ジミー大西は絵の天才!絵画の販売価格や年収は?画家をやめていた? エンタメ

ジミー大西は絵の天才!絵画の販売価格や年収は?画家をやめていた?

ジミー大西さんは、上岡龍太郎さんに絵の天才と褒められたり、作品を見た岡本太郎さんからの勧めもあって画家に転向しました。年収は多いときで1憶円だったともいわれています。ジミーさんの絵画はオークションでも販売しています。そんなジミー大西さんについて紹介します。

目次

[表示]

ジミー大西のプロフィール

ジミー大西さんは、1964年1月1日生まれ、大阪府八尾市出身のお笑い芸人・画家です。

ジミー大西さんは運動神経があって、少年野球の八尾フレンドに所属していて、4年後輩に桑田真澄さんがいます。その後スポーツ推薦で大商大堺高校に進学しています。

高校を卒業してからは、成績の悪さから就職先が見つからず、先生から吉本興業に勧められアルバイトとして吉本興業に入社し、明石家さんまさんの運転手をしながら一発ギャグが売れるようになりました。

現在、ジミー大西は絵を描くのをやめてしまった⁉︎

Skitterphoto / Pixabay

ジミー大西さんは、1996年頃から尊敬する上岡龍太郎さんに絵を褒められたり、岡本太郎さんからの勧めもあって、絶頂期だった芸人の道から画家に転向しました。

しかし、ある事情によって現在は画家を辞めてしまったようですが、その事情とは何なのかを紹介します。

絵描きをやめた理由はお金⁉︎

QuinceMedia / Pixabay

ジミー大西さんは、画家に転向してからはその才能が認められ、さぞかし稼いでいると思われていましたが、最近はそれほど稼いでなかったことが判明しています。

ジミー大西さんは何時間も絵を描いていますが、時給に換算すると350円くらいしかならないことが分かり、そこで筆を全部折ってしまったのだそうです。

映画「Jimmy」は借金返済のために企画された映画だった?

映画「Jimmy アホみたいなホンマの話」は明石家さんまさんが企画・プロデュースしたNetflixオリジナルドラマですが、このドラマはジミー大西さんの借金返済のために企画されたものでした。

さんまさんは、インタビューの中で「ジミー大西さんの借金返済のために企画したのですか」の答えに「きっかけは、そうです」と答えていますから間違いないでしょう。

「Jimmy アホみたいなホンマの話」は2018年7月20日から190カ国で配信され、主演を中尾明慶さんと玉山鉄二さんが務めています。他には佐藤浩一さん、池脇千鶴さん、生瀬勝久さんら共演しています。

過去には絵を描くのがしんどいとも発言していた

StockSnap / Pixabay

ジミー大西さんは、2015年のインタビューで、「最近は絵を描くのがしんどい。前は達成感があったけど、もう疲れてきている」といった内容で答えています。また、以下のような発言もあります。

「もちろん評価されたり、賞をもらえたりしたらうれしい。でも、デッサン力のない自分が寂しくなりますね。自分より上手い人はいっぱいいるのにこれでいいんかな?悪い事してるなって。人物画とかを描けるようになったら、ちいとは胸を張れるんかなと思うんやけど、今は自分が持っている技法なり世界観なりで、新たに挑戦していこうという意気込みしかないですね」

(引用:zakzak by夕刊フジ)

絵をやめた後、ジミー大西の活動は?芸人やめる発言も⁉︎

qimono / Pixabay

絵を描くのを辞めたあと、ジミー大西さんは昔のように芸人として活動を始めるのでしょうか。

その事について、お笑い芸人の岡本隆史さんがラジオ番組の中で、ジミー大西さんが吉本を辞めるという噂があるとことを明かしました。

また、このことをジミー大西さん本人に会うことができたので確認したところ、芸人を辞めて本気で違う仕事をしたいと語っていたそうです。

ジミー大西は絵の天才!絵画作品集

ジミー大西さんの絵を紹介しますが、タイトルは残念ながら分かりません。

メインはキリンと虎でしょうか?動物が基本的に描かれています。

小児医療センターに飾られてあるジミー大西さんの描いた立体絵画です。

何をイメージしているのかは分かりませんが、鳥の羽を持った生き物が描かれています。

青いライオンがメインですが、珍しく人間も描かれています。

魚の中に色鮮やかな動物や昆虫が描かれています。固定観念がないのところがジミー大西さんの絵の魅力となっています。

ジミー大西さんの絵の特徴である動物たちメインの絵画です。

どちらかといえば珍しいジミー大西さんの建築物の絵です。

配色が鮮やかでまとまりのある絵になっています。

ジミー大西さんらしいといえる絵で、動物たちでまとめられています。

躍動感を感じさせるジミー大西さんの絵です。

珍しく女性や人が描かれている絵ですが、やはりメインは動物のようです。

ピンク色を主体とした珍しい配色の絵になっています。

ジミー大西さんの絵には花が多く描かれていますが、この絵もそうです。

バイクがメインでしょうか?コミカルな印象をあたえる絵になっています。

ジミー大西の絵画の販売価格は?年収がヤバい!

stevepb / Pixabay

ジミー大西さんが画家として絵を描いていた頃、絵の販売価格はどれくらいだったのかを調べたところ、例えばボージョレヌーボーのラベルを手掛けたときは、数百万円で取引されていたことがわかっています。

また、ジミー大西さんの年収などを調べてみました。

ジミー大西の絵は、100万円単位の高額作品も?

以前に「ダウンタウンDX」でジミー大西さんの絵を鑑定したところ、100万円以上の鑑定結果がでていました。中には200万円の価値があるものもあるそうです。

一時期は年収が億を超えていた?

そんなジミー大西さんの当時の年収はどれくらいあったのか?興味がありますが、当時は億を超えていたともいわれています。

しかし、画家は波のある仕事ですから当時のジミー大西さんがどれくらい稼いでいたのか、はっきりした数字は分かっていません。最近では年収600万くらいとする情報もあります。

2018年に明石家さんまさんが企画したドラマ「Jimmy アホみたいなホンマの話」がジミー大西さんの借金返済のためと、さんまさん自身が明かしていることから、少なくとも当時の稼ぎは残っていないようです。

絵はネットオークションでも買える?

kaboompics / Pixabay

ジミー大西さんの絵はオークションでも買えるようで、だいたい5万円前後から20万円で取引されていますが、中には3万円台で落札されているものもあります。

ジミー大西さんの絵が好きな人は、オークションで気にいた絵を購入できる可能性もありますから、チェックしてみてもいいかもしれません。

ジミー大西はサヴァン症候群だった?嗅覚もすごい?

MarionF / Pixabay

ジミー大西さんは、実はサヴァン症候群だったともいわれています。サヴァン症候群とはどんな病気なのか、ジミー大西さんの嗅覚についても紹介します。

サヴァン症候群とは?絵の天才が多い?

johnhain / Pixabay

サヴァン症候群とは、脳になんらかの障害を持って生まれたことで、ある特定の事柄において、天才的な才能を発揮することをいいます。

サヴァン症候群には絵の天才が多いといわれています。他には特定の事に対しての記憶力などが優れています。

1度見たものを細かい部分まで記憶していて、その記憶を基にそのまま再現できる能力持っている人もいます。

ジミー大西はサヴァン症候群といわれている

ジミー大西さんが知的障害や発達障害を持っているとは断言できませんが、絵の才能があることから、サヴァン症候群ではないかといわれています。

絵以外にも才能が!警察犬以上の嗅覚を持っている?

ernestoeslava / Pixabay

以前、バラエティ番組の企画で、下着泥棒の犯人の匂いをかぎ分けられるか、ジミー大西さんは警察犬と勝負することになりました。

その結果、予想を外れジミー大西さんが警察犬に勝利しました。また、その結果に警察側から吉本興業に対し「警察の信用問題に関わるから放送をしないでほしい」といった要望があったといいます。

そのこともあって、残念ながらこの企画はお蔵入りとなってしまったという経緯があります。それにしても警察犬に勝てるジミー大西さんの嗅覚がいかにすごいかが分かる話です。

ジミー大西は性サービス店経営のために芸能界を引退?

geralt / Pixabay

ジミー大西さんが芸人を辞めるといわれていますが、その理由が性サービス店を経営するためだともいわれています。その噂の真相を見ていきます。

岡村隆史が聞いたジミー大西の証言とは?

2019年2月14日放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で岡村さんは、ジミー大西さんが吉本興業の退社を決断していることを明かしました。

ジミー大西さんが岡村さんに話した内容とは、吉本興業を辞めて性サービス店をやるというものでした。

また、この話は東野幸治さんにも話していたようで、性サービス店をやるとなったら吉本に迷惑をかけるかもしれないから吉本はもう辞める気持ちになったそうです。

性サービス店をやりたい一番の理由が面接をしたい?

Tumisu / Pixabay

ジミー大西さんが性サービスの経営をすることを聞いた岡村さんは、「店に行くだけにしといたほうがいいと思いますよ」とアドバイスしました。

岡村さんとの話の中では、ジミー大西さんは性サービス店をやりたい一番の理由が面接をしたいというものでした。

そもそもジミー大西には資金がない?

stevepb / Pixabay

ジミー大西さんが性サービス店を経営するといいますが、そもそもジミー大西さんには店を立ち上げる資金がないというのが現状だといわれています。

ジミー大西さんが借金まみれだったことで、明石家さんまさんがドラマを企画して借金返済の手助けをしたという経緯があります。

ですから、ジミー大西さんは性サービス店の経営は実現しないかもしれませんし、吉本興業を辞めるという話しも消滅する可能性もあります。

ジミー大西は今後どうなるのか?

芸人のジミー大西さんは、1996年頃から尊敬する上岡龍太郎さんに絵の天才と褒められたり、作品を見た岡本太郎さんからの勧めもあって、絶頂期だった芸人の道から画家に転向しました。

ジミー大西さんの年収は多いときで1憶円だったともいわれています。ジミー大西さんの絵画はオークションでも販売していて、だいたい5万円前後から20万円で取引されているようです。

以前番組で、下着泥棒の犯人の匂いをかぎ分けられるか警察犬と嗅覚の勝負をし、警察犬に勝利しました。そんなジミー大西さんが芸人を辞めるそうですが、あの天然ボケを見たい人はたくさんいるはずです。