レッドジョンとは?メンタリストに登場する殺人鬼?正体は? 芸能人

レッドジョンとは?メンタリストに登場する殺人鬼?正体は?

レッドジョンとは、アメリカのドラマ「メンタリスト」に登場する連続殺人鬼です。シーズン6でついにその正体が明かされましたが、いったい誰なのでしょうか。また、作中で噂されたレッドジョン候補の人物なども併せてネタバレしていきます。

目次

[表示]

【ネタバレ注意!】メンタリスト・レッドジョンの正体は誰?!

Activedia / Pixabay

レッドジョンは、ドラマ「メンタリスト」に登場する人物の1人です。レッドジョンは作中では正体を隠し行動しますが、シーズン6ではついに正体が暴かれてしまいます。

以下ではレッドジョンの正体とは誰で、どんな最期を迎えたのかについてネタバレしていきます。

レッドジョンとはドラマ「メンタリスト」に出てくる連続殺人鬼

今回紹介する「レッドジョン」という人物ですが、アメリカのドラマ「メンタリスト」に登場する連続殺人鬼の名前です。

レッドジョンは犯行後には必ず殺した相手の血液からニコニコマークを犯行現場に残していくことが有名で、ニコニコマークは彼のトレードマークになっています。

彼は犯行現場には徹底的に証拠を残さない人物であり、性別や年齢など彼に関する情報はシーズン6まで全くわかりませんでした。

ドラマ「メンタリスト」の概要

ドラマ「メンタリスト」は2008年にアメリカで放送されたドラマで、同年の全米視聴率1位を記録しました。日本でも高視聴率を記録し、有名な海外ドラマとなりました。

パトリック・ジェーンは相手の心理を読み取って行動を予測し犯人を追い詰める「メンタリスト」という職業で、このドラマの主人公でもあります。

レッドジョンに家族を殺されたジェーンは、レッドジョンの正体を暴くために様々な策を講じます。この物語の中では多くの伏線がちりばめられ、片時も息をつく暇のないシリアスなドラマになっています。

シーズン6で明かされたレッドジョンの正体は保安官「トーマス・マカリスター」

3839153 / Pixabay

シーズン6でようやく明らかになったレッドジョンの正体は、シーズン1から登場している保安官の「トーマス・マカリスター」でした。

トーマスはシーズン1から何度も登場し、時にはレッドジョンを救うこともありました。しかし、何も知らないはずの現場に現れたりと怪しい一面も伏線として見られました。

正体を見破られたレッドジョンの最後はどうなった?

8385 / Pixabay

シーズン6でレッドジョンはジェーンの部屋に呼ばれますが、爆破工作でジェーンは自身とレッドジョンを死んだことにします。しかしジェーンはレッドジョンは死んでいないと判断し、捜査を続けます。

その後真犯人を誘い出すための教会に現れたのがレッドジョンの正体であるトーマス保安官でした。

ジェーンの隠し持っていた銃で撃たれたレッドジョンは協会から逃走するものの、ジェーンに追いつかれ「家族を殺したことを反省しているか?」と聞かれ絞殺され、最期を迎えました。

正体が明らかったになった際のネットの反応は?

kaboompics / Pixabay

レッドジョンの正体が明らかになった際、ネットでは「納得がいかない」「こじつけではないか」との声も挙がっています。

作中では今までの犯行の詳細など、彼に関することは明らかにされずじまいだったことが多々あったため、全てがうやむやのまま終わった印象を与えてしまったようです。

関連する記事はこちら

レッドジョンの7人の候補者と伏線まとめ

Alexas_Fotos / Pixabay

「メンタリスト」はシーズン1放送時からレッドジョンに関しての考察がファンの間でなされ、様々な議論が交わされました。

その中で、特にレッドジョンの正体ではないかと候補になった人物を紹介していきます。

ブレット・パートリッジ

「ブレット・パートリッジ」は鑑識官でジェーンを特にライバル視しています。オタクな一面もあり、ジェーンとはレッドジョンの犯行現場でたびたび一緒になります。

ジェーンをライバル視するあまり、レッドジョンの件に関しても積極的に捜査に参加します。

ブレットは作中の焼死事件の際「人間がろうそくのように燃えた」といって人間が燃えるのを面白がるという異常な一面も見せ、レッドジョンなのではないかという意見が挙がりました。

トーマス・マカリスター

トーマス・マカリスターナパの保安官で、シーズン1の第2話に初登場します。女子高生殺人事件でジェーンと知り合ったトーマスは、ジェーンの操作を邪魔する結果になります。

ヴァンペルトを利用したおとり捜査をした際も、ジェーンの策略を台無しにしたトーマスはレッドジョン本人に違いないと噂になりました。

ブレット・スタイルズ

ブレット・スタイルズは宗教団体「ビジュアライズ」のトップで、多くの信者のトップに立つカリスマな人物です。

レッドジョンに誘拐されたクリスティーナという霊能力者がいる場所をジェーンに教えてくれるなど、ジェーンに積極的に協力します。

これほどまでにレッドジョンの情報を持っているのはおかしいとして、レッドジョンの正体なのではないかと議論されました。

ゲイル・バートラム

ゲイル・バートラムはジェーンの上司にあたり、ジェーンとは仲間の関係にありますがゲイルは仕事より自身の政治的なな野心を優先するため信頼関係はほとんどありません。

ジェーンがレッドジョンを勘違いして偽の人物を射殺した際には、ジェーンを刑務所に入れようとしていたりと、ファンにはゲイルが怪しいと噂されていました。

レイ・ハフナー

宗教団体「ビジュアライズ」のために働くレイ・ハフナーは元捜査官でもあり、リズボンの後釜として捜査チームにも参加します。しかしジェーンの策略で失脚してしまいます。

捜査官の肩書を持つ一方で彼はビジュアライズの信者で、リズボンを積極的にビジュアライズに誘ってた点も怪しいとされました。

リード・スミス

リード・スミスはFBIの捜査官で、CBIとは対立関係にある人物です。レッドジョンの操作に関してはローレライの逮捕から担当していました。

ローレライの事件の際、ローレライの身柄をCBIから横取りしようとしていたことから、ジェーンはFBIの中にレッドジョンがいると考え、最も事件に関与していたのがこのリード・スミスでした。

ボブ・カークランド

ボブ・カークランドは国土安全保障省所属の捜査官で、ジェーンの行動を監視してきた人物で、レッドジョンの捜査にも関与しています。

ジェーンがCBIに加わる以前からジェーンを監視していたことや、レッドジョンの手下であるレノンを射殺したことなど、不可解な点が多数ありました。

レッドジョンはどのような人物だった?

レッドジョンは性別や年齢など彼に関する様々な事柄が不明な点ばかりでしたが、犯行には共通点があり、トレードマークとして知られています。

彼の犯行の特徴にはどのようなものがあったのでしょうか。

犯行現場には必ずマークを残す

Pexels / Pixabay

レッドジョンは犯行後に必ず、殺害した人物の血液を使って犯行現場にニコニコマークを大きく描きます。このマークはレッドジョンの犯行のトレードマークとなりました。

証拠は残さない!正体は謎に包まれていた

Free-Photos / Pixabay

レッドジョンは犯行に関して用意周到に臨み、声は機械的に変化させたような声を出すことができます。その特殊な声を使用し、ジェーンと直接電話も行いましたが証拠は全く残しませんでした。

シーズン2ではジェーンと直接対峙しますが、全身黒のコートにマスクをつけ、フードを被るといういでたちでした。その際ジェーンはレッドジョンに関する一切の情報を得られませんでした。

レッドジョンはサイキック使い?特殊能力者?

Pexels / Pixabay

レッドジョンはジェーンをメンタリストとして認めており、自身とジェーンを天才として認識しています。

またレッドジョンはメンタリストとしての能力も持っており、ジェーンの行動を読み取って手下を動かしているさまが特殊能力として評されます。

しかし、これは特殊能力やサイキックなどの類ではなく、あくまでも心理学やメンタリズムといったものです。

主人公・ジェーンと殺人鬼・レッドジョンの関係は?

aitoff / Pixabay

作中でジェーンとレッドジョンは熾烈な頭脳戦を繰り広げますが、そのような状況に至るまで2人の間にはどのようないきさつがあったのでしょうか。

ジェーンの家族はレッドジョンに殺された

marvelmozhko / Pixabay

ジェーンは当時メンタリストとしてではなく、霊能力者としてテレビ出演した際にレッドジョンについて「小心者で哀れな臆病者だ」と挑発します。

その発言に激怒したレッドジョンは、見せしめとしてジェーンの家族を惨殺します。帰宅したジェーンは、家族が惨殺された現場を目にし、復讐を誓います。

レッドジョンはジェーンに手下を送り込んでいた

Vitabello / Pixabay

レッドジョンはジェーンに対して何人もの手下を送ります。ローレライをジェーンに送り付け、ジェーンを揺さぶろうとした結果、ジェーンはそれを逆手にとって正体を暴こうとします。

しかしそれに気づいたレッドジョンは、手下のローレライを殺してしまいます。このことからもレッドジョンは残忍な性格であることがわかります。

ジェーンはレッドジョンに救われたことも?

cocoparisienne / Pixabay

ジェーンとレッドジョンは敵対関係にありますが、ジェーンはレッドジョンに救われたこともあります。

アジア人学生が殺害された事件で、ジェーンはレッドジョンの模倣犯に捕まります。しかし、レッドジョンはこの模倣犯が気に入らず、殺害してしまいます。このときジェーンは無事でした。

ジェーンとレッドジョンが仲間になる?

TeroVesalainen / Pixabay

結果的にレッドジョンはナポの保安官であるトーマスだったこともあり、度々ジェーンとレッドジョンはともに捜査をすることもあります。

その際にトーマスはジェーンと手を組みますが、おとり捜査を邪魔したりと不可解な点が多く当時からレッドジョンの正体なのではないかと噂されました。

レッドジョンの各シーズンの行動は?

Alexas_Fotos / Pixabay

レッドジョンはシリーズ1から登場してその正体を明かしていませんでしたが、作中を通してどのような行動をしていたのでしょうか。

シーズン1でジェーンに接近

DawnyellReese / Pixabay

シーズン1ではレッドジョンは保安官のトーマスとしてジェーンの前に現れます。その際はレッドジョンであることは明かされず、捜査にも協力する立場でした。

そしてシーズン1の最終回ではジェーンと少し接近し、その際は全身黒色のコートにマスク、フードを被り正体は全く分からないままでした。

シーズン2で初めてジェーンの前に姿を表す?

Free-Photos / Pixabay

レッドジョンはシーズン2でレッドジョンの捜査に再度加わったジェーンの前についに現れます。しかしそれはジェーンが思い描いていたような局面ではありませんでした。

シーズン3でレッドジョンだと名乗る人物が?

Pexels / Pixabay

シーズン3では、レッドジョンかと疑われる怪しい人物が次々にジェーンの前に登場します。さらに、ジェーンの周りの人物にまでレッドジョンの犯行が及び、急展開を迎えました。

警察の捜査関係者にもレッドジョンの手下が潜入していたことが発覚し、さらには自らをレッドジョンを名乗る人物も現れました。

シーズン6でジェーンに追い詰められる?

3839153 / Pixabay

シーズン6ではついにレッドジョンはジェーンに追い詰められ、爆破工作などを経て追い詰められます。教会でジェーンに銃撃されたレッドジョンは、教会から逃走するもジェーンに追いつかれ、絞殺されます。

NEXT:メンタリストシリーズの結末は?
1/2