松田聖子は整形している?デビュー当時と現在の画像と徹底比較!

松田聖子さんといえば誰もが知っている1980年代のトップアイドルです。デビューから約40年が経った今も永遠のアイドルと言われる松田聖子さんですが近年劣化が目立つように。いつの間にか歯並びが整い整形疑惑の噂も聞こえるようになりました。気になる真相に迫ります。

松田聖子のプロフィール

  • 松田聖子(まつだ せいこ) 本名 蒲池法子(かまち のりこ)1962年3月10日生まれ
  • 福岡県久留米市出身  身長160cm 体重 42kg  血液型 A型
  • 娘は女優の神田沙也加  (元夫である神田正輝との長女)
  • アイドル・歌手・シンガーソングライター・女優
  • デビュー:1980年4月「裸足の季節」

松田聖子さんは当時トップアイドルだった山口百恵さんの引退という時代の転換期である1980年にデビューしました。聖子さんが18歳の時ということになります。

関連する記事はこちら

松田聖子は整形している?

rawpixel / Pixabay

松田聖子さんは18歳でアイドルデビューして以来、結婚・離婚を経験されましたがずっとトップアイドルとして芸能界に君臨しています。

現在57歳となった聖子さんですが、とても57歳とは思えない美しいお顔でいらっしゃいます。そのせいか世間では整形しているという声が聞かれるようになりました。

本当のところはどうなのでしょう。詳しく解説していきます。

2000年頃から整形疑惑が浮上

2000年頃から顔が変わった!?と言われるようになった松田聖子さん。2000年で38歳ですから若い頃とはお顔も年相応に変化はするものでしょう。

目元が不自然?いや、メイクさんの腕が素晴らしいだけ?しかし、歯並びは綺麗に整っています。確か八重歯があったはずですが、ありません。歯列矯正をした事は分かりました。

私生活では1998年に6歳下の歯科医、波多野浩之氏とビビビ婚。しかし2年半で離婚しました。歯科医の夫に歯を美しくしてもらったのかも知れません。

50代になり見た目に変化が表れ始めた

2010年代に入ると、さすがの松田聖子さんも見た目に年齢が出始めたようです。50歳代になるとメイクでは隠しきれないシワやたるみが出てきます。

アイドルはたるむわけにはいかないのでしょうか。ヒアルロン酸注入したのかお肌は透明感がありますが、顔がパンパン・・・これまでの聖子さんと顔が違いますね。

顔が不自然に大きくなったのは2014年頃から!

さらに歳月が流れ2014年頃の松田聖子さんのお顔を見てみましょう。おでこを全部出しているせいなのか、とにかく顔が大きく見えます。笑うとほっぺたが盛り上がりさらに不自然に見えます。

美しいはずなのに、何かおかしいように見えるのはやはり整形してるからでしょうか。

2017年には紅白に出場するも、視聴者から不自然さを指摘される

2017年の紅白に出場した松田聖子さん。視聴者の人たちからはこんな辛辣な声が聞かれました。

人気にも陰りが見え始めた松田。紅白歌合戦では劣化以上に“老婆化”していたという噂も広がった。「聖子はこれまで、張りのある肌で若々しさにあふれていました。でも、昨年の紅白を見る限り、顔はたるみ、むくみも目立ちました。年齢以上に老けてみえたくらいひどく、聖子の凋落を感じたほどです」(同・記者)

(引用:Excite Japan Co., Ltd.)

紅白に出演する時はヒアルロン酸などのプチ整形はあえて施さなかったのでしょうか。逆に55歳にもなれば、シワやたるみがあるのが普通、年相応で良い、という意見もあったようです。

「劣化した」と感じるファンも多い?

Alexas_Fotos / Pixabay

芸能人・アイドルは夢を売るのがお仕事ですから、世間やファンの人たちもいつまでも若い頃の聖子さんでいて欲しいと思うあまり、実際の年齢の姿を受け入れられないのかもしれません。

今のお顔が自然に年齢を重ねたものに見えないために、劣化と言われる原因なのかもしれません。

松田聖子の整形疑惑があるパーツは?

ivanovgood / Pixabay

では、松田聖子さんのお顔のどのパーツが整形疑惑があるのか、一つ一つ詳しく見ていきます。

整形疑惑①目頭切開を行った?

Skitterphoto / Pixabay

目頭切開とは、東洋人の約8割にある「蒙古(もうこ)ひだ」と呼ばれる目頭部分を覆っている上まぶたのひだを切除・切開する手術のことです。

目頭切開に向いている人のお顔の特徴を上げてみます。

  • 目と目の間に距離がある
  • 目をもっと大きく見せたい
  • 平行型の二重にしたい
  • 欧米人のようなはっきりした目元にしたい
  • 切れ長の目にしたい・・・etc

ダウンタイムは?

wjgomes / Pixabay

ダウンタイムとは治癒期間の事です。目頭切開をすると、手術後2~3日が一番腫れる時期で、腫れが治まるまで約2週間ほどかかります。抜糸までの一週間は安静にする事も必要です。

目頭切開した目を見分けるポイント

skeeze / Pixabay

  • 目頭の粘膜(ピンク色の粘膜)が露出し過ぎている
  • 目頭と目尻の幅が違和感を覚えるほど違い過ぎる
  • 目が寄り目になり過ぎている
  • 目頭が不自然に下方に向かって下がりとがっている

このようなポイントを聖子さんに当てはめると、ピンク色の粘膜がよく見えており、デビュー当時のクリッとした目から切れ長になって目頭の先が下がっているように見えます。

ということは聖子さんは目頭切開をしている説が濃厚と言えます。

母親は二重、松田聖子は一重で悩んでいた

松田聖子さんの母親は二重まぶたではっきりとした目をしていらっしゃったそうですが、10代の聖子さんは一重まぶただったので、母親の目が羨ましかったといいます。

松田聖子さんのデビュー当時の写真を見てもお母様ははっきりと二重まぶたが分かりますね。聖子さんは一重まぶたでも充分に可愛らしいですね。

厳格なお父様の厳しい躾があったそうで、写真からも品の良いお嬢様という事が伝わってきます。

「朝起きたら二重になっていた」と発言し整形疑惑が浮上

Free-Photos / Pixabay

20代前半だと思います。ちょうど80年代半ばに語学留学の為ハワイ留学した松田聖子さん。この時期に目の整形をしたのでは~と噂されたそうです。聖子さん的には『朝起きたら二重になっていた』らしいです・・・汗

(引用:あっぷあっぷ 「松田聖子顔の変化と現在の腫れ方がパンパン過ぎでヤリ過ぎ伝説W」)

本人は否定していますが、どうやら1980年代半ばハワイへ語学留学した時期があり、その時に二重まぶたに整形したのではと言われているようです。

「朝起きたら二重になっていた」発言を信じている人は少数のようで、ほとんどの人は整形したと思っているようです。

整形疑惑②ヒアルロン酸を注入している?

ヒアルロン酸を気になる部分に注入して高さやハリ感を出したり、表情によってシワになってしまった部分に注入してシワを目立ちにくくして若々しく弾力のある素肌を取り戻します。

  • ほうれい線や目尻のシワ取り。フェイスラインの輪郭形成も出来ます。メリットは、その場で注入が可能であり、翌日から仕事も出来る事。
  • デメリットは、頬などに注入し過ぎると顔全体が腫れ上がっているように見えたり、肌が突っ張るなどの症状が出ます。
  • 入れすぎたヒアルロン酸を分解・修正する事も可能。

ヒアルロン酸を入れることでおでこや頬がふっくらして、いきなりシワがなくなった感じです。しかし入れ過ぎなのかだんだん顔がパンパンになって目が埋もれている感じです。

松田聖子さんは、やはりヒアルロン酸注入をしていると言えそうです。

肌が「人工的で不自然」と言われている

お肌の若返りにはヒアルロン酸だけでなくボトックス注射、コラーゲン注射というものもありいずれもシワやたるみの改善に有効だそうです。

他にピーリングという施術もあり、肌に薬剤を塗って肌表面にこびりついている古い角質を取り除く治療法です。やりすぎると表皮が薄くなり「ビニール肌」になってしまうそう。

一見するとつやつやで綺麗に見えるのですが化粧水がしみて痛い、肌が乾燥する、潤っていないのにピカピカ光っている、キメがない、というのがビニール肌の症状です。

やり過ぎは禁物

もしかすると松田聖子さんの顔が突っ張っていてテカテカに光って人工的に見えるのは若返りの施術のやりすぎなのかもしれません。

40代の頃の写真ではおでこにシワがあった

松田聖子さんの40歳代の画像を見るとシワがあり、年相応のお顔です。しかし、50歳代ではシワがなくなり若返って見えます。

40歳代の頃より若返っているわけですから、ヒアルロン酸注入などをされている説も濃厚ですね。

松田聖子は本当に整形をしているの?疑惑の真相は?

geralt / Pixabay

永遠のアイドルとは言え、誰もが平等に歳をとります。歳をとらない為には整形が一番手っ取り早いと言えそうです。松田聖子さんの整形に関する真相を探りたいと思います。

本人は整形をカミングアウトしていない

philm1310 / Pixabay

最近では「整形しました!」と告白する女性タレントもおり、整形は珍しいものではなくなりました。ヒアルロン酸などメスを入れない施術はプチ整形と呼ばれています。

松田聖子さんはこれまで一度も整形したとは言っていません。美容法については語っていますが、どれも一般人でも出来るような内容です。

劣化しない理由の一つに「若い頃から体重が変わらない」事も重要だそうです。松田聖子さんは若い頃からスリムで華奢でした。今も変わらないスタイルをキープされています。

永遠のアイドルゆえのプライド

松田聖子さんの美容法を実践したら松田聖子のように若々しくなれるのか?というと無理がありますがご本人から整形を認める事はなさそうです。

ヒアルロン注射を打っている可能性が高い?

あくまで噂ですが松田聖子さんは毎週のように何らかの若返りの施術をされていると言われています。ヒアルロン酸注射はシワの下に直接注射して皮膚を持ち上げる事でシワを消します。

シワを消す分、肌はボリュームアップするので顔がパンパンになってしまうそうです。それでもやり続けると最終的には整形が崩れるそうです。

やり過ぎた整形は元に戻せないので若返りはほどほどにしておいたほうが良さそうです。

松田聖子が施術した整形外科に関心を持つ人も多い

Pexels / Pixabay

松田聖子さんは全身整形を施したと言われています。全身とは目、歯、皮膚の事を指すようです。歯に関しては500万円以上かけてオールセラミックにしたと言われています。

頬が持ち上がっているのはフェイスリフト施術ではと言われています。こめかみから専用の糸でたるんだ肉を持ち上げて固定するのです。

不自然という意見もありますが、これだけ関心を持たれるというのは松田聖子さんのように若々しくなりたいと願い、どこの整形外科なのか知りたいという女性が多いのでしょう。

松田聖子の顔の変化を検証!昔の写真から現在まで

pixel2013 / Pixabay

ここから松田聖子さんの昔の写真から現在までを見ていきます。

1980年頃のデビュー当時の画像

デビュー当時の聖子さん、目は一重まぶたで八重歯が可愛らしいです。いわゆる聖子ちゃんカットが大流行でした。守ってあげたい華奢な女の子のイメージです。

1990年アイドル全盛期の頃の画像

1990年、松田聖子さんは全米デビューしました。28歳の時ですね。すっかり大人びた表情でこの頃には八重歯がなくなっています。

1983年ブレイク時の画像

アイドルらしい可愛い笑顔です。メイクもナチュラルです。

NEXT 1984年頃の画像