森高千里に整形疑惑!ほっぺがパンパンで不自然?目や鼻の整形も? エンタメ

森高千里に整形疑惑!ほっぺがパンパンで不自然?目や鼻の整形も?

森高千里さんと言えば、いつまでも可愛らしい雰囲気で「オバさんにならない」と話題ですが、あまりの若々しさから整形ではないかとの疑惑まで浮上しています。ここではその噂について、目・鼻・頬といった顔のパーツ整形やヒアルロン酸注入などの整形の可能性を検証します。

目次

[表示]

森高千里が劣化しないのは整形しているから?

いつまでも劣化しないともっぱらの評判の森高千里さんですが、噂の通り本当に整形の賜物なのでしょうか。ここでは、デビュー当時と現在の森高千里さんのお顔を比較します。

森高千里のプロフィール!現在の画像は?

  • 本名:江口 千里(えぐち・ちさと
  • 生年月日:1969年4月11日(50歳)
  • 出生地:大阪府茨木市
  • 出身地:熊本県熊本市西区
  • 学歴:九州女学院→堀越高等学校(編入)
  • 血液型:O型
  • 身長:161cm
  • 体重:47kg
  • スリーサイズ:78-58-82(cm)

森高千里さんのお父様はロカビリーバンド「オレンジ・ヒル」の森高茂市さんです。森高千里さんは九州女学院在学中にバンド活動をしており、ドラムのほか、ベースギターも担当しました。

デビューのきっかけとなったのが1986年「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でのグランプリ受賞です。その後、糸井重里さんと共演した同商品のCMで話題となりました。

歌手としては独特の歌詞のセンスやコスプレで注目されます。俳優の江口洋介さんと4年の交際を経て1999年に結婚し、現在は2児の母でもあります。

森高千里の若い頃と今の顔が全然違う?昔の画像は?

いつまでも劣化が見られないと評判の森高千里さんですが、若い頃と全然顔が違うので整形ではないかという声も聞かれます。昔の画像との比較をしてみましょう。

デビュー当時は垢抜けず芋っぽい?

デビュー直前ということで1986年頃のこちらのインタビュー記事の写真は確かにやや素朴な感じがあります。上のインタビューでは、森高千里さんに接した感想が以下のように語られていました。

「写真とかで見てても、実際に会ってみても、たんびにイメージが違う。素顔のときは、わりとふつうっぽい、子どもっぽさを残した高校生なのに、ちょっとお化粧すると、ガラーンと変わっちゃう」

さらに、自分を全面に出してくるタイプではないのに存在感があり、かつさわやかで、スター性やカリスマ性を感じたとありました。昔から独特の魅力があったようです。

洗練されてきた整形前の顔が一番かわいい?

こちらは1stアルバム「NEW SEASON」のリリース後とありますので1987-88年頃の森高千里さんです。上京し、東京に基盤を移した後本格的に芸能活動を始めたばかりの頃です。

瞳や表情に力が宿り、髪型やファッション、仕草などの全体的な雰囲気もこなれた感じになっており、それに伴って写真うつりの良さも格段に向上しています。

一方で明らかに顔立ちに人工的な感じがなく、この当時が最も可愛かったという声も多く聞かれます。

ステージメイクもかわいい

ほぼ同時期の、しっかりステージメイクをした状態の森高千里さんです。この美しさと可愛らしさでこの時期にファンの心をガッチリ掴んだ森高千里さんは、一気に人気を博します。

当時はバブルの時代と呼ばれ、森高千里さんのようなヘアスタイルとボディコンと呼ばれるぴったりとした鮮やかな衣服が、羽のついた扇子を持って踊るのとともに大流行しました。

ジュリアナ東京というディスコで使われることから「ジュリ扇」と呼ばれたその扇子ブームの火付け役がステージで羽の扇子を持って踊った森高千里さんだったという逸話もあります。

森高千里の整形疑惑を検証!ほっぺにヒアルロン酸疑惑?目や鼻の整形も?

森高千里さんのデビュー当時のお顔を知った上で、現在話題になるむくみからのヒアルロン酸注入の可能性や、目や鼻の整形が違って見えることからの整形の可能性について検証しましょう。

ヒアルロン酸でほっぺがパンパン?それともボトックス注射?

ヒアルロン酸は弛んだ皮膚や組織を埋めることで、ほうれい線や目のくぼみに、ボトックスは表情筋の働きを抑制することで眉間や目尻のシワ対策に使われ、両方行うと効果が高いそうです。

森高千里さんのヒアルロン酸またはボトックスの注入疑惑については、画像の奥が森高千里さんですが、横から見ると頬が真ん丸になっているのでこれが不自然ではと言われています。

体型は昔から変わらずスリムさを維持していますので、余計にお顔だけ大きくなったように見えます。

ヒアルロン酸を打ちすぎて劣化している?不自然に腫れてる?

ヒアルロン酸を注入しても時間の経過とともに組織に吸収されてしまい、元に戻ってしまうため、ヒアルロン酸の施術を繰り返し行う芸能人の方は多いようです。

神田うのさんも「40を過ぎた周りの友人達も皆さんエチケットとして(ヒアルロン酸注入を)やっていますね」と発言し物議を醸しましたが、芸能人の方にはそれ程浸透しているのでしょう。

部分的に充填剤を入れていることになるからでしょうか、ヒアルロン酸を打ちすぎると頬の突っ張りや表情の引きつれ感が生じることも多く、どうしても不自然な印象になりがちです。

団子鼻からすっきり小鼻に変身?

鼻の両端を鼻翼と呼びますが、この鼻翼が横に大きくせり出した状態を団子鼻といいます。そしてこれを小さくすることによって解消することを「鼻翼縮小」と呼びます。

森高千里さんの鼻が変化したという声がありますので、ここではそれについて画像の比較により検証してみます。

森高千里さんのデビュー当時と現在の顔を並べて比較すると、鼻が若干異なるように見えます。デビュー当時は小鼻が広がっているように見えますが、現在はコンパクトになっています。

鼻の幅が違って見える

昔の森高千里さんの鼻と現在の鼻を比較すると、現在のほうがやや小ぶりで幅細にも見えます。ただ、頬がパンパンに張っていることにより相対的にそう見える可能性もあります。

もし鼻の幅を変えているのだとしたら「鼻尖縮小術」という手術を受けているかも知れませんが、真相は不明です。

目は奥二重を平行二重に整形?

森高千里さんの目についても、デビュー当時の奥二重の印象がデビューから間もない頃の並行二重へと変化しているようにも見えます。

ただし年齢とともにまぶたの脂肪が落ちることによって目の周りに生じる変化の範囲とも取れなくもなく、メイクによってもかなり印象が変わります。

それらを踏まえると、森高千里さんが目元を整形したかどうかについてはあくまで噂で、真相は不明です。

タレ目っぽく見えるようになったのは整形の成果?

整形によりタレ目っぽく見えるようになったのではという声もありますが、こちらについてはどうでしょうか。

森高千里さんの年齢を考慮すると、何もしなくてもまぶた周りの筋肉や組織が下がりやすくなっているため、わざわざ下がるようなことはしていないのではないでしょうか。

整形をしていたとしてもごく初期のうちにかんたんな二重術を行ったかもしれないという程度ではないでしょうか。それさえ行っていないかもしれません。

森高千里は歯の矯正をしてる?

森高千里さんは白く揃った歯をしており清潔感がありますが、これは歯の矯正によるものなのでしょうか。ここでは、森高千里さんの歯について検証します。

若い頃の歯並びと現在、比較画像はある?

若い頃の森高千里さんの歯を現在と比較すると、歯茎の見え方が若干異なっています。昔の画像のほうがより歯茎の面積が大きいように見えます。

見えている歯のサイズや形も、現在のほうがサイズが大きく、形も揃っています。

昔から綺麗!だけど審美歯科治療をしてる?

森高千里さんは昔から歯もきれいであったようですが、審美歯科的には差し歯治療を行っていると認識されています。

差し歯は「インプラント」とも呼ばれ、歯の根っこを残してそこに差し歯の土台を埋め込み、差し歯をかぶせるというものです。

これを森高千里さんは少しづつ時間を掛け合計13本の歯で行っていると言われています。森高千里さんは1994年顎関節症を患ったので、かみ合わせの影響を重視されているのかも知れません。

森高千里は結局整形なの?昔より若返ったと高須院長がべた褒め!?

2018年3月24日の「週刊女性PRIME」に掲載された、美容整形外科の高須クリニックの高須克弥院長へのインタビューで、森高千里さんが美しくなっていると称賛されています。

この記事は、全盛期に人気のあった山口智子さん、中山美穂さん、森高千里さんの3名が現在アラフィフとなってそれぞれどう変化したかを高須院長の視点から分析するものでした。

3人の現在を高須院長の視点で降順にランク付けすると、劣化気味の中山美穂さん、一時期劣化しかけたが持ち直した山口智子さん、昔より今のほうが良い森高千里さんという順番でした。

昔と顔が違うのはストレスが軽減されたから?

現在も芸能活動を行っているとは言え、昔ほど多忙を極めるという印象でもなく、家庭生活とのバランスを上手に取りながら負担の大きすぎない範囲で行っているのでしょう。

夫の江口洋介さんとの結婚生活も円満そのもののように見えますので、そういったプライベートの充実も顔つきの優しさとして外面に出ているのではないでしょうか。

昔は自ら作詞する歌詞の世界観からもやや尖った印象がありましたが、高須院長も「若い頃のトゲトゲした印象がなくなって、ソフトな美人顔になった」と絶賛する通り、美しくなっています。

きっと若い頃は、やっと出た人気を維持するために、スケジュールがハードでストレスも多かったはず。ずっと交感神経が活発で、いつも興奮状態だったんじゃないかな?
(引用:エキサイトニュース)

森高千里のすっぴん画像はある?

森高千里さんのデビュー当時の画像以外に、すっぴん画像は見つかりませんでした。森高千里さんの公式ブログやSNSはあるのかと探しましたが、オフィシャルサイト以外ないようです。

公式サイトには森高千里さんのメッセージが投稿されていましたが、2017年8月を最後に更新が止まっています。すっぴんを公開する芸能人の方は多いですが、森高千里さんは違うようです。

プライベートをとても大切にされている印象の森高千里さんは、お仕事以外で積極的に発信する必要を感じていないのではないでしょうか。

森高千里さんの美脚

森高千里さんと言えば、その脚線美が非常に有名です。スラリと伸びた長い脚で、ふとももの太さも程よくあり、美しさと健康美を兼ね備えた理想的な脚をしています。

ここでは、森高千里さんの美しい脚にまつわるエピソードの一部をご紹介します。

一億円の保険説

かつて森高千里さんの脚には一億円の保険がかかっていると言われていましたが、ご本人曰く「ウソです!(中略)ミニスカートを履いていたから勘違いされていた」と否定しています。

体のパーツに保険をかけていた芸能人の方は実際におり、田中美奈子さんが瞳に一億円、井上晴美さんがバストに一億円の保険をかけていたことが知られています。

森高千里さんにそのような噂が流れるほど、脚の美しさが知れ渡っていたということがよくわかるエピソードです。

大ブレイクのきっかけとなったウェイトレス姿

1989年2月、森高千里さんはシングル「ザ・ストレス」のジャケットでミニスカートのウェイトレス姿で登場し、アイドル冬の時代と呼ばれた時代に独特の存在感を放っていました。

その後のシングルでもミニスカートで美脚を全面に押し出した衣装での登場がしばらく続き、森高千里さんの美脚イメージと人気は不動のものとなったのです。

森高千里のフィギュア「森高人形」

森高千里さんの熱烈なファンとして知られたオタク評論家でタレントの宅八郎さんは、森高千里さんのフィギュア「森高人形」を特注で制作し、大事にしていたことが知られています。

その姿は度々メディアにも取り上げられ、森高千里さんご本人との対談企画も持ち上がったそうですが、森高千里さんご本人の「強い意志」で「絶対に会いたくない」と言われています。

宅八郎さんが森高千里さんに強い関心を持っていたのは「非実力派宣言」というアルバムまでで、その後アイドルから脱却しアーティスト路線へ変更をした後は興味がなくなったそうです。

「脚のきれいな奥さん」と言われ、江口洋介さんも照れる

2015年9月、映画「天空の蜂」の舞台挨拶に登場した江口洋介さんは、共演した本木雅弘さんから森高千里さんへの愛情が伝わるエピソードを暴露されています。

2014年6月のロケ中に東京を襲った大雨で自宅付近が浸水したことを知った江口洋介さんは、すぐに業者を手配し自宅に電話をして迅速な対応を指示しました。

その時の様子を「脚のきれいな奥さん(森高千里さん)に電話して、美脚が水浸しになると困るからと業者に電話して…」と本木雅弘さんにいじられ、江口さんは大いに照れていたそうです。

美脚のメンテナンス方法は?

森高千里さんは、以前はパーソナルトレーナーをつけてトレーニングに励んでいたそうですが、現在は特別なことをすると家事に支障が出るのでストレッチ程度にとどめているそうです。

ただ、生姜や玄米を積極的に摂り、スムージーを愛飲するなど食べるものには非常に気を使っているほか、バスタイムには毎日ボディソルトでマッサージも行ってもいるそうです。

そして水泳やランニングも嗜むことがあるそうで、やはり美容と健康には人一倍気を使っていることが伺えます。

今後の森高千里さんの進化にも期待

森高千里さんの整形疑惑説の検証から、持ち前の美脚にまつわるエピソードについてまでをご紹介しました。森高千里さんはこれからも美しく歳を重ねていかれることでしょう。

江口洋介さんともいまだに新婚当時と変わらず仲良しのようで、今後の森高千里さんのご活躍と、美の進化についても、ますます期待が高まります。

いつまでもオバさんにならない素敵な森高千里さんを、今後も応援しましょう。