【年収2000万円!?】元AKB48社長川崎希のブランドの売れ行きに暗雲!? エンタメ

【年収2000万円!?】元AKB48社長川崎希のブランドの売れ行きに暗雲!?

アイドルグループAKB48の元メンバー川崎希さん。彼女は、アイドルを辞めた翌日から社長としてブランド会社を立ち上げられました。多くの芸能人が事業立ち上げ失敗が相次ぐ中、川崎希さんは成功を続けているようですね。気になる年収やブランド商品について中心の記事です。

目次

[表示]

川崎希は社長になった!現在のブランド売上年収は?

川崎希さんの年収は、TV番組「じっくり聞いタロウ」で旦那のアレクサンダーさんが発表しています。アレクサンダーさんは、年収を聞かれ「すげぇある」と言い2本指を上げました。これに「200万円?」と聞き直した司会者に対して、年間使える額ですよね?とアレクサンダーさんが聞き直しました。

そこで金額は残念ながらピー音が流れてしまい金額は不明です。多い意見として2億はありすぎだから2千万円ではないか?という意見が多いです。この時のテレビでアレクサンダーさんの小遣いが1000円というネタもありました。

川崎希は社長になるのが夢だった!?

現在では社長として有名な川崎希さん。実は元々進学校の女子高に通っていて、社長に憧れていたようです。そのため将来は、社長になりたい、貿易の仕事がしたいという思いがあったそうです。

当初は経営学を学びたいと大学進学を考えていたものの、母親に高校3年生の時にAKB48のオーディションを進められて合格し、アイドルとして活動するようになりました。

アイドルとしての活動を順調に続けていく中でも社長になりたいという思いは強く、アイドルの仕事でかわいい洋服を着るたびに、洋服屋の社長になりたいという思いが強くなっていったようです。

卒業までの半年で社長になるための準備をした?

AKB48の卒業までの半年間は、自分で書いた洋服のデザインを持って工場を回っていたそうです。また独学で経営について本を読みあさって勉強したとのことでした。

会社設立の登記やHPの作成、商品の注文等も自分でこなしたんだそうです。

AKB卒業ステージの翌日にはブランド立ち上げイベントを開催して大盛況。売上総額は200万ほどだったといいます。

川崎希が社長で立ち上げたブランド「アンティミンス」とは

「アンティミンス」は、川崎希さんが作った男性洋服のブランド名です。川崎希さんは以外にもメンズブランドから起業を始めています。

このカタカナの意味は「聖なる布」という意味で、AKB48辞めたてで、まだ男性ファンが多かった時に売れると確信して、ネット販売したブランドです。

スカルなどのロックな感じを取り入れつつも、カジュアルに着こなせるブランドになっていて、女性目線でのかっこいい男性のスタイルへのこだわりが話題です。

川崎希さんがまずメンズブランドから始めた理由は、川崎希さん自身がメンズブランドが好きだったということもありますが、女性ブランドはトレンドの移り変わりが早いからという経営的な視点もありました。

今は男性ファンがあまりいなくなったようですが、当時は人気があり、モデルを旦那さんのアレクサンダーさんが務めてとても人気がありました。現在は、流れがかわり、男性専門から女性専門へと流れをかえ、これから子供にシフトしていくのかもしれないですね。的を絞る手法のようですね。

川崎希が社長で成功した理由はリスク管理?

川崎希さんが社長として成功できた理由は、一番にリスク管理があるのでは?と言われています。川崎希さんは起業にあたり、AKB48時代に貯金した40万円のみを元手に使っています。

大きな借金をすることもなく、自分の手持ちのお金でできる範囲で事業を展開しているのです。そのために大きな生産ロットが必要な女性ブランドではなく男性ブランドを選んでいます。

さらに、最初から店舗や事務所を構えることもなく、インターネット販売から始めたのも、リスクカットのためでした。

川崎希社長にピンチ!取引先倒産でネイルサロン開始!

アパレルブランドがうまくいきだした矢先、川崎希さんにピンチが訪れます。契約先の中国の会社が倒産してしまい、春夏販売予定のアイテムの納品がなくなってしまったのです。

もうダメかもしれない…と渋谷を歩いていた川崎希さんでしたが、ネイルサロンが良いかも!と頭に浮かんだそうです。そこから1ヶ月で準備をして、ネイルサロンを開業させます。

そうして2010年、ネイルサロン「MARON」を開店。その後川崎希さん自身もネイルの専門学校に通い、ネイルデザインも自身で手がけられるようにしたそうです。

アンティミンスの店舗もオープン!

こうして女性向けの事業も始め、そうしているうちに、アンティミンスのブランドの方も新しい工場と契約することができ、渋谷に店舗をオープンすることができました。

川崎希ブランドはどこで買えるのか?評判と店舗情報!?

川崎希さんのブランド「アンティミンス」は楽天等でも買えますし、アマゾンで検索すると本が出てきました。本も出しているのですね。ちなみに、楽天で「川崎希」と検索するとグラビア写真集が出てくるので気をつけて下さいね。

アンティミンスの店舗は「リアルショップ」といって東京都渋谷区神宮前5-29-10に直営店があるようです。評判は、後にご紹介する正月の福袋で客質によってプレゼントが全然違うと批判があるものの、批判する方より良い反応の方は継続して購入するので評判なのではないかと推測できます。

川崎希が社長の会社の年収は?

geralt / Pixabay

それでは、数々の事業で成功してきた川崎希さんの会社の売上はどうなのでしょうか?

川崎希のブランド会社概要から年収を算出!?

株式会社アンティミンスは安定して成功しているようですね。資本金についてですが、2006年までは株式会社で1000万円、有限会社で300万円の資本がないと設立できなかったですが、撤廃されたため、極端な話、資本金1円でも起業できるようです。

昔に大仁田厚さんが、とても少ない金額で会社を設立したというニュースが話題になりましたが、川崎希さんの40万円からは、話しのネタとしてちょうどいいくらいの金額かもしれません。ネイリストの求人募集停止中がでているうちは年収より倒産の可能性を心配する声が多そうですね。

アンティミンスの年商は1億円?

そんな「アンティミンス」の年商はというと、起業から約3年でなんと年商1億を突破したと言われています!

年収としては約2000万円ではないか?といわれています。それくらいの年収がないと、実の父にネット販売の段ボールのシール貼りに月50万円の給料は出せないですよね。インスタグラムをうまく使い自分や子供がモデルとなり宣伝してるのが良いですね。

また、旦那のアレクサンダーさんも、たびたびTVに出演しています。江原啓之さんやふかわりょうさんと一緒に冗談を言う姿を見るだけで川崎希さんを思い出し、ネット検索し試しに買うお客さんもいるようです。一部スポンサー契約してTVに出して貰っているかは不明です。

川崎希のブランド会社に倒産の可能性!?

川崎希さんの目先の夢として、「じっくり聞いタロウ」でアレクサンダーさんの家族がいるペルーにいるアルパカの毛を使いブランド品を作る目標を言っていました。実際に新作として話題の福袋にもアルパカのニット帽等も入れたり商品化されているみたいですね。

離れた男性ファンから、女性客へ以降してブランド販売をしてきていましたが、福袋差別問題の影響がどれ程あったかはわかりませんが、今後子供用品を中心に販売していくようですね。名倉潤さんの奥様渡辺満里奈さんが手掛けた商品のように体にやさしい、安全なものという方向性で作っていく期待感が業界筋から出ています。

川崎希のネイルサロンは閉店?

洋服ブランドの他、ネイルサロンやエステサロンもありました。ある意味お金持ち層狙いのこの戦略も見事的中し好評だったようですが、今は閉店したようです。

店舗を閉めるとすぐ倒産の可能性を考えてしまいますね。ただ、現在倒産の可能性は低いようです。大きな赤字になる前に撤退するあたりが川崎希さんが、他の元芸能人実業家と違う部分ではないでしょうか。熱くなりすぎず、冷静に物事を判断しているのかもしれませんね。

川崎希のような社長になりたい!秘訣を学ぶには?

川崎希さんは社長としてかなり成功していると言えそうです。そんな川崎希さんのような社長になるにはどうしたらよいのでしょうか?

川崎希は本も出版!

川崎希さんは起業に関して本を出版しています。「「AKB48」卒業翌日に40万円で起業しました。 アイドル社長」という書籍です。

こちらの本の評価は上々のようです。川崎希さんの思いや意志がよく伝わって来る内容になっているし、読みやすいとのことでした。本を読んで、川崎希さんの考え方を学ぶのもよいのではないでしょうか。

川崎希はTVにも出演!

川崎希さんは数々のテレビ番組にも出演していて、社長としてどんな風にやってきたのかというようなことや、なぜこのような事業展開をしていったのかというようなことをたくさん発信しています。

川崎希さんの出演する番組をチェックしてみるのも良いでしょう。

川崎希の福袋騒動とは!?

川崎希さんが正月イベントとして、日ごろのお客様に対して感謝を込めて福袋販売を行ったようです。その気になる中身はアレクサンダーさんがブログで書いたように、お客さんが以前買った商品と被らないように一袋ずつ確認して入れたようです。

ところが、残念ながらこの気遣いが裏目に出た部分があるみたいです。数点しか今まで買ってこなかった方には夏物や安い商品中心で、たくさん買ってくれているお客さんにはアルパカニット等新商品や高級品が入っていたようです。評判は下がる一方、大口のお客さんは継続させる方針なのかもしれませんね。

川崎希ブランドのダサイ・パクリ疑惑とは?

川崎希さんのブランドには、ダサイといった声やパクリ疑惑が常に上がっているようです。基本的には、幸せな川崎希さんや旦那のアレクサンダーさんへの妬みという意見が多いようですが、この批判の声に耳を傾けると更なる商売の飛躍ポイントがあるかもしれません。

ダサイ・パクリという判断基準は主観的なものが多いようで、ファッションの流行は周期によって昔流行ったものが一巡して、今流行ったりする説や世界の一部の大金持ちが年々流行を変化させ収入を得るため、情報操作している説等、様々あります。

川崎希のパジャマブランドもパクリ?

川崎希さんのパジャマブランドselva secretaも話題になりました。常に批判的な声があり、パクリ疑惑等あるものの、どんな商品でもある意味売れる商品はどこか似ているというところもあるかと思います。

音楽でもAKB48の歌がなぜ売れるのか?という事に疑問を持つ方もいるようです。ただ、このAKB48の作曲のいくつかに携わっている方が仰るように、売れる音楽は決まっていて、パクリにすぎないという事を言っているようです。パクリというと響き悪いですが、良い所を学んでいるという感じでしょうね。

川崎希と篠田麻里子のブランドと年収の違いは?

元AKB48として同じく起業した川崎希さんと篠田麻里子さんですが、川崎希さんのブランドは現在も好調といえ、一方篠田麻里子さんのブランドは閉店を余儀なくされました。この店舗経営についての難しさには、年収の違いがあったようです。

川崎希さんも篠田麻里子さんもAKB48を引退してから徐々に男性ファンの客離れが進んでいきました。ただ、川崎希さんは店舗というリスクなく、AKB48時代にためた40万円を元手にネット販売し、その後時代やファンの流れ等と共に経営方針をうまく変化させて波に乗っているため現在も成功しているようですね。

川崎希はブランドricoriのように年収を落とす事はない!?

篠田麻里子さんのブランドricoriが倒産した理由は様々言われています。週刊誌などで愛人問題等人間関係について言われているものもあれば、商品自体好むファンが少なかった、値段が高すぎるなどと言われています。

倒産した理由はもちろん一つではなく様々あるでしょうし、そもそも商売自体成功するのは一握りなのでしょう。

そんな中川崎希さんが年収を維持して成功しているのはなぜか?基本はリスクをあまりとらず、赤字になる前に撤廃するという事があげられています。ネイルサロン等店舗経営していたものの、赤字になるなぁと思ったらすぐ撤廃する。ネットをうまく使っている点も大きな違いのようですね。

川崎希の年収はすべて子供に使っている!?

川崎希さんは仕事とプライベートと両立しているように思えます。自ら手掛けた好きなブランドを作り、自分や子供に着せてインスタグラムへ投稿し、広告のなり、収入にもなるという、とても幸せな生活を送っているように見えます。

川崎希さんとアレクサンダーさんは不妊治療をしていたようです。この不妊治療を行った結果待望の赤ちゃんが生まれたのなら、子供にお金をつぎ込む気持ちもわかります。特に一人目は大切にかつ、いろんな経験させてあげてほしいですね。

川崎希ブランドの今後は?

川崎希さんはブランドアンティミンスで年収2000万円くらい稼いでいるようですが、その金額の年収よりも、今続けているインスタグラムの笑顔の継続が続く事を願っています。家族3人今日も一日楽しく幸せでありますように。

ブランドは、男性ファン→20代30代女性→子供、という流れにしていくのかもしれません。家族で苦労した川崎希さんは、今後も自分の家族だけでなく、アルパカさんの力を借りてペルーに住んでいるアレクサンダーさんの親御さんがより幸せになる為頑張り続けるのでしょう。