上申書殺人事件の概要は?死刑執行を延長するための告発だった? 社会

上申書殺人事件の概要は?死刑執行を延長するための告発だった?

目次

[表示]

死刑判決を引き伸ばすための延命策だった?

qimono / Pixabay

しかし、この意味不明な行動に対して、矢野治は自分の死刑執行を少しでも伸ばすために新たな捜査や裁判を引き起こした「延命策」であるとの見解が示されました。

この裁判も結局「死刑執行を引き延ばすための虚偽の疑いがあり信用できない」として無罪の判決が下され結審してしまいます。

裁判所としては「司法を利用した引き伸ばし工作は許さない」という断固とした意志を示した事になります。後藤良次は復讐心からの告発でしたが、この矢野治は単なる命乞いに過ぎなかったと断じられています。

上申書殺人事件は死刑判決受けた被告が復讐のために別の殺人を告発した事件

JerzyGorecki / Pixabay

「上申書殺人事件」は殺人事件で死刑判決を受け上告中だった後藤良次という男が上申書で過去に自分がさらに3件の殺人に関与しているとの内容の告白を行なった事件です。

後藤良次が過去の殺人を告白したのは、その過去の殺人を主導した三上静雄という男が、現在も捕まらずにのうのうと生きている事が許せないという理由からでした。

結果、後藤が告白した3件の殺人のうちの1件で三上静雄は告訴され、裁判を受けて無期懲役の判決を受けています。凶悪犯が凶悪犯を告発して逮捕に追い込むという衝撃的な展開に世間からの注目を集めた事件でした。

関連する記事はこちら

5/5