マスコミも報道しない?日本のタブー事件まとめ!未解決事件も?

日本では様々な事件が絶えなく発生していますが、中には「タブー」とされて報道されない事件も多くあることをご存知でしょうか?それは真犯人不明の未解決事件だったり、残虐すぎる殺人事件だったりします。今回はそんな日本のタブー事件史を、1つ1つ詳しくまとめました。

日本にはタブーな事件が数多く存在?

stux / Pixabay

日本には、「タブーな事件が数多く存在している」と言われています。ではそもそも、「タブーな事件」とはどんな事件のことを言うのでしょうか?

今回はそんな疑問を元にタブーとされた様々な事件、「日本のタブー事件史」について迫っていきたいと思います。

日本にはタブーな事件が存在している?

GiselaFotografie / Pixabay

日本では毎年数え切れないほどの事件・事故が起きていますが、その全てが報道されるわけではありませんよね。

凶悪な事件であるのに関わらず報道されなかった事件や、ある時めっきり報道が止んでしまった事件なども実際に存在します。

そんな事件は「タブー事件」と呼ばれることになるのですが、その理由は様々です。

なぜマスコミやメディアは取り上げない?

GiselaFotografie / Pixabay

ではなぜ、「表現の自由」が叫ばれる日本で、マスコミやメディアが取り上げない事件が存在してしまうのでしょうか?

その理由については事件によって様々ですので、以下で簡単にご紹介します。

  • あまりにも残虐・残忍すぎる殺害方法だった
  • 宗教色が強い事件だった
  • 皇室が関わっている事件だった
  • 著名人に関わる事件だった
  • 政治思想(右派・左派)に関連する動機だった

関連する記事はこちら

マスコミも報道しない?日本のタブー事件史!

stevepb / Pixabay

では、実際にマスコミが報道を嫌がった、または報道がめっきり止んでしまったというタブー事件の1つ1つを、詳しくご紹介していきます。

順番に見て頂くと分かると思いますが、残虐すぎる事件や宗教、著名人に関わる事件が多いようです。

井の頭公園バラバラ殺人事件

1994年4月23日、東京都三鷹市にある「井の頭公園」のごみ箱から切断された男性の遺体が発見されました。合計27個に及んだバラバラ遺体ですが、近くに住む一級建築士「川村誠一」であることが判明します。

その遺体は長さと太さが全て均等に揃えられ、指紋は削られ、血液は全て抜かれているという異様な状態でした。またバラバラ遺体のうち頭部が発見されなかったこともあり、死因については不明となっています。

被害者の川村誠一は事件2日前に元同僚と飲みに行き、新宿駅で別れたのが最後の足取りとなりました。有力な情報は特になく、2009年に時効を迎えています。

津山事件

1938年5月21日、岡山県苫田郡西加茂村(とまたぐんにしかもむら)の集落で、犯人の「都井睦雄」がわずか2時間で30人を殺害するという大量殺人が起きました。

犯人は手に改造した猟銃を持ち、腰に日本刀一振りと短刀二振りをさして次々と村人たちを殺していったのです。事件後、犯人は少し離れた峠の山頂で猟銃を使って自殺してしまいます。

動機について許嫁への嫉妬や不治の病を患っていたなどが挙げられていますが、村に夜這いの風習があり、女性関係が悪化したことが濃厚な動機であると言われています。

弘前大学教授夫人殺人事件

1949年8月6日の深夜、青森県弘前市に住む弘前医科大学教授「松永藤雄」の夫人が喉元を刃物で刺されて殺されました。警察は捜査の結果、近くに住む無職の男性「那須隆」を逮捕します。

逮捕のきっかけは彼が事件当日に着用していた白いシャツから夫人の血痕が発見されたからであり、本人も認めたため懲役15年の実刑判決が下されます。

ですが那須隆がとうに釈放された22年後の1971年、「須藤勲」という人物が真犯人として名乗り出たため、那須隆が冤罪だったと認められました。真犯人・須藤勲は別の罪で服役中でした。

なぜ那須隆は罪を認めたのか?

この事件について、警察の杜撰な捜査や那須隆への拷問のような暴力的取り調べが大きな批判を呼びました。またシャツに付着した血痕も、「血痕と断定できない」と主張した医者もいたといいます。

当時の警察や検察は、納得のいかない鑑定結果が出ると別の医師を雇い、「被害者の血痕反応あり」という結果が出るまで、再鑑定を繰り返していたのである。

(引用:フジテレビ 奇跡体験アンビリバボー)

三菱銀行人質事件

1979年1月26日、大阪市にある三菱銀行北畠支店に猟銃を持った「梅川昭美」が押し入り、30人以上の銀行員や客を人質に立てこもるという強盗・人質殺人事件が発生しました。

支店長と銀行員、警察官2人が射殺され、さらに女性を全裸にさせて肉壁にさせるなど、猟奇的な行動が目立ったといいます。

事件発生から42時間後、大阪府警察本部警備部第2機動隊「零」という中隊が犯人を射殺するに至りました。事件が起こった店舗は現在でも営業しています。

橋北中学校水難事件

1955年7月28日、三重県津市の中河原海岸で水泳訓練を行っていた橋北中学校の生徒達が次々と体の自由を奪われて溺れ、36人が溺死するという水難事故が起こりました。

訓練は7月18日から10日間行われ、参加生徒は合計で660人にも及んでいます。引率した教師は陸上勤務者も合わせて21人であり、教頭や校長も参加していたといいます。

最終日、女子生徒100人ほどがテストを開始したところ、一斉に溺れ始めて悲鳴が響き渡ったのです。医師や機動隊が駆け付けて懸命の救命処置をするも、36人が死亡しました。

なぜ大勢が一斉に溺れたのか?

この事故に関しては、心霊説が囁かれています。事故で助けられて一命を取り留めたある女子生徒が、「何十人もの女がこっちに向かって泳いでくるのを見た」と証言したことが始まりです。

信憑性のない話かと思いきや、ちょうど10年前の同じ日に空襲で大勢の人が命を落としたという情報がありました。今現在でも説明のつかない水難事故なのです。

附属池田小事件

2001年6月8日、大阪府池田市の大阪教育大学附属池田小学校に犯人「宅間守」が侵入し、持っていた出刃包丁で児童を次々と刺していったのです。児童8人が死亡し、児童13人と教師2人が負傷しました。

犯人は校長や他の教師に取り押さえられて現行犯逮捕され、2003年8月28日に大阪地方裁判所より死刑判決が言い渡されました。2004年9月14日に死刑執行されています。

事件についてマスコミは、犯人が精神病院に通院していることを大々的に報じたのです。そのため「精神病が事件の要因であると誤解されてしまう」ということを指摘され、大きな議論を呼びました。

ホテルニュージャパン火災

1982年2月8日、東京都千代田区にある「ホテルニュージャパン」で大規模な火災が発生し、宿泊客などを中心に33人もの死者、34人もの負傷者を出しました。

火災原因は938号室に泊まっていたイギリス人男性が寝タバコをしていたことでした。ですがここまで大規模な火災になったのは、オーナー「横井英樹」が経費削減を理由に災害・安全対策を行わなかった所にあります。

1993年11月25日、最高裁より業務上過失致死傷罪が言い渡され、禁固3年という実刑判決が下っています。

オーナーは鬼畜だった?

事件後、ある記者が横井英樹と被害者の娘が2人でホテルに入るところを直撃した際、「いくら欲しい?」ともみ消そうとされたことがありました。記者が拒否すると「事故に気を付けるんだな」と吐き捨てたといいます。

また、消防士に賄賂を渡そうとしていたことも暴露されているため、もしかしたら賄賂を受け取った人物がいるかもしれないと言われてます。

坂本弁護士一家殺害事件

1989年11月4日、横浜法律事務所に所属する「坂本堤弁護士」が、オウム真理教の幹部らに殺害される事件が起こりました。事件前、坂本堤はオウム真理教を批判し「被害者の会」を立ち上げています。

それを知ったオウム真理教の幹部ら6人は、夜10時頃に横浜市磯子区にある彼の自宅を訪れます。そして坂本堤とその妻、当時1歳だった長男まで首を絞められて殺害されました。

実行した幹部6人全員に死刑判決が下され、2018年7月6日と26日に分けて執行されています。ただし実行犯の1人である「村井秀夫」に関しては、1995年4月23日に在日韓国人に刺殺されています。

なぜ彼が狙われた?

この事件では、TBSの報道番組が坂本堤へのインタビュー(放送はされていない)映像をオウム真理教の幹部たちに見せてしまったことがきっかけだったとして、批判が集まりました。

川崎中1生徒殺害事件

2015年2月20日、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で、通行人が男性の遺体を発見し通報しました。遺体は、市内の中学校に通う13歳の男子生徒で、体には暴行の跡と無数の刺し傷があったといいます。

1週間後に主犯のA(18歳)が出頭したことを皮切りに、B(17歳)とC(17歳)の3人を逮捕しました。3人は数日前にも被害者の少年を殴っており、それを告げ口されたことが殺害の動機でした。

全身を43か所も切りつけ、出血している状態で川を泳がせるなど非道な仕打ちが話題となりました。Aは懲役9から3年の不定期刑、Bは4~6年6か月の不定期刑、Cは6~10年の不定期刑が言い渡されたのです。

美空ひばり塩酸事件

歌謡界の女王と言われる歌手「美空ひばり」は、1937年5月29日に神奈川県磯子市に生まれました。日本を代表する歌手に登り詰めるも、1989年6月24日に惜しまれながら病死しています。

そんな彼女は1957年1月13日、浅草の劇場にて「花吹雪おしどり絵巻」に出演していたところ、客席にいたファンの少女(19歳)に突然塩酸をかけられるという事件に見舞われたのです。

美空ひばりはすぐに近くの病院に運び込まれました。全治3週間の火傷を負いましたが、奇跡的に傷は残らずに済みます。少女は美空ひばりの熱狂的なファンで、「醜くなった顔を見たかった」と語っています。

津川雅彦娘誘拐事件

津川雅彦は1940年生まれ、京都府出身の俳優・映画監督です。2018年8月4日に心不全のため78歳で死去しました。1974年8月15日、そんな彼の長女(生後5か月)が誘拐される事件が起きます。

真由子の母親、つまり津川雅彦の妻は女優の「朝丘雪路」だったため、日本中が注目する誘拐事件となりました。

犯人は身代金500万円を要求してきたため津川夫妻はまず150万円を指定された口座に振り込みます。当時はまだ口座から特定の人物に辿り着けるシステムではなかったため、この時点で犯人は分かりませんでした。

逮捕の決め手は?

振り込んだあと、銀行の事務センターのSEがCD機(キャッシュディスペンサー)を特定できるようソフトウェアを書き換えることに成功します。

そして8月16日、東京駅南口出張所のCD機からお金が引き出されたことを特定し、警察は23歳の男を逮捕しました。長女は千葉県我孫子市にある彼のアパートから無事に発見・保護されました。

犯人には懲役12年6か月の実刑判決が下されています。

レッサーパンダ帽男殺人事件

2001年4月30日、東京都台東区で19歳の女子大生がレッサーパンダの防止を被った男に包丁で刺されて殺害される事件が起こりました。死因は複数箇所を刺されたことによる失血死でした。

警察は周辺で何度も目撃情報があったことなどを踏まえ、5月10日に「山口誠」を逮捕しました。彼は過去にも強制わいせつや強盗未遂などで逮捕されていて、前科4犯だったといいます。

また、軽度の知的障害を持っていたため責任能力についてが論点となりましたが、2004年11月26日に無期懲役の実刑判決が下されています。殺害した動機は、顔を見られて驚かれたから、というものでした。

高島忠夫長男殺害事件

高島忠夫は1930年7月27日生まれ、兵庫県出身の俳優・タレントです。2019年6月26日に老衰のため88歳で死去しました。

1964年8月24日、そんな彼の長男(生後5か月)が風呂桶の中に沈められて殺害される事件が起こったのです。部屋も荒らされていたことから強盗の説が濃いとして捜査が進められました。

当時未成年だった家政婦の女性が「不審な男を目撃した」「長男が激しく泣いていた」などと証言しましたが、不審な点が多々あり、警察が問い詰めたところ家政婦は自分が犯人だと自白しています。

不審な点とは?動機は?

  • 家政婦A以外に不審者を見た者はいない。
  • 家政婦A以外に長男の泣き声を聞いた者はいない。
  • 高島家では犬を飼っており、この犬は普段から不審者が近づくと激しく吠えるが、当日夜に犬は吠えていない。
  • 普段、全員が風呂に入り終わった後に家政婦Aが風呂桶の残り湯は抜くことになっていたが、この日に限り家政婦Aは風呂桶の湯を捨てていない。
  • 犯人が物取り目的で押し入ったのならば、生後わずか5カ月の赤ん坊に姿を見られたとしても、その歳の赤ん坊なら証人になるわけもなく殺すというのは不自然。

(引用:Wikipedia)

家政婦の証言の不審な点は上記の通りになります。犯行の動機は、これまでは高島夫妻によく可愛がられていたのに、長男が生まれてから疎遠に扱われるようになったからだと語っています。

彼女には懲役3年から5年という不定期刑が言い渡されました。

力道山刺殺事件

力道山は1924年11月14日生まれのプロレスラーで、大相撲の力士としても数々の功績を残した人物です。そんな彼は、1963年12月8日にクラブにて暴力団組員とトラブルになり刺殺されました。

この日の夜10時半頃、酩酊するほど飲んでいた力道山は、横を通りかかった暴力団組員「村田勝志」に足を踏まれたと突っかかり、口論になったといいます。

力道山は一度は「仲直りしよう」と提案するも断られたため、村田に馬乗りになって殴打しました。恐怖を感じた村田は懐からナイフを抜いて、彼の左下腹部を下から突き刺したのです。

本当の死因は?

刺された力道山は、出血があまりなかったことからその日は応急処置を受けただけで済ませます。翌日に怪我が悪化したため入院し、手術を受けました。

7日目の12月15日、腹膜炎による腸閉塞を発祥して再手術しますが、穿孔性可能性腹膜炎により手術から6事件後に死亡しました。

ですが死因については、麻酔担当の外科医が気管挿管を失敗した医療事故説、力道山が医者の忠告を無視して禁止されている物を食べたりお酒を飲んだりしていた説など、諸説あります。

白暁燕誘拐殺害事件

1997年4月14日、台湾の女優「白冰冰(パイ・ピンピン)」の娘である「白暁燕(パイ・シャオイェン)」が通学途中に3人の男に誘拐される事件が起こりました。父親は日本人の梶原一騎です。

犯人は白冰冰に、娘の切断された小指を送り付けて500万ドルの身代金を要求しました。ですがマスコミの過剰な取材などが原因で何度も受け渡しに失敗してしまいます。

身代金が受け取れずにいた犯人「陳進興」「林春生」「高天民」は、彼女に執拗な暴行を加えた末に殺害に至ります。遺体を発見した人物は「豚かと思った」と語るほど残虐な殺され方をしていたといいます。

逃げ回った犯人たち

警察は3人を指名手配しますが、彼らは国中を逃げ回ったのです。8月19日に、林春生が警察との銃撃戦の末に死亡、11月17日に高天民が同じく銃撃戦の末に死亡しています。

残った陳進興には。台湾板橋地方裁判所より「死刑5回・懲役59年9か月」を言い渡されました。10月6日に死刑が執行されています。

NEXT 韓国人による強奪事件