学歴ロンダリングとは?ネガティブなイメージ?メリットはある?

学歴ロンダリングとはどんな意味があるかご存知ですか。今の大学よりも偏差値のいい大学院に行くことで就職に有利とメリットがあり東大の文系や理系を目指す人もいるのです。そんな学歴ロンダリングをした有名人も紹介しながら詳しくみていきましょう。

学歴ロンダリングとは?

Bessi / Pixabay

学歴ロンダリングという言葉を耳にしたことがありますか。あまり普段の生活では使われる用語ではないのでわからない人が多くおられるのではないでしょうか。

学歴ロンダリングは出身大学のよりも進学する大学院の方が偏差値が上というインタネットスラングだそうです。今回はこの学歴ロンダリングについて詳しく見ていきましょう。

学歴ロンダリングの意味は?

Free-Photos / Pixabay

大学院に進学する際出身、大学に大学院があればそこに進学すると言うという考え方だけではないのです。なにかやりたいことがあればそこの研究室に入りたいとなり違う大学院を選択します。

そして進学した大学院が自分が卒業した大学よりも偏差値が上だった場合の事を学歴ロンダリングというのです。

学歴ロンダリングの難易度は高い?

geralt / Pixabay

大学受験をする際過去問や赤本など過去にどんな問題が出たかを知ることが出来てその大学の出題問題に対して傾向や対策がわかるのです。

しかし大学院の場合そういった過去問を入手することが困難でありまた大学院に進学する人が少ないので過去問を友達から見せてもらうことも無理なので難しいところがあります。

偏差値が高ければ問題も難しくはなるのですが同じ大学であればある程度対策ができるのですが全く違う大学から受験するとなると不利な立場であるので難易度は高くなると思われます。

学歴ロンダリングに対する世間のイメージは?ネガティブ?卑怯?

Pexels / Pixabay

学歴ロンダリングに対する批判の声もあるようです。例えば大学は二流大学でも大学院は東大となった時、大学は二流のくせにという人もいるのです。

結局最終学歴を述べたときに凄いけど大学は二流のくせに卑怯だと言うことがいいたいのでしょうが大体こういう事をいう人は自分に学歴コンプレックスがある人が多いようなのです。

学歴ロンダリングをする理由は?有効なの?

geralt / Pixabay

学歴ロンダリングをする理由は最終学歴を見栄えよくするといった意味でおこなわれるそうです。大学受験に失敗したけれどもここで挽回したいと思う人はいるでしょう。

現に学歴ロンダリングを行った人で就職活動の際出身高校と大学を記入してくれと言われた人は連絡がとれなくなってしまったそうです。

あとは自分のやりたいことが違う大学にありそこの研究室に入りたくて入ったら偏差値が高い大学だったという少数ですがそういう意見もありました。

関連記事はこちら

学歴ロンダリングをするメリット・デメリットは?

3D_Maennchen / Pixabay

出身大学よりも偏差値が上である大学院を目指すということはとても簡単なものではなくむしろ相当努力をしなければならないことなのです。

そんな学歴ロンダリングを行う事でどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

学歴ロンダリングのメリットは?

RobinHiggins / Pixabay

学歴ロンダリングを行う事でどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

人脈が増える

3D_Maennchen / Pixabay

大学の偏差値が低くても大学院の偏差値がたかければそれなりのレベルの人と出会うことが出来て人脈も広がるのです。現に学歴ロンダリングを行い東大に入学した人がいました。

その人は大学院で仲良くなった仲間は卒業して当たり前の様に省庁や官僚などエリートコースに進みました。

そんな仲間と今でもなかよくしておられ仕事がらみでお世話になっているそうでいいことしかないそうです。

信用されやすい

Free-Photos / Pixabay

出会う人は今が大事なので第一印象も大学院名をいうだけで、この人信用できるなと思われるそうです。初対面の第一印象が信用できるというのは凄いことでしょう。

また就職してからも最終学歴の名前を言うだけで企業の偉い人を紹介してもらったりと何かと得をしているそうです。

実際学歴ロンダリングを行い東大に行った人はあ、東大ならまずは安心と言われ海外に行っても色んな人に会わせてもらえたそうです。

自分に自信がつく

EliasSch / Pixabay

元々東大生が東大の大学院に行くので地頭のいい人間の集まりになることは必然的です。そんな頭のいい集団の中に偏差値がそれよりも低い人が入り込んでいく形になります。

しかし何もせず入ったわけではなく東大生と同じように試験を受けて合格し入学しているのですからかなり努力しないと無理なのは誰でもわかりますよね。

そんな経験があるから地頭のいい人間と戦ってここにいるという実績もあり自分に自信がつき何かあれば底力を発揮できる人間になっているのです。

企業が最終学歴を見る

mohamed_hassan / Pixabay

どんな大学を卒業していても最終学歴は大学院を出ていればその大学名の名前を述べればいいのです。特に企業は最終学歴を見るのです。

実際学歴ロンダリングを行った人が就職活動を行った際出身大学のせいで就職を断られたという事は一切なかったそうです。

理系は特に多くの就職先、採用がある

mayahawk / Pixabay

企業が最終学歴をみるという事と関連があるのですが就職活動中、企業から多くの推薦や採用があるのです。

学歴ロンダリングを行う人の多くはこれが最高のメリットであるとわかっているからこそそれを行ったという人が多いのです。

専門的な知識が身につく

DariuszSankowski / Pixabay

大学院は特に専門的な内容を研究する期間です。そして大学院で研究を学ぶことでより専門的な知識が身につくのです。

そして有名大学であれば研究に使える予算も多いそうでよりいい研究ができるので就職も研究職として採用される可能が高いのです。

学歴ロンダリングのデメリットは?

ijmaki / Pixabay

学歴ロンダリングを行うことで最終学歴がいい大学の出身というこで就職にも有利でメリットしかないと思われがちですが一方でデメリットも存在します。

一体どんなデメリットがあるのか調べてみました。

大学院の授業についていけなくなる

Counselling / Pixabay

大学院となれば大学と違い2年間しか通わないのでその間で沢山の事を学び知識を取り入れなければなりません。更に研究ともなればなおさらやることが増えるのです。

ですから学会に出席する回数も増え勉強漬けの日々を送るのです。そんな中大学の偏差値が低いとそれなりに努力しなければいけないので周囲の大学院生との学力ギャップに苦むことがあるのです。

大学院進学に学費がかかる

geralt / Pixabay

いくら偏差値が高い大学に進んだとしても必ず授業料を払わなけらばなりません。国立であっても入学金と授業料を2年間で合わせて150万かかるのです。

私立となれば更にお金はかかるのです。また一人暮らしであればまた生活費も必要となるので費用がかかるというデメリットがあります。

修士論文が大変

Pexels / Pixabay

大学院の入学試験よりも難しいとされるのがこの修士論文とされています。これが終了しない限りは卒業できません。

しかも修士論文はかなりハイレベルな内容が要求されページ数も150枚以上とそう簡単にはいかない物なのです。せっかく学歴ロンダリングが成功しても修士論文で挫折する人もいるそうです。

文系は意味がない

134213 / Pixabay

文系も理系も大学院入学後は勉強漬けで忙しく最終的には修士論文を仕上げなければなりません。しかしどんなに頑張っても文系の人は理系に比べて就職面で不利な状況になるのです。

就職では理系のような研究なのでその分野を深く学んだ事が利点となり採用されるのですが文系は研究が広がりがなく結局4年生大学卒の人が優先的に採用される傾向にあるのです。

回りに同期が居なくなる

StockSnap / Pixabay

どうしても大学院に進学する人は少なく進学しても卒業した大学に進学する人が多いので最初はかなり孤独を感じるでしょう。これが最大のデメリットと思われます。

また入学したら研究室にこもるのでその中で研究する人達の人間関係を構築していかなければならず他の大学から来たとなると気を遣うかもしれません。

年齢的な差が出る

annca / Pixabay

年齢的に差が出ると言う問題として考えられるのは就職の問題でしょう。学歴ロンダリングを行うことで就職に有利と言うお話はしました。しかし年齢を考えた場合不利なこともあります。

大卒であれば21歳から22歳にかけて就職活動を行いますが大学院では23歳から24歳にかけてなので年齢が高い学生の採用を敬遠する企業もあるので不利な状況と言えるのです。

また先程もご説明したように文系の学歴ロンダリングはあまり意味がなく就職も不利な状況になるようです。

研究室のコネは使えない可能性が高い

DarkoStojanovic / Pixabay

学歴ロンダリングを行いいい大学院に行ったとしても必ずしもコネがあるとは言えないのです。大学の研究室によっては就職先のパイプがあるところとないところが存在するようです。

学歴ロンダリングをしいい大学院に入ったとしてもその研究室に企業とのパイプがない場合コネが使えない可能性があるので学歴ロンダリングをしたから大丈夫だとは思わない方がよさそうです。

学歴ロンダリングをするには?

rawpixel / Pixabay

学歴ロンダリングをするとメリットもあればそれなりにデメリットも存在することがわかりました。デメリットとりもメリットの方が大きく今後学歴ロンダリングを目指す人も沢山おられることでしょう。

そんな学歴ロンダリングを目指す人必見です。学歴ロンダリングを行うにはどうすればいいのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

院試にはTOEICが必要?

geralt / Pixabay

全部の大学ではありませんがほとんどの大学院の入学試験はTOEICが必須となっています。ですから偏差値が高い大学は必ずいる試験です。

学歴ロンダリングを行うひとは絶対受けなければなりませんしそれなりの高得点を目指さなければなりません。

研究室見学をするのもあり?

jarmoluk / Pixabay

行きたい大学院が決まっていればそこの研究室を見学するのもいいかもしれません。そこの研究室でな何を重要に研究しているか事前に知っておけば面接で聞かれた時の対応に困らないからです。

また行くことで現役の院生とも入学後でも話しかけやすいネタになるかもしれません。運よく教授に会う事ができればプラスポイントにもつながるかもしれません。

志望理由や動機をしっかり考える

Skitterphoto / Pixabay

学歴ロンダリングを行う人はなぜこの大学院に入りたいかという理由や動機を明確にし面接がある場合しっかり伝えなけらばなりませんからしっかり考えなければなりません。

特に大学と大学院の偏差値の差があればあるほど学歴ロンダリングを目指しているのではないかと疑われることもあります。ですから前もってそこの研究が何をして自分が何を取り組みたいかしっかり考えましょう。

これが曖昧であれば不合格になるでしょう。そういう点で前もって研究室を訪れることはいいのではないでしょうか。

研究室への熱意をしっかり伝える

Cleverpix / Pixabay

先程も述べたように大学と大学院の偏差値の差があればあるほど学歴ロンダリングを疑われてしまうのでなぜこの研究室に入りたいかという理由を明確にしなければなりません。

さらに研究室に対してどれくらい熱意があるか相手に伝わらなければいけません。他の大学からわざわざここに入りたいと言うしっかりとした理由がなければ合格は難しいでしょう。

また研究は情熱がなければ続けられないので入学してしまう人もいるそうで面接ではどれくらい情熱があるかをみるそうです。

学歴ロンダリングにオススメの大学院は?東大は定員割れも?

Dotstik / Pixabay

同じ大学でも学部が様々あるようで国立大学でも大学と違い併願できるので色々受験してみるのがいいそうです。

東大は定員割れとも言われていますがその分とる人数も限られるので難関であることは間違いないでしょう。

海外の大学院へ留学するパターンもある?

wu-gongzi / Pixabay

日本で学歴ロンダリングをするよりも一層の事アメリカの大学院を選ぶ方法もあるのです。日本では大学院に行っていると言うとまだ学生?と思われがちですがアメリカであれば博士は尊敬されるのです。

またアメリカの一流大学は学費は免除され生活費も月20〜30万円支給されるのです。ですから学歴ロンダリングをおこなうよりアメリカの大学院に行くのも1つの手段と言えるでしょう。

社会人でも学歴ロンダリングできる?

Free-Photos / Pixabay

大学院に入学するには社会人でも可能ですので社会人が学歴ロンダリングを行う事は可能です。特別枠というのが設けられており社会人でも受験できるのです。

NEXT 学歴ロンダリングの成功例・失敗例は?