はあちゅうが嫌いな人は多い?嫌われる理由は?サロンや炎上が原因? エンタメ

はあちゅうが嫌いな人は多い?嫌われる理由は?サロンや炎上が原因?

目次

[表示]

嫌いな人も多いけど大学時代の実績はすごい

これまではあちゅうさんのマイナスな面にばかり触れてきましたが、ここまでの影響力を持っているのはただ単に、過激な発言や炎上だけが理由ではありません。大学時代には偉業を成し遂げているのです。

はあちゅうさんは慶應義塾大学の法学部出身。さらに、大学3年生の時には香港大学に留学もしています。ブログを始めたのは大学時代からで、学生ブログランキングでは2位を獲得するほどの人気だったそうです。

この頃から誹謗中傷にあっていたそうですが、めげずに上を目指しました。大学在学中には事業計画書を作成して企業に売り込み、25社から300万円を集めて、世界一周の旅を成し遂げています。この行動力は称賛に価しますよね。

はあちゅうの収入は?

nattanan23 / Pixabay

ブロガーとして活躍する「はあちゅう」さんは、どれほどの収入があるのでしょうか?ここからは、はあちゅうさんのお金事情について紹介します。

はあちゅうにはブログ収入・オンラインサロン収入がある

はあちゅうさんの収入を支えているのは下記のです。これらの収入をメインとして生計を立てています。

  • ブログ収入
  • オンラインサロン収入
  • テレビ出演・書籍販売(印税)

はあちゅうさんのアメブロは常に上位にランクインしており、月に150万円以上はもらっていると考えられます。

また、オンラインサロンは月額9800円で運営をしており、会員数は130人だったので単純計算で月に127万円を超える収入があると考えられます。

オンラインサロンは脱会すると収入も減るので、少なく見積もって年収は1500万円以上はあるでしょう。

サロンは評判が悪い?宗教?辞めた人もいる

はあちゅうさんが運営するオンラインサロンさんは評判が悪く、周囲から宗教みたいで気持ち悪いという意見も寄せられています。

しかし、実際にオンラインサロンを脱退した人の中には「辞めたけど、はあちゅうサロン入って良かった」「価値観変わったし、面白かった」という絶賛するコメントを述べていました。

はあちゅうはAV男優のしみけんと事実婚!馴れ初めや仕事のイメージは?

sasint / Pixabay

炎上ブロガーとして話題になった「はあちゅう」さんは、AV男優である「しみけん」さんと結婚をしたことを発表しました。全く職種の違う2人がどこで出会って結婚をしたのでしょうか。

ここからは、はあちゅうさんとしみけんさんの馴れ初めや、夫の職業であるAV男優についてのイメージについてどう思っているのか?などを紹介します。

しみけんのプロフィール

  • 本名:清水健
  • 生年月日:1979年9月1日(39歳)
  • 出身地:千葉県
  • 身長:163cm
  • 職業:AV男優

これまでセックスをしてきたAV女優さんは推定1万人と言われているAV界のレジェンドとして知られている「しみけん」さんは、ロールスロイスと命名したオリジナルの体位で女性を魅了しています。

高校卒業後にゲイ雑誌でモデルデビューを果たすと、当時編集部に在籍していたマツコ・デラックスさんに「あなたはAV男優が天職だわ」とアドバイスをされて、AV男優を目指しました。

今では「抱かれたい男優No.1」を受賞するなど、女性からも注目されており、これまでの経験を活かしてAV監督としても活躍しています。

はあちゅうとしみけんの馴れ初め

はあちゅうさんとしみけんさんの出会いはSNSでした。はあちゅうさんが「地下クイズ王決定戦」に出演している「しみけん」さんを見て、「頭良いんだ…」と思ってSNSをフォローしたのです。

それから2人の関係に進展は無かったのですが、「はあちゅう」さんの先輩がエロいTシャツを販売したことをきっかけに「しみけんさんに着てもらおう!」と思い、連絡をしてご飯に行ったことがきっかけでした。

AV男優に偏見はあった!今では「競技」だと思っている

交際を始めた当時は「 AV男優=チャラい」というイメージがあり、自分のブログのネタになれば良いという軽い気持ちだったが、「AV男優の妻」という偏見がとても強く、家族への嫌がらせもあったそうです。

仕事とは言っても夫が複数の女性と肉体関係を結んでいることに対して、最初は嫌で悩んだ時期もあったけど、今では快楽を提供する仕事と割り切っており、「セックスを競技」と捉えているようです。

はあちゅうは攻撃的な意見が嫌われている!

ブロガーとして注目を集めている「はあちゅう」さんですが、男性に対する偏見や学歴が低い人をバカにしたような発言が目立ち、ブログやSNSは炎上しています。

自分のコンプレックスを隠すためや、ブログへのアクセスアップを狙うためにあえて過激な発言をしていると言われていますが、結果的に嫌われてしまっています。

2/2