婚し、母親に引き取られます。母親が借金の連帯保証人だったため、借金返済のため子役を続けるしかありませんでした。

1984年には音楽の道を選びますが、その後本格的な俳優活動を実施します。2005年には演劇集団を旗揚げし、2009年には人材発掘・育成を行うキッズアクタープロダクションを開校します。

お昼の顔になる

2012年にフジテレビ「笑っていいとも」のコーナーで毒舌を吐いた事がきっかけでブレークし、相次いでバラエティ番組に出演するようになります。

2014年4月、「笑っていいとも」の後継番組、「バイキング」の月曜MCに抜擢されます。2015年からは「バイキング」の総合MCとなり、フジテレビの「お昼の顔」となります。

坂上忍の家の場所は?家を建てた理由とは?

Pexels / Pixabay

坂上忍さんは離婚した後、13匹の犬たちと1匹の猫はと暮らしています。テレビ番組「有吉ゼミ」の人気コーナー「坂上忍、家を買う」で、半分の7匹と暮らす物件を探して回ったようです。

2015年に、予算5000万円で1年かけて62の物件を見て回りましたが、結局決まりませんでした。そこで買うから建てるに方針転換して、早速土地を千葉県内で選定しました。

そして同番組で、購入した土地の場所は千葉県の内房で、東京湾から徒歩2分の場所と発表されました。

坂上忍が建てた家は千葉県?

Anemone123 / Pixabay

坂上忍さんが自宅を建てた場所は、千葉県の内房です。ネット上では木更津ではないかと噂されました。

マツコに暴露されていた?目撃情報も相次ぐ

坂上忍さんの自宅については、「ミレニアムズ」という番組の中で、坂上さんが木更津市に土地を購入した事を、マツコデラックスさんが暴露してしまいました。

更に三井アウトレットパーク木更津で、坂上忍さんの目撃情報も有ります。という事で、場所は千葉県木更津市になります。

坂上忍が建てた家は犬用の別荘!自宅は世田谷にある?

geralt / Pixabay

さて、今回坂上忍さんが千葉に建てた家は、犬用の別荘です。そのため坂上さんが生活するスペースは、最小限となっています。実際では2階にある寝室、15帖のみとなっています。

犬との共同生活をする場として、1階のリビングは20帖の広さがあります。また15帖のウッドデッキには、犬たちとの遊んだ後直ぐに使えるように、洗面・浴室・トイレが面しています。

坂上さんの自宅と呼んでもよい場所が世田谷にあります。それが子役養成所の「アヴァンセ」です。自身が総合プロデューサーを務めるため、近くに自宅がある可能性が高いと思われます。

坂上忍が犬用の家を建てた理由とは?

坂上忍さんが犬用の家を建てた理由は、5男(犬です)にあたるリク君がわずか1年で亡くなったからです。臆病者のリク君は兄たちに馴染めず、いつも不安げでした。

旅行に連れていったところ、倒れ下痢をくり返すようになりました。その後リク君は10ヶ月で亡くなります。そのことをとても申し訳なく思い、清潔で遊べる家を作ることにしました。

犬の為に最高の環境を整えたいと、坂上さんは切実な思い出家作りを行っています。

坂上忍が愛犬のために用意した家の全貌を公開!

Giovanni_cg / Pixabay

愛犬のための家、その全貌が明らかになりました。その設計思想は、まさに「ドックファースト」、本当に徹底しています。

番組内で犬用の家を探す企画がスタート

そもそもこの企画は、2013年に坂上忍が犬のセカンドハウスを探している、と言う要望から生れました。犬を郊外に連れていくと、とても喜んではしゃぎまくるので、郊外に犬用の家を買ってあげたいというのです。

その年の12月から、家探しの企画がスタートしました。

結果、土地を買い家を建てることを決意

1年間で62の物件を見てまわった結果、坂上忍さんは大きな決断をしました。千葉県に100坪の土地を購入したのです。そしてそこに、犬の事を最優先した家を建てることにしました。

結局、理想の物件を見つけるよりも、自分で建てる方が現実的という事でした。土地代が1480万円だったので、建築予算は3520万円となりました。

犬のために車までリフォーム

坂上忍さんは、犬用の車としてトヨタRAV4を125万円で購入し、「八王子リホーム」のヒロミさんに改造を依頼しました。「ケージが載せ易いワンちゃんカー」「二匹の個室」をリクエストしました。

器用なヒロミさんが、随所に工夫を施してくれた結果、希望通りの改造が40万円で出来ました。犬が少しでも快適に移動できるように、心配りがすばらしいです。

坂上忍の家の全貌①玄関は白で統一し犬用の玄関も

玄関は真っ白、白で統一され、腰掛兼収納ボックスが設置されています。坂上さんのアイデアで、玄関脇には犬の足の洗い場があります。専用の玄関もあります。

坂上忍の家の全貌②リビングは吹き抜けで床は粗ノコ目のフローリング

20帖の広いリビングは、高さ5.4mの吹き抜けで開放感抜群です。床は犬が滑らないようにノコ目のフローリングになっています。また4K80インチのテレビが設置されています。このサイズはもうシアターですね。

坂上忍の家の全貌③キッチンはオーダーメイドで左利き用に

キッチンはこだわりのアイランドキッチンで、380万円のオーダーメードです。白に映える木目調デザインで、左利き用のタイプです。また、まな板や水切りが置ける立体構造になっています。

キッチンの裏には、扉に隠された調理台があったり、料理中に休憩するための小さなスペースがあります。ちょっとした工夫でより快適なキッチンになりますね。

坂上忍の家の全貌④犬用のそれぞれの部屋も完備

階段下のスペースを使って、犬用のそれぞれの部屋が完備されています。ペットショップ並みの快適な部屋が並んでいます。

坂上忍の家の全貌⑤庭には犬のためにウッドチップと犬小屋も

リビングの窓から直結する100平米の庭には、犬が足を痛めにくいウッドチップが敷き詰められています。犬のことを一番に考え、ウッドチップを敷き詰めているのですね。

そして新築祝いに犬小屋がプレゼントされていました。この犬小屋は分解すると、犬が登ったり降りたりして遊べるようになっています。

坂上忍の家の全貌⑥2階は広々とした寝室だけ

2階は15帖の寝室のみです。寝るだけの部屋なので、それ以外の機能はありません。寝室の奥には収納スペースがあります。

坂上忍は隣にもう一軒、家を建てていた!その全貌は?

2015年12月に犬のためのセカンドハウスを新築した坂上忍さん、実はもう一軒家を建てていました。なんとセカンドハウスをもっと広くしたい、というのがその理由です・

隣接する撮土地を3ブロックも購入!

坂上忍さんは、家を大きくするために、セカンドハウスに隣接する土地3ブロックを全て購入しました。すごい決断と行動、そして経済力ですね。

ウッドデッキで繋ぎ増築していた!

そして隣の敷地に新しく家を建てて、セカンドハウスとウッドデッキで繋いで増築しました。従来の2倍程度の広さになりました。

坂上忍の二軒目の全貌①リビングで犬と共に寝られる

二軒目の家には、48帖の巨大なリビングがあります。そこには桟敷が敷かれており、布団を4組置いて犬のみんなと一緒に寝ることができるのです。坂上さんが家族全員と過ごしたい思いを実現しました。

坂上忍の二軒目の全貌②走り回れるように庭が300坪も!

今回の増築で一番大きく変わったのが庭です。以前はウッドチップを敷いた40坪の広さでしたが、芝生を敷きつめた300坪の庭に巨大化しました。犬が存分に走り回れるようになりました。

ナイター設備も完備して、何時でも存分に運動が出来ます。忙しい坂上さんのためにも、ナイター設備はぴったりだと思います。

ドックセラピー

Lepale / Pixabay

ドックセラピーとはアニマルセラピーの一種で、高度に訓練された犬を使った治療法の事です。高齢者や認知症、自閉症患者など、いろいろな傷害を持つ人々に対して、心や身体のリハビリテーションを行います。

また広義には、人々が犬と触れ合うことで、精神が安定したり、身体的機能が回復したりする効果が知られており、それを目的にした活動を意味します。特に高齢化社会においては有効な治療として期待できます。

ドックセラピーを一定期間続けることで、認知機能の改善など反応や行動の良好な変化が現われます。犬に触れたり、犬に話しかけたり、犬と一緒に歩いたりすることで、積極性や前向きな姿勢が生れてきます。

犬の天国

坂上忍さんの犬への愛情には限りが無いようです。もっともっと犬が喜ぶように、快適にと、考え付くもの全てを注いでいるようです。多忙な事で有名な坂上さんですが、きと犬が安らぎを与えてくれるのでしょう。

それにしても、スケールが違いますね。聞いて見て何度もびっくりさせられる話です。犬の天国がそこにあるのでしょう。14匹の子供さんに、一番よい環境を提供したいと願う愛情であふれています。

それでもみんな年をとって行きます。坂上さんの子供さんたちも例外ではありません。そして介護が必要になってくる犬もいます。その時、坂上さん自身が健康でなくてはなりません。これからも元気で頑張って下さい。