和田アキ子の目が二重に。もしかして整形?噂の真相を調査! タレント

和田アキ子の目が二重に。もしかして整形?噂の真相を調査!

和田アキ子さんは、最近目が不自然な二重になって違和感があると話題になりました。特に目が二重になって、整形が失敗しているのではと噂があります。和田さんは、番組の中で、眼瞼下垂の手術をしていたことを明かしています。そんな和田アキ子さんのことを紹介します。

目次

[表示]

アッコさんこと和田アキ子が二重に!?整形失敗と噂される

和田アキ子さんは、アッコさんの愛称で親しまれ、芸能界の大御所でもありますが、最近のアッコさんの顔に異変があるといわれています。

特に目元が二重になって、以前よりも腫れぼったくなって顔面崩壊しているとか、整形が失敗しているとかの噂がありますが、その真相をみていきます。

FNS歌謡祭に出演した際、目が変だと話題に

和田アキ子さんは、2018年のFNS歌謡祭に出演した際、目が不自然な二重になって違和感があると話題になりました。

確かにその時の和田アキ子さんは、くっきりした二重でまぶたが垂れ下がっているように見えました。

2018年FNS歌謡祭での和田アキ子さんは、昔から変わらぬ歌唱力で魅了していましたが、目が小さく見えてそれまでの和田さんとは違った印象を持った人も多いのではないでしょうか。

整形後と噂された画像とそれ以前の画像

和田アキ子さんの整形前の画像と整形後の画像を比較してみました。確かに、くっきりした二重になっていますが、逆に目が小さく見えるようです。

アッコにおまかせで病気による手術をカミングアウト

テレビ番組「アッコにおまかせ」で、和田アキ子さんは以前から悩んでいたという「眼瞼下垂」の手術を受けたことを告白しています。

和田さんは、2年間「眼瞼下垂」に悩まされていたそうですが、生放送もあって手術にはなかなか踏み切れなかったそうです。

その後、頭痛が酷くなりましたが、鍼に行っても、マッサージでも改善されなかったため、番組の休みを利用して、2018年11月に手術をすることに決めたそうです。

2019年には美容整形外科手術では無く純粋な医療だったとも語る

DarkoStojanovic / Pixabay

和田アキ子さんは、2019年6月の「巷の噺」に出演し、昨年11月に眼瞼下垂の手術を受けた話をしています。原因が加齢とストレスで、症状が進んでいるから手術しかないと言われたそうです。

しかし手術の結果、すごく変な目になったことが不満だと語り、様子を見て改善しなければ再度メスを入れる気持ちがあると語っています。

和田さんは、「これは形成やから」と美容整形の範疇ではないとし、純粋な医療だったことも付け加えましたが、視聴者の中には整形で失敗したのではないかという疑いを持っている人もいるようです。

生放送などの兼ね合いで悩んだ末での手術だった

和田アキ子さんは、2年ほど前から「眼瞼下垂」に悩まされていて、頭痛などの症状が出ていたそうですが、生放送の番組を持っていたこともあってなかなか手術には踏み切れなかったようです。

しかし、番組が休みだったことを利用して、2018年11月に思い切って手術をすることに決めたそうです。

和田アキ子が手術に踏み切った「眼瞼下垂」とは

「眼瞼下垂」とは、上まぶたが下がってきて、黒目が隠れる状態のことをいいます。「眼瞼下垂」は視野が狭くなって、肩が凝ったり頭痛を伴うこともあるようです。

原因は、加齢によるものや、アレルギーで目をこすったり、コンタクトレンズを長年使用したためにまぶたの裏側が薄くなって発症することもあるようです。

「眼瞼下垂」には、先天性の生まれつきの発育異常のものもありますが、多くは加齢による腱膜性の下垂によるものが一番多い病気です。眼瞼下垂の手術は保険適用の疾患で、基本的には美容整形ではありません。

無意識に顎をあげてしまう為、肩こりなどのリスクもある

Free-Photos / Pixabay

「眼瞼下垂」は、軽度であれば日常生活に支障はありませんが、中程度以上になると視野が狭くなることで無意識にあごを上げてしまうこともあり、肩凝りなども起こりやすいといわれています。

和田アキ子さんは、「眼瞼下垂」でものすごい頭痛に悩まされていて、鍼やマッサージにも通ったそうですが、全然痛みが取れなかったといいます。

頭痛や肩こりの原因の全てが眼瞼下垂でありませんが、肩凝りや頭痛の原因が分からず、まぶたが下がってきた場合には眼瞼下垂を疑った方がいいかもしれません。

和田アキ子の変化に対する世間の声

paologhedini / Pixabay

和田アキ子さんの「眼瞼下垂」の手術について、世間の声は「目を整形した?」「和田アキ子の目が変!眼瞼下垂は口実?」「整形失敗していないか?」といったものがありました。

また、「手術をするならもっとうまくやればよかったのに」といった意見もありました。理由を知らないテレビ視聴者には、和田アキ子さんが目の整形をして失敗した?と思ったのも無理はないかもしれません。

それから、「まぶたがぱっちりして可愛らしくなった」「必要な手術を受けて目も身体も楽になってよかった」といった肯定的な意見もありました。

関連する記事はこちら

眼だけじゃなくて顔も変と心配の声が!原因は?

tookapic / Pixabay

和田アキ子さんの変化は目だけではなく、顔の浮腫みなどの変化を心配する声もあります。そんな和田さんの顔の浮腫みにはどんな原因があるのかを調べてみました。

顔の浮腫みなどの原因はシェーグレン症候群?2016年のラジオでカミングアウト

mohamed_hassan / Pixabay

最近の和田アキ子さんの目や顔の変化に、SNSなどで話題になっています。目についての眼瞼下垂の手術は作年の11月に手術をしたことを告白しています。

しかし、それ以外に和田さんの顔が気になっている人もいました。和田アキ子さんは、2016年10月22日、自身が出演したラジオ番組で、シェーグレン症候群であることを告白しています。

シェーグレン症候群の治療法は確立されていない

RyanMcGuire / Pixabay

「シェーグレン症候群」というのは難病の1つであり、根本的な治療が確立されていないそうです。口の中や目が乾燥しやすくなる病気で、疲れやすくなる病気でもあります。

口内も乾きやすくなり「常に水がないと生きていけない」と語っている

ronymichaud / Pixabay

「シェーグレン症候群」という病気に罹ると、口の中が乾きやすくなり、和田アキ子さんも番組内で「常に水がないと生きていけない」と語っていました。

当時から和田アキ子さんの顔が浮腫んで見えたのは、水分を摂らなければならなかったからかもしれません。

シェーグレン症候群という病気は難病で、口の中が乾きやすいという症状が特徴ですから、和田アキ子さんもその症状に悩まされていたのでしょう。

シェーグレン症候群発症前と発症後の違いが分かる画像

和田アキ子さんが、シェーグレン症候群を発症する前と、発症後の違いが分かる画像がありましたので、紹介しました。

シェーグレン症候群を発症したあとの和田アキ子さんは、目が小さくなって顔が浮腫んでいるのがはっきりと分かります。

和田アキ子はインプラント手術も

kreatikar / Pixabay

和田アキ子は眼瞼下垂だけでなく、過去にインプラント手術も受けてることが分かっています。また、その他にも歯の治療をずっと受けていたそうです。

過去に様々な歯の治療を受けていた和田アキ子

peter-facebook / Pixabay

インプラント以外にも長年様々な歯の治療を受けている和田アキ子さんですが、インプラントの治療だけでもかなりの費用がかかっていることが、自身の証言で分かっています。

インプラント手術は失敗し、再手術を受ける事が判明

Free-Photos / Pixabay

2016年1月、和田アキ子さんが半年前に受けたインプラントの手術が失敗し、痛みが取れないことから、再手術を受けることを明らかにしていました。

再手術の内容とは、入れたものを取り外すという手術だそうで、さすがの和田アキ子さんも、その恐怖感を隠せない様子でした。

インプラント手術にかかった費用はベンツ一台分!?

jaygeorge / Pixabay

数年前に下顎は、自分の歯を抜いて全てインプラントにしているそうです。その費用はベンツ一台分ともいわれています。

ベンツでもクラスによって価格は違って500万円前後クラスから2000万円を超えるものまであります。

和田さんが言った「ベンツ一台分の費用がかかっている」というのがどのクラスか分かりませんが、一般的に1000万円近くかそれ以上かかっているということではないでしょうか。

和田アキ子の顔はどう変わった?昔の写真などとの比較!

和田アキ子さんの顔はどんな風に変わっていったのか、昔の写真と現在の写真とを比べてみました。

デビュー間もない若い頃の和田アキ子

和田アキ子さんのデビュー当時の画像ですが、現在とはかなり違って見えます。

こちらも同じくデビュー当時の写真です。当時の化粧の派手さが分かります。

これも和田アキ子さんのデビュー当時の写真ですが、なぜか無理やり日本人離れさせている化粧です。

当時の和田アキ子さんの髪型は今と全く違いますが、いつから今の髪型になったのでしょうか。

眼瞼下垂の手術する前の和田アキ子さんの画像です。

眼瞼下垂の手術後の和田アキ子さんの画像ですが、明らかに目が違います。

和田アキ子のすっぴんは?

芸能界の大御所である和田アキ子さんですが、その和田さんのすっぴんはなかなか見れないだろうと思います。

しかし、タレントのあびる優さんが、自身のオフィシャルブログに「ビッグマミー」のタイトル記事で、和田アキ子さんのすっぴんの写真を載せています。

その記事では、タレントのミッツ・マングローブさんと和田アキ子さん、そしてあびるさんの3人で食事をした時に、すっぴんで撮った写真をアップしています。

和田アキ子の整形疑惑の真相は?

pixel2013 / Pixabay

和田アキ子さんは、シェーグレン症候群を発症して顔がパンパンになっていたり、眼瞼下垂の手術をしたことを自分で告白していますが、整形していることを誤魔化しているという意見もあります。

和田アキ子さんは、現在69歳で年齢的にも整形するのも今更という気がしないでもありませんし、眼瞼下垂の手術をする前からテレビ画面でも目が垂れ下がってきているのは確認できていました。

ですから、和田アキ子さんの整形疑惑は、実際に眼瞼下垂の手術によるものだと見るのが妥当ではないでしょうか。

顔が変わったのは手術や持病が原因?

DarkoStojanovic / Pixabay

和田アキ子さんが最近顔が変わったことで、整形したのではないかと噂があります。和田さんが眼瞼下垂で手術したことを明かしていますが、知らない人が最近の和田さんの顔を見たら整形したと思うかもしれません。

眼瞼下垂は手術をする2年前からで、頭痛などの痛みもあって悩んでいたと告白していますから、そのせいで手術していることはほぼ間違いないでしょう。

さらに2016年頃から、シェーグレン症候群という難病も患い、その病気によって和田さんの顔は浮腫んでいました。そんなこともあって、なおさら顔が変化したのではないでしょうか。

現在も違和感が残る為、和田アキ子は本当に整形する事を検討している

Free-Photos / Pixabay

和田アキ子さんは、2018年11月に眼瞼下垂による手術を受けていますが、それまでに2年間頭痛や肩こりなどの症状に悩まされていたそうです。

生放送の番組を持っていたことで、なかなか手術に踏み切れずにいましたが、番組の休み中に思い切って手術をしたそうです。

手術をした結果、眼瞼下垂の症状は収まったようですが、手術後の目が予想と違っていたため、再手術を検討していると本人も語っていました。

和田アキ子が患っていたシェーグレン症候群とは?

和田アキ子さんが2016年に患っていることを明かしたシェーグレン症候群とはいったいどんな病気なのかを調べてみました。

シェーグレン症候群とは?

シェーグレン症候群とは「乾燥症候群」とも呼ばれ、主に40代から60代の中年の女性に多く、目の渇き、口の渇き、人によっては関節痛や疲れやすさといった症状がでる病気です。

シェーグレン症候群は、遺伝的な原因、ウイルスなど感染症などの環境的な原因、ホルモンバランスの乱れなどの原因など、守るはずの免疫が逆に正常な組織を攻撃する病気です。

NEXT:菊池桃子も患っていた?
1/2