堂本剛の耳の症状は?現在は回復するもヘッドフォンは継続中 エンタメ

堂本剛の耳の症状は?現在は回復するもヘッドフォンは継続中

KinKi Kidsとして活躍される堂本剛さんが突発性難聴になり耳が聞こえにくい病気を患いました。現在は治療をしながらヘッドホンをし音楽活動をされています。堂本剛さんの耳の状態や過去に患ったパニック障害や堂本光一さんとの関係性について詳しく見ていきましょう。

目次

[表示]

KinKi Kids堂本剛のプロフィール

KinKi Kids堂本剛のプロフィールをご紹介します。

  • 生年月日   1979年4月10日
  • 出身     奈良県
  • 血液型    AB型
  • ジャンル   歌手 シンガーソングライター 俳優 タレント
  • 所属     ジャニーズ事務所
  • グループ名  KinKi Kids
  • 身長     166cm

関連記事はこちら

堂本剛の耳の現在の状況は?最新情報まとめ

Kinki Kidsとして活躍しCDの売り上げもギネスに乗るほどの実力がある堂本剛さんですが耳の病気にかかってしまったそうなのです。

この病気を発表されてから少し経過しましたが現在耳の状態はどうなのでしょうか。堂本剛さんの病気についてく詳しく見ていき最新情報も踏まえお伝えしていきます。

堂本剛は2017年6月に突発性難聴が判明!突発性難聴とは?

堂本剛さんは2017年の6月に突発性難聴という耳の病気にかかってしまいました。突発性難聴とは今まで聞こえてたものが急に聞こえなくなってしまうという病気です。

全く聞こえないわけではないようですが聞こえが悪くなり原因は不明の難病なのです。

堂本剛の現在の耳の状況は?大音量はドクターストップが掛かっている?

突発性難聴になってからは点滴を打ったり鼓膜に注射をしたりと積極的に治療を行っておられるそうなのです。そこまでしなければ治らないのも現状なのだそうです。

そして堂本剛さんの場合左耳が聞こえにくいようで数字で表すと聞こえていたときを100とすると右耳は90で」左耳は25ぐらいしか今でもきこえていないそうです。

しかしこれでも前よりは随分と回復したそうです。しかし今でも耳に負担がかかる行為はしてはならず大音量はドクターストップがかかり仕事にも少なからず影響があるようです。

堂本剛が音楽番組でヘッドフォンを付けているのも突発性難聴が理由

病気を抱えながらでも音楽番組に出演されている堂本剛さんですが出演されている際にヘッドホンをしている事をご存知ですか。

堂本剛さんの耳は聞きづらいだけでなく同じ音に全部変換されてしまうそうで塞ぎたくても耳栓などの鼓膜から近くを塞ぐと余計に聞こえてしまうそうです。

なんとかして改善するために鼓膜から離して塞ぐ方法としてヘッドフォンを使うようになったそうです。

堂本剛がつけているヘッドフォンのメーカーは?

堂本剛さんが現在着用されているヘッドはBOSEというメーカーだそうです。価格は4万円ぐらいだそうです。

耳鳴りの影響で耳栓も必須の状況に

音楽番組に出演される際はヘッドホンだけでなく左耳には耳栓を必ずしているそうです。また20デシベル音圧下げることができる耳栓を使用されています。

なぜここまでしなければならないのかというと、歌を歌っている時自分の声が左耳に響き渡り頭蓋骨にも響き聞いている音がかき消されてしまいいい音楽を提供できないためだそうです。

ですので音楽番組では左耳には必ず耳栓をし右耳で音楽を聞き歌われているそうです。

堂本剛の耳の症状は完全に治ることは無い?薬で症状を抑えている

堂本剛さんは病気と向き合い治療を行っておられ少し良くなった時に単独ライブを行われました。その時耳の現状について語られたようです。

今は薬で症状を抑えているようで薬を飲めばぼーっとなり音響障害を軽減させるそうで12時間も効くそうです。

そして治療を行っていくうちに医者の話を聞けば完全に治るという事は無理でうまくつきあうしかないということも言われていました。

ラジオではファンへ素直な気持ちを語っていた

堂本剛さんはラジオ番組に出られた際にファンに素直な気持ちを語られていたそうです。

横浜アリーナでコンサートを行った際耳のこともあり堂本剛さんを気を遣いおとなしくしていたお客さんに対しありがたいと感謝の気持ちを述べられていました。

一部ではKinkiの解散説も

堂本剛さんの突発性難聴の件があり長年続けられていた年末年始のライブが中止になりました。そしてそれが原因で更に耳の状態も悪くなりそのことでKinkiの解散説が浮上しました。

コンサートが中止になり仕事にストイックな堂本光一さんの事も心配されたました。

堂本剛の最近の歌声は?耳の症状を抱える現在の音楽との向き合い方

突発性難聴にかかってしまい治療を余儀なくされ辛い毎日を送られている堂本剛さん。治療を行っても完全に良くなることはないようです。

ですが音楽を仕事とし耳の病気を抱えながらでも音楽と向き合っていかなくてはなりません。そんな堂本剛さんの現在の音楽との向き合い方について詳しく見ていきましょう。

「テレ東音楽祭2019」にKinKi Kidsが出演!曲中にトラブル発生

突発性難聴になってから「テレ東音楽祭2019」にKinKi Kidsが出演しました。ちょうどフラワーの曲を歌っている最中にトラブルが起こったそうです。

音響トラブルがあったようで堂本剛さんがしていたヘッドホンに流れている音楽が流れていなかったため歌っている最中に堂本剛さんが流れないとスタッフに指示したのです。

しかし生放送だったのでどうすることもできず2曲目に入った時はヘッドホンを外してうたわれていたそうです。

フラワー歌唱中にヘッドホンを外した?実際の動画は?

実際の動画では聞こえる右耳のヘッドフォンを右にずらして外し、堂本光一さんの方にカメラが映った瞬間に上を指し音量を上げてというジェスチャーをしています。

「音楽の日」では堂本光一や中居正広がフォロー?

「音楽の日」という音楽番組に出演された際堂本光一さんや中居正広さんがフォローされていました。

「音楽の日」は生放送の音楽番組で曲がかかると堂本光一さんが一緒に音楽に合わせて相槌を打ち店舗をとりやすいようにサポートしたのです。

また司会の中居正広さんも曲に合わせて手をたたいたりし後輩のフォローに徹したのです。

2019年5月のライブで告白!バラードを歌うのは難しい?

2019年5月のライブで耳の状態も回復しないのでバラードを歌うのが難しいと告白したのです。

堂本剛さんはバラード用の作詞作曲をされているようですがレコーディングで何回も修正するならバラードは歌えるようですがライブで歌うのは厳しいと述べられていたのです。

現在は芸能界に生きることへの違和感を抱えている?

2019年6月号のインタビューで堂本剛さんは芸能界をやめて何か違う仕事をしながら普通に生活していこうと考える時もあると語っていたのです。

芸能界を続けていくことに違和感を抱えているのは確かで服が好きで普通に大学に行って勉強したいと思っていたときもあったそうです。

しかしこの世界でやっていこうとするのは音楽が大切で音楽を通じて知り合った仲間がいるというと語り音楽が自分の人生で大切なものでありそれでやっていっていると言われています。

堂本剛は他にも病気が?うつ病・パニック障害について

堂本剛さんは突発性難聴になる前に他にも病気になられています。それはパニック障害なのです。この経緯についても詳しくみていきましょう。

堂本剛は過呼吸とパニック障害も?

堂本剛さんはパニック障害を患っていた過去があります。過呼吸にもなっていました。これは堂本剛さん本人が公表されています。

10代の頃は記憶がほとんどない?死にたいと常に考えていた

堂本剛さんが10代の時は金田一少年の事件簿などドラマに引っ張りだこで爆発的な人気を得ていました。しかし堂本剛さんは当時を振り返りその当時は死にたいと常に考えられていたそうです。

しかし死にたいと思う反面、生きたいという気持ちもありずっと辛い日々を過ごされていたそうで精神的に追い込まれてあまり記憶がないそうなのです。

堂本剛はうつ病なの?噂されるようになったきっかけは?

堂本剛さんはパニック障害になったことを公表しました。そのせいで何も根拠もなくうつ病なのではと噂されるようになってしまったのです。

堂本剛の病気の原因は彼女だった?

病気の原因は堂本剛さんが付き合っていた彼女がなくなったからだと言われています。それが原因で心労が重なりうつ病やパニック障害を引き起こしたのではと言われているのです。

しかしちょうど主演作のホームドラマ!で妻を亡くした夫の役をやられたようでそれが影響していまいそういう噂が広まったのでデマの可能性が高そうです。

堂本剛の病気を傍で見守ってきた堂本光一との関係について

パニック障害や突発性難聴になってしまった堂本剛さんですが長年KinKi Kidsとして共にやってきた堂本光一さんとの関係はどうだったのかみていきましょう。

堂本剛がライブで倒れた時のエピソードとは

剛君は開始早々に辛そうな感じで笑顔がありませんでした。ソロコーナーの時になかなか出てこなくて心配しました。
その後も帽子を目深に被り後ろを向いて歌ったりしていました。ダンスも踊れないところがあり、私の周りの人は皆心配していました。光一君は剛君を気遣って誰よりも走り、ファンを煽り、バックについていたKAT-TUNも一生懸命、ステージに出られない剛君をフォローしていました…

(引用:裏芸能人の最新ニュース)

上記は堂本剛さんがライブ中に倒れてしまったエピソードです。堂本光一さんは倒れる直前も堂本剛さんの異変に気付きフォローの徹していたことがわかります。

堂本光一は突発性難聴からの退院を大喜び!お互いを支え合っている

堂本剛さんが突発性難聴になってから退院し、堂本光一さんと再会したときは堂本光一さんが大喜びし尋常じゃないほど嬉しそうにしていたそうです。

不仲説はありますが見えないところでお互いが支えあっているのだという事なのです。

突発性難聴という病気について

Anemone123 / Pixabay

堂本剛さんが患っている突発性難聴ですが耳が非常に聞こえにくいだけでなく変な音まで聞こえてくるという病気なのです。

この突発性難聴になってしまう原因についてみていきましょう。更に堂本剛さん以外でもこの病気にかかった芸能人はいるのか調べてみました。

突発性難聴の原因

whoalice-moore / Pixabay

突発性難聴にかかるのは原因があると言われています。ストレス、過労、睡眠不足、生活習慣病、ウイルスによる感染なのです。

ただしはっきりした原因は不明でこれだというものはないそうです。

治療はスピード勝負

sasint / Pixabay

突発性難聴になればとにかく早く治療しなければならないスピードがカギとなります。発症してから1週間以内なら大丈夫のようです。

しかし多忙でほっといており一か月以上放置していると聴力が低下し回復は不可能になってしまうそうです。

NEXT:治療と仕事の両立
1/2