みやぞんの名言が心に響く!心が軽くなるみやぞんの名言を紹介! エンタメ

みやぞんの名言が心に響く!心が軽くなるみやぞんの名言を紹介!

世界の果てまでイッテQで活躍中のみやぞんですが、人柄の良さとポジティブな姿勢が多くの人から賞賛を浴びています。ひたむきで前向き過ぎるみやぞんの数々の名言には賛同する人も多いようです。母の教えから得たみやぞんの名言を集めました。

目次

[表示]

みやぞんは面白いだけじゃない⁉︎名言を連発!

母子家庭のとても貧しい環境で育ったみやぞんの生い立ちは、壮絶すぎるものでした。そんなことは微塵も感じさせないみやぞんは、人を感銘させる数々の名言を残しています。

その一つ一つが、前向きな生き方をしているみやぞんに、面白さだけではなく人としてどうあるべきかを教えられる気がするようです。

みやぞんのプロフィール

  • 本名:宮園大耕(金大耕)
  • 生年月日:1985年4月25日
  • 出身地:東京都足立区
  • 身長:172cm
  • 血液型:A型
  • 職業:芸人「ANZEN漫才」

18歳のときに、免許を取得しようといった運転免許センターで、書類が1枚足りないと言われたみやぞんは何の書類ですか?と尋ねたそうです。

外国人登録書と言われ、初めて自分が韓国人だったことを知ったと言う衝撃の事実にめげることなく、明るくいい人すぎるみやぞんは、たくさんの人気を集めている芸人です。

とてつもなく貧乏だった母子家庭に育ち、実は隠し子だったという末のオチが韓国人という壮絶なバックヤードを持つみやぞんですが、そんなことを全く感じさせないほど明るく前向きです。

今、「みやぞん名言」がアツい!

みやぞんの前向きすぎる名言に感銘を受けて、その名言を発信しているアカウントも存在しているようです。

そのアカウントのフォロワーも徐々に増えているようですから、みやぞんの言葉には人を惹きつけ感動させる力があるようです。

みやぞんならこういう時にどう考えるのか、どう行動するかを問いかけつつ行動することで、自分にも人にも優しくなれると「みやぞん名言集」を始めたようです。

結婚すると遠慮がなくなり、相手を自分の思い通りに動かそうする人も多いものですが、みやぞんはお互い尊重し感謝しながら生活することに幸せがあると教えてくれます。

現在は独身のみやぞんが、そのような考えを持ったまま結婚するとすれば、とてもいい旦那様になることは間違いなしです。

何事にもポジティブなみやぞんらしい考え方です。愚痴を言っても落ち込んでも状況が変わらないのであれば、楽しいことに意識を向けて幸せな気持ちになった方が心が救われます。

ポジティブ思考になるのはとても大事なことです。くよくよすることに時間を使うより、前向きでいることの方が大切だとみやぞんは、教えてくれています。

自分が不幸だと言う人は、幸せに背を向けて自ら幸せを遠ざけています。いつもポジティブでいることが、みやぞん流「幸せの引き寄せの法則」かもしれません。

そんなみやぞんの考え方に賛同し、見習いたいとする人も次第に増えていったようです。

後輩への助言が話題!「夢がないと自由だね」

後輩と初対面でサシ飲みをする企画に参加したみやぞんは、いきなり一気飲みをする後輩を気遣っていつのまにかカウンセリングを始めました。

しかも夢を持っていないと落ち込む後輩に「夢がないと自由だ」と意味深な発言をします。どういう意味なのかわからない後輩に、続けてみやぞんは言いました。

「夢があることでその夢が叶わない時にとても不幸になる、目の前のことを楽しむことが大事」と諭すみやぞんに「すごく優しくていい人だ」とSNS上で称賛の声が上がっていました。

みやぞんに関連する記事はこちら

みやぞんの名言集①

「イッテQ」やほかの番組などで披露されたみやぞんの前向きな言葉は、多くの人の感動を呼び起こしています。みやぞんのあまりにもいい人すぎる人柄に多くの視聴者が胸を打たれました。

サワコの朝出演時の名言「その場を今楽しくやってれば自然と未来は明るくなる」

出演した「サワ子の朝」でどうしていつもニコニコしてるのか尋ねられたみやぞんは、次のように答えたそうです。

10秒先も未来だとしたら「いまを楽しく、いま、いま」ってずっと続けてたら、一生幸せなんじゃないかなって、考えかたなんですよ。

将来なんか別に分からないし、いまその場を楽しくやってれば、自然と未来は明るくなるって、そういうふうに思ってます。

(引用:サワ子の朝)

それを聞いた阿川佐和子さんは、感銘を受け「学ばせていただきます」「すごい感動した」とみやぞんに言ったそうです。

ネットでのお悩み相談への回答「相手は変わらないよ」

Twitter上で「相手から責められてとても辛い」とファンから悩みを打ち明けられたみやぞんは、こう答えました。

相手は変わらないよ。こっちが変わるのよ。幸せな人間は相手を傷つけたいと思わない。だからその人に幸せになってほしいと願うことで上に立つ。強気だよ。

(引用Twitter)

みやぞんのこのアドバイスは、瞬く間にネット上に広まりました。「いいね」も10,000件を超え、みやぞんには多くの感謝と称賛の声が寄せられました。

24時間テレビの名言「僕も頑張ってる、みなさんも十分頑張っている」

「みやぞんはあんなに頑張っているのに、私は全然頑張っていない」とする声に、みやぞんは、それ以上頑張る必要は無い、今でも十分に頑張っていると反論します。

僕もがんばっている。皆さんも充分頑張ってるっていうの伝えたい。で、その気持ちがあった上で、プラスアルファとして、「私もがんばるぞ」とか「今日はビールがおいしい」とか、何でもいいから何かちょっとでも心軽くなって楽しくなってもらえたらいいなって。そういう気持ちを持って走ります。

(引用:24時間テレビ)

みやぞんのような人に出会いたい、素敵な言葉に涙が出そうになった、こういうことが自然と言える人になりたいと言うコメントが寄せられました。

同じく24時間テレビのトライアスロンに関して「辛いと思うのは勿体ない」

トライアスロンに挑むみやぞんは、普通の人が辛いと思う練習もポジティブに考えていました。この挑戦には何か意味があって、自分の人生にやってきたと思ったそうです。

ゴールできたら、パーティーしましょうと言うみやぞんは、辛いと思う事はもったいない、辛いをどうやって楽しみに変えるかが勝負だそうです。

完走後のインスタの投稿「ただ生きてるだけで人間十分価値がある」

劣等感を持ち自分には何の価値もないと言う人も、ただそこに存在しているだけで価値があるんだとみやぞんは教えてくれます。

自分の価値は、他人が決めるものではなくて自分自身で決めれば良いと言う事かもしれません。そう思っていると心が楽になる人も大勢いるようです。

アナザースカイ出演時の言葉「今日より幸せ、明日はもっと幸せ」

アナザースカイの終盤で、みやぞんが言った言葉に多くの賛同が集まりました。その言葉に、頭より心がすっきりしたと言うコメントもありました。

5秒先だって未来今楽しくしてればすぐ5秒経つ。だから未来は明るい。

(引用:アナザースカイ)

わかっていそうでなかなか気づけない言葉です。みやぞんがいつもニコニコと楽しそうにしてるのは、こうした考えを持っているからでしょう。

イッテQでの名言「自分の機嫌は自分でとる」

6,000段の階段を最後まで笑顔で登りきったみやぞんが放った「自分の機嫌は自分で取る」という言葉に多くの賛同の声が上がりました。

嫌な上司に聞かせたい、常に心に留めたいとみやぞんをリスペクトする人々の声が溢れていました。

ストレスにも感謝「ストレスを解消する行為自体を楽しみましょう」

ストレスフリーになると言うGABA成分が入っているチョコレートのCMで、そのストレスにも感謝しましょうというみやぞんがいました。

ストレスがあるからこそ、癒しが感じられる説に、なるほどと思う人が続出していました。

落ち込まない事について「落ち込むと周りに迷惑をかけるので」

深い思いやりを持ち常に周りの人に気遣うみやぞんらしい考え方です。みやぞんが、たくさんの人に好かれるのも、人の気持ちに沿って嫌な思いをさせないと言うポリシーだからでしょう。

いかに周りに落ち込んで暗い人がいると周りも影響され暗くなりますが、明るい人がいると自然と明るい気持ちになるものです。

みやぞんの愛のある言葉に、勇気をたくさんもらっている、心が軽くなったと言うツイートも上がっていました。

サイバー防災訓練のインタビュー「人生って正直つまらないもの」

みやぞん自身は、自分もネガティブな人間だと思ってるようです。ただネガティヴでいると、心が辛くなり仕事ができなくなってしまうそうです。

人生はつまらないもので生きていくのは辛いからこそ、笑顔で「楽しいと言っているうちに本当に楽しくなる」そうです。

それを聞いた人も、言葉にしていく内に楽しい方向に物事が進んでいくのかもしれないと納得していました。

みやぞんの名言集②

みやぞんが放つ数々の名言には、幸せになれるヒントとどう生きるかの教えが隠されているのかもしれません。

ロケで練習から離れる際「気分が乗らない時は何をやっても意味がない」

みやぞんは疲れそうになる前に休憩をする、というスタンスを取るそうです。疲れ果ててから休憩しても、回復に時間がかかることとモチベーションを保っていられないと言ってます。

無理して続けていると、返ってそれが嫌いになったりするから、まだ続けたいと感じるところで、潔くやめてみるとまだまだ続けたいと思うそうです。

注意について『注意されたら「ありがとう。もっと良くなれる」と言葉に』

注意されると逆ギレされる人が多くなった現代に、このような考え方を持つ事は凄い事です。注意される事でもっと向上出来ると言う意識の表れでとても前向きな考え方です。

「人から言われるうちが華、何も言われなくなったら終わり」と言う言葉がありますが、それと同じかもしれません。

牛乳について「当たり前すぎてわかってない事がある」

みやぞんが言うには、「牛乳がまずいとかお腹を壊すと言うのは人間の都合であって、そもそも牛の乳は子牛の物で人間の物じゃない」と当たり前だけど誰も気づかないことでした。

それは、牛乳を飲むのは人間の勝手で、牛乳について文句を言ってはいけない、ありがたく感謝の気持ちを持って牛乳を飲みなさいという至極もっともな話です。

母との関係が分かる「やりたいことをやらせてくれました」

母親のはるなさんは、子供に自分の考えを押し付ける事は一切しなかったそうです。「子供を心配する事は、子供を信用しないことになる」の理由からでみやぞんには、やりたいことをそのままやらせてくれたそうです。

みやぞんの人格の形成には、このような春菜さんの豪胆で懐の深い強い愛が大きく影響したのでしょう。

過去バカと言われた事を振り返り「個性に良い悪いはない」

みやぞんは、過去に馬鹿だ馬鹿だと言われた経験があるそうです。ですがそれにめげることはなく、自分の持っている個性を否定することもなかったようです。

人はそれぞれ個性を持ち、良い悪いの区別をつけるものではないと知っていたからです。個人のアイデンティティーをその人の持ち味として認めることの大切さを教えてくれました。

みやぞんのこの言葉は、強い劣等感を持つ人の心の支えになっているようです。

失敗と成功についての考え方「全部成功だと思ってる」

みやぞんの心の辞書に「失敗」言う文字は書いてないそうです。今まで自分がやってきた全てが成功だと考えるとてつもなくポジティブな考え方を持っています。

失敗したと、くよくよ悩むより次につなげる成功だと思えば確かに心が軽くなります。ネット上でもこの考え方を見習いたいとする人もいたようです。

仕事が増えた事に対する発言「目の前の事を一生懸命やってきた」

与えられた仕事を一生懸命やっていたら、たまたまテレビに出られたとみやぞんは、話しています。目の前の事をひとつひとつ真剣に一生懸命やることでおのずと道は開けていくと教えてくれました。

ポジティブで名言製造機なみやぞんの原点は母親だった?

仕事で疲れて帰った母親の春菜さんは、子供だったみやぞんに「大ニコして、ニコ」と声をかけ、それを受けてみやぞんは、春菜さんにこっと笑顔を向けたそうです。

「あー疲れが吹っ飛んだ」という春菜さんに、みやぞんはにこっと笑えば本当に疲れが取れると信じていたそうです。みやぞんの原点はここにあるのかもしれません。

NEXT:みやぞんのお母さんの口癖「プラッチコウ」とは?
1/2