吉高由里子の胸のカップ数やスリーサイズは?大胆ヌードがすごい エンタメ

吉高由里子の胸のカップ数やスリーサイズは?大胆ヌードがすごい

若いうちから実力派女優と評価が高い吉高由里子さん、作品にこだわり大胆な濡れ場も厭わず、これまでエロチックなヌードシーンをふんだんに披露してきています。きれいな裸、とくにおっぱいはとても魅力的と話題になっています。そんな吉高さんについて、詳しくお話ししましょう。

目次

[表示]

吉高由里子のプロフィール!身長や体重は?

吉高由里子さんは、1988年7月22日生まれの31歳、東京都の出身です。血液型はO型で、身長は158cm、体重は不明ですが50kg台前半と推定されています。

2004年高校1年生の時に原宿でスカウトされて芸能界入りし、同年ゲームやチョコレートのCMに出演し、翌年には映画デビューをはたし、「紀子の食卓」で第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しています。

吉高さんは08年に、芥川賞小説を映画化した蜷川幸夫監督作品「蛇にピアス」に主演し、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞に加え、ブルーリボン賞新人賞ほかを受賞し、一躍演技派女優の地位を確立しました。

吉高由里子の胸は大きい?小さい?

吉高由里子さんは「蛇にピアス」で、惜しげもなく胸をあらわにしたヌードシーンが話題になりました。

吉高由里子のカップ数・スリーサイズは?

吉高由里子さんの注目の胸ですが、カップ数は公表されていないため、スリーサイズと画像から推測した記事が出ています。彼女のスリーサイズは、バスト85cm、ウェスト63cm、ヒップ88cmとなっています。

画像から割り出したアンダーバストのサイズを67cm~71cmと見て、平均的な日本人女性のサイズより大きい、CカップからDカップと推定しています。吉高さんのスリムな身体が胸の豊かさをより強調しています。

吉高由里子のおっぱいがどんどん巨乳化している?

吉高由里子さんは、2013年には話題のフジテレビ月9「ガリレオ」の第二シーズンで、ヒロイン役の警部補岸谷美砂を演じます。毎回の入浴シーンでは見えないことで、より豊かさを想像させてくれました。

17年の日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」では、吉高由里子さんは主人公の売れない脚本家の役で出演しています。この作品では胸の谷間を見せつけるシーンが、大変話題となりました。

そして18年の第41回日本アカデミーショー授賞式では、主演女優賞候補となった吉高さんのファッションは、ノーブラの胸を強調する黒いドレスでした。まだまだ進化の途中と、おっぱいをアピールしていました。

吉高由里子は男性スタッフに自分のヌードのどこが好きか聞くドSキャラ?

吉高由里子さんは、根が明るいドSキャラで有名です。特に男性スタッフに向けた攻撃がそれを表しています。撮影に合間に男性スタッフの胸を揉んでは1人盛上っている事は日常茶飯事だといいます。

お酒が入ると更にエスカレート、正にドSの権化と化します。男性スタッフの乳首を触りまくり、どんどん攻撃的になっていくそうです。なんと自分のヌードの評価をこれでもかと聞いて困らせるのだとか。

それからセックスの話題です。自分が最近したことを告白してから、相手構わずどんなセックスしたとか、体位や責められ方などや、良かったかどうかも根掘り葉掘り聞いていくといいます。

吉高由里子の胸がさらに巨乳化し話題に?

吉高由里子さんは2020年1月からスタートしたドラマ「知らなくていいコト」で週刊誌の記者役として主演を務めました。冬ドラマということもあり、厚着の衣装が多い中で、吉高由里子さんの胸に注目が集まったのです。

吉高由里子さんは茶室で茶道を習うシーンでは、白のブラウスを着用していました。首元がつまったブラウスを着ているのにも関わらず、胸が強調され、以前よりも胸が大きくなっていると指摘が相次いだのです。

ドラマの中で、吉高由里子さんの胸が気になってしまう方が多くいたようです。

吉高由里子の巨乳化にまた脱いで欲しいとの声が続出!

そして、この吉高由里子さんの胸が巨乳化していることをうけて、またヌードが観たいと思っているかたが多くいたようです。吉高由里子さんが体当たりで挑むヌードシーンに期待が寄せられています。

吉高由里子は女性の胸をわしづかみにするいたずら好き?

吉高由里子さんは女性の胸をわしづかみにするいたずら癖があるという噂がでました。この真相を日本テレビ系「PON!」に出演した時に、質問されてこの噂を認めたのです。

噂の真相を追及された吉高は、笑顔で「していた時期がありましたね。幼稚園からやってます」と認め、共演者の胸もわしづかみにしていたことがあると認めた。

(引用元:サンスポ)

吉高由里子さんはいたずら心でこの行動をしていると明かし、共演者たちからは「ちょっとおかしい」とこの癖について疑問を投げかけられていました。

吉高由里子の女優魂がすごい!ヌードやセックスシーンにもこだわりが?

吉高由里子さんは若くして演技派女優の名声を獲得していますが、それは彼女の貪欲なまでの女優魂がなせる業なのです。

「蛇にピアス」の監督・蜷川幸雄に裸をチェックさせたエピソードが話題!

2008年の蜷川幸夫監督作品「蛇にピアス」の主演女優を射止めた吉高由里子さんは、その翌日に交通事故に遭いあごの骨を折る、全治6ヶ月の重傷を負いました。この入院を転機に女優魂に火が点きました。

吉高さんは衣装合わせの時に蜷川監督に向って、映画では裸のシーンが多いのに「裸を見ないで撮れるんですか?」と発言しました。「じゃ見せて」と監督が言うと、吉高さんは躊躇無く素っ裸になりました。

これには蜷川監督の方が狼狽気味となり、「大丈夫、撮れる、撮れる」と言ったそうです。

吉高由里子は監督・蜷川幸雄に「小さいけどいいですか?」と聞いていた

この衣装合わせで吉高由里子さんが胸を蜷川監督に見せたときに、「小さいですけどいいですか?」と聞いていたこともわかりました。

吉高由里子さんは自分のありのままの姿をさらけだすことで、撮影にも躊躇なく挑めたのです。真正面からさらけだすことで、吉高由里子さんの女優としての真剣さがわかるエピソードです。

乳首まで出した大胆えろヌードや濡れ場を披露し様々な賞を受賞した

「蛇にピアス」では吉高由里子さんは、次々に大胆なヌードや濡れ場を見せてくれます。特に乳首まで出して熱演する高良健吾さんとの濡れ場は、見る者に強烈な印象を与えるシーンでした。

吉高さんの好演も手伝って、「蛇にピアス」この作品は高く評価されました。その結果、第51回ブルーリボン賞新人賞、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞、第18回日本映画批評家大賞新人賞を受賞しています。

「検察側の罪人」では二宮和也とのセックスシーンに不満?

最近の作品、2018年の原田眞人監督による「検察側の罪人」に、吉高由里子さんは嵐の二宮和也さん演じる新人検事の立会事務官役で出演しています。やがて二人は恋仲となります。

原作と違って映画では淡白なラブシーンになっているのは、二宮さんのファンからの意向を最大限考慮した結果のようです。映画ではキスシーンから一転、2人がシーツを羽織っているシーンへ切り替り、話しをはじめます。

これには吉高さんが物足りなかったようで、「あんなの濡れ場じゃない」と一蹴したとの事です。自他共に認める演技派女優からすれば、当然の発言でしょう。

かわいい小悪魔!吉高由里子のエロかわ画像集

吉高由里子さんの魅力は、はじける笑顔とは対照的な表情を持っている事です。少し不機嫌な感じと小悪魔のようなエロかわ画像を紹介します。

笑顔がたまらない

屈託のない笑顔は、それだけでひきこまれてしまいますね。

アヒルくちびる

アヒルくちびるは、ちょぴり不満な表情がよいですね。

ドレス姿

やっぱりドレス姿は、大人の女性を強調しますね。

NEXT:セクシーな画像
1/2