丸山桂里奈が嫌いな人は多い?嫌われる理由はおバカキャラだから?

丸山桂里奈さんは、元サッカー女子日本代表の選手ですが、おバカキャラの丸山さんが嫌いだという人も多く、その理由は下品な発言が多いとか、虚言癖があるなどをあげています。また、東京電力に対しての発言でブログが炎上しています。そんな丸山桂里奈さんを紹介します。

丸山桂里奈のプロフィール

丸山桂里奈さんは、1983年3月26日生まれ、東京都大田区出身の元サッカー日本女子代表選手です。サッカー選手時代のポジションはフォワードでした。

日本体育大学体育学部を卒業し、現在ホリプロに所属しています。中学時代に読売メニーナに入団し、1997年には第18回全日本女子サッカー選手権大会に出場登録されました。

大学在学中にサッカー女子日本代表に選出され、2003年のFIFA女子ワールドカップ、2004年のアテネオリンピックに出場しています。

サッカー選手を引退後タレントとして活躍

pixel2013 / Pixabay

2016年9月にサッカー選手を引退した丸山桂里奈さんは、すぐにタレントに転身しバラエティ番組などで引っ張りだこになっています。

また、サッカー選手らしくない問題発言などで注目されています。

鈴木奈々に関する記事はこちら

丸山桂里奈が嫌い?なぜ嫌われているの?みんなの声を紹介!

arembowski / Pixabay

丸山桂里奈さんは現在、タレントとして活動していますが、視聴者からは丸山さんを嫌っている人も多いようです。なぜ嫌われているのかその理由を探ってみました。

SNSでは「勘違いブス」と厳しい声が

Myriams-Fotos / Pixabay

もともと丸山桂里奈さんは、なでしこジャパンで活躍していた時から、選手の中でもルックスがいいといわれていました。

そんな丸山桂里奈さんですが、現在はネット上で「勘違い」「ブサイク」などと厳しい非難を浴びています。

サッカー選手として活躍していた頃と、芸能界に入ってからの丸山桂里奈さんの評価が違ってきたのが気になります。

ルックスが気になる人が多い?

RoyBuri / Pixabay

丸山桂里奈さんに関しては、そのルックスが気になるという意見が多いようです。芸能人としての丸山さんは、可愛くはないし実際ブスだという厳しい意見もあります。

「笑えないバカ」という意見もある

Free-Photos / Pixabay

丸山桂里奈さんについて顔がブスだけでなく、「笑えないタイプのバカ」だとも言われ、かなり酷評されています。

中にはキンタローよりもブスだとか、もうテレビには出てくるなといった意見まであります。

そうした悪い評価とは逆に、丸山桂里奈さんのことを可愛いと絶賛する意見もあるようです。

天然キャラは演技ではないか?と疑っている人も

丸山桂里奈さんは現在、バラエティ番組で活躍していますが、丸山さんはかなりの天然ぶりを発揮しています。

しかし、その天然キャラが演技ではないかと疑いの目で見ている人もいます。それはなぜかというと、丸山桂里奈さんがあまりにも予想を超える、ぶっ飛び過ぎた発言をしているからのようです。

たとえば、サッカー女子日本代表選手でありながら、イエローカードを何枚もらったら退場になるか知らなかったとか、ロンドンオリンピックの銀メダルを失くして焦っているとかいうコメントからそう思われています。

丸山桂里奈が嫌われる理由まとめ!原因は性格?

MiraviArt / Pixabay

丸山桂里奈さんが嫌われている理由はいくつかあるようですが、その中には丸山さん自身の性格もありそうです。そんな丸山さんの嫌われている理由をまとめてみました。

嫌われる理由①勘違い感が凄い

langll / Pixabay

丸山桂里奈さんは、歌がへたなのに調子に乗って歌手デビューしているなど、勘違いしているという意見が多くあります。

丸山さんは、タレント活動が忙しくて試合に遅刻したことがあったそうですが、これも本業をおろそかにして勘違いしているといえるでしょう。

サッカー選手を引退した翌年には、グラビアデビューしていますが、このグラビアも現役引退記念で、サッカーをやってきた肉体を残しておきたいと思ったそうですが、これも勘違いしているという意見があります。

現役時代の2011年に「Happy Birthday to You」で歌手デビュー

Pexels / Pixabay

丸山桂里奈さんは、サッカー選手として現役時代の2011年8月3日に、「Happy Birthday to You」で歌手デビューしています。

丸山さんはかつて、大会期間中の選手やスタッフの誕生日にアカペラで「Happy Birthday to You」を歌っていたことが番組で紹介され、生歌を披露したのがきっかけで、歌手デビューしたそうです。

アンチが増えたのはこの頃から?ネットでは厳しい声もあった

RyanMcGuire / Pixabay

丸山桂里奈さんが歌手デビューした当時は28歳で、この頃からすでにネット上で厳しい批判の声があがっていました。

年齢的にも28歳ですからいい大人だし、調子に乗っているという意見がありました。

嫌われる理由②下品な発言が多い

lannyboy89 / Pixabay

丸山桂里奈さんが嫌われている2つ目の理由に、番組内での下品な発言が多いことが、あげられています。

ネット上でも「発言が下品過ぎて見たくない」とか「ウケを狙って変なことを言っている」などという意見も見られます。

また「リアクションやコメントがわざとらしい」といった意見もありました。

テレビ番組出演時に過去の恋愛経験を赤裸々に告白

MabelAmber / Pixabay

丸山桂里奈さんは、バラエティ番組「ダウンタウン」に出演した時、過去の恋愛経験を赤裸々に告白していました。

その暴露話しはかなり衝撃的で、監禁癖のある人、全身タイツ姿になる人、サッカーの代理人など、俳優、芸人、アスリートなどと付き合っていたことを告白しています。

しかし、ほとんどの相手がダメ男だったようです。

下ネタなど下品な発言が多くSNSからは批判の声が相次いだ

kaboompics / Pixabay

バラエティ番組での丸山桂里奈さんが、下ネタや下品な発言が多いとSNSでも取り上げられ、批判の声があがっています。

嫌われる理由③リアクションやコメントがわざとらしい

丸山桂里奈さんが嫌われる理由の3つ目として、リアクションやコメントがわざとらしく見えるところを指摘されています。

テレビ番組で海から潜り上がる際に胸が見えるハプニング

MustangJoe / Pixabay

丸山桂里奈さんは、2018年4月に放送された、「アイ・アム・冒険少年-脱出島inフィリピンSP」で、海で漁をしたあと海面に上がろうとして、ビキニから胸がこぼれるというハプニングが起こりました。

この様子は、胸のところにサッカーボールのモザイクを入れてオンエアされています。

このシーンに「わざとだろう」の声がある

picjumbo_com / Pixabay

この胸ポロリのシーンを見ていた人たちからは、「わざとやってるだろう」といった声もありました。

嫌われる理由④国民栄誉賞を取った人とは思えない行動

丸山桂里奈さんが嫌われる理由の4つ目として、バラエティ番組の中だとはいえ、国民栄誉賞を取った人には思えないような言動をしていることが上げられます。

そんな丸山さんに対して、「なぜテレビに出ているのか分からない」「おバカキャラはもういらない」といった意見まであります。

 サッカーを引退後グラビアデビュー、入浴画像をSNSに度々投稿

ErikaWittlieb / Pixabay

丸山桂里奈さんは、サッカー選手を引退した後にグラビアデビューもしています。その時に丸山さんのお尻が綺麗だと話題になりました。

また、自分の入浴画像をSNSに度々投稿しているのも、何か勘違いしていると言われる原因のようです。

2018年にはテレビ番組の罰ゲームで「お尻を出す」と宣言

Gentle07 / Pixabay

グラビア出演した時にお尻が綺麗だと話題になりましたが、2018年のテレビ番組の中では、罰ゲームで「お尻を出す」と宣言し、物議をかもしていました。

丸山さんは、2018年6月17日放送のロシア杯で、日本代表が3勝すると予想しましたが、予想が外れたため罰ゲームとして自分のお尻を撮影し公開しました。

「国民栄誉賞が尻出すな」と批判が!

Hans / Pixabay

罰ゲームとして自らのお尻を撮影して公開した丸山桂里奈さんですが、その行為に「国民栄誉賞が尻出すな」と批判されています。

丸山さんのお尻公開の写真の中には、お尻でビール瓶を挟んだ写真までありました。

嫌われる理由⑤おバカキャラはもういらない

Free-Photos / Pixabay

嫌われる理由の5つ目として、おバカキャラはもういらないという意見がありました。おバカキャラのタレントは、鈴木奈々さんなどたくさんいますから、もういらないと思っている人も多いようです。

鈴木奈々とキャラがかぶっている

丸山桂里奈さんは、鈴木奈々さんとキャラ的にかなりかぶっているといえます。同じようなキャラはいらないと嫌われているようです。

おバカキャラ好きからは人気がある?

Free-Photos / Pixabay

おバカキャラはもういらないという意見もありますが、それでもおバカキャラは今でも人気が有ります。

ですからタレントもテレビ局側も、おバカキャラの需要があるとみているのではないでしょうか。

嫌われる理由⑥虚言癖、嘘つき?

丸山桂里奈さんが嫌われている理由の6つ目として、虚言癖があることがあげられています。その虚言とはどんなことなのかを見ていきましょう。

「サッカーのルールを知らない」など突拍子もない話が多い

skeeze / Pixabay

丸山桂里奈さんは、22年間もサッカーをやっているのに、オフサイドのルールを理解せずに、ワールドカップやオリンピックでプレーしていたと語りました。

また、イエローカードを何枚もらったら退場になるのか知らなかったとか、どこまで本当なのか分からないことを話しています。

確かにオフサイドは選手でも難しい場面もあるかもしれませんが、さすがにイエローカードのことは知っているだろうと突っ込みたくなります。

ネットの作り話という声に本人は「嘘ではない」と全面的に否定

geralt / Pixabay

丸山桂里奈さんは、バラエティ番組などで明らかに作り話と思える内容について、作り話だろうという声には、「嘘ではない」と全面的に否定しています。

丸山が「行列のできる法律相談所」で山里亮太へ告白!嘘?売名だった?

丸山桂里奈さんは、「行列のできる法律相談所」で山里亮太さんのことが好きだと告白していました。また、「サンデー・ジャポン」に出演した際も、山里亮太さんに告白したと語っています。

このことで、丸山さんが話題作りをテレビ局に提供し、自らも売名行為をしているとみられています。

嫌われる理由⑦軽率な発言・行動がムカつく

pixel2013 / Pixabay

丸山桂里奈さんの嫌われる理由の7つ目として、軽率な発言と行動があげられています。

NEXT 東京電力に対しての軽率な発言で炎上