1968年生まれの芸能人は?各ジャンルで活躍する有名人を紹介!

1968年生まれの芸能人は、佐々木蔵之介さん、大沢たかおさん、渡部篤郎さんら今でも活躍している俳優や、鈴木京香さん、大塚寧々さんら女優がいます。また元プロ野球選手、ミュージシャンやタレントも多くいます。そんな1968年生まれの有名人たちを紹介します。

1968年生まれの芸能人・有名人一覧【俳優編】

1968年(昭和43年)生まれの人は、干支は申年で今年2019年で51歳になります。1968年生まれの俳優にはどんな人がいるのかを紹介します。

佐々木蔵之介

佐々木蔵之介さんは、2月4日生まれ、京都府京都市上京区出身の俳優です。佐々木さんは京都市の造り酒屋である佐々木酒造の3代目佐々木勝也さんの次男として生まれています。

兄は一般人であり、蔵之助さんの弟である佐々木晃さんが佐々木酒造の4代目を継いでいます。神戸大学農学部に東京農業大学から編入し、バイオテクノロジーや酒米の研究をしていました。

1992年に、広告代理店の大広に入社し、同時に劇団の活動をしていましたが、2年半後には大広を退社し、劇団「惑星ピスタチオ」の旗揚げに参加しています。

大沢たかお

大沢たかおさんは、3月11日生まれ、東京都出身の俳優・ナレーター・声優です。専修大学在学中にスカウトされモデルとして活動を始め、ファッション誌やパリ・コレクションでも活躍していました。

1992年には鶴田真由さんと共演した日本石油のCM「レーサー100」で注目を集め、その後俳優に転向し、ドラマ「君といた夏」や「星の金貨」で有名になりました。

1995年には、映画「ゲレンデがとけるほど恋したい」で主演を務めたことで、スキーブームの再来となりました。

西川忠志

西川忠志さんは、4月20日生まれ、大阪府堺市堺区出身の俳優です。父親は西川きよしさんであり、母親は西川ヘレンさんです。弟は元俳優の西川弘志さん、妹はタレントの西川かの子さんです。

玉川大学文学部在学中の1998年にアクターズエージェンシーに所属し、「愛の劇場・心変わり」でデビューしました。

父親とは違い、悪役や二枚目の役が多く、テレビドラマのレギュラー出演や舞台俳優としての地位を築いています。2009年3月には、父親と同じ吉本興業に移籍し、吉本新喜劇に入団しています。

大鶴義丹

大鶴義丹さんは、4月24日生まれ、東京都杉並区出身の俳優・小説家です。父親は劇作家であり、芥川賞作家の唐十郎さんで、母親は在日朝鮮人の舞台女優の李麗仙さんです。

日本大学芸術学部文芸学科を中退しています。高校時代からNHKのテレビドラマなどに出演し、大学在学中に映画「首都高速トライアル」で映画デビューしています。

その後はテレビドラマと舞台を中心に活動し、小説家としては大学在学中の1990年に「スプラッシュ」で第14回すばる文学賞を受賞しています。

渡部篤郎

渡部篤郎さんは、5月5日生まれ、東京都新宿区出身の俳優で、スターダストプロモーションに所属しています。高校を中退し、母親のバーを手伝ったり、肉体労働のアルバイトの経験がありました。

丹波哲郎さんの演劇学校である「丹波道場」に所属し、日活ロマンポルノにも出演しています。1991年には五木寛之原作の「青春の門」で主人公の伊吹信介役を演じています。

1997年にドラマ「ストーカー逃げきれぬ愛」で、高岡早紀さんにつきまとうストーカー役を演じていますが、それ以降は数々の連続ドラマに出演しています。

内野聖陽

内野聖陽さんは、9月16日生まれ、神奈川県横浜市出身の俳優です。早稲田大学政治経済学部を卒業しています。1992年の大学在学中に文学座研究所に入所していますが、同期には寺島しのぶさんがいます。

1996年の「ふたりっ子」や1997年の「ミセスシンデレラ」に出演したことで有名になりました。

2003年の「蝉しぐれ」で牧文四郎役を演じ、放送文化基金出演者賞とモンテカルロ・テレビ祭の主演男優賞を受賞しました。

鈴木一真

鈴木一真さんは、10月8日生まれ、静岡県三島市出身の俳優です。1987年にスカウトで雑誌「POPEYE」でモデルデビューしています。

1990年にフランスに渡り、日本人男性初の「ベネトンワールドキャンペーン」のモデルに選抜されました。

1995年から俳優業を始め、1998年のNHK連続テレビ小説「天うらら」でヒロインの恋人役に選ばれています。

内海光司

内海光司さんは、1月11日生まれ、東京都出身の俳優です。1981年9月の中学2年の時に、ジャニーズファミリークラブに遊びに行き、その場でスカウトされて事務所入りしています。

1983年3月にイーグルスのグループ名でレコードデビューしましたが、1987年8月、大沢樹生さんと共に、光GENJIとして再デビューしています。

1995年9月に光GENJIが解散したあとは、テレビドラマ俳優や舞台俳優として活動しています。

三宅弘城

三宅弘城さんは、1月14日生まれ、神奈川県横須賀出身の俳優です。中学時代からKARAが参加する「有頂天」をよく聞いていて、バンド活動でもドラムを叩いていました。

大学時代に、大槻ケンヂさんや若王子耳夫さんらと知り合い、1988年に劇団健康のオーディションに合格し入団しています。

小松和重

小松和重さんは、2月24日生まれ、東京都出身の俳優です。1992年6月、倉森勝利さん、平田敦子さんらと共に劇団「サモ・アリナンズ」を結成し座長を務めました。

また、2004年からはサモ・アリナンズの劇団内で「劇団ワンダフル」を結成し、劇団活動以外にも多くの演出家の公演にも出演しています。

テレビドラマでは、宮藤官九郎さんの作品に多く出演しています。

古舘寛治

古舘寛治さんは、3月23日生まれ、大阪府堺市出身の俳優です。

ニューヨークで演技を学んだあと、青年団に入団し、沖田修一さんや山内ケンジさんの監督作品の常連で個性的な役を演じています。

宮地大介

宮地大介さんは、4月3日生まれの俳優で、タイタンに所属しています。

役者として多くのテレビドラマや映画、舞台に出演し、芸人としても活動しています。

辻輝猛

辻輝猛さんは、4月14日生まれ、東京都出身の俳優です。父親は俳優の辻萬長さんで、母親は児童文学作家の辻邦さんです。

中学を卒業後に文学座付属演劇研究所に入所し、1986年に映画「ブラックボード」の主役でデビューしています。

1990年からは、テレビドラマを中心に活動していますが、時代劇ドラマでは父親と共演しています。

右近健一

右近健一さんは、5月2日生まれ、愛媛県出身の俳優です。1989年から「劇団☆新感線」に所属しています。

大阪芸術大学芸術学部を卒業後は、スタッフとして歌唱指導などを行い、舞台ではオカマや南蛮人など奇抜なキャラクターで出演しています。

松井哲也

松井哲也さんは、6月20日生まれ、東京都江戸川区出身の俳優です。1985年に16歳で倉田プロモーションに所属し、倉田保昭さんの内弟子としてアクション俳優をめざすようになりました。

1986年の香港映画「十福星」のオーディションで合格し、香港でデビューしています。1987年には「チャイニーズ・ウォリアーズ」で主演を果たし、香港映画界で売れっ子となりました。

前田耕陽

前田耕陽さんは、8月16日生まれ、東京都八王子市出身の俳優・タレントです。1983年12月に中学3年生でジャニーズ事務所に入所しています。

その後、「男闘呼組」のリーダーとして活躍しました。「男闘呼組」の解散後は「前田耕陽BAND」や「GODDESS」のバンド活動をしています。

最近では高橋和也さんらと「MIDNIGHT ANGEL」名でバンドを結成しています。

斎藤隆治

斎藤隆治さんは、8月26日生まれ、神奈川県横浜市出身の元俳優です。実姉は女優で歌手の斉藤由貴さんで、姪には声優の芹澤優さんがいます。

羽根田陽一

羽根田陽一さんは、8月27日生まれ、埼玉県出身の俳優・声優です。現在はプロダクション・タンクに所属しています。

テレビドラマでは「相棒」、「七人の女弁護士」などに出演しています。

松永博史

松永博史さんは、9月5日生まれ、千葉県出身の俳優です。1989年に俳優としてデビューしたあとは、多くのテレビドラマ・映画などで活動しています。

プライベートでは大鶴義丹さんと遊び仲間であり、年齢・身長・体重も同じです。

倉田てつを

倉田てつをさんは、9月11日生まれ、東京都江東区出身の俳優です。千葉商科大学付属高等学校に在学中から東映演技研究所に在籍しています。

1987年6月に「新・仮面ライダー主役公募オーディション」に応募し、8100人の中から優勝し、仮面ライダーBLACK役で俳優デビューしました。

1989年に、原隆仁監督の「べっぴんの町」で映画デビューし、1991年にはNHK連続テレビ小説「君の名は」の主人公である後宮春樹役に選ばれています。

大沢たかおに関する記事はこちら

1968年生まれの芸能人・有名人一覧【女優編】

1968年生まれの女優にはどのような人がいるのかを紹介します。50歳を過ぎてもなお美しい女性ばかりです。

和央ようか

和央ようかさんは、2月15日に生まれた女優で、元宝塚歌劇団宙組トップスターです。東京都世田谷区で生まれています。

1988年に宝塚音楽学校を卒業し、74期生として宝塚歌劇団に入団していますが、入団時の成績は7番でした。

新進の男役スターとして活躍し、1997年にはトップスター轟悠さんに次ぐ雪組2番手スターとなりました。

石野陽子

石野陽子さんは、2月20日生まれ、兵庫県芦屋市出身の女優です。堀越学園を卒業しています。姉は女優・歌手の石野真子さんで、妹は女優・タレントの宝乃純さんです。

1985年「テディーボーイ・ブルース」でアイドル歌手としてデビューしています。同期には中山美穂さん、南野陽子さん、斎藤由貴さんらがいます。

志村けんさんとの夫婦コントで、バラエティアイドルとして人気を博しました。

設楽晴子

設楽晴子さんは、3月1日生まれ、福島県郡山市出身の女優・タレントです。

1984年に芸能界にデビューし、翌年の1985年にフジテレビ系で放送されたドラマ「スケバン刑事Ⅱ少女鉄仮面伝説」で知名度が上がりました。

1990年代からは、向田邦子さんの新春ドラマシリーズの次女役で出演していました。1995年にアメリカ・ロサンゼルスに移住し、アメリカ人男性と結婚、現在は家族とハワイに在住しています。

生稲晃子

生稲晃子さんは、4月28日生まれ、東京都小金井市出身の俳優・歌手です。アイドルグループ「おニャン子クラブ」の元メンバーで、会員番号は40番でした。

恵泉女学園短期大学英文学科を卒業しています。1986年6月に「夕やけニャンニャン」のオーディションコーナーに合格し、6月13日からデビューしました。

2001年4月にプロダクション尾木から独立し、女優として活動するようになりました。ドラマ「キッズ・ウォー」シリーズで主演を果たしています。

鈴木京香

鈴木京香さんは、5月31日生まれ、宮城県出身の女優です。東北学院大学経済学部を卒業しています。大学在学中からモデル事務所である仙台SOSモデルエージェンシーに所属し、モデルとして活動していました。

1988年にカネボウ水着キャンペーンガールに選ばれ、本格的に芸能界で活動を始めています。

1989年に映画「愛と平成の色男」で女優デビューし、1991年に連続テレビ小説「君の名は」でヒロイン役の真知子を演じて知名度を上げました。

夏川結衣

夏川結衣さんは、6月1日生まれ、熊本県八代市出身の女優です。八代白百合学園高等学校を卒業後、福岡でモデルの活動をしていましたが、スカウトされ22歳で東京に進出しています。

1992年にドラマ「愛という名のもとに」で女優デビューし、1993年の「空がこんなに青いわけがない」で映画デビューしています。また、1994年の「夜がまた来る」で映画初主演を果たしています。

河合美智子

河合美智子さんは、6月13日生まれ、神奈川県平塚市出身の女優・歌手です。1983年の映画「ションベンライダー」の主役でデビューしています。

その映画の役名の「河合美智子」がそのまま芸名となりました。また、同映画の主題歌「わたし・多感な頃」で歌手デビューも果たしています。

NEXT 大塚寧々