高橋真梨子の体調不良の原因は?がんや病気?激やせで33キロに? エンタメ

高橋真梨子の体調不良の原因は?がんや病気?激やせで33キロに?

歌手の高橋真梨子さんは、2016年のNHK紅白歌合戦に出演した時33キロしかなく、その激やせした姿に視聴者からは病気やがんの噂がありました。激やせの原因は更年期障害と幼少時代からのトラウマからだったそうです。そんな高橋真梨子さんの病気に関することを紹介します。

目次

[表示]

高橋真梨子のプロフィール!

高橋真梨子さんは、1949年3月6日生まれ、広島県生まれ福岡県育ちの歌手・作詞家です。夫はミュージシャンのヘンリー広瀬さんです。

1972年、福岡県中州のナイトクラブで歌っていたところ「ペドロ&カプリシャスス」のペドロ梅村さんにスカウトされ、先代の前野曜子さんに次ぐ二代目ボーカルとして同メンバーに加入しています。

翌年の1973年に「ジョニーへの伝言」「五番街のマリー」などがヒットし、1974年のNHK紅白歌合戦に初出場し、「ジョニーへの伝言」を歌っています。1978年にメンバーを脱退しソロ歌手となりました。

高橋真梨子が体調不良?激やせの原因は?

高橋真梨子さんは、2017年1月に放送されたテレビ番組「金スマ」に出演した際、33キロだった画像が公開され、体調不良や激やせの原因をあかしています。

番組の中で、高橋さんの激やせが、更年期障害と子供の頃のトラウマが原因だったことが分かりました。そんな高橋さんの激やせに至るまでの経緯をまとめてみました。

2016年、紅白歌合戦に出場!激やせした姿が話題に!【画像アリ】

2016年に紅白歌合戦に出場した高橋真梨子さんは、その激やせした姿が話題となりました。

この時の高橋真梨子さんの姿を見た視聴者は、加齢によるものだけでこんなに激やせするとは思えず、がんや病気を疑った人も多かったようです。

以前の高橋真梨子さんは、わりとふっくらした顔でしたから、ここまで痩せると別人になったような印象でした。そして、その時の高橋真梨子さんは身長155cmに対して体重が33kgしかありませんでした。

金スマで特集!3年前との比較画像は?

この画像はNHK紅白歌合戦に出場する3年前の高橋真梨子さんの画像ですが、その後の激ヤセした高橋さんとは全く違って見えます。

この画像は2016年のNHK紅白歌合戦に出場した時の画像です。

2017年1月に放送されたテレビ番組「金スマ」で高橋真梨子さんが紹介されたとき、3年間でかなり痩せたことが分かりました。

ベスト体重41キロのところ33キロを切っている

2016年のNHK紅白歌合戦に出演した時の高橋真梨子さんは、激やせしてしまって身長155cmに対するベスト体重が41キロのところが、33キロを切っている状態でした。

そんな高橋真梨子さんでしたから、歌い終わった後は誰かが支えてあげないと歩けない状態だったそうです。

高橋真梨子は病気?がんの噂もあった

qimono / Pixabay

2016年のNHK紅白歌合戦に、出演した高橋真梨子さんの激やせ姿を見た視聴者からは、病気やがんではないかと噂されるようになりました。

激やせの原因は更年期障害と幼少期のトラウマだった!

Juanma_Martin / Pixabay

激ヤセのため、病気やがんの噂があった高橋真梨子さんでしたが、高橋さんの激やせの原因が更年期障害と幼少期のトラウマだったことが、テレビ番組「金スマ」で分かりました。

幼少期のトラウマとは?母親への憎しみと後悔?

johnhain / Pixabay

2017年に放送されたテレビ番組「金スマ」で語った高橋真梨子さんの、幼少期のトラウマとはどんなものだったのでしょうか。

高橋真梨子さんの父親である月夫さんは、ある時左足の親指の付け根をケガしますが、その後細菌感染で壊疽してしまい、両足を切断することになります。そのことで高橋家の生活は一変してしまいました。

母親の千鶴子さんがキャバレーのホステスで働き、月夫さんは離れて暮らしていましたが、千鶴子さんの浮気もあって高橋真梨子さんは母に対して憎しみを抱くようになりました。

次第に母への反感と憎しみが増していった

geralt / Pixabay

不倫関係になった男性が家に住むようになり、高橋さんは母からの愛情を受けられないまま子供時代を送り、母への憎しみは次第に大きくなっていました。

その後、父親の月夫さんが病気で亡くなりましたが、そのことを母親のせいだと思い、千鶴子さんががんで余命宣告を受けて東京で同居するまで50年近く、母親を憎しみ続けていたといいます。

母親ががんで亡くなってからは後悔の念がわいてきた

Free-Photos / Pixabay

テレビ番組「金スマ」では、高橋真梨子さんが母親に対して憎しみ続けていたことに、後悔の気持ちがわいてきたことを明かしています。

それは、千鶴子さんの遺品整理に福岡の自宅を訪れたとき、真梨子さんがこれまでに出演したテレビ番組の録音テープと、雑誌のスクラップが大量に出てきたことからでした。

また、真梨子さんが母に仕送りをしていましたが、預金通帳を見るとそのお金は一切手をつけておらず、憎しみ続けていた母が一番自分を応援していたことが分かったといいます。

1996年に更年期障害を発症!うつを患った

Engin_Akyurt / Pixabay

高橋真梨子さんは、1993年にヘンリー広瀬さんと結婚していますが、3年後の1996年に更年期障害を発症し、その後うつ病を患ってしまいました。

東日本大震災でうつを再発

高橋真梨子さんは、2013年にデビュー40周年を迎え、記念のCDアルバムも発売していますが、それまでにはうつ病や母の死など多くの困難がありました。

特に東日本大震災や、学生時代からの親友が亡くなったことが原因で、うつ病を再発させてしまったそうです。

高橋真梨子は激やせ以前からずっと体調不良だった?

Foundry / Pixabay

高橋真梨子さんは、2016年の紅白歌合戦に出演した時に、その激ヤセが話題になっていましたが、実はそれまでもずっと体調不良が続いていたようです。当時のことを高橋真梨子さんはこう語ったいます。

「点滴を30分受けていられないんです。じっとしていると震えがきたり。夜もベッドに寝ていられなくて座って寝てたかな」

(引用:livedoorNEWS)

43kgあった体重が38kgまで落ち、抗うつ薬や睡眠導入剤などの薬を飲みながら、それでも高橋真梨子さんはステージに立つことをやめませんでした。

高橋真梨子の激やせについてネット上の声は?

kaboompics / Pixabay

高橋真梨子さんの激やせについて、ネットの意見を紹介します。

「更年期からうつ病かぁ、症状も似てるしキツイね」「相当ガリガリだな、41キロでもガリガリなのに」「確かに痩せすぎだと思ったが、紅白のステージは良かった」

(引用:MATOMEDIA)

高橋真梨子の現在は?夫のおかげで今も舞台に

Free-Photos / Pixabay

その後の高橋真梨子さんですが、現在は夫の助けもあって今でも舞台に立っています。体調の悪い真梨子さんのために、朝食は夫のヘンリー広瀬さんが作っているそうです。

高橋真梨子は現在も体調不良が続いてる?

geralt / Pixabay

高橋真梨子さんは、更年期障害や子供時代のトラウマから体調を崩しましたが、現在も体調不良は続いているといいます。

本人の話では年間で体調の良い日はほとんどないといいますから、そんな生活での歌手活動はつらいでしょう。

ライブやテレビ出演も!精力的に音楽活動を続けている

高橋真梨子さんはテレビ出演にも意欲的で、2019年6月15日放送の「SONGS」に出演し、2007年以降毎年の出演で、番組最多の15回目を記録しています。

また、2019年6月12日に初のセルフカバーアルバム「MariCovers」を発売しています。

高橋真梨子の活動の裏には、夫の支えがあった!

高橋真梨子さんの活動の裏には、夫で音楽プロデューサーでもあるヘンリー広瀬さんの存在がありました。

ヘンリー広瀬さんは、真梨子さんに、「大丈夫なの?」とか「頑張れ」の言葉はいわず、ただ寄り添って真梨子さんが食べられそうな食事を工夫して作っているそうです。

高橋真梨子の食生活とは?

Engin_Akyurt / Pixabay

高橋真梨子さんは食へのこだわりがあるようですが、そんな高橋さんのこれまでの食事に関してのエピソードなどを紹介します。

東京のラーメンに幻滅?

Chun-San / Pixabay

高橋真梨子さんは生まれは広島ですが、福岡でずっと生活していましたから、16歳の時に初めて上京した時、事務所の人がごちそうしてくれたラーメンに思わず「まずい!」と思ったそうです。

豚骨ラーメンで育った高橋真梨子さんですから、馴染みのないラーメンの味に戸惑いがあったのでしょう。

ライブ前に食べるのが「チョコパイ」?

Midora / Pixabay

高橋真梨子さんがツアー中に必ず食べるのが「チョコパイ」だったそうです。それは好みの問題だけでなく、腹持ちがいいので体力維持のためにも丁度良かったのだそうです。

お気に入りはスぺアリブ

RitaE / Pixabay

高橋真梨子さんのお気に入りは、トレーダーヴィックス東京の「BBQポークスペアリブ」だそうです。歌を歌うことは体力を使う仕事ですから、肉料理は欠かせないのではないでしょうか。

最後の晩餐にトースト?

JillWellington / Pixabay

高橋真梨子さんは、最後の晩餐には夫のヘンリー広瀬さんに焼いてもらうトーストにフランス産発酵バター「エシレ」を贅沢に使って食べたいといいます。

トーストの焼き方にもこだわりがあって、焼きムラがなくて焦げ目がつくかつかないかのきつね色がいいそうです。

最後は夫に看取ってもらいたいという高橋真梨子さんは、夫にトーストを焼いてもらうのが贅沢だと思っているようです。

高橋真梨子は夫に支えられながら歌手活動を続けている

歌手の高橋真梨子さんは、2016年のNHK紅白歌合戦に出演した時、その激やせした姿に、視聴者からは病気やがんの噂がありました。真梨子さんはテレビ番組「金スマ」に出演し、激やせの理由を明かしました。

2016年の紅白の時は体重が33キロほどしかなくて、それまでにもずっと体調不良だったことを告白しています。また、激やせした原因は1996年頃からの更年期障害と幼少時代からのトラウマからだったそうです。

そんな高橋真梨子さんは、大切な夫であるヘンリー広瀬さんとの絆は強く、ヘンリー広瀬さんは、ずっと真梨子さんを支えてきました。これからも二人三脚でファンのために、活動を続けてもらいたいものです。