齋藤飛鳥はミャンマーとのハーフ?本名や国籍は?青学生とLINE エンタメ

齋藤飛鳥はミャンマーとのハーフ?本名や国籍は?青学生とLINE

乃木坂46の次世代エースとも期待されている大人気メンバー齋藤飛鳥さん。実は齋藤飛鳥さんはミャンマー人の母親を持つハーフアイドルだそうです。今回は齋藤飛鳥さんのハーフエピソードに加え、家族や兄弟について、また齋藤飛鳥さんの学歴についてもまとめていきます。

目次

[表示]

齋藤飛鳥はハーフなの?母親がミャンマー人?

国民的アイドルグループ乃木坂46の中心メンバー・齋藤飛鳥さんはそのキュートでどことなくエキゾチックな雰囲気で絶大な人気を示しています。

実は齋藤飛鳥さんは母親がミャンマー人のハーフアイドルなのだそうです。ここでは齋藤飛鳥さんのハーフに関するエピソードを詳しく紹介します。

齋藤飛鳥のプロフィール

  • 生年月日:1998年8月10日
  • 出身地:東京都
  • 身長:158cm
  • 血液型:O型

齋藤飛鳥さんは2011年、乃木坂46の第1期メンバーオーディションに合格しアイドルデビューを飾りました。齋藤飛鳥さんは当時13歳の中学1年生で合格メンバーの中でも最年少でした。

2012年発売の3rdシングルのカップリング曲「海流の島よ」でセンターに選ばれるなど、早い段階でファンからの人気を集め、中心メンバーへと成長していきます。

2016年に発表した初のソロ写真集「潮騒」は、女性ソロ写真集の週間売り上げで歴代2位を記録する大ヒットとなっています。2019年8月現在も乃木坂46の中心メンバーとして活躍を続けています。

齋藤飛鳥はミャンマー人の母と日本人の父をもつハーフ!

そんな齋藤飛鳥さんは、日本人の父・ミャンマー人の母との間に生まれたハーフアイドルです。あの魅力的な大きな目やはっきりとしたエキゾチックな雰囲気はミャンマーの血が関係しているようです。

ミャンマー人は日本人と顔立ちが似ている

ミャンマーは東南アジア、中国とタイに国境を接した国で、顔立ちは日本人によく似ています。またスタイルがよく小顔で、彫りが深い顔立ちをしているため美人が多いともされています。

齋藤飛鳥の幼少期の画像は?

そんな齋藤飛鳥さんの幼少期の画像がこちらです。子役としてデビューしていたら大人気になっていたのでは?と感じるほど可愛らしい顔立ちです。その後大人気アイドルとなったのも頷けますね。

齋藤飛鳥の本名は?

「齋藤飛鳥」という名前はかなりカッコいい印象を受けますが芸名なのでしょうか?本名はミャンマーの名前なの?という疑問もあり調べてみましたが、どうやら齋藤飛鳥は紛れもない本名という事でした。

齋藤飛鳥さんのイメージともぴったりな名前で、両親のネーミングセンスを感じます。

齋藤飛鳥の国籍は?

齋藤飛鳥さんはミャンマーと日本のハーフという事で気になるのは国籍です。ミャンマーの法律ではミャンマーと外国人との間に生まれた子供はミャンマーの国籍は取得できない事になっています。

したがって齋藤飛鳥さんは自動的に日本国籍となっていると思われます。

齋藤飛鳥の家族はどんな人?兄弟はいる?

齋藤飛鳥さんはミャンマー人のお母さんを持つという事で、その家族についても興味が湧いてきます。ここでは、齋藤飛鳥さんの両親や兄弟など、その家族についても詳しくみていきます。

母親は陽気で齋藤飛鳥とは正反対!?テレビに出演したことも?

実は齋藤飛鳥さんの母親は「齋藤飛鳥の陽気な母」として何度かテレビで紹介されています。

番組などで紹介された齋藤飛鳥さんのお母さんは、片言の日本語を話しながらハイテンションで踊ったりもするため、齋藤飛鳥さんの性格とは正反対だとファンの間で話題になっています。

齋藤飛鳥さんといえば、ファンに向かってきつい一言を発する暴言キャラとしても注目されているため、陽キャラのお母さんとは正反対との印象を持たれてしまったようです。

齋藤飛鳥の父親は亡くなっている?

齋藤飛鳥さんの父親は日本人だという事ですが、ネット上では既に亡くなっているという噂があるようです。

しかし齋藤飛鳥さんは、番組などで父親のエピソードを楽しそうに語る場面があるため、これは単なる噂で、現在も元気に存命されている可能性が高そうです。

ちなみに齋藤飛鳥さんは、父について「ちょっと変な人」とコメントされています。なんでも少し女性的一面があるという事で、キラキラ指輪が好きだったり、ラメのマニキュアを塗ったりしているのだといいます。

齋藤飛鳥には兄が2人いる!

齋藤飛鳥さんには2人の兄がいる事が判明しています。1人は母に似てとてもハイテンションで明るい性格の兄で、もう1人は反対に物静かで落ち着いた雰囲気の兄なのだそうです。

ちなみに、この兄の2人にも名前に「鳥」の字が入っているのだそうです。また、齋藤飛鳥さんとの兄妹仲はとても良いことも明かされています。

齋藤飛鳥の家庭の味が驚き⁉︎

そんな齋藤飛鳥さんの愉快そうな家族ですが、実は実家で出される家庭料理が衝撃的な事も話題になりました。

なんとお母さんの定番料理は白いご飯にカップラーメンをそのままかけて、それにポテトチップスをトッピングしたものなのだそうです。ちなみにこの時かけるポテチはのり塩がオススメだそうです。

これはミャンマーの国民食「モヒンガー」をイメージしたとされますが、あまり似ている感じはしません。齋藤飛鳥さんの実家では毎週日曜の昼ご飯には、このラーメンぶっかけ飯を家族全員で食するのだそうです。

齋藤飛鳥の学歴は?出身中学や高校はどこ?

続いては、齋藤飛鳥さんの出身中学や高校など、これまでの学歴について詳しく紹介します。

齋藤飛鳥の出身中学は葛飾区立双葉中学校?

齋藤飛鳥さんの出身中学は「葛飾区立双葉中学校」だと言われています。中学時代の齋藤飛鳥さんは、吹奏楽部でサックスやクラリネットに取り組んでいたそうです。

学校は小学生の頃からやっていて中学でも続けようと思っていたようです。しかし、中学1年ですぐに乃木坂46への加入が決まったため忙しくなり、部活は退部せざるをえなかったのだそうです。

齋藤飛鳥の高校は日出高校

齋藤飛鳥さんは中学卒業後「日出高校(現在の目黒日本大学高校)」の通信制へと進学しているようです。

これは乃木坂46の人気が急上昇したため、高校に通っている暇がなかったため通信制の高校を選択したという事のようです。

2019年4月からは目黒日本大学高校へ?

日出高校は2019年4月から「目黒日本大学高校」と名前を変えています。しかし、その前に齋藤飛鳥さんは高校を卒業しているため、目黒日本大学高校へは通っていません。

齋藤飛鳥の卒アル画像はある?

齋藤飛鳥さんの中学時代の卒アル画像が流出しています。既に乃木坂46としてデビューした後の写真なので当たり前ですが、アイドルとしての齋藤飛鳥さんそのものですね。

齋藤飛鳥は大学には進学していない

齋藤飛鳥さんは大学への進学はされていません。アイドルとしての人気が上昇し続けているため芸能活動に専念したいという気持ちなのでしょう。今後の活躍も楽しみです。

青学生じゃないのに学祭出演して騒動に!

乃木坂46ファンの間では有名な「青学事件」というものがあります。これは青山学院大学の学祭に乃木坂46のメンバーが事務所を通さずに参加し、露店でチョコバナナの販売などしていた事が発覚した事件です。

この時参加していた乃木坂メンバーの中には齋藤飛鳥さんもいました。その後、青学の男子学生とこの「青学事件」に関与した乃木坂メンバーのグループラインの画像がネットに流出し騒ぎが大きくなります。

さらに齋藤飛鳥さんはブログにて「ウインくしましたけどなにか?(ラインしましたけどなにか?と読める)」という画像をあげてファンを挑発したのです。これには流石にファンも激怒します。

その1週間後、青学祭参加メンバーの1人、深川麻衣さんがブログで謝罪した事でなんとか沈静化していますが、なんとも後味の悪い事件となってしまったのでした。

齋藤飛鳥はゴミと言われている?理由は?

齋藤飛鳥さんが裏で「ゴミ」と呼ばれているとの噂があります。どうやら齋藤飛鳥さんに熱心なファンが多い一方でアンチファンも多い事が原因となっているようです。

齋藤飛鳥さんは普段から毒舌を吐くキャラで知られているため、これを快く思わないファンも一定数存在するようで「乃木坂46の品位を落としている」と行った批判的な意見も見られます。

また、缶詰を開けられない、洋服を選べない、母に食事を口に入れてもらうなどのポンコツエピソードから「顔にスキルを全振りして他の能力が全てゴミになった」という辛辣な意見も存在するようです。

齋藤飛鳥がミャンマーをひとり旅?親戚との再会も

2016年15thシングル「裸足でSummer」で表題曲としては初のセンターに抜擢された齋藤飛鳥さんは、そのヒット祈願のためにミャンマーのパワースポット目指して一人旅に挑戦しました。

旅の目的地は壮麗な寺院「シュエダゴン・パゴダ」とパワースポットとして知られる仏塔「ゴールデンロック」でした。齋藤飛鳥さんはミャンマー語は全く話せないため、苦労しながら目的地へたどり着きます。

齋藤飛鳥さんは「シュエダゴン・パゴダ」では様々な祈願に挑戦しシングルのヒットを祈願。「ゴールデンロック」では険しい参道を登ってたどり着き境内へ、その壮大な姿に思わず感動した様子を見せました。

ミャンマー料理は口に合わなかった?

番組では、齋藤飛鳥さんはミャンマー最大の都市ヤンゴンの人気レストラン「モンスーン」で本格的なミャンマー料理に挑戦しています。

齋藤飛鳥さんが注文したのはバター豆のスープとカレー、麺の入ったサラダの3品でした。スープには「台湾についた瞬間の匂いの味」というよくわからない感想をコメントします。

カレーについてはかなり油っぽいため、具の肉だけを食べていました。また、麺の入ったサラダには「辛い」とだけコメント、どうやら本格ミャンマー料理は口に合わなかったようでした。

親戚登場のサプライズも!

幼い頃にはミャンマーに何度か訪れているという齋藤飛鳥さん、このミャンマーひとり旅のラストでは、空港にミャンマーの親戚が会いに来てくれるというサプライズが用意されていました。

齋藤飛鳥さんの前に現れたのはお母さんの姉と妹(齋藤飛鳥さんの叔母)と母の妹の夫の3人でした。齋藤飛鳥さんはその日誕生日という事でネックレスをプレゼントされ感動した様子でした。

叔母さんたちは齋藤飛鳥さんからCDをプレゼントされ涙ぐむ場面も、この様子に視聴者からは「なんかいいな」「泣いた」など感動したというコメントが多く寄せられました。

齋藤飛鳥の可愛い顔立ちはミャンマー由来!国籍は日本だった!

今回は乃木坂46の次期エースとも期待される齋藤飛鳥さんについてまとめました。齋藤飛鳥さんはミャンマー人のお母さんを持つハーフで、その可愛い顔立ちはミャンマーの血が関係していたようです。

そんな齋藤飛鳥さんの母はとても明るく陽気な性格で齋藤飛鳥さんも大好きな様子でした。また、齋藤飛鳥さんには2人の兄がいてとても仲がいいことも明らかになりました。

気になる国籍については、ミャンマーの法律では外国人との子供は国籍を取れないということで、自動的に齋藤飛鳥さんは日本国籍となっているはずです。今後も齋藤飛鳥さんを応援していきましょう。