ローラ整形・豊胸疑惑の真相は?過去と現在の画像を徹底検証! エンタメ

ローラ整形・豊胸疑惑の真相は?過去と現在の画像を徹底検証!

すっぴんや横顔が美しいと言われる一方、昔と顔が変わったとも言われるローラさん。そこで今回は、流出した卒アル画像や疑惑の白くなった歯、体型劣化疑惑や豊胸疑惑など、いろいろとささやかれる『ローラ整形』についてまとめてみました。

目次

[表示]

ローラのプロフィール

  • 名前:ローラ
  • 本名:佐藤えり
  • 生年月日:1990年3月30日
  • 年齢:29歳(2019年8月現在)
  • 出身地:東京都
  • 職業:ファッションモデル、タレント

ここから下に記すのは、2013年に公式発表されたボディサイズです。

  • 身長:165㎝
  • 体重:45㎏
  • スリーサイズ:82-58-86
  • 股下:73㎝
  • 身長比:44.2%
  • 靴のサイズ:24.5㎝

ローラさん、デビュー当時は『西園寺ローラ』という芸名だったそうです。ちなみに『ローラ』という芸名は、アメリカのテレビドラマ『大草原の小さな家』の登場人物からとったそうです。

ローラに整形疑惑!?過去から現在までの変化を画像で紹介!

StockSnap / Pixabay

実は『ローラ整形』というのは、だいぶ前からささやかれていました。発端は、ローラさんの卒アルが流出したことからでした。そこから「昔と顔が変わった」という声がネット上で上がるようになったのです。

さて、真相の方はどうなのでしょうか?過去から現在までの画像を紹介しながら比較していってみましょう。

13歳のローラは?目は奥二重で面長ながっしりした輪郭だった

上の写真、右側がローラさん13歳のときの写真です。まぶたの幅が狭く、奥二重という印象を受けます。黒目の大きいところは、今とあまり変わりませんね。

それと、輪郭が面長なところにも面影はありますね。ただ、アゴのラインが、がっしりというか、今よりもエラが張っているように見受けられます。

ちなみに左側の写真は、ローラさんにとても良く似た方ですが別人です。

整形前?中学卒業時のすっぴん姿の卒アル

次の画像ですが、上の写真は中学卒業時の卒アル写真です。13歳の頃よりも、アゴのラインが強く出ている印象を受けます。それから、今ではほとんど分からないえくぼが強く出ているのも印象的ですね。

それと、やっぱりまぶたですよね。13歳の頃に比べ、ハッキリと二重が表れています。中学生の頃ですから整形ということはないと思いますが、アイプチか何かでしょうか?

ちなみにプロフィールにも書きましたが、ローラさんの本名は日本名なんです。ローラさんの見た目から、本名も洋名を想像していた方は多いのではないでしょうか。

高校3年生でモデルデビューしてすぐの画像

上の画像、左は高校3年生の時にポップティーンのモデルとしてデビューして間もない頃の写真です。中学の頃とさほど変わらないようにも見えますが、まぶたが奥二重になって、えくぼが消えています。

そして右の写真は、最近のローラさんです。左の写真と比べると、明らかにアゴのラインが細くなっており、二重もキレイに出ています。鼻もずいぶんと小鼻になっているように思えますね。

それではローラさんの写真を、過去から現在に時系列で並べてみましょう。

読者モデル時代のローラ

渋谷でスカウトされ、ポップティーンで読者モデルとしてスタートした頃のローラさん。ギャルメイクで細く見えますが、アゴに丸みがありますね。

ポップティーン時代①

これはもう全体的に丸いですね。太っているようにも見えます。まぶたも奥二重ですね。

ポップティーン時代②

少しアゴが細くなっているでしょうか?まぶたは奥二重のままです。

タレントとして活躍し始めたローラ

自由すぎるキャラとしてタレント活動を始めたローラさんですが、この頃にはアゴのラインもシュッとしていて、二重もキレイに出ています。鼻筋も細くなってますね。

しかし、実は他にもちょっとした変化があるのです。次の写真をご覧ください。

ほくろが出たり消えたり?

この横顔でお気づきになられましたか?ローラさんの目元のほくろが出たり消えたりしているんです。

ファッションモデル・ローラ

ローラさんの目元のほくろは、ファッションモデルの演出としてアイライナーで描いていると言われています。

一時期は劣化したとも?激太りした画像は?

一時期ローラさんは、ネットで「太った!」「劣化した!」「ごつくなった!」と騒がれたことがありました。その切っ掛けとなったのが、上のローラさんがTwitterに上げた写真でした。

しかしこの上の写真、太ったと言うよりは、肉付きが良くなったという感じです。以前は細すぎる印象のあったローラさんですが、特に下半身などは鍛えられて締まった体になった印象が見受けられます。

劣化したという印象はなく、事実、ファンの方たちも「うらやましいボディライン!」「やっぱカッコイイ!ナイスバディ!」「ヒップラインが綺麗ですね!」と、称賛の声を上げています。

現在の画像は?奥二重ではなく二重に

こちらはローラさんが『ViVi』の表紙を飾った時の写真ですが、やはり10代の頃の写真と比べると、奥二重ではなく、まぶたの幅が平行に広がったキレイな二重になっています。

また、目が縦に大きくなっているようにも見えます。この変化は、成長と言うには少々無理があるという意見が大多数占めているようで、「目頭切開をしたのではないか?」という医師の見解もあるそうです。

ローラが整形した場所は?①奥二重から二重に変化した目

Engin_Akyurt / Pixabay

さて、ここからは『ローラ整形』が真実なのかどうか、一つずつ検証していってみましょう。

まずは誰が見ても分かる、目元から検証してみます。

目頭切開の可能性?眉毛と目の間の距離も縮まっている

上の画像を見ても分かる通り、ローラさんの目元は10代の頃より眉毛と目の距離が縮まっており、くっきりと太い二重になっています。これは先にも書きましたが、目頭切開をしたのではないかと言われています。

日本人には『蒙古ひだ』と呼ばれる目頭を覆っている皮膚が上まぶたにある人が多く、この『蒙古ひだ』を切開して目を大きく見せるのが目頭切開と呼ばれる美容整形です。

『蒙古ひだ』は成長と共に無くなるものではないそうで、二重整形で切開すると隠れた部分が表れ、くっきりとした平行二重になるそうです。目頭切開をしたからといって必ず並行二重になるわけではないそうです。

涙袋もヒアルロン酸を注入?

qimono / Pixabay

ローラさんの目元と言えば、以前に比べて目の下の涙袋もふっくらしている印象を受けます。これには定期的にヒアルロン酸注射をしているのではないかという疑惑がささやかれています。

涙袋は、くっきりとした平行二重と同じくらい欲しがる女性が多く、涙袋があることで目元の印象が強くなり、イメージが明るくなる効果があるからのようです。

複数の専門家が指摘!目頭切開を受けている可能性は高い?

voltamax / Pixabay

先にも書きましたが、ローラさんの目元については複数の医師や専門家が目頭切開の可能性を指摘しているそうです。

ただし、あくまで憶測の域は出ていません。実は反対意見も多数あり、二重はアイプチ、目はアイライナー、涙袋もメイクで作れるそうです。ちなみに二重は成長と共になる方もいるそうです。

ローラさんの上手すぎるメイク術が昔と変わったと言われ、『ローラ整形』という疑惑を生み出してしまっているという声もあります。

ローラが整形した場所は?②横幅が狭くなり高くなった鼻

さて、『ローラ整形』、次なる疑惑の場所は鼻です。こちらも誰が見ても分かる通り、10代の頃より横幅が狭くなり高くなっている印象を受けます。

10代の頃は、どちらかというと『ダンゴ鼻』に近い鼻でしたが、今のローラさんの鼻は、キレイな小鼻になっていますね。

鼻全体も細く、鼻の穴が小さくなった

上のアップ画像を見てもローラさんの鼻は全体が細く、鼻の穴も小さいという、まさに理想の鼻だとわかります。

しかし、やはり10代の頃と比べると、特に鼻の穴は小さくなっているように思えます。

鼻は成長によって変わらない!鼻尖縮小術を受けている?

sasint / Pixabay

人の鼻と言うのは、基本的には成長しても変わらないのが普通です。子供の頃の写真と、大人になった写真を見比べても、鼻に面影を残す方がほとんどだと思います。

しかし、ローラさんの鼻に関して言えば、10代の頃の面影が残っていません。大きめだったローラさんの鼻先は、現在は小さくなっています。これは鼻尖縮小術を受けた人に多く見られる鼻だと言われています。

また、鼻は加齢と共に骨格は痩せて平たんになり、脂肪が減るため、頬から引っ張られて、やや広がるのが普通だそうです。

「鼻プロテーゼを入れている」と分析する専門家も

rawpixel / Pixabay

鼻プロテーゼとは、鼻の穴の中を切開し、骨膜を剥離してポケットを作ったのち、シリコンプロテーゼと言われるものを鼻に挿入して鼻の形を整える美容整形術です。

10代の頃に比べて明らかに高くなっているローラさんの鼻に専門家からは、「鼻プロテーゼでは?」という意見が聞かれます。

成長によって鼻の高さが変わるというのは、普通は考えられないそうです。

ローラが整形した場所は?③ふっくらとした唇

涙袋と同じように、ローラさんの唇も以前に比べてふっくらとした印象を受けます。

女優の石原さとみさんに代表されるように、ああいったふっくらとした唇にあこがれる女性は多いようです。

ヒアルロン酸を注入している?

Myriams-Fotos / Pixabay

「涙袋だけではなく、唇にもヒアルロン酸注射をしているのではないか?」という声がネット上には上がっています。

しかし、涙袋と同じように唇もリップグロスでふっくらと見せるのは可能ですし、一概にヒアルロン酸を注入しているとも言い切れないのではないでしょうか?

口元のほくろはアイライナーで描いていた!?

sannyctba / Pixabay

実はローラさん、ほくろについては「ほくろもファッションの一つ」と以前出演したテレビ番組で明言しています。

ローラさんの右口元のほくろ、それに加えて左目元の涙ぼくろは出たり消えたりしていますし、アイライナーで描いた、いわゆる『描きぼくろ』ではないかと言われています。

ローラが整形した場所は?④すっきりラインになったエラ・あご

『ローラ整形』、最後の疑惑の場所はエラとあごです。現在のローラさんの顔を見る限りでは、10代の頃には目立っていたエラも目立たなくなっており、あごもシュッとしたカッコイイあごになっています。

ネット上では、ローラさんの顔の中では一番印象の変わった場所だと言われています。

エラボトックスをしている可能性は高い?

こちらは再びポップティーン時代のローラさんですが、一枚目の画像と比べると、やはりあごがだいぶ変化していますね。

特に目立たなくなったエラに関しては、ボトックス注射をしているのではないかと言われています。ボトックスとは、しわ治療に使われる薬剤のことです。

エラの張りが筋肉の場合、その筋肉にボトックスを注射すると筋肉が委縮します。その注射を繰り返してゆくと、エラが目立たなくなり、小顔になってゆくそうです。

あご先にプロテーゼを入れている?

こちらの横顔の画像は特に分かりやすいと思います。本当に絵に描いたようなキレイなあごになっています。

また、ボトックス以外には、あごシリコンプロテーゼではないか?という疑惑の声も上がっています。口の中の粘膜を切開して、あごの先端骨膜下にシリコンプロテーゼを埋め込む美容整形です。

ただ、プロテーゼだと、いきなり顔が変わります。しかし、ローラさんのあごは段々と変わっていった印象があるため、やはりボトックス注射ではないかという意見が強いようです。

ローラには豊胸疑惑もあった!

bohemianbikini / Pixabay

実は『ローラ整形』という疑惑は、顔以外にもあるのです。ローラさん、昔に比べて胸が大きくなった、豊胸しているのではないかというのです。

さて、その辺りはどうなのか、ここからは豊胸疑惑について検証してみましょう。

NEXT:昔の水着ショットと現在を比べると明らかに胸が大きくなっている
1/2