メラニズムとアルビノ違いは何?メラニズムのかっこいい動物まとめ!

「メラニズム」という言葉をご存知でしょうか?アルビノの対極の症状と言われていますが、その違いはいったい何なのでしょう?人間にも発症するものなのでしょうか。今回はメラニズムの症状や、メラニズムの動物、小動物、鳥などの姿を調べてまとめてみました。

メラニズムとはどういう意味?

LoggaWiggler / Pixabay

メラニズムとはいったいどんな症状なのでしょうか?またアルビノとの違いについて調べました。

メラニズムとは?アルビノの逆?

Alexas_Fotos / Pixabay

メラニズムは「メラニン」から取られた言葉で、ギリシャ語では「黒い色素」を表している単語が由来とされています。メラニズムとは人や動物で、メラニン色素が先天的に過剰に作られる状態の事です。

人の髪や肌の色、虹彩はメラニン色素で色が付いています。世界的に見ても人種によってこれらの色は変わっています。これは人によってメラニン色素を作る量が違うので色が変わっているのです。

メラニン色素が過剰に作られると、髪も肌の色も真っ黒になってしまうのです。これがメラニズムです。

アルビノとは?

ASSY / Pixabay

逆にアルビノとは、体内でメラニン色素がほとんど合成出来ないため、髪や肌の色が真っ白になっている人や動物たちのことです。

メラニズムはメラニン色素が過剰に合成されるために起こるので、ある意味アルビノの逆と言えます。

メラニズムは優性遺伝とされている

qimono / Pixabay

メラニズムもアルビノも遺伝によって起きる症状ですが、アルビノが劣性遺伝なのに対して、メラニズムは優性遺伝だと言われています。

メラニズムの動物は通常よりも強い?

Pezibear / Pixabay

メラニズムの動物達は免疫力が高く強い個体が多いと言われています。メラニズムの鶏はウイルス耐性があることが分かっています。またメラニズムの動物にはメラニン色素が皮膚に多くあり、紫外線に強いのです。

普通の人なら紫外線を浴びると、肌に活性酸素が多く発生します。それをメラニン色素が除去してくれているのです。活性酸素が増えすぎると、生活習慣病やガンの原因になります。

また紫外線を浴びることでビタミンDを生産することが出来ます。ビタミンDは骨を強化する以外に免疫力を上げて、生活習慣病やガンを抑える効果があります。

メラニズムは進化の証?

メラニズムは優性遺伝ということもあり、自然界に適応した進化の証なのではないかという説があります。全身が黒いと暗闇に身を隠して天敵から身を守ったり、獲物を捕らえやすいからです。

関連記事はこちら

メラニズムの画像まとめ【大型動物編】

Alexas_Fotos / Pixabay

メラニズムの大型動物はどんな姿をしているのでしょうか?メラニズムは多くの哺乳類で発見されています。その画像をまとめました。

メラニズムの豹の個体の写真です。ヒョウ柄は僅かに残っていますが全体が真っ黒で、雄々しさが増しています。

豹は肉食目ネコ科ヒョウ属に分類される動物です。適応能力がとても高く普通の猫を除くとネコ科の中で一番広く分布していて、アフリカから東アジアにまで及んでいます。

それに比例するように、亜種が10種類以上存在していて、一口に豹と言っても体格や体毛にある程度違いがあります。一番個体数の多いアフリカヒョウは危険動物5選の一角を担っています。

ジャガー

メラニズムのジャガーの個体の写真です。ジャガーはメラニズムの個体が比較的多くみられることで知られていて、飼育されているメラニズムのジャガーも見られるそうです。

ジャガーは肉食目ネコ科ヒョウ属に分類される動物です。生息地は北アメリカ南部から南アメリカ大陸になります。ネコ科の動物としては、トラ、ライオンに次いで大型で南北アメリカの現在種では最大です。

熱帯雨林から草原に至るまで様々な環境に生息していて、夜行性で単独行動をしています。地上から水中まで大小問わず動物を捕食していますが、臆病なので人や家畜を襲うのは稀です。

トラ

メラニズムのトラの個体の写真です。このトラはメラニン色素が薄い方なのかトラ柄も、白い部分も見られます。普段見慣れているトラとイメージが異なりますが、かっこよく見えます。

トラは肉食目ネコ科ヒョウ属に分類される動物です。生息地は幅広くインドやタイ、ネパール、バングラデシュ、マレーシア、ラオス、ロシア東部、中国にまで及びます。

トラの皮や骨などが目的で乱獲や害獣としての駆除で、個体数は激減しています。すでに3亜種が絶滅していて、生息地を自然保護区にしたりと、保護活動が行われています。

キリン

メラニズムのキリンの個体の写真です。このキリンも真っ黒というほどは黒くありませんが、他のキリンと比べると明らかに黒くメラニズムという事が分かります。

キリンは哺乳綱偶蹄目キリン科キリン属に分類される動物です。生息地は幅広く、アンゴラやウガンダ、ケニア、ザンビア、ソマリア、タンザニア、中央アフリカ共和国、ボツワナ、南スーダンなどになります。

構成が変動する緩い10~20頭の群れで生活していて、安全が確保されない状態では直立したままの状態で睡眠を取ります。食物である植物の葉から水分を摂取出来るので、水は基本的に飲まなくても生活出来ます。

オオカミ

メラニズムのオオカミの個体の写真です。雪の中にいるためか、黒さが際立っています。

オオカミは肉食目イヌ科イヌ族に分類される動物です。最近は近縁種も含めてオオカミと呼ばれますが、通常はタイリクオオカミのみを指します。タイリクオオカミも多数の亜種が確認されています。

オオカミは雌雄のペアを中心に群れ(パック)を作り、縄張りを持って生活しています。しかし群れに馴染めなかったり、争いに負けて単独で行動しているオオカミもいて「一匹狼」の語源となっています。

ゴリラ

メラニズムのゴリラの個体の写真です。ゴリラは元々黒っぽいので分かりにくいかもしれません。しかしアルビノのゴリラが存在するようにゴリラにもメラニズムは存在しています。

ゴリラは霊長目ヒト科ゴリラ族に分類される動物です。生息地はウガンダ、カメルーン南部、コンゴ民主共和国東部、中央アフリカ共和国南部、ルワンダ、アンゴラなどになります。

森林伐採などによる環境破壊や、食用での乱獲、内戦、感染症で生息数は激減しています。生息地は保護区になっている地域もありますが密猟が絶えません。絶滅の恐れも懸念されています。

アシカ

メラニズムのアシカの個体の写真です。本来のアシカはグレーがかった色をしていますが、メラニズムのアシカは墨を被ったように真っ黒な色をしています。目も黒いですね。

アシカは鰭脚類アシカ科に分類されるのですが、アシカの定義に揺らぎがあり未だにはっきりされていません。

  • 歴史的な資料(たとえば日本後紀や和漢三才図会)においてアシカ(あしか、海驢、葦鹿)に言及している場合、それはほぼ例外なくニホンアシカのことであり、これがこの言葉の原義ということになる。
  • アシカ科アシカ属の総称。ニホンアシカ、カリフォルニアアシカ、ガラパゴスアシカの3種が属する。なお、アシカ属に1種か2種しか認めない説もあり、それらの説に則る場合は「アシカとはアシカ科の1種のことである」や「アシカとはニホンアシカとカリフォルニアアシカの2種の総称である」(カリフォルニアアシカにガラパゴスアシカを含んでいる)と表現されることもあるが、意味するところは同じである。
  • 和名に「〜アシカ」と付く種の総称。アシカ属に加え、オーストラリアアシカとニュージーランドアシカを含む。ただし、分類学的なグループでも系統学的なグループでもない。
  • アシカ科アシカ亜科の総称。さらにオタリアとトドを含む。英語の「シーライオン sea lion」はほぼこの意味である。ただし、アシカ亜科は単系統ではなく系統学的には否定されたグループであり、「長い体毛を持たない」以外に顕著な共通点はない。
  • アシカ科の総称。さらにオットセイを含む。

(引用:Wikipedia)

アザラシ

メラニズムのアザラシの個体の写真です。アザラシも本来はグレーに近い色をしていますが、こちらのメラニズムのアザラシは真っ黒です。

アザラシは鰭脚類アザラシ科又はアザラシ亜科に分類される動物です。北海道では「トッカリ」とも呼ばれています。生息地は南極から北極圏まで広範囲に渡っています。

アザラシは一雄一雌型であったり、ハーレムを作って生活している種もあります。氷上で出産するアザラシは白い産毛で産まれ、保護色となっています。

ワニ

メラニズムのワニの個体の写真です。牙以外は全身黒で、光沢があります。彫刻の様に美しい姿をしています。

ワニはワニ目に分類される動物です。肉食性で水中生活に適応している爬虫類の総称です。淡水域の生態系のピラミッドで最高次消費者として君臨してきました。

生息地は熱帯から亜熱帯になり、25種が生息しています。高い咀嚼力を持ち、消化の助けをする他に、体重を調節するという目的で「石を食べる」習性があります。

メラニズムの馬の個体の写真です。毛並みが艶やかで美しい上に雄々しいですね。

馬は奇蹄目ウマ科に分類される動物です。社会性が強く、野生のものも家畜のものも群れを作って行動します。北アメリカ原産と言われていますが、野生の馬は数千年前に絶滅しています。

速力に優れていて人を乗せてもかなりの速度で走ることが出来ます。また知能も優れていて、人の声と表情を関連付けて人の感情を読み取ることが出来るという研究結果もあります。

シマウマ

メラニズムのシマウマの個体の写真です。隣にいる普通の個体と比べると体の部分が明らかに黒いです。縞模様もそんなに目立たなくなっています。

シマウマはウマ目ウマ科ウマ属に分類される中で白黒の縞模様のある動物です。和名はシマウマですが実際はロバに近い系統です。かわいい見た目とは違い、人に懐くことはほとんどありません。

ヌーやトピ、トムソンガゼル、などのレイヨウ類、キリンやダチョウなどと混群を作ることがあります。加齢と共に気性が荒くなるのが特徴です。

シカ

メラニズムのシカの個体の写真です。隣の小鹿には模様がはっきりと出ていますが、小鹿の模様もほとんど見えないほどに真っ黒です。

シカは鯨偶蹄目シカ科に分類される哺乳類の総称です。トナカイやヘラジカもこの仲間になります。草食性で、牛と同じように4つの胃を持っていて反芻で消化を行っています。

オスは角を持ちますが、メスは持たない種類の方が多いです。しかしトナカイは例外でオスメス両方が角を持っています。

ヘラジカ

メラニズムのヘラジカの個体の写真です。全身は真っ黒ですが、角だけが本来のヘラジカの色になっていますね。

ヘラジカは偶蹄目シカ科ヘラジカ属に分類される動物です。ヘラジカだけでヘラジカ属を形成しています。別名は「オオジカ」です。

シカ科の中で最大種であり、バイソン属よりも体高があります。夏場は単独か数頭の群れで生活しますが、冬場は10頭程の群れを形成して生活します。

キツネ

メラニズムのキツネの個体の写真です。しっぽの先だけ白いですが、他の部分は真っ黒です。

キツネは食肉目イヌ科イヌ亜科の一部に分類されます。広義では明確な定義はありませんが、イヌ亜科の数属を総称しています。

日本では古来からキツネといえばアカギツネの亜種であるホンドギツネを指していましたが、最近ではキタキツネも含むようになりました。

タヌキ

メラニズムのタヌキの個体の写真です。こちらもキツネ同様に前進真っ黒になっています。

タヌキは食肉目イヌ科タヌキ属に分類される動物です。元々極東のみに生息しているので、世界的に見ると珍しい動物になります。日本では都市部でもその姿を見ることが出来ます。

「狸寝入り」という寝たふりを表す言葉は、打たれてもいないのに銃声に驚いて気絶してしまい、猟師が持ち去ろうとすると起きて逃げてしまう、タヌキの臆病な性格から取られた言葉です。

ヒツジ

メラニズムのヒツジの個体の写真です。ヘラジカの角と違いヒツジは角まで真っ黒に染まっています。

ヒツジは鯨偶蹄目ウシ科ヤギ亜科に分類される動物です。主に羊毛を取るために家畜化されています。ヒツジもウシと同じように反芻動物ですが、比較的身体が小さく出来ています。

ヒツジの食性は幅広く、草だけではなく花や、木の皮、木の芽なども食べます。また視力に非常に優れていて、頭を動かさずに270~320°の視野があります。

サーバル

メラニズムのサーバルの個体の写真です。こちらも全身真っ黒で一目でメラニズムだと分かります。

サーバルはアフリカのサハラ砂漠以南に住むネコ科の動物です。耳と長い脚が特徴で、山に住んでいます。そのサーバルにはメラニズムに利点があるようで、体温の保温とカモフラージュに役に立っているそうです。

メラニズムのライオンはいる?

メラニズムのライオンはいるのでしょうか?写真だけ見るとメラニズムのライオンに見えますが、これは加工された写真だという事が分かっています。

メラニズムのライオンの個体は未だに発見はされていないようで、こうした加工の写真だけがネットに流れています。ネコ科の動物に多いというメラニズムですが、なぜライオンだけいないのかは不明です。

メラニズムの画像まとめ【小型動物編】

AlexanderStein / Pixabay

メラニズムの大型動物を紹介しましたが、次は小型動物のメラニズムを画像付きで紹介します。

メラニズムの猫の個体の写真ですが、この猫は普通のメラニズムとは少し違います。目はオッドアイ、体毛はハーフサイダーと呼ばれる毛色が半分違っているという珍しい猫なのです。

しかも顔の色と体の色が反転しています。これはハーフサイダーの中でもほとんどいないそうです。キメラと呼ばれる1例に挙げられる猫なのです。

メラニズムの犬の個体の写真です。目の中も真っ黒ですね。

犬は食肉目イヌ科イヌ属に分類される動物です。広義のイヌの範囲は広いですが、日本ではイエイヌに対して使われるのが一般的です。全世界には約4億匹の犬がいると言われています。

NEXT コアラ