齋藤飛鳥は子役から活動してた?画像や作品は?出身高校や幼少期は? エンタメ

齋藤飛鳥は子役から活動してた?画像や作品は?出身高校や幼少期は?

乃木坂46の大人気メンバー齋藤飛鳥さんは、実は乃木坂デビュー前から子役として活躍していました。今回は齋藤飛鳥さんの子役時代を詳しく紹介します。また、幼少期の写真や卒アル写真、その後の学歴や高校時代のエピソードなどこれまでの経歴についても詳しくまとめます。

目次

[表示]

齋藤飛鳥のプロフィール

  • 生年月日:1998年8月10日
  • 出身地:東京都
  • 身長:158cm
  • 血液型:O型

齋藤飛鳥さんは乃木坂46の第1期メンバーで、グループの次世代エースとも目されている人気アイドルです。乃木坂46としては中学1年13歳の頃から活動しており中心メンバーとしてグループを引っ張ってきました。

2020年6月現在は21歳を迎えており、アイドルとしての活動の他にも女優やファッションモデルなど、様々な分野で活躍を見せています。

齋藤飛鳥は子役から活動していた⁉︎

実はこの齋藤飛鳥さん、乃木坂46加入以前にも子役としての芸能活動をされていました。今回は齋藤飛鳥さんの子役時代について詳しく紹介します。

齋藤飛鳥の子役時代の画像は?

上は齋藤飛鳥さんが2007年公開の映画「さくらん」に出演した際の画像です。齋藤飛鳥さんは当時8歳との事ですが、ずば抜けて可愛いです。

齋藤飛鳥さんはこの他にもテレビ東京のバラエティ番組「ピラメキーノ」内の企画「子役恋物語」への出演や大手企業のテレビCMにも起用されるなど、子役時代もかなり売れていました。

齋藤飛鳥が子役として活躍していた時期はいつ?

JillWellington / Pixabay

2007年公開の映画「さくらん」にも出演していることから、撮影時期なども考え合わせると齋藤飛鳥さんは少なくとも2006年頃からは子役として活動を開始していたはずです。

それから2010年頃に「ピラメキーノ」に出演していることから、乃木坂46としてデビューする2011年の少し前までは子役として活躍していたと思われます。

齋藤飛鳥はピラメキーノの「子役恋物語」にも出演!

ここまででも触れていますが、齋藤飛鳥さんはテレビ東京系の子役を中心としたバラエティ番組「ピラメキーノ」に出演しています。

齋藤飛鳥さんが登場したのは2010年12月6日から15日にかけて放送された番組内企画「子役恋物語」のシーズン22でした。この企画は女の子3人が男の子1人を巡ってディズニーシーでデートするというもの。

齋藤飛鳥さんも、スティッチのカステラを手作りして、男の子に食べさせてあげるなど積極的にアピールしていました。残念ながら勝つ事はできなかったものの、齋藤飛鳥さんの可愛さは十分に伝わりました。

そのほか、子役時代に出演した番組や作品は?

齋藤飛鳥さんが子役時代に出演したそのほかの番組や作品も紹介します。

テレビCM:タカラトミー・ドーナッツメーカー

JESHOOTS-com / Pixabay

タカラトミーのおもちゃ「ドーナッツメーカー」のテレビCMに出演しています。大勢の子役が登場する中、齋藤飛鳥さんは主役級の扱いで登場します。

テレビCM:ソニー・BRAVIA

子役時代の齋藤飛鳥さんが出演している、ソニーのハイビジョンテレビ「BRAVIA」のテレビCMです。アフリカで野生動物たちと遊び回る子供の1人として出演。

ほとんど顔は確認できませんが、後半でテレビ画面を見つめている横顔を見ることができます。セリフもありきっちりと演技も見せています。

テレビCM:ヤクルトジョア

ヤクルトジョアのCMにもさりげなく子役時代の齋藤飛鳥さんが登場しています。歌って踊る深津絵里さんを見守るギャラリーの中、学生服に帽子姿の女の子を演じています。

「少年時代」のカラオケ用映像

国民的歌手・井上陽水さんの大ヒットソング「少年時代」のカラオケ用の映像に子役時代の齋藤飛鳥さんが出演しています。

齋藤飛鳥が子役時代に所属していた事務所は?

現在は「乃木坂46合同会社」に所属している齋藤飛鳥さんですが、子役時代は「山王プロダクション」に所属して活動していました。

「山王プロダクション」は昭和33年創立の歴史ある芸能プロダクションで、タレントの育成力に定評があります。齋藤飛鳥さんもこの事務所で芸能人としての基礎を学んだのでしょう。

齋藤飛鳥の幼少期はどんな子供だった?当時の画像は?

子役時代からずば抜けて可愛い齋藤飛鳥さんですが、その幼少期はどんな子供だったのでしょうか?ここでは齋藤飛鳥さんの幼少期について、画像も交えながらさらに詳しく紹介します。

齋藤飛鳥の幼稚園はどこ?

齋藤飛鳥さんの幼稚園時代の画像は多数公開されていますが、残念ながらどこの幼稚園に通っていたのかまでは公表されていません。

齋藤飛鳥の幼少期のエピソードは?内弁慶だった?

そんな齋藤飛鳥さんの幼稚園時代を含む幼少期はかなりの内弁慶で、家にいるときはかなり活発で元気がよく家にかかってきた電話に出て「しゃいとう(斎藤)です」と自分で受け答えするほどだったそうです。

しかし、家から外に出ると途端に人見知りになってしまい、誰とも口を聞かなかったのだそうです。

齋藤飛鳥の幼少期の得意料理はミャンマー風卵焼き?

齋藤飛鳥さんはミャンマー人の母を持つハーフなのですが、幼少期の得意料理は「ミャンマー風卵焼き」だったそうです。これはミャンマー生まれのお母さんも驚くほど美味しかったのだとか。

このミャンマー風卵焼きは「君の名は希望」の齋藤飛鳥さんの個人PVで本人が調理して見せてくれています。先に炒めておいた玉ねぎに卵を絡めてさらに炒め、塩と味の素で味付けするというものでした。

齋藤飛鳥の学歴は?大学には進学していない?

続いては、齋藤飛鳥さんの幼稚園後の学歴について詳しく紹介していきます。

齋藤飛鳥の出身小学校は葛飾区立上千葉小学校?

齋藤飛鳥さんの出身小学校は「葛飾区立上千葉小学校」だとされています。小学生時代はブラスバンドのクラブ活動をしティンパニを担当していたとの事です。

小学生時代からアイドルに憧れていた?

齋藤飛鳥さんは小学4年生の頃、ダンス部が使用していた曲が気になって調べてみたところ、それがアイドルの曲だとわかったのだそうです。

それがきっかけとなり、齋藤飛鳥さんはそのアイドルに励まされるようになり、自分もアイドルになりたいと漠然と思うようになったのだそうです。

集団生活に馴染めなかった?いじめも?

齋藤飛鳥さんは小学生時代はかなり大人しい生徒だったようで、集団の中にいるのが苦手で教室でも隅っこに移動し1人で過ごすことが多かったそうです。

齋藤飛鳥さんは、特に小学3年生になる頃から心を閉ざし始めたと語っており、仲の良い友人にもなかなか心を開くことができなかったのだそうです。

また、この頃子役として活躍していた齋藤飛鳥さんは、目立っているのが気に食わない一部生徒からいじめのターゲットにされ図書館に避難する様になり、それがきっかけで読書好きになったのだそうです。

齋藤飛鳥の出身中学校は葛飾区立双葉中学校?

齋藤飛鳥さんの出身中学校は「葛飾区立双葉中学校」だと言われています。本人の口から公表されたわけではありませんが、ネット上で目撃情報などが発信され、判明したようです。

中学生時代は吹奏楽部だった?

齋藤飛鳥さんは、小学生時代にブラスバンドのクラブ活動をしていたことから、中学でも音楽系の部活を選び「吹奏楽部」に入部したそうです。担当楽器はクラリネットやサックスだったとの事です。

しかし、その後すぐに齋藤飛鳥さんは乃木坂46のオーディションに挑戦し合格を勝ち取った事で、部活を続けられないほど忙しくなってしまい、部活は辞めざるを得なかったのだとか。

乃木坂46のオーディションに応募して、合格!

齋藤飛鳥さんは中学1年生だった2011年8月に、乃木坂46の第1期生のオーディションに4万人近い応募者の中から選ばれ見事合格しています。

卒アル画像は?

齋藤飛鳥さんの中学時代の卒アル画像もネット上に流出しています。信じられないくらい可愛いですね。これは男子からも相当モテていたのではないでしょうか?

齋藤飛鳥の出身高校は日出高校?

13歳で本格的にアイドル活動を開始した齋藤飛鳥さんは、芸能コースもある「日出高校(2019年から目黒日本大学高等学校に校名変更)」へと進学しています。

齋藤飛鳥さんは、通信制の「芸能・スポーツプロフェッショナルコース」を選択しています。元々学校に馴染めなかったという齋藤飛鳥さんは、通信制の方が向いていると判断したのでしょう。

齋藤飛鳥は高校時代に始めたドラムの腕前がすごい?

齋藤飛鳥さんは高校1年時、ロックバンド「氣志團」のライブイベントに一夜限りで登場したロックバンド「乃木團」のドラムスを担当しました。

この企画で初めてドラムに触れたという齋藤飛鳥さんでしたが、練習を始めると秘められていた才能が開花する様にメキメキと上達、氣志團のボーカル綾小路翔さんに「ぶっ飛んだ」と言われるほどの腕前となります。

その後も齋藤飛鳥さんはドラムを続けています。現在でも乃木坂46のコンサートなどでその腕前を披露することがありファンを大いに盛り上げます。

女優やモデルとしての活動も開始

高校生なった齋藤飛鳥さんは、モデルや女優など一気にその活躍の場を広げました。高校2年生だった2015年には女性ファッション誌「CUTiE」の創刊以来初となる専属モデルに抜擢されています。

女優としては、高校3年生だった2016年7月に単発ドラマとして放送された「少女のみる夢」では自身初となる主演を飾りました。

齋藤飛鳥の出身はどこ?家族構成は?

ここまで齋藤飛鳥さんの子役時代の経歴やその後の学歴などについて見てきました。ここからはさらに、齋藤飛鳥さんの出身や家族構成についても見ていきます。

齋藤飛鳥の出身地は東京?

齋藤飛鳥さんの出身は東京都葛飾区です。日本人の父とミャンマー人の母の間に生まれ、中学までを地元の学校へ通っています。

齋藤飛鳥の家族構成は?

齋藤飛鳥さんの家族構成は、日本人の父、ミャンマー人の母、そして上に2人の兄がいるそうです。齋藤飛鳥さん曰く父は「少し女性っぽいところがある」との事でラメ入りのマニュキアやキラキラな指輪が好きとの事。

ミャンマー出身の母はとても明るく陽気な人で、齋藤飛鳥さんを溺愛して少し甘やかし気味なところもあるのだとか。

兄の1人はそんな母に似てとても明るい性格、もう1人の兄は大人しく控えめな性格をしているそうです。この2人の兄との兄妹仲はとても良いという事でした。

齋藤飛鳥が小顔すぎる!マスクで顔が覆われる?

テレビでよく目にするようになった齋藤飛鳥さんのマスク姿。普通のマスクを着用すると、顔面がすべてマスクで覆われてしまうほどの小顔っぷりが話題となっています。

「徹子の部屋」では、顔面をマスクで覆った齋藤飛鳥さんと乃木坂メンバーというシュールな映像が話題に。齋藤飛鳥さんのマスク姿に、黒柳徹子さんも顔の小ささに驚き笑いを見せていました。

また、「有吉THE夜会」では「膝小僧くらいの顔の大きさ」だとイジられていました。齋藤飛鳥さん自身も「自分に合うマスクがない」と語っており、普段はマスクを使用していないようです。

NEXT:おうち時間はNetflixを満喫!英語が上達している?
1/2