ウィダニーとは?ウィダーインゼリーオナニー?やり方は?危険性は? 恋愛・心理

ウィダニーとは?ウィダーインゼリーオナニー?やり方は?危険性は?

ウィダニーとはウィダーインゼリーを利用する尿道オナニーのことを指します。Twitterなどでも多くの体験コメントがありますが、危険度の高いオナニー法として知られています。今回はそんなウィダニーのやり方や膀胱炎などの危険性についてご紹介していきたいと思います。

目次

[表示]

ウィダニーとはどういうオナニー?やり方は?

OpenIcons / Pixabay

ウィダニーという言葉を聞いたことはあるでしょうか?ウィダニーは常人には若干ハードルが高いオナニーの方法です。普通の人にはお勧めできませんが、普通のオナニーに飽きたという人には良いかもしれません。

ここではウィダニーのやり方などについてご紹介します。が、実際に試すかどうかは自己判断でお願いします。

ウィダニーとは?ウィダーインゼリーを尿道に流し込むオナニー?

オナニーには通常のオナニーの他に様々なものを利用する「○○ニー」が存在します。勘のいい読者の方は気づいたかもしれませんが、ウィダニーとはウィダーインゼリーを利用したオナニーを指します。

とはいってもウィダーインゼリーを見て興奮するといった類のものではありません。なんとウィダニーは尿道にウィダーインゼリーを直接ぶち込むというなんとも恐ろしいオナニーなのです。

初めて聞く人はなんの罰ゲームだとお思いでしょうが、ウィダニーには通常のオナニーでは味わえない快感を味わうことができるようです。そのため、一部の人に大人気のオナニーであるそうです。

ウィダニーはTwitterでも話題に

ウィダニーを実践している人は意外にも多く、Twitterでも実践報告や興味を持っている人の書き込みが多く見受けられます。ウィダニーのハッシュタグで検索すると色々なツイートがヒットします。

ネット上でやり方など載っていますが、実体験を加味した更なる細かなアドバイスなどもありますので、しっかりと研究してから試してみたい方はTwitterの参照をお勧めします。

ウィダニーに必要なものは?ウィダーインゼリー以外でも代用が効く

通常尿道に関わるオナニーはカテーテルなどの専門器具が必要となりますが、ウィダニーに必要なものはコンビニでも普通に売っているウィダーインゼリーのみです。

お手軽に手に入れることができるものでアブノーマルなオナニーができるというのもウィダニーの魅力の一つでしょう。なおウィダーインゼリーでなくても別メーカーのゼリーでもよいようです。

ウィダニーには何味がいいの?

一口にウィダーインゼリーと言っても、味にいろんな種類がありますよね。ウィダニーには何味が人気なのでしょうか?

見た目的に白いプロテイン味が気分的にいい、鉄分のウィダーインゼリーは紫だから気分がのらないといった気分的な問題に関する意見があるようです。

また、ビタミンのウィダーインゼリーは滲みる感じがするという人もいるようです。

ウィダニーのやり方は?

422737 / Pixabay

ウィダニーのやり方についてご紹介しましょう。まずは買ってきたウィダーインゼリーをよく揉み、中のゼリーを粉々にします。そして蓋を開けます。これで準備完了です。

あとは勃起したペニスの尿道にウィダーインゼリーの口を当て、尿道にウィダーインゼリーを流し込みます。1本まるまる流し込む人もいるようですね。入れ終わったらその状態でオナニーをします。

オナニーの射精時、一緒にゼリーが排出されますが、数十秒にも渡るゼリーの排出があり得ない程の射精をしている感覚であり味わったことのない快感を得られると言われています。

ウィダニーにはコツがいる?ローションを使って工夫する人も?

devrawat21 / Pixabay

しかし、尿道は狭いため、ウィダーインゼリーを直接ぶち込むには少々コツが要ります。大体3回程度やってみると想像していた気持ちよさを体験できるようです。

なるべく尿道の入り口に密着させて流し込む方がよく入るので、ローションを使って接触面の摩擦を減らすなどの工夫をしている人もいるようです。

また、ウィダニー完了後はしっかりと水分を取って何度もおしっこすることが大事です。

ウィダニーは本当に気持ち良いの?体験談まとめ

物はお手軽に用意できるとは言え、中々ウィダニーを実践する勇気はないでしょう。ではウィダニーとは本当に気持ちいいのか?ウィダニーを実践した勇者の体験談をご紹介したいと思います。

ウィダニーは実際気持ちいいのか

ijmaki / Pixabay

正直ウィダニーは気持ちいいのか。これは人によるようです。また、正しいウィダニーができているかどうかでも気持ちよさが変わるようなので要注意です。

正しくは尿道まで、ではなくその先の膀胱にまで流し込むとよいようです。明らかな抵抗を感じるそうですが、勇気をもって押し込むと電流が走るような快感が得られるんだとか。

また、やってはいけないことだと体が直感で分かってしまうほどヤバいことをしているという背徳感も気持ちを盛り上げる要因の一つだそうです。

尿道オナニー未経験者にはおすすめしない

geralt / Pixabay

成功すれば絵も言えぬ快感を得られるというウィダニーですが、快感も鈍い痛みと共に訪れるそうです。また、失敗すると感染症やカテーテルによるゼリーの取り出しなどの治療を受ける必要があります。

こうしたリスク等を考えると、尿道オナニー未経験者がいきなりウィダニーを行うのは非常に危険と言えるでしょう。

ウィダニーは普段経験することのない快感が味わえる

Pexels / Pixabay

普段尿道に物が逆流するという体験をすることはまずないでしょう。そのため、注入するときも今まで感じたことのない感覚を味わうことができます。

また、排出時も疑似射精がずっと続く感覚だそうです。一度成功すると癖になる人も多いのはこうした他では味わえない快感を味わってしまったためでしょう。

慣れるまでは尿を射精している感覚になるという意見も

Conmongt / Pixabay

ただし、ウィダニーで気持ちよくなれるのは数回試して慣れてきてからのようです。はじめは恐怖心から膀胱までゼリーを入れられないなどの理由から気持ちよさが半減してしまうよう。

おしっこしている感覚とあまり変わらない、という報告もあります。

むしろ注入時が気持ちいい?

ウィダニーは射精時が気持ちいいと思われがちですが、体験談の中にはむしろ注入時が精子が尿道を通っていくような感覚があって気持ちいいという意見があるようです。

出すときは結局尿道から出すのでおしっこをするのとそれほど変わらないという意見もありました。

ウィダニーで少しでも痛みを感じたらやめる

ウィダニーは尿道に異物を混入するという非常に危険な方法です。真に気持ちよくなるためには膀胱にまでゼリーを入れる必要があり、一歩間違うと大惨事になりかねません。

そのため、ウィダニーを行う上での重要な前提として「少しでも痛みを感じたらやめる」という事を徹底しましょう。痛みは体からのSOSです。それを無視すると取り返しのつかないことになりかねません。

結論精力剤とTENGAで良いという声も

qimono / Pixabay

ということで非常に高いリスクと一定の腕前が必要なウィダニー。確かに得も言われぬ気持ちよさはあるようですが、リスク等を考慮するとそこまでしてやるものでもないという意見もあります。

そこまでするくらいなら精力剤とTENGAでのオナニーでも気持ちよさの種類は違えど十分に快感を得ることはできる、と発信している体験者もいます。

ウィダニーは血が出ることもある?

また、尿道は元々尿や精子のみが通る設計となっており、もちろんゼリーが通れる作りにはなっていません。そのため、無理に注入してしまうと尿道が傷つき血が出てしまうこともあります。

尿道が傷つくと傷が治るまで排尿などでも痛いと感じます。こうしたリスクがある事も十分に把握したうえでウィダニーに臨みましょう。

ウィダニーの危険性まとめ!膀胱炎や尿道炎に注意?

これまでにもご紹介した通り、ウィダニーは非常にリスクが高いオナニーです。では具体的にどのようなリスクが存在しているのでしょうか?

ここではウィダニーの危険性についてご紹介したいと思います。

ウィダニーは危険?膀胱炎になる可能性も?

Zorro4 / Pixabay

ウィダーインゼリーは食品であり、人体に悪影響を与える成分は使われていません。とは言えそれは当然口から摂取した場合です。尿道から摂取した場合の影響について考えている人などいないでしょう。

ウィダーインゼリーには、塩化カルシウム等の凝固剤、ゲル化剤(増粘多糖類)や防腐剤などの添加物も含まれています。

これらの影響で炎症を起こすことも考えられます。また、手に付着したばい菌などが膀胱に入り、膀胱炎になるリスクもあるのです。

尿道や精巣が損傷する可能性も?尿道炎になるかも?

naturalogy / Pixabay

そもそも尿道や精巣は排出機能を持っていても流入機能は持ち合わせていません。さらにウィダニーは膀胱に入るときある程度抵抗を無視して入れる必要があるそうです。

この時、無理やり強い力で注入してしまうと尿道や精巣が損傷する可能性があります。最悪の場合、精子の生成機能に悪影響を及ぼすなどのトラブルが発生することも考えられるのです。

また、緊張で尿道に力を入れたり力んだりしてしまっても傷ついてしまうことがあるようですね。

ED等になる可能性も

StockSnap / Pixabay

ウィダニーによりペニスの機能に障害が発生した場合、EDなどになってしまう危険性も秘めています。これらのリスクを考えると、ウィダニーに手を出してよいかは考え物です。

手順を間違えば死ぬ可能性も

8385 / Pixabay

普段生活している中でも人には様々な細菌が付着しています。中には感染力は低いものの感染すると大変なことになる細菌だっているのです。

これらの細菌は皮膚や口に入っても自己防衛機能が働くため心配いりませんが、尿道には防衛機能がないので感染してしまい、最悪死に至る可能性もあるのです。

ウィダーインゼリーに含まれる添加物は危険?

qimono / Pixabay

ウィダーインゼリーには様々な添加物が含まれています。これらの添加物は口から摂取する分には人体に影響を与えないという研究結果を元に作られていますが、尿道への影響は不明です。

どのような影響があるか判明しているわけではありません。しかし少なくとも自然由来のものではないので、悪影響を及ぼす可能性は十分に考えられます。

ウィダニーをやるなら清潔に!

offthelefteye / Pixabay

尿道は通常細菌が入ることは考えられていないため、感染などの抵抗力が低いです。そのため、ちょっとした細菌でも感染症を発症する恐れがありますので、ウィダニーを行う場合は清潔を保つようにしましょう。

ウィダニーに関するその他の話題は?

AdinaVoicu / Pixabay

様々なところに話題となっているウィダニーですが、これらに関する話題は他にも多く存在します。ここではウィダニーに関するその他話題についてご紹介したいと思います。

艦これ絵師のしばふはウィダニーの経験者?

艦これ絵師のしばふはかなり過激なツイートをすることでも有名です。日々様々な妄想やオナニーを行っているようですが、ウィダニーにも挑戦したそうです。

なお、しばふはウィダニーのことをウィダーイン尿道と表現しており、結果はペニスがいい匂いになっただけだったそうです。

ウィダニーよりやばい?ヒルニーとは?ヒルを尿道に?

尿道に異物を混入する尿道ニーは様々なジャンルがあり、ウィダニーよりヤバいのがヒルニーです。その名の通り、ヒルを尿道に入れるオナニーだそう。

相手は生き物なだけに事後出すことができないと取り返しのつかないことになりそうですね。膀胱に入る前に尿と一緒に排出するのが正しい処理だそうです。また、ヒルはウマビルがよいそうです。

こんなのもあるの?いろいろなオナニー法まとめ

RobinHiggins / Pixabay

今回はウィダニーというかなり特殊なオナニー法をご紹介しましたが、他にもオナニーには様々な方法があります。ここではそんな一風変わったオナニーをご紹介します。

前立腺オナニー(アナニー)

Gentle07 / Pixabay

アナニーとはアナルを刺激して気持ちよくなるオナニーです。前立腺は膀胱の手前に存在し、直腸経由で刺激してあげることが重要です。女性のオーガズムに近い感覚を得られると言われています。

ペニスではなくその奥を刺激するというのはウィダニーと近い理論であると言えるかもしれません。

バキュームオナニー

stevepb / Pixabay

バキュームのように吸い取る機械でペニスを刺激して射精するオナニーです。オナホでもバキューム機能を持つ物がありますが、猛者は掃除機を使ってオナニーするそうです。

精子も吸い取ってくれるので後処理が楽というメリットはありますが、掃除にも使っているのであれば雑菌だらけなので衛生面では非常に高いリスクをはらんでいます。

NEXT:低周波攻めオナニー
1/2