かっこいいおじさんの特徴は?芸能人や有名人では?年代別に紹介! 雑学・ライフスタイル

かっこいいおじさんの特徴は?芸能人や有名人では?年代別に紹介!

男性は、かっこいいおじさんを見ると、「自分もあんな風に歳をとりたいな」と思うのではないでしょうか?今回は、そんな「かっこいいおじさん」の特徴や髪型やファッション、芸能人や俳優さんでは、どんな方がいるのかをまとめてみたので、見ていきましょう。

目次

[表示]

かっこいいおじさんとは?

PrinceMedia / Pixabay

テレビや映画を見ていて、「このおじさんかっこいいな〜」と思ったことはありませんか?また、あなたの周りでも、かっこいいおじさんはいるかもしれません。

だいたい、そんなかっこいいと思わせるおじさんは、魅力が溢れ出ているセクシーさや、スマートに身をこなしているダンディーさを持っているのでしょう。

最近では、そんなかっこいいおじさまを「イケメンなおじさま」と呼んだりもしています。あなたも、憧れの「イケメンなおじさま」を目指しましょう。

そもそもおじさんは何歳から?かっこいいおじさんの定義とは?

nastya_gepp / Pixabay

最近増えている、「かっこいいおじさん」ですが、世間の人たちは実際、何歳ぐらいからおじさんと言う定義を持っているのでしょうか?

もちろん、人それぞれによって、おじさんだと思う年齢の差はあるのでしょうが、おじさん本人のアンケートなどでも結果は出ているようです。

世間がおじさんだと認識する年齢や、おじさん本人が自分は「おじさん」になったと認識する年齢は、だいたい35歳~40歳ぐらいだそうです。

関連する記事はこちら

かっこいいおじさんの特徴【外見編】

DokaRyan / Pixabay

かっこいいと言われているおじさんは、どんな見た目の特徴があるのでしょうか?確かに、極端に太っていては、かっこいいとは言えないかもしれません。

脂ぎった、整っていない髪型のおじさんや、爽やかさのないおじさんは、かっこ悪いおじさんどころか、むしろ嫌われてしまうかもしれません。

今回は、そんなかっこいいおじさんの見た目の特徴を紹介していきます。

歳をとってもイケメン

Pexels / Pixabay

1つ目は「何歳になってもイケメン」です。かっこいいおじさんは、やはり歳をとってもイケメンなのです。

若い頃から、顔立ちは整っていて、イケメンなのはもちろんなのですが、歳をとっても、その端正な顔立ちは変わらず、モテているはずです。

歳をとっておじさんになっても、女性から人気があるので、かっこいいおじさんも、頑張ってかっこよさをキープしようとしています。

落ち着いた渋さを持っている

Free-Photos / Pixabay

2つ目は、「かっこいいおじさんは、落ち着いた渋さを持っている」ようです。

歳をとって、おじさんにはなりたくないと言う人が多数を占めるでしょうが、おじさんになるメリットとしては、その「渋さ」が売りになるでしょう。

「かっこいいおじさん」は、そのダンディな魅力から「渋さ」を出していて、大人の落ち着いた雰囲気を持っています。

渋いだけではなく爽やかさも持ち合わせている

rawpixel / Pixabay

3つ目は、「渋さだけではなく、爽やかさも持ち合わせている」ようです。

かっこいいおじさんの特徴で、渋さを兼ね備えているイケメンなおじさまは、間違い無いのですが、さらに、そこに爽やかさも乗っかってきます。

「渋い」と言うのは、ダンディな魅力で溢れているという事ですが、それだけだと世の女性は近づきずらいです。しかし、そこに「爽やかさ」が入ることによって、女性も近づきたくなります。

身なりがきちんとして清潔感がある

stevepb / Pixabay

4つ目は、「身なりもきちんとしていて、清潔感がある」ようです。

「かっこいいおじさん」以外のおじさんは、若い子たちから、「おっさん」と呼ばれることもあります。それは、「おっさん」の臭いや不潔感からくるものでしょう。

しかし、「かっこいいおじさん」というのは、ちゃんと見た目を気にしていて、身なりもきちんと整えて、清潔感も大事にしています。

服装にもこだわりがある

Awaix_Mughal / Pixabay

5つ目は、「かっこいいおじさんは、自分の服装にもこだわりがある」ようです。

「かっこいいおじさん」の爽やかさは、見た目の服装などにも、ちゃんと意識して、こだわりがあるところからきています。

おじさんはスーツを着ることが多いですが、スーツ一つにしても、だらしなく見えるおじさんと、シャキッとしているおじさんは、全然違います。

メガネや帽子などの小物使いが上手

Free-Photos / Pixabay

6つ目は、「メガネや帽子など、小物の取り入れ方が上手」なようです。

「かっこいいおじさん」は、普段のスーツもバシッと決まっていますが、プライベートの私服も綺麗に爽やかに着こなします。

そこに、メガネや帽子などの小物を取り入れて、よりオシャレに自分を演出できる才能も持ち合わせています。

髪型もこだわっていてオシャレ

Pexels / Pixabay

7つ目は、「服装はもちろん、髪型にもこだわりを持っている」ようです。

いわゆる「おっさん」と呼ばれている人たちの髪型は、ボサボサとしていて、脂ぎっているオイリーな髪でしょう。

しかし、「かっこいいおじさん」と呼ばれる人たちは、髪型にもこだわりを持っていて、自身が似合う髪型を日々研究しています。

スーツが似合う

Free-Photos / Pixabay

8つ目は、「かっこいいおじさんは、スーツを着こなす」ようです。

街で見かける「おっさん」は、太った体型でダボダボのスーツを着ていたりして、清潔感や爽やかさがなく、何よりスーツに着られている感が満載です。

「かっこいいおじさん」は、見た目の体型ももちろん気にしているので、その維持された体型は、スーツも着こなします。

かっこいいおじさんの特徴【性格・言動編】

12019 / Pixabay

かっこいいおじさんは、見た目がかっこいいのは、もちろんの事ですが、その性格や言動もかっこいいはずです。

ひねくれた性格のおじさんや、冷たい態度のおじさんがかっこいいおじさんの訳がありません。

今回は、かっこいいおじさんの性格や、言動はどういったものなのかを見ていきましょう。

言葉使いが丁寧

TeroVesalainen / Pixabay

1つ目は、「かっこいいおじさんは、品があり、言葉使いが丁寧」です。

「かっこいいおじさん」というのは、乱暴な言葉使いや、下品な言葉などを使わないので、そこに品が生まれます。

部下を叱る時だって、声を荒げて怒鳴り散らすこともなく、冷静に判断して、部下の今後につながるようなアドバイスもするでしょう。

知識が豊富

ninocare / Pixabay

2つ目は、「かっこいいおじさんは、ボキャブラリーが豊富」です。

「かっこいいおじさん」というのは、ボキャブラリーが豊富なので、様々な言葉などを知っています。知識が豊富な分、人との会話もスマートにこなします。

ただ、相槌をうつだけではなく、その会話にレスポンスできる能力があるので、相手にとっても、話をしたくなります。

女性に対してスマートで優しい

CapucineModa / Pixabay

3つ目は、「女性に対して、スマートで優しい」です。

「かっこいいおじさん」は、誰に対しても優しさを持っていますが、特に女性に対しては特別な優しさを持っています。

女性に対しては、特別な優しさを持っているというと、「いやらしさ」を感じてしまいますが、「かっこいいおじさんは、スマートに女性をエスコートできます。

一般常識やマナーが身についている

rawpixel / Pixabay

4つ目は、「ちゃんとした一般常識や、マナーが身についている」ようです。

大人の常識のない行動をしてしまう「おっさん」に対して、「かっこいいおじさん」は、一般的な常識をわきまえています。

誰かの前だから、一般的な常識で行動しようという訳ではなく、普段から、誰が見ていなくても、一般的な常識で行動しています。

レディーファーストでジェントルマン

Bergadder / Pixabay

5つ目は、「必ずレディーファーストでジェントルマン」です。

「かっこいいおじさん」は、女性をスマートにエスコートすることができます。その際は、必ずと言っていいほど、レディーファーストです。

そんなレディーファーストで、女性をエスコートしている「かっこいいおじさん」を姿を周りが見ると、惚れ惚れしてしまいます。

上から目線の発言はしない

mohamed_hassan / Pixabay

6つ目は、「部下などに上から目線で発言はしない」です。

「かっこいいおじさん」というのは、年下や部下だからといって、態度を変えることなく、上から目線の発言などもしません。

対等な立場で話をすることによって、年下や部下から信頼を得ることができ、仕事なども、成功に向かって一緒に頑張っていけるのです。

頭が低く人によって態度を変えない

RyanMcGuire / Pixabay

7つ目は、「頭が低く人によって態度を変えない」ようです。

「かっこいいおじさん」は、頭を低くすることができるので、年下や、部下によって態度を変えないという、素晴らしい品格をお持ちですが、年上の上司にも意見が言えます。

正義感が強いので、上司の間違っていることを、ちゃんと「間違っています」と意見を言うことが言えるのも特徴的でしょう。

かっこいいおじさんの特徴【経済力編】

MichaelWuensch / Pixabay

かっこいいおじさんというのは、お金を持っていて、経済力も豊かな方が多いです。

では、そんなかっこいいおじさんは、そのお金のどのように使っているのでしょうか。

お金の羽振りがいい

8385 / Pixabay

1つ目は、「お金にケチケチしないで羽振りがいい」です。

「おっさん」と呼ばれている人たちは、お金にがめつく、きっと部下であろうと奢ってくれるなんてことはしないでしょう。

「かっこいいおじさん」は、お金にケチケチしていないので、部下との会食などの支払いは、自分がするでしょう、それも、スマートに行います。

遊ぶことにお金を使う

Free-Photos / Pixabay

2つ目は、「遊ぶということに、お金を使う」ようです。

経済力も兼ね備えている「かっこいいおじさん」は、「遊ぶ」ということに対して、ちゃんとお金を使うようです。

自分の趣味などにはもちろん、高い車や、美味しいご飯に対してお金を使います。そうやって「お金を使う」ということすら、遊びにしているということです。

貯蓄もきちんとしている

QuinceMedia / Pixabay

3つ目は、「お金は使うけれども、貯蓄もきちんとしている」ようです。

「かっこいいおじさん」は、お金にケチケチしないで羽振りがいいですが、無駄にお金を使うという訳ではありません。

自分や、家族の将来のことをちゃんと考えていて、貯蓄もしています。その貯蓄を投資に回しているという人もいるようです。

かっこいいおじさんの髪型は?

Awaix_Mughal / Pixabay

30代の後半から40代にかけて、髪にボリュームがなくなってきて、ぺったんこになり、白髪も目立つようになってきます。

そんな髪質にはなってきますが、「かっこいいおじさん」は、ビシッと決めて、清潔感あふれる髪型にしています。

今回は、そんな「かっこいいおじさん」の髪型を紹介していきます。

ショートヘア

1つ目は、「爽やかなショートヘア」です。ショートヘアで爽やかな印象を与えることができます。

髪にボリュームがなくなってきたり、白髪が目立つようになってきた方にオススメな髪型です。分け目などを変えると、また違った印象になります。

スタイリング剤で、フワッとボリュームのある髪に仕上げれば、見た目よりも若く見えます。スポーティーになりすぎないように注意してください。

ワイルドショート

2つ目は、「男らしさを演出するワイルドショート」です。

男らしく、バサッと髪を切って、ベリーショートにしてもワイルドな雰囲気の「かっこいいおじさん」になれるでしょう。

この髪型は、白髪が混じっていても、逆にダンディさを出すことができます。ワイルドでダンディーなおじさまを目指すならオススメの髪型です。

ナチュラル

3つ目は、「ふんわりと知的なナチュラルスタイル」です。

全体的にもっさりとなってしまわないように、サイドは刈り上げにして、フワッとナチュラルな髪型にしてみるのもいいでしょう。

メガネをかけている人などは、この髪型にすると優しさが溢れ出て、知的に見えることもあるので、オススメです。

ツーブロック

4つ目は、「ワイルドで、ダンディーなツーブロック」です。

最近、街でよく見かける髪型かもしれませんが、サイドをすっきりとさせたツーブロックで、前髪はオールバックで、ワイルドかつダンディーに仕上げます。

白髪や髭との相性もバッチリで、サイドがすっきりとしていることもあり、清潔感のある髪型を演出することができます。

NEXT:かっこいいおじさんのファッションは?
1/3