窪塚洋介の転落事故は飛び降り?不可解な点とは?原因は薬物?大麻? タレント

窪塚洋介の転落事故は飛び降り?不可解な点とは?原因は薬物?大麻?

俳優としてだけでなくカメラマン、レゲエミュージシャンとしての顔も併せ持つ窪塚洋介。破天荒な行動で知られる彼ですが、2004年に自宅マンションから転落する事故を起こし世間を驚かせました。ここでは、大麻・薬物の影響も囁かれる窪塚洋介の転落事故についてご紹介します。

目次

[表示]

窪塚洋介のプロフィール

  • 本名:窪塚洋介(くぼづかようすけ)
  • 歌手名:卍LINE
  • カメラマン名:空水(初期は「ヨースケ」)
  • 生年月日:1979年5月7日(40歳/2019年現在)
  • 出身地:神奈川県横須賀市
  • 身長:177㎝
  • 血液型:O型
  • 星座:牡羊座
  • 職業:俳優、歌手、監督、カメラマン

1995年「金田一少年の事件簿」で俳優デビューした窪塚洋介、2002年には「ピンポン」のペコ役で俳優としての地位を確立します。

その後「狂気の桜」といった話題作に出演し、演技のみならず個性的なファッションセンスや奇抜な言動もあって若者から支持を集めました。

また、2006年には卍LINEを名乗り音楽活動を開始、2009年には空水としてカメラマンデビューも果たしており、幅広く活動を行っている才能豊かな人物です。

関連する記事はこちら

窪塚洋介の転落事故は飛び降り?当時の不可解な点とは?

Pexels / Pixabay

「池袋ウエストゲートパーク」や「ピンポン」などで高い評価を受け、俳優として成功をおさめていた窪塚洋介ですが、2004年に自宅のマンションから落下するという事故に見舞われます。

ここでは、2004年に起きた窪塚洋介のマンション転落事故の概要と事故にまつわる噂についてご紹介していきます。

窪塚洋介が起こした転落事故とは?マンションの9階から転落?

事の起こりは、2004年6月6日の12時頃でした。窪塚洋介は、自宅マンション(神奈川県横須賀市)のテラスから落下しました。

窪塚洋介の自宅はマンションの9階だったため、落下した高さは26mに及びます。なお、高さ20m近くからの落下は命にかかわるケースが多く、窪塚洋介の容態も危険視されていました。

また、窪塚洋介の元妻は、この事件について「(窪塚洋介が)テラスへ行った際突如姿が見えなくなった」旨の証言をしています。

窪塚洋介はフェンスに衝突して芝生に落ちたから助かった?

マンションの9階からの転落という命が危ぶまれるほどの高さから落下したにもかかわらず、窪塚洋介が生還できた理由はなんだったのでしょうか?

その要因は、フェンスと芝生です。窪塚洋介は落下時、テラスの9m先に設置してあるフェンスに衝突したとされています。

その衝突で落下速度が弱まったこと、さらに落下した場所が芝生だったこともあり、窪塚洋介はなんとか一命をとりとめました。

窪塚洋介の事故の不可解な点!9m先のフェンスに衝突?飛び降り?

Free-Photos / Pixabay

公式には事故として発表されているこの事件ですが、ただの事故として考えるには不可解な点もあると指摘されています。

その大きな理由は、落下時に衝突したフェンスがマンションのテラスから9mも離れていたことです。たしかに落下位置から9mも離れたフェンスに不慮の事故で届くとは考えにくいでしょう。

そのため、落下時、窪塚洋介自身が助走をつけていたのではないか、つまり自殺だったのではないかという言説が流れはじめました。

窪塚洋介の所属事務所は「こいのぼりを外そうとした」と説明?

merdanata / Pixabay

窪塚洋介の所属事務所は、この転落事故の原因を「鯉のぼりの器具を外そうとした際に誤って転落した」と説明しています。

しかし、警察の捜査では、器具は見つかっていません。また、実際に窪塚洋介が転落の際助走を行っていたかについても、真相は謎に包まれています。

窪塚洋介は自殺だったの?当時の記憶がない?自殺する理由もない?

窪塚洋介自身の発言も、この転落事故を不可解なものにしている一因です。というのも、窪塚洋介は事情聴取の際、当時の記憶がまったくないと証言しているのです。

また、事件についての本人直筆コメントが助かったことを感謝している文面であったこと、当日はアメリカ行きの予定があったことから、自殺の動機も特に見当たりません。

当時の本人の意志が不明なことから、この事件が事故だったのか、それとも衝動的・あるいは隠れた理由による自殺未遂だったのか現在でも判然としていません。

窪塚洋介は「IKIRO」で事故の様子を歌っている?

謎が謎を呼ぶ窪塚洋介の落下事件ですが、2009年窪塚洋介が「卍LINE」名義でリリースした「IKIRO」の歌詞やPVは、この事件に言及しています。

病院のベッドの上 目覚めた俺 聞こえる声 なんだか怖え

なんてこった 俺落っこた? 骨がボキボキで背筋凍った どこを通った記憶がねえぞ

~中略~

生きろ生きろ生きろ生きろ 死ぬまで生きろよ

(引用:「IKIRO」卍LINE)

事件から5年後でもやはり転落時の記憶がないという状況であり、本人も事件の様相がつかめていない様子が伺えます。

歌詞の内容は一見、肯定的なメッセージが強く、家族への感謝も表現されていることから、自殺といったネガティブな印象は払拭されているように見受けられます。

しかし、「悲しみ」「孤独」「ピンチ」というフレーズもあり、事件の真相に多少の含みが持たされているかのような箇所があることも否めません。

窪塚洋介の飛び降りはアイスクリームのため?

stevepb / Pixabay

転落の原因について一貫して記憶がないと語っている窪塚洋介ですが、2006年に一度、動機について述べています。

その内容は「コンビニのアイスクリームが食べたく、エレベータに乗ることをすっ飛ばした」といったものでした。

冗談のような理由ですが、かなり個性的な人物ですので、まったくの嘘とも決めつけられないのが窪塚洋介らしいところです。

窪塚洋介は「ピンポン」での「アイキャンフライ」をリアルでやった?

窪塚洋介出演作品の中でも代表的な「ピンポン」には、「I can fly!」と叫びつつ川に飛び込もうとするという場面があります。

なんと事件の原因は、このシーンを「リアルでやった」とする珍説も存在します。

ファンやマスコミの悪ふざけでしょうが、数々の名言(迷言)や常人離れしたエピソードも多い窪塚洋介ですから、このような「伝説」が生じるのもうなずけます。

窪塚洋介の飛び降りの原因は薬物だった?怪しい噂まとめ

stevepb / Pixabay

単なる事故として公表されている窪塚洋介の転落事件ですが、原因として薬物が関与していたのではないかという説もあります。

この疑惑は、窪塚洋介がTwitterや自身の著書で大麻について肯定的な立場をとっていたことによります。ここでは、窪塚洋介と大麻に関連を示唆する怪しい噂についてまとめます。

窪塚洋介がTwitterで大麻に言及?

窪塚洋介は、Twitter上での暴言や過激な政治的発言も見られる点から「薬物でぶっ飛んでる」などと評されることがあります。

Twitter上だけでなく、環境イベントでは「大麻=麻薬という見方を払拭したい」旨の発言を残しています。

窪塚洋介の発言からすると麻薬については反対であり、大麻については肯定という立場をとっているようです。

窪塚洋介は大麻を本でも肯定していた?

窪塚洋介の著書「Pieces of Piece」では以下のように大麻について礼賛といっても過言ではない主張をしています。

「大麻」という植物がある。あらゆる意味で万能なこの草は、21世紀、人間にとって、そして地球にとって奇跡の草となる。

(引用:「Pieces of Piece」窪塚洋介)

実際、アメリカの一部の州では「医療用」、高額の税を課して「嗜好品」として合法化されている地域もあります。窪塚洋介は、こうした有益性も踏まえて肯定の立場をとっているようです。

2008年には大麻パーティー参加疑惑報道も?

ktphotography / Pixabay

2008年には、「週刊現代」にて窪塚洋介の大麻パーティへの参加疑惑が報じられました。疑惑の域を出ませんが、記者の直撃に対し「奇声を発し、立ち去った」とも記載されています。

窪塚洋介は転落した際MDMAをやっていた説まで

stevepb / Pixabay

薬物疑惑が多数ある中で起こった転落事故でしたから、この事故も薬物によるものではないか、と疑われるのは当然の流れでした。

当初は大麻が疑われていましたが、実は「合成麻薬」に手を出していたのでは?ともいわれています。使用が囁かれたのはMDMA(通称「バツ」、「エクスタシー」)と呼ばれる興奮作用のある薬物です。

窪塚洋介が薬をやっているのでは?と噂された怪しい画像は?

窪塚洋介の薬物疑惑を高める要因は、不可解な言動やときおり見せる常軌を逸した表情です。上記は「おつかれサンボ」との謎の発言と表情で話題になりました。

また、綾野剛と並んで舞台挨拶した際の表情も「完全にイってる」、「ラリってる」と評される原因となっています。

窪塚洋介は薬をやっている人と繋がりがある?

TheAndrasBarta / Pixabay

麻薬を使用している人物とのつながりが噂されていることも、窪塚洋介の薬疑惑に拍車をかけています。

卍LINE名義でクラブを回っていた際にも、薬に関わりのある人物らと交流を持ったのではないかといわれることがありますが、真偽のほどは不明です。

窪塚洋介の薬説はデマ?薬はしないと叫んだこともある

薬物疑惑が複数ある一方で、こうした疑いはすべてデマであるという見方もあります。2009年は芸能界の「薬物汚染」が世間を賑わせていました。

そういった経緯もあり、必然的に疑われた窪塚洋介でしたが、ライブで「俺はそんなことしねー」と叫び、疑惑を否定しました。

また、転落事故の際、搬送先で詳しい検査が行われたはずですが、特に薬物が検知されたといった事実は報道されていないことも、窪塚洋介の薬物疑惑はデマとの意見の信ぴょう性を高めています。

窪塚洋介は元から奔放な発言をしていた?

そもそも窪塚洋介は、薬物疑惑が広く流布される以前より奔放な発言で知られており、ネット上では以下のような評価をされています。

  • まともに成長してれば…
  • 昔から変人だった
  • 演技は神

窪塚洋介の不可解な言動は、彼の個性であり薬物によるものではないという見解も少なくないのです。

窪塚洋介の事故後の状況は?後遺症は残った?

命の危険があるほどの高所から落下したものの、奇跡的に生還した窪塚洋介、事故後はどのような状態だったのでしょうか。また。後遺症はないのでしょうか。

ここでは、転落事故後の窪塚洋介の容態や、怪我からの復帰、後遺症の有無などについてご紹介します。

窪塚洋介の事故後の容態・怪我の具合は?

sasint / Pixabay

転落直後、窪塚洋介は全身5か所にひどい骨折を負っていました。特に頭蓋骨の傷は深刻で、骨が体外に露出する開放骨折の状態でした。

事故が起きたのが2004年6月6日、手術がすべて完了したのが同年6月21日、この日から窪塚洋介はリハビリを開始します。

窪塚洋介は転落事故の翌年に復帰?

その後、窪塚洋介の回復は約一年という驚異的な早さで進みました。2005年に「鳶はクルリと」に出演し復帰、「同じ月を見ている」では主演をこなし俳優として再び存在感を示したのです。

窪塚洋介は後遺症はないの?2004年のドキュメンタリーの車椅子が話題に

stevepb / Pixabay

2004年11月には、車椅子姿でドキュメンタリー番組に出演し、話題となりました。同ドキュメンタリーにて、窪塚洋介は、やはり事故時の記憶はないと語りました。

また、「生きてて良かったよ」と命が助かったことへの感謝や回復への希望について述べています。

窪塚洋介は足を悪くした?膝が痛い?

Taokinesis / Pixabay

先にご紹介したドキュメンタリーにて窪塚洋介は、歩けるようにはなってきたものの、膝が痛むと語っています。8月31日には「違和感ありあり」と述べています。

また、右鼻は匂いを嗅ぎ取れなくなったとも発言しています。

窪塚洋介は人工肛門をつけているという噂も

事故の影響から窪塚洋介は「人口肛門(ストーマ)」を装着するようになったと噂されたことがあります。この噂は房掲示板に医療関係者と思しき人物が書き込みを行ったことが原因ともされています。

本当だとしたら、相当に生活の不便を抱えていることでしょうが、この噂はデマの可能性が高いといえます。

なぜなら、人口肛門は腹部のやや下に器具を装着し、大腸から直接便を取り出しますが、術後の窪塚洋介の腹部にはそれらしい痕跡は見られないからです。

窪塚洋介は事故を経て、生き方が変わった?

事故を経て、窪塚洋介は生き方や考え方を見つめなおすことになったと後年のインタビューで語っています。

「この世にわからないことはない。じぶんのことは全部わかった」って思い込んでたんだよ。

たぶんそれを神様に怒られたんだと思う。「全部わかったんなら、お前これ説明してみろよ」、ドンって。

~中略~

それで「自分にもわからないことはまだある」って気づかされて生き方を見つめなおした。

(引用:新R25)

事故を「神様に怒られた」と表現している個所は、窪塚洋介特有の言い回しが光っています。生き方、考え方は変わっても個性は失われていないようです。

NEXT:奇跡的復活を遂げた窪塚洋介の今後の活躍に期待!
1/2