土屋太鳳が嫌いでアンチ炎上?嫌われすぎてやばい?嫌われる理由は? エンタメ

土屋太鳳が嫌いでアンチ炎上?嫌われすぎてやばい?嫌われる理由は?

目次

[表示]

有村架純や永野芽郁は好かれている?

NHKの朝の連続テレビ小説で主演した、若手女優と比べてみましょう。「好きな女TOP15」で、2017年の「ひよっこ」の有村架純さんは12位、18年の「半分、青い。」の永野芽郁さんは15位でした。

一方、同じ朝の連続小説でありながら、15年の「まれ」の土屋太鳳さんは「嫌いな女TOP20」で7位、今年のヒロイン「なつぞら」の広瀬すずさんも10位にランクインしています。

この違いは一体何なのでしょうか。色々な考え方は有るでしょうが、ここでは専門家の意見を紹介します。

土屋太鳳が嫌われるのはきりっとしたイメージのせい?

土屋さんや広瀬さんは黒髪ストレートヘアで、目がきりっとしたシャープなイメージの女性であり、有村さんや永野さんは髪質が柔らかく、ソフトでふわっとしたイメージの女性と言えます。

後者の方がどちらかと言うと少し頼りなく見えて可愛げがあり、嫌われ難い秘訣の一つではないかと指摘しています。特に若手女優には必要な要素ではないでしょうか。

土屋太鳳にはしなやかさが足りない?ギラギラしている?

土屋さんは、自分が自分がという内心のギラギラとしたものを無理に隠して、優等生を演じていることを見透かされ易いので、嫌われてしまいます。もう少ししなやかになれば、より自然な自分が出せるでしょう。

土屋太鳳のダンスは私を見て感が強い?

土屋さんのダンスは、本業と同じくらい上手な事で有名ですが、視聴者を圧倒するばかりで親近感に欠けています。見る側からすると、パフォーマンスをひけらかすスタイルです。

好対照なのが新垣結衣さんです。ドラマで踊った「恋ダンス」が、とても親近感が持てると言われいます。一般の視聴者には、「恋ダンス」を少し恥ずかし気に踊っている姿が、好感を呼んでいるのでしょう。

見かたによっては私のダンスを見てと、強くアピールしているようにも思えるのです。土屋さんにはそんな気持ちはみじんも無いとしても、やはり好き嫌いがはっきり分かれてしまう点なのです。

ダイハツ「ブーン」のCMが篠原涼子に交代

ご存知のように最近、ダイハツ「ブーン」のCMが土屋太鳳さんから篠原涼子さんに交代しました。色々な憶測が飛び交いますが、何故そうなったのか。その理由をしっかり見ていきましょう。

これまでの土屋さんのCMでは、とにかく派手にダンスをしまくっていました。これではダンスは印象に残りますが、車の事は置いてきぼりになっていました。とにかくダンスと音楽で頭がいっぱいになりました。

このCMは土屋さんのプロモーションのような感じで、お茶の間からの評判はあまり好意的ではありませんでした。「不快」「ウザイ」というクレームも入って来ました。一番の原因は土屋さんではなくダンスでした。

篠原涼子さんで購買層にアピール

実はダイハツ「ブーン」の購買層は、若い人より中年の人であったと判明しました。発売後随分経っていますので調査が遅いと感じますが、その結果を受けて篠原涼子さんへバトンタッチした訳です。

最近の若い人はあまり車を買わない一方で、ブーンのようなコンパクトカーを主に街乗りで使うのは中年層が多かったと言う調査結果でした。その年齢層にアピールするのは40歳台の篠原さんということになった訳です。

そういうことで、土屋さんがアピールできる若い年齢層がターゲットではなくなったために、交替劇が起きたという事になるのです。決して土屋さんが不人気・嫌われて降板という訳ではありませんでした。

どんな風に成長して行くのか楽しみです

土屋太鳳さんは、人気がある一方で嫌われている事も事実です。でも未だ24歳の若手女優であり、これからの経験が彼女を大きく変えていくはずです。もちろん変える必要が無い所も、そうでない所もあります。

SNSが発達した現在において言動には注意が必要ですが、自分が思ったように進み、柔軟な心を持って女優業にまい進して欲しいと思います。変に迎合せずに本当の自分を大切にしてもらいたいと思います。

高い身体能力も備えているので、役の幅はきっと広いはずです。今後色々なチャレンジをして、どんな風に成長して行くのか、とても楽しみな女優さんです。土屋さんの更なる活躍を大いに期待しましょう。

関連記事はこちら!

2/2