生田絵梨花に整形疑惑?止まらない劣化に焦り乳を豊胸・歯列矯正も? エンタメ

生田絵梨花に整形疑惑?止まらない劣化に焦り乳を豊胸・歯列矯正も?

乃木坂46の生田絵梨花さんには整形の疑いがかけられています。その美しい彼女の顔は作られたものなのでしょうか?今回は生田絵梨花さんの歯列矯正や豊胸に至るまですっぴん写真なども見ていきながら、整形疑惑を紹介していきます。早速見ていきましょう。

目次

[表示]

生田絵梨花の顔が整形で変わった?すっぴん画像は?

乃木坂46の生田絵梨花さんの顔が変わったと世間で話題になっているようです。彼女は整形をしているのでしょうか?

あの気品が溢れ出ている可愛らしい顔が作られたものだとしたらファンは少しショックかもしれません。

生田絵梨花のプロフィール

生田絵梨花さんは、1997年生まれの現在22歳です。ドイツのデュッセルドルフ生まれで身長は160cmです。女優であり、アイドルグループの乃木坂46のメンバーです。

乃木坂46のアイドルとしての活躍が目立ちますが実は彼女ミュージカルもこなしてしまう多彩な才能の持ち主です。

芸能界に入ったきっかけも6歳の時に、ミュージカルの「アニー」を観てミュージカル女優を目指すところから始まっています。

生田絵梨花は整形した?豊胸もしてた?初期と現在の比較画像

こちらが過去の初期の乃木坂46の頃の写真です。とてもキュートで可愛らしいです。

生田絵梨花さんは整形したという噂と豊胸もしたのではないかという噂があります。この画像で見比べてみても垢抜けたようにしか見えません。

生田絵梨花の中高の卒アル画像と現在の画像の比較!

生田さんの卒業アルバムの画像ですが、ほぼすっぴんに近い写真になっています。

こちらは最近の生田絵梨花さんです。バッチリとメイクをして、髪も整っています。どうでしょうか?整形しているように見えるでしょうか?

生田絵梨花は度々顔が腫れていたことから整形の線が濃いという指摘

生田絵梨花さんはテレビに出演時、顔が腫れているという指摘をされたことが度々あるようですが、これは整形のやりすぎのせいで顔が変形しているのではないかと憶測されています。

生田絵梨花の顔が大きい?高須院長が辛辣なコメントをしている

整形外科の名医、高須クリニックの高須委員長が生田絵梨花さんの「顔が横に広い」とツイッターで発言して話題を呼んだこともあります。

関連する記事はこちら

生田絵梨花の整形疑惑を徹底検証!【目・鼻・頬編】

ここでは生田絵梨花さんの整形疑惑を目、鼻、頬などのパーツに分けて見てみることにしましょう。

生田絵梨花は目頭切開をしている?昔と現在の目の画像を比較

乃木坂46に加入した後の幼い頃の画像です。この頃から目頭は広いように感じます。

生田絵梨花さんが目に向けられている整形の疑惑は目頭切開をしているのではないかということですが、過去と現在の画像を比べて見てもどちらもさほど目の大きさは変わらないようです。

横顔がキレイすぎ?生田絵梨花は鼻筋を高くするプロテーゼを入れた疑惑も?

生田さんは鼻筋が高いので、鼻を高くするときの整形手術でプロテーゼを入れているのではないかと言われています。

確かに鼻は高いように感じますが、真相はいかがなものでしょうか。

生田絵梨花は目頭切開もプロテーゼもしていない可能性が高い

生田さんは顔が腫れているなどの指摘をされて、目頭切開やプロテーゼも入れているのではないかと言われていましたが、どうやら顔が腫れたのは親知らずを抜いていた時期だったようです。

また彼女は体重の増減が激しいようなのでそれで見た目が少し変化したのかもしれません。

生田絵梨花のすっぴんがかわいい?肌の質感はヒアルロン酸なのかチェック

画像で見てもらっても分かるように、生田さんはすっぴんもかなり可愛いです。とても透明感のある肌質となっています。

まだ若いということもあるようですが、日頃からしっかりとスキンケアを欠かさないようです。

生田絵梨花は胸にも整形疑惑が?!豊胸しているって本当?【豊胸編】

生田さんは写真集も出しており、その豊満な胸に豊胸の疑いがかけられています。

確かにざっくりと見た限りでもとても形の良さそうな胸ですが、真相はどうなのでしょうか。

生田絵梨花の胸が以前よりも大きくなっている?昔と現在の比較画像

生田さんの過去の画像ですが、胸を強調しないようにしているようにも見えます。

生田さんは昔からスレンダーだったため隠れ巨乳ではないかと噂されていましたが、この写真集で見事な巨乳を披露しています。

生田絵梨花は写真を出すために豊胸手術をした可能性も?

ここまで形の良さそうな胸に仕上げるのはメスを入れないと難しいのではないかという声もあるほど疑いは大きいです。

この写真集のために豊胸したという可能性はゼロではないかもしれません。少なくとも画像修正はしているように感じるでしょう。

生田絵梨花は豊胸ではなく底上げしたり成長しただけという声が多い

よく食べる彼女には整形手術よりも成長ではないかとも言われています。

あるファンからは「あれだけ食べるのだから胸に脂肪がつくのも納得できる」と言われています。お若いの方なので、単に成長しているだけという可能性もあります。

生田絵梨花の整形疑惑を徹底検証!【口元・歯編】

生田絵梨花さんは口元や歯にも整形の疑いがかけられているようです。

生田絵梨花は歯列矯正をしている?幼少期は歯並びはあまり良くなかった

この画像を見る限りでは、生田さんは幼少期の歯並びは良くなかったようです。尖った八重歯が目立ちます。

生田絵梨花は歯列矯正を認めていた?!

生田絵梨花さんは、ワイヤーをつけて歯列矯正をしていたことを認めているようです。

テレビでワイヤーがチラッと映ってしまったこともあるぐらいなので、こちらは間違いないかもしれません。

生田絵梨花は下顎をセラミックブラケットで再矯正した?

歯列矯正をしていた生田さんですが、下顎もセラミックブラケットで再矯正しているようです。

セラミックブラケットとは、よくある方法の目立つ矯正方法の一つです。テレビでも下の歯を矯正しているのが目撃されています。

最近生田絵梨花の劣化が止まらない?整形によるものなの?

ある掲示板では生田絵梨花さんの劣化が止まらないと話題になっているようです。

しかしこれは実際に整形したという話ではなく、単に生田さんのアンチが彼女の美貌を羨んで悪口を言っているだけのようです。お若い生田さんですので、年によって顔つきが変わっていくこともあるでしょう。

プリンセス役で観たいミュージカル女優

歌にダンスにお芝居といった幅広いジャンルで、演じるのがとても難しいとされているミュージカル女優ですが、生田絵梨花さんもそのポテンシャルの高さから精力的にミュージカルに出演しています。

そんな演じるのにハードルが高いとされているミュージカルに欠かせないのが物語を盛り上げてくれるヒロイン役です。

今回は生田さん以外の、日本の「プリンセス役で観たいミュージカル女優」をまとめてみましたので紹介していきます。あまりテレビなどには出ない方もいらっしゃいます。

坂本真綾

坂本真綾さんは1980年生まれの現在39歳です。東京都板橋区出身で愛称は「マーヤ」と呼ばれている主に声優として活躍されている方です。

8歳の頃から子役として活動し、1993年のOVA「リトルツインズ」のチフル役で初の主演を務めました。この頃は、多数の洋画作品で日本語吹き替えの声優として活動を行いました。

2003年には女優としての活動を本格化し、ミュージカルの「レ・ミゼラブル」のオーディションに合格して、2003年から2009年までエポニーヌ役で出演しました。

上白石萌音

上白石萌音さんは1998年生まれの現在21歳です。鹿児島県鹿児島市出身で身長は152cmです。主な作品は2016年に公開されて大ヒットとなった新海誠監督の「君の名は」の宮水三葉役です。

2011年、第7回「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞しました。そしてグランプリを受賞した、2歳下の妹の萌歌と一緒に東宝芸能へ所属しました。

2012年にミュージカル「王様と私」で初舞台を踏み、2014年の12月には「みえない雲」で舞台初主演しました。2015年の8月にはミュージカル「赤毛のアン」で主役のアン、シャーリー役を演じました。

清水彩花

清水彩花さんは1988年生まれの現在30歳です。埼玉県富士見市出身の身長は162cmです。1997年にはミュージカル「アニー」でシャーリー役を務めました。

その後はアルゴミュージカル「ミュージカル座」の舞台を中心に出演しました。そして2015年にミュージカル「レ・ミゼラブル」で、コゼット役を務めました。

その歌声は高音の上手さが際立つ女優ですが、低音の響きも美しく、歌唱力の高さは、「レ・ミゼラブル」の歴史の中でもトップクラスです。

昆夏美

昆夏美さんは1991年生まれの現在28歳です。東京都出身の身長は155cmです。洗足学園音楽大学の音楽学部ミュージカルコースを卒業して東宝芸能に所属しています。

大学に在学中、「ロミオ&ジュリエット」のジュリエット役に大抜擢され、その後も「レ・ミゼラブル」や「ミス・サイゴン」など話題作へ出演し「ミュージカル界の新世代の歌姫」と称されています。

彼女の感情が歌という楽器を通して直接伝わってくる素敵な女優さんで、もし東宝でプリンセスをやるとすれば誰がいいかと考えたら一番最初に思い浮かびます。

唯月ふうか

唯月ふうかさんは、1996年生まれの現在22歳です。北海道札幌市で生まれ身長は154cmです。アイドルユニットの「momonaki」のメンバーとしてデビューしました。

2012年の「ホリプロスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞しました。2013年には「ピーターパン」でピーターパン役を演じ、2015年の「デスノートTheMusical」弥海砂役で出演しました。

2017年、初の帝劇作品である「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役に若干20歳で抜擢されました。可愛らしい声と、ハスキーな響きが特徴的で、声量があり舞台上でかなり目立ちます。

NEXT:生田絵梨花
1/2