上沼恵美子を嫌いな人は多い?嫌われる理由は偉そうな性格だから? エンタメ

上沼恵美子を嫌いな人は多い?嫌われる理由は偉そうな性格だから?

目次

[表示]

上沼引退宣言に対しては賛否両論

johnhain / Pixabay

上沼恵美子さんのM-1グランプリの審査員引退宣言に対しては賛否両論あったようです。

上沼さんが、M-1グランプリの審査員を引退してよかったという人も多いようでが、反面ネット上では上沼さんに対して、批判されまくって可哀想だったという意見もありました。

また、上沼恵美子さんが審査員を引退したあとに、別の芸人が入って上沼さんよりまともに漫才を評価できるとは思えないという意見もありました。

「快傑えみちゃんねる」で上沼恵美子が嫌いな芸能人を暴露?

自身の冠番組である「快傑えみちゃんねる」で、上沼恵美子さんは嫌いな芸能人を暴露してますが、どんな人たちなのかを紹介します。

上沼が嫌いな男性有名司会者は古舘伊知郎?

上沼恵美子さんは「快傑えみちゃんねる」の中で、ある有名司会者の事が嫌いだと発言しましたが、その時のゲストが生島ヒロシさんでした。

その生島ヒロシさんの顔を見て、古舘伊知郎さんを思い出したと言い、嫌な男でしたとストレートに発言していました。

上沼恵美子さんは、古舘さんと一緒に司会をした時があって、古館さんから「0.2秒おしてます」と言われたそうです。また、古舘さんも上沼さんに対して「あの女にはエライ目にあった」とコメントしています。

上沼は明石家さんまとも不仲だった?

上沼恵美子さんは、古舘伊知郎さんの他にも嫌いな司会者がいて、その人は明石家さんまさんだそうです。その理由は、1994年の「さんまのまんま」に上沼恵美子さんが出演した時のことでした。

上沼恵美子さんは、普段から収録する際に泊まり込みはしないため、番組が上沼さんに合わせて早い時間から収録をしたのですが、夜型のさんまさんは、「なんでこんな収録早いねん」と愚痴っていました。

その愚痴が上沼さんの耳に入ったようで、「もうさんまさんとは出ない」と共演NGとなったそうです。

上沼が激怒した女優nとkとは?

上沼恵美子さんは、自身の番組「快傑えみちゃんねる」の中で、激怒した女優の「K」と「N」のことを話していましたが、その「K」と「N」とはいったい誰なのかを調べてみました。

その「K」と「N」は、大物ゲストが喋っている時につまらなそうにし、2人でしゃべっていたといいます。上沼恵美子さんは、そんなタレントは必ず2ヶ月後にはいないと語っていました。

Nさんの方は、気まずい空気を察知し「やめよう」という仕草をしましたが、Kさんの方は、ずっと話し続けていたそうです。そのKさんというのが、どうやら加藤沙里さんだといわれています。

上沼恵美子の現在の出演番組とは?

上沼恵美子さんは、現在テレビで3つの冠番組を持っていますが、どんな番組なのかを紹介します。

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」はテレビ朝日系で平日に放送されている料理番組です。

上沼恵美子さんが司会を担当し、その週のテーマに合ったゲストを迎えて料理をしながらトークをするという番組です。

この番組は、「金子信雄の楽しい夕食」のあとを継いで、1995年4月3日から放送されるようになりました。

「怪傑えみちゃんねる」

「怪傑えみちゃんねる」は関西テレビで放送されているバラエティ番組です。1995年7月10日から放送されていて、当初は関西ローカルでの放送でしたが、FNSの一部系列などでも放送されています。

司会は上沼恵美子さんと太平サブローさんで、ゲストと共にトークを行うバラエティ番組です。

「上沼・高田のクギズケ」

「上沼・高田のクギズケ」は、2011年1月16日から日本テレビ系で放送されている情報バラエティ番組です。

最近起こったニュースなど、ワイドショーが取り上げないネタを番組独自の解釈で発表するといった番組です。

司会を上沼恵美子さんと高田純次さんが務め、レギュラーパネリストには井上公造さんと藤谷英志さんがいます。

嫌われながらも視聴者を楽しませている上沼恵美子

上沼恵美子さんの評判が悪い理由は、性格が悪いからだといわれています。彼女自身も大阪の番組プロデューサーは「えみちゃんの嫌いリスト」を持っていることをネタにし、「共演NGリスト」もあるといわれています。

とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智が、M-1グランプリ2018での上沼恵美子さんの審査方法を批判する動画をアップし炎上騒動となりました。上沼さんは、この騒動もあってM1審査員を引退しています。

自身の番組の中で、激怒した女優の「K」と「N」のことを話していましたが、「K」の方は加藤沙里さんといわれています。そんな上沼恵美子さんは、これからも視聴者を楽しませてくれるでしょう。

2/2