北川景子の本名が意外過ぎ!?父親は三菱重工の幹部!?実家は医者? エンタメ

北川景子の本名が意外過ぎ!?父親は三菱重工の幹部!?実家は医者?

北川景子さんといえば数々の映画やドラマに出演している人気女優ですが、その本名は何なのかが話題となっています。父親や実家の職業も凄いと噂で、結婚相手のDAIGOさんとの子供についても関心を集めています。この記事ではそんな北川さんの気になる情報に迫っていきます。

目次

[表示]

北川景子のプロフィール

それではまず、北川景子さんのプロフィールをチェックしていきましょう。

  • 生年月日:1986年8月22日
  • 出身地:兵庫県
  • 身長:160センチ
  • 所属事務所:スターダストプロモーション

北川景子さんは高校生の時に地元神戸のモデル事務所にスカウトされ、芸能界入りします。その後はモデル雑誌のオーディションなどを受け、モデルとして活動します。

2006年に女優デビューするとその演技で存在感を示し、2007年にはドラマ「モップガール」で初主演を果たしました。

関連する記事はこちら

北川景子の本名が意外!?卒アル画像で検証!

北川景子さんは本名でなく芸名で活動しているのでしょうか。その気になる本名ですが、卒アル写真などの流出により明らかになっています。

また、北川さんの夫であるDAIGOさんの本名は何というのでしょうか。実際の卒アルの写真と共に紹介します。

北川景子の卒アル画像は?芸名ではなく本名だった!

こちらは北川景子さんの中学生時代の卒アル写真です。実は、「北川景子」というのは芸名でなく本名だったのですね。

北川景子の本名は、結婚後に変わった?現在の名前は?

北川景子さんは竹下登元首相の孫であるDAIGOさんと結婚しました。そのため、本名は「竹下景子」になったと思われていますが、実はそうではなく「内藤景子」となったのです。

というのも、DAIGOさんは祖父の竹下元首相とは母方の血縁関係にあたるため「竹下」という姓ではないためです。

北川景子の夫・DAIGOの本名は?

それでは、DAIGOさんの本名は何というのでしょうか。もちろんDAIGOさんも「内藤」という姓なのですが、本名は「内藤大湖」というそうです。

北川景子の出身高校・中学はどこ?医者を目指していた?

北川景子さんは大阪の「大阪女子院高等学校」という高校に通っていました。北川さんはこの高校の中等部に通っており、「お嬢様学校」として知られるこの高校にそのまま入学したと噂されています。

また、北川さんは祖父が医者だったこともあり当時は医者を目指して勉強だけでなく生活も厳しく教育されていたそうです。

北川景子が芸能活動を始めたきっかけは、息抜き?

JESHOOTS-com / Pixabay

北川景子さんは医者を目指して勉強をしますが、その成績が伸び悩んでいた時期にちょうどモデル事務所にスカウトされました。

その当時は成績が伸び悩んでいたこともあり、息抜きとして芸能活動をやってみようと考えたことがその事務所に入るきっかけでした。

北川景子は大学にも行っていた?

ninocare / Pixabay

北川景子さんは明治大学に通っていたことも有名です。大学在学時にはドラマや映画にも多数出演し、多忙な毎日を送っていました。

北川景子の性格が真面目すぎる!

Free-Photos / Pixabay

北川景子さんは学生時代医者を目指しており、両親の教育も厳しかったこともあるため非常にまじめな性格に育ちました。そんな北川さんの性格にまつわるエピソードを紹介します。

北川景子の学生時代が真面目すぎ?

Free-Photos / Pixabay

北川景子さんは高校時代、かなり派手な見た目をしていました。しかし、2009年頃に自身のブログで「外見の印象と本来の自分の内面のギャップがストレスの1つ」と語る通り、性格はかなり真面目なようです。

外見に反して内向的な性格のため、見た目だけで「社交的そう」などといわれることにストレスを感じていたとも語っています。

性格が原因で友達がいなかった!?

Anemone123 / Pixabay

北川景子さんは、自身の真面目な性格や男らしい性格のせいで「友達がいなかった」と語っています。ここでも見た目とのギャップに苦しんだそうです。

北川景子の現在の性格は?

北川景子さんの学生時代のその真面目さや勤勉さは今も変わっておらず、映画の撮影でアメリカに行った際に自身の英語が通じなかったため現地で必死に勉強し、撮影終了後も2か月残って勉強をつづけました。

また、関西出身ということもあり現在はかなり明るい性格になって親しい友達も増えたようです。

北川景子の家族構成!両親はどんな人?実家は?

Pexels / Pixabay

北川景子さんは大阪でもお嬢様学校に通っており、医者を目指していたと前述しました。では、その家族構成や両親の職業などは何なのでしょうか。

北川景子の実家は医者?

marionbrun / Pixabay

北川景子さんの実家が医者という噂がありますが、それは正確には間違いで、北川さんの祖父が医師なのだそうです。実家が病院を経営しているなどというわけではありません。

北川景子の父親は三菱重工の幹部!?戦車や戦闘機の開発を担当?

Tama66 / Pixabay

北川景子さんの父親は三菱重工の「防衛・宇宙セグメント」という部署に所属しており、そこの副セグメント長でもあります。

北川さんの父親はその部署で自衛隊に防衛機器を売っています。そのため自衛隊の機器に関するものを作っている中でも中心的な位置にいる人物のひとりということになります。

北川景子が三菱重工のCMに出演

父が三菱重工に努めている北川景子さんは三菱重工の空調機のCMに出演をしています。これには父のコネもあったのではないかといわれています。

父親の性格は?無口であまり会話がない?

pasja1000 / Pixabay

北川景子さんは、父に関して「しつけがかなり厳しい」と語っています。その厳しさゆえに嫌いになることはなく、逆に北川さんは父親を尊敬していたといいます。

そのため北川さんと父親の関係は決して悪くはなく、芸能界入りについても応援してくれるなど良好な関係が築けているようです。

北川景子の母親は?

北川景子さんの母親については詳しい情報が明らかにされていません。そのため、母親の詳しい職業や、その生い立ちなども情報はほとんどない状態です。

北川景子に兄弟はいる?

Bessi / Pixabay

北川景子さんは弟と姉が1人づついます。その中で、北川さんは阪神淡路大震災の時に弟を連れて2人で逃げ回って生き延びたそうです。

弟から「どうして助かったの?」と聞かれた幼い北川さんは「なんか仕事があるんやろ」と子供とは思えない頼もしい言葉をかけたというエピソードもあります。

妹がNMB48に在籍!?

北川景子さんには妹がおり、NMB48に所属しているという情報が一時話題となりました。しかしこの情報はデマで、メンバーの木下春奈さんと北川さんのツーショット写真から噂がひとり歩きした結果のようです。

女優の高畑淳子と親戚だった!

前述した北川景子さんの母親ですが、実は女優の高畑淳子さんとはとこの関係にあることがわかっています。北川さんは高畑さんと親戚の関係だったのです。

名作ばかり?北川景子の主な出演作品まとめ

北川景子さんは映画やドラマなど数々の人気作品に出演していることでも有名ですが、その代表作は何なのでしょうか。特に人気な作品をいくつか紹介します。

「Dear Friends」

この映画は当時大人気の携帯小説が映画化されたものです。北川景子さんはこの映画ではギャルのリナという役を演じ、話題となりました。

リナは友達など周囲の人間を大切にせず、利用するように生きています。しかしそんな時リナは病気になり、かつての友人と近づくところから物語が展開していきます。

「瞬」

2010年に公開された「瞬」という映画で北川景子さんは主人公の泉美を演じます。

美大に通う淳一と泉美は付き合っており、その日々が続くと思われた矢先、2人はバイク事故に遭ってしまいます。泉美だけが助かる形となりましたが事故の後遺症で泉美は記憶をなくしてしまったのです。

事故当時の記憶を戻そうと必死にもがく泉美と弁護士・真希子との出会いもあり、事故の「空白の10分間」を取り戻していく物語です。

「パラダイス・キス」

2011年公開のこの映画に北川景子さんが出演します。この映画で北川さんは都内でも指折りの進学校に通う早坂紫を演じました。

学校と塾の往復という毎日を過ごしていた紫は、ある日突然ファッション業界の卵たちにショーモデルとしての出演を依頼されます。

実際の北川さんの生い立ちとも重なる部分もあり、そういった意味でも楽しめる物語となっています。

「君の膵臓を食べたい」

2017年公開された「君の膵臓を食べたい」で北川景子さんは主人公の咲良の親友である恭子役を演じました。

膵臓の病を抱えた咲良の日記を見つけ、「僕」は咲良と共に過ごすようになります。北川さん演じる恭子は、咲良の死から12年後、自身の結婚を目前に咲良と過ごした日々を思い返します。

現在も北川景子の人気は衰えなていない?

北川景子さんは2006年にドラマに初出演を果たし、そこから数々のドラマや映画、CMなどで活躍しました。

しかし北川さんは今でも女優として第一線で活躍しており、その勢いは現在も衰えていません。DAIGOさんと結婚し、幸せな生活も手に入れた北川さんのこれからの活躍も応援していきたいですね。

関連する記事はこちら