弘田三枝子の顔がまるでホラーだと話題に!原因は過剰な整形? エンタメ

弘田三枝子の顔がまるでホラーだと話題に!原因は過剰な整形?

弘田三枝子さんは、「人形の家」のリリースから整形を始めましたが、その後は整形の失敗で化け物になったという酷評もあります。デビュー当時は一重か奥二重の目でしたが、1969年には、くっきりとした二重になっています。そんな弘田三枝子さんの整形の遍歴などを紹介します。

目次

[表示]

整形中毒?歌手弘田三枝子の顔の変化が凄い

歌手の弘田三枝子さんの顔が毎回違っていることで、整形中毒?と言われていますが、どうしてそうなったのかなどを調べてみました。

弘田三枝子のプロフィールと現在の画像!

弘田三枝子さんは、1947年2月5日生まれ、東京都世田谷区出身の歌手です。

小学生時代から進駐軍のキャンプでポップスなどを歌っていました。当時同じ進駐軍で歌っていたのが伊藤ゆかりさんでした。

弘田三枝子さんは、1961年の14歳の時に、東芝音楽工業から「子供ぢゃないの」でデビューしています。また、1962年に発売された「ヴァケイション」が20万枚のヒット作となりました。

14歳で歌手デビュー!デビュー当時の写真は?

弘田三枝子さんは、14歳の時にデビューしていますが、当時の写真がありましたので紹介しました。もちろん整形前の写真ですが、現在では当時の面影はほとんどありません。

変化が見え始めたのは1969年、ヒット曲「人形の家」あたり

弘田三枝子さんは、日本コロムビアへ移籍しポップスからR&Bという新たなジャンルに挑戦していましたが、1966年頃から売れなくなってきました。

その後、広田さんの古いイメージを払拭し、1969年に「人形の家」でカムバックし、第11回日本レコード大賞の歌唱賞を受賞しました。

「人形の家」は、弘田三枝子さんのヒット曲となりましたが、この頃から弘田さんの顔は変化していきました。

何度も整形を繰り返したのは顔へのコンプレックスが原因?

johnhain / Pixabay

ネットでは、弘田三枝子さんが整形を始めた「人形の家」くらいでやめておけばよかったけど、今は化け物になってしまったという酷評もあります。

また、弘田三枝子さんが整形を繰り返した原因に、自身のコンプレックスがあるのでは?ともいわれています。同世代のタレントである辺見マリさんや、ちあきなおみさん達への対抗心があったのかもしれません。

疑惑に関する美容整形外科の第一人者、高須克弥氏の見解

美容整形外科の第一人者、高須克弥さんは、ツイッターで弘田三枝子さんの整形について、下記のように綴っています。

「美容外科にはプライバシーの時効はありません。」

(引用:Twitter)

ツイッターなどでは整形は失敗との声も聞こえるが…

Tumisu / Pixabay

弘田三枝子さんの整形について、ツイッターなどで「人形の家」までは整形はうまくいっていたが、その後は失敗だという声が多いようです。

中には「マイケルジャクソンみたいだ」という声もありますが、弘田さんは整形を重ねてきたマイケルジャクソンと重なって見えるのでしょう。

弘田さんは現在72歳ですが、顔に皺がなくそのことが逆に不自然に見えるといわれています。顔の皮膚を吊り上げ過ぎて、表情もなくなったことで能面のようにも見えるという声もあります。

関連記事はこちら

弘田三枝子の整形疑惑①目

StockSnap / Pixabay

弘田三枝子さんの整形疑惑を部分的に検証してみますが、まず目からみていきます。

デビュー当時は一重ないし奥二重でつぶらな瞳をしていた

弘田三枝子さんが、14歳でデビューした頃は一重か奥二重のつぶらな目をしていました。当時としても一般的な和風の顔立ちといっていいでしょう。

1969年、人形の家をリリースにあたりくっきりとした二重に

デビュー当時はつぶらな目だった弘田三枝子さんは、1969年に「人形の家」をリリースしたと時には、くっきりとした二重になっていました。

そして、目だけではなく鼻も高くなって、フランス人形にような顔立ちに変化していました。

同時に猛烈なダイエットも行っていた

stevepb / Pixabay

弘田三枝子さんは、明らかな顔の整形をしたことでけでなく、当時はダイエットも行っていました。

目の変化が分かる比較画像

弘田三枝子さんの整形で目が変化しているのがわかる比較画像を紹介します。この画像からもわかるように、疑いようのない整形した目となっています。

弘田三枝子の整形疑惑②鼻

Ultra_Nancy / Pixabay

弘田三枝子さんの顔の整形は、鼻の変化にも表れていますが、どのように変化したのか比較画像を紹介しながらみていきます。

デビューしたての頃は団子鼻だった

弘田三枝子さんのデビュー当時の鼻は、小鼻がしっかりとした団子鼻でした。

人形の家で鼻筋が通った事が確認される

弘田三枝子さんは、1969年のヒット曲「人形の家」で復活した時、目元と共に鼻筋が通っていることが分かっています。

この時の弘田三枝子さんの鼻は、以前の鼻とは随分違った印象になりました。

鼻の変化が分かる比較画像

「人形の家」で復活した弘田三枝子さんの鼻と、それまでの鼻との違いが分かる写真がありましたので紹介します。

62歳の頃の画像で更に鼻の変化が確認される

弘田三枝子さんが62歳になった頃の画像では、さらに鼻の形が変化しています。

昔の写真に見る弘田三枝子の変化の遍歴

geralt / Pixabay

弘田三枝子さんの昔の写真と、その後の変化していく写真を紹介しながらその遍歴を見ていきます。

デビュー当時、整形前でまだあどけなかった弘田三枝子

デビュー当時、まだ14歳くらいだった弘田三枝子さんのあどけない画像を紹介します。

ダイエットと噂される整形で綺麗になった若い頃の弘田三枝子

最初に整形して綺麗になった頃の弘田三枝子さんの画像を紹介します。弘田さんは、整形と共にダイエットも行っていましたから、更にイメージが変化しています。

整形を繰り返している?1998年のCDジャケットの画像

51歳の頃の弘田三枝子さんは、1998年のCDジャケットの画像では、異様に厚化粧をした写真を使用していますが、それでも整形を繰り返していることがよくわかります。

顔面崩壊と呼ばれるようになっていった弘田三枝子

最近の弘田三枝子さんの顔を見て、ネット上では顔面崩壊とまで言われていました。

2016年、まるでマイケルジャクソンだと騒がれた弘田三枝子

2016年に放送された、テレビ番組「徹子の部屋」に出演したとき、弘田三枝子さんはまるでマイケルジャクソンだと騒がれていました。

現在の様子!2016年、徹子の部屋に出演した時の弘田三枝子

弘田三枝子さんは、2016年のテレビ番組「徹子の部屋」に出演していましたが、その時の弘田さんの顔を見た視聴者は衝撃を受けました。

徹子の部屋に出演時、美容整形を受けた人の特徴が多く見られた

弘田三枝子さんは、徹子の部屋に出演したとき、美容整形を受けた人の特徴が多く見られたと話題となっていました。

整形し始めたときの弘田三枝子さんは、その後さらに鼻の整形をしていて、鼻の形が全く違っていました。

徹子の部屋出演時のネットの反応

johnhain / Pixabay

ネット上では今回の番組で、弘田三枝子さんはミコちゃんと呼ばれて、注目されていました。ネット上では、今回はそこそこ見れるとの声もあったし、釈由美子さんの数十年後だとのコメントもありました。

年齢の割に皴がない顔に驚きの声。これでもマシな方との意見も

arembowski / Pixabay

弘田三枝子さんは、番組の出演時には69歳でしたが、年齢の割には全く皺がないことに驚きの声がありました。

しかし、ネット上では、弘田三枝子さんは見るたびに顔が変わっていて、オバケのような顔の時もあったから、その日の弘田さんは、それでもマシな方だとの意見もありました。

同番組であわや放送事故という場面も

弘田三枝子さんは、番組内で発声の練習法ということで、ヨガの呼吸法である「プラナヤーマ」披露しました。

弘田さんはまず、体をリラックスさせて6秒間息を吸ったあと、身体に力を入れながらうつむいてから更に12秒間して、唸るような声を出したあとまた息を止めました。

その間、両手を広げた状態で無表情の弘田さんと、それを無言で見ている黒柳徹子さんのツーショットが35秒も続きました。この光景を見た視聴者は放送事故だと思った人も多いのでないでしょうか。

NEXT:弘田三枝子が愛人の妻に刺された事件とは?
1/2