ネタバレ注意「さよならを教えて」とは?鬱すぎる内容とエンディング おもしろ

ネタバレ注意「さよならを教えて」とは?鬱すぎる内容とエンディング

目次

[表示]

CRAFTWORK最後の作品で再販も難しく高いプレミアがついていた

QuinceMedia / Pixabay

「さよならを教えて」はクラフトワークで最後の作品となり、使用された素材もすべて破棄されてしまっていることからこのゲームには現在かなりのプレミアがついています。

このゲームは発売からしばらくしてから人気になったこともあり、実際には中古でも6万円ほどで取引されることもあるようです。

2011年12月16日に移植版が発売

janeb13 / Pixabay

このゲームの入手は長い間かなり難しかったようですが、2011年にビジュアルアーツの尽力によりBD-PGで移植版が発売されました。

2016年1月29日DLsite.comでPC版ダウンロード販売

fancycrave1 / Pixabay

このゲームは2012年1月からはダウンロード版が発売され、2016年1月にはPCのダウンロード版も発売されました。

PC版では、他のバージョンと比べて規制されていたグラフィックが一部修正されていたりと変更点がいくつかあります。

「さよならを教えて」天使様フィギアが人気?

2017年には「さよならを教えて」の天使がフィギアになって予約開始され、翌2018年に発売されました。

ネイティブオンラインによって発売されたこのフィギアは完全受注制作で、21600円の値段が付きました。

「さよならを教えて」の設定資料集と原画集が増補改訂して販売!

2020年6月、レトロなゲームを買い取って販売している専門店のBEEPが「さよならを教えて」の設定資料集と原画集を増補・改訂して販売し始めたことを発表しました。

2002年のコミケで頒布された設定資料と原画集に、カラーや新規ページ、書き下ろしを加えて再構成した本となっています。企画から開発まで話や、シナリオライターによる小説も収録されているようです。

「さよならを教えて」のTwitterがある?名言を投稿?

geralt / Pixabay

「さよならを教えて」のゲームでは、深い心理描写とともにそのセリフも凝られています。その中で名言をまとめているツイートを紹介します。

精神病を患った主人公が、自らの意識している現実世界は本当に現実世界なのかと自らに問うシーンです。果ては、自身についても懐疑的になってしまっています。

ストーリーの中で重要な位置づけである「夢」についての記述です。主人公の見た夢の内容は、ストーリーでも重い意味を持っていきます。

学校の屋上のフェンスという薄っぺらいものが生死を分かつ壁として語られています。「生」と「死」について考えさせられるセリフです。

「さよならを教えて」を徹底解説・考察した動画

「さよならを教えて」について解説したり、考察したりしている動画をまとめました。

「さよならを教えて」を徹底解説した動画

ヒロインの1人であるまひるとラストシーンについても解説をしている動画です。詳しく紹介されています。

「さよならを教えて」の考察動画

「さよならを教えて」の中身を徹底解剖し、考察する動画です。最初に注意書きがされており、ゲームの内容について分かりやすく解説されています。

あなたはプレイできる?鬱ゲーの名作まとめ

8385 / Pixabay

この記事で紹介した「さよならを教えて」はファンの間で有名な鬱ゲーとなりましたが、他に鬱ゲーの名作はあるのでしょうか。いくつか紹介していきます。

東方見文録

「東方見文録」は1988年にファミコンで発売されたアドベンチャーゲームです。パッケージに「ニューウェーブ・サイケデリック・アドベンチャー」と記載されたとおり、狂気的なストーリー展開になっています。

また、このゲームの最後は主人公が発狂して終わり、その狂気的なラストに現在でも鬱ゲーとして愛される作品になっています。

夕闇通り探検隊

「夕闇通り探検隊」は1999年にプレイステーションで発売されました。サイコ・ホラーとして人気を博し、このゲームでは心霊の恐怖と生きた人間の恐怖をどちらも感じることができます。

ゆめにっき

「ゆめにっき」はPC用のアドベンチャーゲームとしてフリーで制作されました。このゲームではとても暗い主人公の夢の中を歩き回り、特に何かストーリーがあるわけではありません。

現実世界ではこのゲームの主人公は部屋から出ることができず、眠りにつくことで夢の中では自由に動き回れるという設定が鬱っぽさの原因となっています。

また、このゲームは公開から15年以上経ちますが、現在でも2次創作などがなされ愛されています。

かまいたちの夜

「かまいたちの夜」は1994年にスーパーファミコンで発売されたミステリー・アドベンチャーゲームです。スキー旅行に出かけた主人公たちが殺人事件に巻き込まれ、その謎を解いていくというストーリーです。

このゲームでは選択肢を間違い、事件の解決ができないとどんどんと仲間たちが犯人によって殺されていくことから、鬱な展開が多いゲームとされています。

「さよならを教えて」の鬱展開にハマる人も多い?

quakeboy / Pixabay

「さよならを教えて」は鬱展開が多く、そのゲームをプレイすることはかなり困難でした。しかしその鬱っぽさにハマる人も少なくはなく、熱狂的なファンも多いことも事実です。

このゲームは現在PCのダウンロード版なども発売されているので、勇気のある人や興味のある人はぜひ購入してプレイしてみてください。

/5

2/2