白石麻衣の脇が綺麗すぎ?検証画像・動画まとめ!ネットの反応は? エンタメ

白石麻衣の脇が綺麗すぎ?検証画像・動画まとめ!ネットの反応は?

乃木坂46の主力メンバー、白石麻衣の脇が綺麗すぎると話題です。その活躍の場はCMにもドラマにも及んでいます。日々数多く出回る白石麻衣の脇の画像はどれをとっても完璧な処理と定評があります。白石麻衣の画像を中心に脇の綺麗さを紹介していきます。

目次

[表示]

白石麻衣のプロフィール

大人気グループユニット・乃木坂46のセンターも務める、主力メンバーの白石麻衣のプロフィールを紹介しましょう。

愛称   まいやん
生年月日 1992年8月20日
現年齢  26歳
出身地  群馬県
血液型  A型
身長   162cm
スリーサイズ 81 – 59 – 84 cm
靴のサイズ  23.09cm
デビュー   2011年
活動   アイドル、歌手、女優、タレント
事務所  乃木坂46合同会社

(引用:wikipedia)

白石麻衣の脇が綺麗すぎて人形みたい?検証画像まとめ!

乃木坂46の活躍に関しては改めて言うまでもなく、紅白の常連でもありレコード大賞受賞ユニットでもあります。その中にあって、白石麻衣はセンターも務める主力メンバーの一人です。

白石麻衣の存在は、一言でいえば「綺麗過ぎる」ということです。それは顔の造作も勿論ですが、「脇」のあまりの綺麗さが常に話題になるのです。流出するどの画像をとっても脇の処理は常に完璧です。

彼女の姿を追う際には、もはや「脇」なしで語ることが不可能なほどです。日本全国の脇フェチの間でも別格の「神格化」された、生きた人形とも称される画像を紹介していきましょう。

画像①:ステージでの画像

ステージ衣装が華麗なイメージで、チラ見する脇が綺麗に写っている画像です。乃木坂46全体が、こうした露出の衣装が似合いますが、白石麻衣は格別です。

どのようにステージ立っても、白石麻衣は必ず目に入ってきます。誰もが認めるその顔の綺麗さに加え、この脇のパーフェクトなまでの美しさに目を惹かれるのは男性だけではないでしょう。

ステージ上から、ニッコリ笑顔と綺麗な脇のサービスショットです。ユニットの中に紛れても、その存在感は常にひと際目立つ白石麻衣です。

画像②:本番前の画像

これはコンサートの幕開け前の控えでの様子です。元気にメンバーにエールを送る白石麻衣ですが、この画像にもしっかり綺麗な脇が写っています。

テレビ本番前の、出番待ちを抜いた画像です。こんな時でも白石麻衣は、顔を緩めることもなく、両腕はしっかりと交差した美しい所作で待っています。

これは紅白での何かの余興のリハーサル風景のようです。向かって右にAKB48の柏木由紀の姿も見えます。本番前から演出に対して、ていねいな姿勢が見えてきます。

画像③:番組出演時の画像

この画像は、2015年の乃木坂46クリスマスショーでの白石麻衣のアップショットです。この時期もうすでに、白石麻衣の綺麗過ぎる「脇」に大きく注目が集まる現象は顕著でした。

これは歌番組に出演した際の、白石麻衣の画像です。色白で脇も真っ白のツルツルと非常に綺麗です。カールした髪が、その脇に跳ね上がっている感じが余計に色気を際立たせています。

2019年7月に放送された、TBS系「音楽の日」に出演した乃木坂46登場の一幕です。白石麻衣の脇の綺麗さは言うまでもなく、その二の腕のシェイプアップぶりも見事です。

画像④:雑誌の画像

壁にもたれかかった、アンニュイな白石麻衣の横向きの画像がこちらです。見えそうで見えないくらいの、脇チラが綺麗な画像です。目線を斜めに外し、髪が風になびく様子が美しい一枚です。

この画像も、白石麻衣の脇があまりにも綺麗すぎて、全く隙のない一枚です。顔のパーツ全てが極上の美形で、しかも脇の処理がいつでもこうまで完璧な女性タレントは他に類を見ません。

純白のドレスのグラビアからの一枚です。どの角度から見ても、まさにお嬢様な感じが漂い、ファンも注視する脇がしっかり見えている画像です。

画像⑤:ドラマの画像

白石麻衣は、ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の第8話に、花嫁役で出演しました。この役は2年前に整形手術を受けてきれいになった、市役所勤務の女性に扮しています。

結婚を間近に控えていますが、ひょんなことから拳銃を入手してしまい、追われる立場を好演しています。このドラマ劇中の画像でも白石麻衣の脇はとても綺麗です。

この画像は撮影本番の合間に見せた笑顔のショットです。その顔の美しさ・綺麗さが十二分に堪能できます。ドラマの中とはいえ、ウェディングドレスが良く似合っています。

そして多くの方が支持した「銃を構える」シーンがこの画像です。銃口をこちらに向けてのシリアスな場面ですが、ドレスから覗く胸元から鎖骨へと、綺麗過ぎる脇がしっかり映っています。

白石麻衣の脇に対するネットの反応は?綺麗すぎてつまらない?

白石麻衣に関するツイートを見ると、その多くが「脇」に関するコメントです。大多数が「舐めたい」「住みたい」などの本格的な脇フェチ表現で溢れかえっています。

しかし綺麗なのも「度を越すと」アンチな意見が出てくるもので、「隙が無さ過ぎてつまらない」という意見があります。確かにぼ全ての画像が、人形と思えるほどに綺麗過ぎることは否定できません。

綺麗過ぎて、逆に無理などというような「高嶺の花」的な印象が持たれても無理はありません。この辺りは個人の好みが分かれる問題です。

脇フェチにはたまらない?白石麻衣の脇動画集

世の多くの「脇フェチ」の方にとっては、白石麻衣の脇の美しさ、完璧な処理の綺麗さはたまらない破壊力です。そんなツルツルに綺麗な脇がバッチリ映った動画をいくつかご紹介します。

白石麻衣の脇見えの瞬間まとめ

片っ端から白石麻衣だけを追いかけ、そして彼女の脇だけを追い続けた力作と言える動画です。短時間の中に、白石麻衣の魅力が濃縮されている印象です。

脇フェチの注目を集めた氷結のCM

キリンの「氷結」という缶チューハイのCMに出演した、白石麻衣の艶姿とそのメイキングを収めた動画がこれです。大太鼓を叩く演出ですから、バッサリ開いた右肩を天空に上げれば脇は丸見えという内容です。

共演の通称「スカパラ」とのセッションは見事で、白石麻衣の磨き上げたこれ以上ない真っ白でツルツルの脇は一見の価値ありです。

マシュマロ肌にも触れる⁉︎脇が見えそうで見えない動画

ニベアの「マシュマロケア」のCMでは、その白く美しい二の腕を中心に描かれています。白石麻衣の脇は、このCMでは実に際どく、見えそうで見えない仕上がりになっています。

この商品イメージにはこれ程の適任はいなかったと思われます。あえて脇をそのまま見せないのも、CM演出の内だと思われます。

白石麻衣の脇は綺麗だけど齋藤飛鳥の脇は処理があまい?

白石麻衣の完璧過ぎるほどの脇処理の綺麗さとの比較でですが、齋藤飛鳥の脇処理は「甘い」という指摘があるようです。それはいくつかの画像で、脇の黒ずみが目立ったことに端を発します。

しかしそれも非常に強いズームアップでなければ確認できそうにない程度のようです。齋藤飛鳥は、ミャンマー人と日本人のハーフだそうです。そうしたことから色素沈着が強めとの憶測もあります。

脇汗の画像がちょっと流出したことの影響もあるようです。しかし白石麻衣の完璧さと比べられるのは酷というものです。そんな噂があっても、齋藤飛鳥の人気は現在もうなぎ上りの急上昇中です。

乃木坂46日本レコード大賞2連覇を動画で振返る!

TBSの歴史的番組「日本レコード大賞」の大賞を、乃木坂46は2017年、2018年と2連覇達成しています。同大賞受賞には、3連続も2連続も居ますが、AKB48の2連覇に並んだ偉業と言えます。

レコ大受賞には様々な「思惑」や、内部的な事情が常に絡み、その年の実質上の最高ヒット曲が受賞しないとの批判もあります。しかしそうしたことを加味しても、2連覇は国民的な歌手であることの証明です。

ここではその2曲の動画を紹介し、白石麻衣の属する乃木坂46の魅力を見てみたいと思います。

第59回日本レコード大賞「インフルエンサー」

2017年12月、乃木坂46はアップテンポのロッカバラード的楽曲「インフルエンサー」でレコード大賞を初受賞しました。オリエンタルでキャッチーなメロディが印象的です。

AKB48の「フライングゲット」の受賞が2011年でしたので、そこから6年の歳月を経ています。この楽曲は売上80万枚を超えるヒットとなり、乃木坂46は実力を貯めた証という評価があります。

またこの楽曲の衣装はノースリーブのもので、一部ファンの間では「脇ソング」などと言われることもあります。

第60回日本レコード大賞「シンクロニシティ」

そして同年の大賞受賞に関しては様々な憶測が飛び交いました。ヒットという意味からは、DA PUNPの「U.S.A」がやや優勢との下馬評もあったからです。しかしこの曲はミリオンセラーを達成しました。

また白石麻衣他の写真集の売上が、出版不況の中売上があったことも加味し、認知度が高いとの評価を受けました。結果、レコ大2連覇の偉業を成し、名実共にトップアイドルユニットの地位を不動としました。

白石麻衣はまるで人形のような全身完璧な美女の代表格!

いかがでしたでしょうか。白石麻衣の綺麗過ぎる「脇」にフォーカスして画像や動画を紹介しました。乃木坂46はそもそも美女の宝庫ともいわれ、そのメンバーは一様に魅力的な女性ばかりです。

その中にあって、ほぼ全てのパーツがまるで人形のように完璧な美しさを持つ白石麻衣にこだわってみました。この先もまだ進化を続けるであろう、白石麻衣の今後に期待しましょう。