境界性人格障害の芸能人・有名人24選!原因や特徴・接し方も紹介! エンタメ

境界性人格障害の芸能人・有名人24選!原因や特徴・接し方も紹介!

目次

[表示]

ダイアナ妃(イギリス)

  • 生年月日:1961年7月1日
  • 出身地:イギリス・ノーフォーク
  • 死没:1997年8月31日(36歳)

イギリス王室の花嫁として一躍時の人となったプリンセス・オブ・ウェールズ「ダイアナ妃」でしたが、その結婚生活は幸せとはほど遠いものでした。

チャールズ皇太子の不倫や、エリザベス女王との不仲により精神的に過度なストレスに晒され、リストカットや摂食障害に陥いるなど精神的に不安定でした。

後に慢性的な鬱状態から脱却し、ホームレスや暴力被害を受けた人々の為に、チャリティー活動に専念し多くの人から賞賛され愛された人物です。

ランボ―(フランス・詩人)

  • 生年月日:1854年10月20日
  • 出身地:フランスシャルルビル
  • 職業:詩人

同じく境界性人格障害であった中原中也が、ランボーの作品に心酔していたと知られています。幼い頃からとても繊細であったランボーは、16歳になるとたびたび家出を繰り返すようになりました。

乱痴気騒ぎを度々起こしていた虚言癖のあるランボーは、周囲から距離を置かれており友人の発砲した銃弾によって被弾しました。

ロバート・キャパ(写真家)

  • 生年月日:1913年10月22日
  • 出身地:オーストラリア
  • 職業:写真家

戦場カメラマンとして、その名を世界に知らしめたロバート・キャパは、まるで死に場所を求めるかのように何度も戦場に足を運びます。

数々の名作と呼ばれる作品を発表し続けたロバートキャパでしたがある日戦場において地雷に接触しそのまま非業の死を遂げました。

精神科医の1人によるとロバートキャパは、自分自身の人生を危険にさらし続けた境界性人格障害の症状に当てはまる、と発言していました。

ヴァージニアウルフ(イギリス・小説家)

  • 生年月日:1882年1月25日
  • 出身地:イギリスロンドン
  • 職業:小説家

イギリスの上流作家であるバージニアウルフは、とても美しい女性ですが、22歳のときに突然何も食べられなくなり、周囲に攻撃的になり、窓から飛び降り自殺を図ろうとしました。

幼少期から異父兄弟に虐待を受けていたと言うバージニアは、30歳のときにとても誠実な男性と結婚をしますが、再び精神的に不安定となります。

勧誘の夫の支えもあり小説を書くようになったバージニアは発作も少なくなり小説を執筆するようになったそうです。境界性人格障害が、夫によって落ち着いた例だと言えるでしょう。

エリック・ホッファー(アメリカ・哲学者)

  • 生年月日:1902年7月25日
  • 出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ブロンクス
  • 職業:哲学者

エリック・ホッファーはシュウ酸よる自殺未遂の経験がありました。当時のホッファーは、毎日の生活に何の価値も見出せず、将来にも希望を持っていなかったようです。

それは境界性人格障害の症状に見受けられる症状ですが、その原因は壮絶な幼少期にあると言われていました。

物心ついた頃には母親は既になくなっており、唯一の肉親である父から度々、白痴となじられ自分自身の価値を認められなくなったようです。

マーシャ・リネハン(アメリカ・心理学者)

  • 生年月日:1943年5月5日
  • 出身地:アメリカ合衆国タルサ
  • 職業:心理学者

17歳で引きこもりとなったマーシャ・リネハンは、双極性障害と言う診断を受け、精神病院に入院することになります。薬物療法や電気痙攣療法も行ったようですが症状は一向に改善しませんでした。

2年間の入院中に何度も自称行為を繰り返し、退院後も自殺未遂を起こしたマーシャ・リネハンは、夜間の大学に通い心理学を専攻し、1971年に心理学者となりました。

シルヴィア・プラス(アメリカ・詩人)

  • 生年月日:1932年10月27日
  • 出身地:アメリカ合衆国ボストン
  • 職業:詩人

大学時代は優秀な成績を収めながらも、双極性障害に悩まされたシは学校生活を中断し精神病院に一時期入院しています。

一時期は症状が緩和されますが結婚後夫との不仲や、進まない創作活動によって経済的な問題を抱え何度も自殺未遂を起こしていましたが、1963年に30歳と言う若さでガス自殺により死亡しました。

エリクエリクソン(アメリカ・心理学者)

  • 生年月日:1902年6月15日
  • 出身地ドイツ.フランクフルト
  • 職業:心理学者
  • 死没:1994年5月12日(91歳)

アンナフロイトの精神分析を受ける子供の世話係であったエリクソンは、専門知識がないにもかかわらず、無許可で精神分析医として生計を立てていたそうです。

精神科医が見捨てた患者がエリクソンの元で良くなったと言う噂が広まり、その地位を不動のものにしたようです。アイデンティティの語源を策定した事でも知られています。

実は、彼自身が重いパーソナル障害を抱えていて、患者の治療に自分の経験を役立てることで、患者が改善するに至ったとされています。

境界性人格障害は有名人に多い?原因は?ストレスのせい?

1388843 / Pixabay

有名人になると過度なストレスを受ける事で、内面に潜んでいた精神バランスの不安定さが、境界性人格障害となる場合があるようです。

境界性人格障害になる原因は?

Graehawk / Pixabay

境界性人格障害は、遺伝によっても発症することがあるようですが、多くは幼少期の機能不全家族において親に愛情を受けられない、親の価値観を押し付けられた事により発症するようです。

あるいは、いじめを受けたり恋人からのDVや言葉の暴力によって境界性人格障害になることもあるようです。

どんな症状が現れる?気分の変化が激しい?

PDPics / Pixabay

常に不安を抱き、幸せを感じることがない、怒りの感情を抑えることができず、周囲の人々に当たり散らすなど感情のコントロールができないことも特徴の1つです。

自傷行為や薬物乱用などに走る場合も多い?

stevepb / Pixabay

自分を否定する感情のみが先立ち、薬物乱用や自傷行為を繰り返したり、自殺未遂を起こしたりするなど重篤な症状もあるようです。

治療法は?年齢と共に治まっていく?

Myriams-Fotos / Pixabay

精神科医の診察を受けることが大前提ですが、何より本人自身が「治したい」と言う強い気持ちを持たなければいけません。

精神科医によって本人の症状に合った適切な治療を受けることが大切です。抗欝剤や抗不安薬などの薬を用いて、根気よく治療することが大事なようです。

境界性パーソナリティ障害や情緒不安定パーソナリティ障害と言われることも

Davidqr / Pixabay

両角性人格障害は、別名境界性パーソナリティ障害、情緒不安定パーソナリティ障害と言われることもあるようです。

いずれにしても、自分自身の精神的疾病に対する症状を冷静に見つめて、気長に治療していくことが大切かもしれません。

境界性人格障害の人が身近にいたらどう接すればいい?

intographics / Pixabay

境界性人格障害を持つ人が家族や身近にいる場合は、その影響を直接受けてしまい場合によっては、自分自身も精神疾患を患うことになりかねません。

境界性人格障害の人に、物の道理を説いたとしてもなかなか理解されず、むしろ逆効果となり、症状が改善される事はありません。かといって必要以上に迎合することも良くないようです。

ダメなものはダメとしっかり伝える事は、もちろんですが、境界性人格障害の人との関係性を1人で抱え込むことなく、専門家などにアドバイスをもらうことも重要です。できれば距離をおくことも必要かもしれません。

パーソナリティ障害は他にもある?

mikegi / Pixabay

パーソナリティー障害と一口に言っても実はその種類は様々にあり、その症状や特質から3つのグループに分けられるようです。

A群「独特の考え方や行動を取る」

reenablack / Pixabay

「妄想性パーソナリティ障害」は、普通の人がおよそ考えないような独特な思考に走り「周りが騙そうとしている、利用される」など人を信用しなくなる症状が現れます。

「統合失調型パーソナリティー障害」は、独り言が多く、突然思い出し笑いをしたりする事で、周囲の人に奇異な目で見られることが特徴です。

B群「感情の起伏が激しい」

succo / Pixabay

「反社会性パーソナリティ障害」は犯罪に対する罪悪感が皆無で人に対する共感性がない症状が特徴です。別名「サイコパス」もこの障害を持っていることがあるようです。

「演技性パーソナリティ障害」を持つ人は、自己顕示欲が非常に強く常に人の注目を浴びたいと考えるあまり、出来事でっち上げたり嘘をついたりすることがあるようです。

「自己愛性パーソナリティ障害」は、自分が特別な存在と思い込み、他人は自分のために存在すると言う極端な考えを持つ場合があります。結婚においてはモラハラになりやすい傾向のある人です。

C群「不安感が高く他者への依存性が強い」

「回避性パーソナリティ障害」は、自己否定が強く社会参加に積極的になれない傾向があるようです。人とうまく付き合いたいと思いながらも、恐怖心が先立ち人と深い関係性が築けないようです。

「依存性パーソナリティ障害」は家族や友人に極度に依存してしまうことが特徴です。すべての判断を他人に任せ、場合によっては自分自身を犠牲にすることもあるようです。

「強迫性パーソナリティ障害」は、自分の決めたルールにこだわり完璧を求めてしまうのが特徴です。

境界性人格障害に関連する病気

geralt / Pixabay

精神的な疾病は、その症状において、1つの型に当てはめることが難しく複合的な症状が現れることもあるようです。

境界性人格障害に置いて、その症状に関連した病例をまとめてみました。

うつ病

RyanMcGuire / Pixabay

とても強い憂鬱感により、何かをしようとする気力がなくなり社会生活に影響が出てしまう精神的な疾病です。

過度なストレスを受けやすい現代社会では、この「うつ病」が現在非常に多くなっているようです。

ネットでもうつ病に対するセルフチェックシートが、数多くあげられいるようですので思いあたる人は、一度チェックしてみるのも良いかもしれません。

パニック障害

geralt / Pixabay

突然の時吐き気めまいまた呼吸困難などに襲われ、このまま死んでしまうのではないかと言う強い不安感にさいなまれる症状です。

実際には、体に何かの異常があるわけではなく、時間が経つと自然と回復に向かうのですが、発作を繰り返すようになると、より不安感が増幅し、心臓神経症や不安神経症等と呼ばれる症状も出てくるようです。

非定型うつ病

Anemone123 / Pixabay

一般的に 統合失調症と躁鬱病の要素を持ち合わせながら、どちらかとは断定できない精神的な症候群を指すものです。

症状は様々なようですが、うつ状態や躁状態が続いた後、幻覚・妄想などの統合失調症と、同様の症状が現れることがあります。

過呼吸症候群

Engin_Akyurt / Pixabay

精神的な不安やパニック等に陥った場合に、異常に呼吸回数が増えてしまう状態を「過呼吸症候群」といいます。

紙袋やビニール袋を口に押し当て呼吸を行うことで以前と改善するそうです。

偏見のない社会に

精神疾患と聞くだけで大抵の人は引いてしまうことがあります。本人は偏見を持っているつもりは無いかもしれませんが、精神疾患=トラブルと考える人が、多数いることも事実です。

ですが、普通に生活をしていても、何らかのきっかけでそういった病気を発症する可能性はゼロではありません。

他人事ではなく、境界性人格障害についての知識を持ち理解を深めることが必要な時代になった、ということかもしれません。

関連する記事はこちら

2/2