霊感がある人には見える画像まとめ!霊感がある人の特徴は? 占い・スピリチュアル

霊感がある人には見える画像まとめ!霊感がある人の特徴は?

霊感がある人にしか見えない「霊の姿」が写り込んだ不思議な写真画像があります。この恐怖の写真は数多くあり、チェックした人に「霊能力」があるかがチェックできます。では「霊感」のある人の特徴はどんなものか、そして「霊の存在」とその信憑性はいかなるものかを問います。

目次

[表示]

霊感のある人には見える画像まとめ!

KELLEPICS / Pixabay

普通の人には何でもない写真でも「霊感のある人」には何かが見える写真が存在します。時にはその写真の中に「動くもの」を見たりする場合もあります。ほとんどはぞっとするような得体のしれない存在を見ます。

ネットにはそんな画像が山ほど存在しますが、それは「霊感の強い人」にとってもそうでない人にとっても恐怖を感じるものです。霊的な専門家の話を加えると、納得のいきます。

そんな不思議な画像をとりあげて、その傾向や謎を探索してみましょう。ひょっとするとあなたのお持ちの写真にもそんな画像が存在しているかもしれません。

これは心霊写真?

何気なく撮った写真に奇矯なものが写り込んだ時、人はそれが「心霊写真」と思うときがよくあります。とった写真の一つ一つを積極的によく見ると、わりとたくさんの怪しげな写真が見つかります。

葉っぱの並び具合や陰影などが偶然「人の顔」に見えたりする場合もよくあります。しかし誰が見てもはっきりと怪しげなものが写り込んだものもあります。

幽霊?スナイパー?

まるで誰かを狙っているスナイパー(狙撃手)のように、木陰からじっと不気味に何者かがが見つめている心霊写真もありますが、中には霊感がある人だけに見える画像もあります。

また、あきらかに人が存在するような場所ではない所に何者かがいて、それを見ると「幽霊」以外のなにものでもないような写真もあります。そんなものを見ると背筋が凍るような思いをします。

人が写っている?

この写真などは明らかに画像のひずみではなく、左上の天井近くに男の人がぶら下がっています。この写真は有名な心霊写真ですが、その真偽については長年の議論の的となっていました。

写真の解析技術が向上し、解像度の違う部分があるなど疑問点が指摘されています。しかしこれは合成写真であるという完全な証拠には至らずに今日に至っています。

いずれにしても不気味な写真です。家族写真なので、その人たちのその後が気になるところです。

心霊スポットに写るものは?

日本中に「心霊スポット」なるものが存在します。特に多いのが「病院の廃墟」や「遊園地の跡地」のどです。人が多く集まっていたのに廃墟となり静けさだけが残ったようなところは「恐怖」を感じるのでしょう。

そこへ若い人が夜中に行って、写真を撮ってくるという「肝試し」をする事が後を絶ちません。そんな写真には不可解なものが写り込んでいることがよくあります。いるはずのない子供の課をとかが3階の窓から写ります。

大体こんなところに行って、わざわざ「悪い縁」を作ることがよいはずはありません。「触らぬ神にたたりなし」という言葉は昔の人の知恵だったのです。

あの世に引きずり込むトンネル

大体「トンネル」というものは、たとえ車で通ったとしてもあまり気持ちのいいものではありません。昼間でも真っ暗でじめじめしていて、その手の話が山ほどあります。

よくあるのがトンネルの中を白い服を着た女性が歩いていて、そのあとに事故にあったとかという恐怖のパターンです。中には市町村の広報が「幽霊の出現注意」を呼び掛けているところもあるほどです。

それは「交通事故」に対する注意なのでしょうが、公に「幽霊注意」と呼び掛けているのが不気味です。

歓迎されている心霊写真も

霊には「悪霊」と「善霊」なるものが存在するようで、それはあの世に「天国と地獄」があるのと同じことです。一説によると地獄は「3次元空間」の近くにある、とかという話を聞いたことがあります。

それで「霊」といえば「悪霊」の話が多いのだとか言われています。そういわれればなんとなく納得がいきます。しかし「善霊」なるものも存在するのですから、出会う機会もあります。

多いのは「妖精」「守護霊」「木の精」などです。誰かを守ったり祝福している存在で、よい波動を出しているといわれています。

揺れて見えれば霊感がある?

写真を見ていると「画面がぶれて見える」場合があります。目が疲れていたり、視力が落ちていたりするとよくあることですが、何回、目を擦っても「揺れている」時が「霊感の強い人」にはあります。

しかもその部分には問題の箇所があり、その所だけがぶれているのです。2次元空間からはみ出るように、明らかに異常な状態で現れます。

これが「霊感があるかどうか」の一つの目安になるという人もいます。

岩壁に移った男

若い女学生が3人楽しそうに記念撮影をしています。でもその背景の岩壁に3次元空間を無視したように「小さな男」の写真が写っています。岩の模様にしてはあまりに出来すぎています。

両肩のラインがはっきりと映っており、その部分を見ていると別のところで移した写真を小さくして張り付けたようです。しかしこれは合成写真ではなく、友達が「はいチーズ」といって撮った記念撮影だったのです。

あまりにリアルで当の女学生も驚愕したでしょう。たまたま映り込んだこの男は、この中の誰かと縁のある人だったのでしょうか。謎の写真です。

りゅうちぇるの心霊写真

沖縄のタレント「りゅうちぇる」さんも心霊写真をアップしています。山の中の「雑木林」で写した写真の彼の肩のところに少し小さい「おばさん」が写っています。しかもどうやら顔だけのようです。

体は不明瞭で黒っぽい影のようになっていてはっきりしていません。顔を覗き込むようにしてひょっこりと木の陰から出しているのです。

明らかに彼から距離はあるけど、サイズがおかしいようです。中年のおばさんは何事もなかったように「あら!りゅうちぇるだわ!」と言わんばかりです。普通に映っているのです。

川原に写り込んだ「怨霊」

この心霊写真はかなり気味が悪いです。男性の横で恨みによって顔の形が崩れてしまった女性がいます。二人の仲を呪うようにも見えます。着用している服もデートに着るようなお洒落な服です。

一般にこの世を去った世界は「思いがすぐ現れる世界」であって、女性の恨みが現れ「怪物」のようになっています。人は死ぬとすぐに霊的な体をまとうらしいのです。

この世では思ったことがすぐに実現しませんが、それは時間があるからです。時間はあの世では「空間のように自由に移動できる」ので「想いはすぐに実現する」という法則があります。

足のない写真①

少し古い写真ですが、おめかしをして写っている女性の片足が無い写真です。もちろん隠しているわけではなく機嫌よく撮ったらこうなっていました。かなりショッキングな画像です。

一番驚いたのは、当の女性自身だったでしょう。「私の足は将来無くなるの?」と思っても不思議ではありません。専門家は「この女性の縁のある霊が「足のケガに注意してください」という警告をしているそうです。

つまりこの女性のことを想ってこんな画像を見せたというのです。このように「心霊写真」は悪いものばかりではないというのがよく解ります。

足のない写真②

同じような「足のない写真」これもご本人は驚愕なさったことでしょう。しかしそんなに怖がる必要はありません。彼女の足にトラブルが迫っていることを「守護霊」が警告を発しているのです。

ここは素直に「あ、気をつけよう」で良いのです。重たく受け止めずに、このメッセージのおかげで大事に至らない可能性が出てきたのですから、手を合わせて心で感謝しましょう。

いないはずの子供

鏡をご覧ください。「子供」が写っています。「そこにいたんじゃない?」と思いますがよく見て下さい。何か「違和感」があります。鏡では、男の人の方ほどの肩の高さ位の背丈です。しかし実像の方は写っていません。

つまり「そこにはいなかったたのです!」おそらく本人に聞いても「トイレには誰もいなかった」というでしょう。あまりにはっきりと映っています。

しかしよく見ると子供の肩のところが黒くなっており、実像ではないような気がします。これが「合成写真」でなければ、これはいったい何なのでしょう?不気味な写真です。

炎の中に写る霊の姿

なんとショッキングな写真でしょう。もしこれが「悪い霊」ならばぞっとするでしょう。しかしこれは「善霊」でいわゆる「守護霊」だということです。この女性を見守っている「先祖」のようです。

いわゆる「ご先祖様」ですので怖くもなんともない身近な存在です。「守護霊」は「血縁」のあるものもいて、見守っていたり、縁のある子孫に「警告」を伝える時に現れるようです。

木からぶら下がったおばけ?!

車からの画像ですが、正面の木の枝から正に「おばけ」がぶら下がっています。まるで人形のようにそこにいます。これは実は「Youtube]の動画の画像なんです。

もし誰かがいたずらでぶら下げたとしたら、ちょっとやそっとではいけない場所まで登っていかないといけません。しかもどうも人形ではないようです。

こんな真昼間の道路でなぜ?と疑問を感じます。しかし上の動画のように、Youtubeでは何の説明もなく謎の動画として拡散されています。

釣の帰りのお土産?!

車のガラスの外にいる叔父さん、色がおかしいですね?実はこれその場にはいなかったらしいのです。生きている人のように肌色でなく、灰色です。

この日は思いがけなく「大漁」だったので記念撮影を車の中で「パチリ」と撮影しました。するとこの見たこともないこの人が写り込んでいました。まるで「置いてけ堀」のように「おいてけ」と言っているようです。

よく見ると顔が「骸骨」のようです。しかしおじさんが「笑顔」なのはかえって不気味です。

胸に写った「顔半分」

女性の胸あたりにあらわれた謎の女性の顔、しかも半分だけが写っています。目は「白目」をしています。明らかにサイズも不自然で、どちらを見ているのか解りません。

外国の方のようですが、こういったものは「万国共通」のようです。きっと驚いて占い師などに見てもらったことでしょう。顔半分の女性はどこか「恨めしげ」です。

お婆ちゃんの家に居た霊

この写真は写っている小さい子が大人になってから「古いビデオ」をダビングする際に発見したようです。この家は取り壊しているそうですが「いわくつき」の家だったそうです。

かってに物が動いたり、誰もいない所に「人影」が通ったりしたそうです。部屋の中から二人を見つめる謎の男、どう見ても「生きている人」には見えません。

色があまりに黒く、目も塗り潰したようになっています。ひょっとしたら亡くなったお婆ちゃんのご主人でしょうか?

窓に映る「存在しない人」

新幹線の中でお友達と楽しい記念撮影。しかしよく見るとおかしなものが写っています。一番左の「ピースサイン」をしている子の窓ガラスをご覧ください。男性の横顔がわりに大きく写っています。

しかし、ご覧のように車内には「誰もいない」のです。もにこの位置に写るなら男性は左の女の子の奥に座っていないといけません。でもご覧のように存在しないのです。

3次元の世界と、死後に行く4次元以降の世界は違う次元なので「映像」がこのように歪んでしまうのでしょうか?不思議な写真です。

霊感がある人には見える画像

「霊感がある人には見える画像」があるらしいのですが、それを一般の人が見ると何もおかしなところは見えません。しかし霊感がある人が見ると不可解なものが見えるらしいのです。

その問題の部分はチェックすると「ぶれて見える」場合が多いといいます。それは空間を見る場合と同じで、実際いわくつきのスポットでは霊が見えたりします。

こういう体質は「遺伝」もあるそうで有名な霊能者「江原」さんはお母さんもそうだったそうです。

本物の心霊写真かどうか判断するには?

この類の写真には「合成写真」や有名になりたいがために「捏造」したものもたくさん存在します。では全部が嘘だというのでしょうか?

中には「合成」の痕跡のないものや、説明のつかないものがたくさんあります。つまり本物の心霊写真も存在するのです。では「心霊写真かどうか判断する」にはどうすればいいのでしょう。

専門家の霊能者に見てもらったり「写真」の専門家に分析を依頼したりするのも一つの手です。一番いいのは両方に見てもらうのが良いのですが、大変なので気になる場合はTVの投稿に依頼する方法もあります。

稲川淳二が明かす「偽物の心霊写真と本物の違い」

怪談で有名な稲川淳二さんによると、偽物と本物の心霊写真には構図の面で大きな違いが見られるそうです。

基本的に心霊写真は「カメラを構えた時にはいなかったはずのものが偶然写り込んでしまった」という特徴を持つはずですよね。

そのため本物の心霊写真は本来撮影したかった被写体が中心にあり、見切れていたり目立たない状態で霊が写りこんでいます。

一方で偽物の心霊写真の場合、偽の霊を目立たせるために被写体が立っている場所が微妙に中心からずれていたりと、霊が写っていなかった場合を想像すると変に偏った構図になっているのです。

「マツコの知らない世界」でも紹介された偽物の心霊映像の特徴とは?

2016年7月放送の「マツコ知らない世界〜心霊ビジネス世界」では、ゲストに作家の山口敏太郎さんを招いて合成で作った心霊映像や写真に見られる特徴について解説していました。

1、幽霊にカメラ目線の奴はいない。
2、間合いの上手い幽霊はいない。

上記、二項目は番組内でも言いましたように、(本物がいると仮定するならば)幽霊は圧倒的に素人が多く、演技経験者などはほとんどいません。

(引用:アトラス)

山口敏太郎さんは上のように語り、カメラ目線の心霊写真や映像は偽物と一刀両断。また解像度の差をごまかすために、意図的に手ブレをしてピントをおかしくさせているものも多いと明かしていました。

NEXT:ヒカルが霊能力者に突撃!偽物の心霊写真を鑑定してもらった結果
1/3