伊良部秀輝の現在は自殺?死因や真相は?嫁・子供や生い立ちについて エンタメ

伊良部秀輝の現在は自殺?死因や真相は?嫁・子供や生い立ちについて

元メジャーリーガーの伊良部秀輝さんは、当時速球投手として有名でした。これまでの成績や年棒、活躍した動画なども紹介します。嫁は韓国人女性で、子供は2人います。伊良部さんの死因は自殺ですが、真相については不明です。そんな伊良部秀輝さんのことを紹介します。

目次

[表示]

伊良部秀輝は自殺した?死因は?

伊良部秀輝さんは、ロッテオリオンズから1位指名され、1995年には先発投手陣の三本柱として活躍し、ロッテ2位への貢献投手となりました。

その後メジャーリーグに移籍してからも、活躍し続けた伊良部秀輝さんでしたが、2011年7月27日、ロサンゼルス近郊の自宅で亡くなっています。伊良部さんの死因などについて紹介します。

伊良部秀輝のプロフィール!出身地は沖縄?ハーフ?【画像アリ】

伊良部秀輝さんは、1969年5月5日生まれ、兵庫県尼崎市出身のプロ野球選手です。生まれは沖縄県ゴザ市で、父親が在日アメリカ人兵士、母親は日本人のハーフとして生まれました。

香川県の尽誠学園高等学校の2年生と3年生の時に、全国高等学校野球選手権大会に出場しています。3年の夏の大会では、優勝候補といわれた浦和学院高校を破っています。

1987年のドラフト会議でロッテオリオンズから1位指名を受け、契約金5000万円で合意し入団しました。1994年には最多勝と最多奪三振のタイトル取り、1997年5月31日にヤンキースに入団しています。

伊良部秀輝が自殺?死に至るまでの経緯は?

composita / Pixabay

伊良部秀輝さんは、2005年3月に阪神タイガースを引退し、再びアメリカに渡り外国人永久移住権を取得して実業家になっていました。

伊良部秀輝さんは、2011年7月27日、ロサンゼルス近郊の自宅で首を吊って亡くなっているのを発見されています。

伊良部さんは、7月24日を最後に姿を消し、地元の警察の捜査では自殺とされました。また、検視官によると伊良部秀輝さんの血中からは大量のアルコールが検出されています。

2004年の引退後に渡米、うどんチェーン店を開店させる

FreeToUseSounds / Pixabay

伊良部秀輝さんは現役引退後に渡米し、高校時代の友人と共に、カリフォルニア州ロサンゼルスでうどんのフランチャイズチェーンを開業しました。

そのお店はロサンゼルス郊外にあり、日本人の庭師が多く住んでいた地域だったといいます。日本人が多く住み、当初は元メジャーリーガー伊良部のお店ということもあり人気になっていたそうです。

看板には「OSAKA NOODE」と書かれていていましたから、高校時代を過ごした四国ではなく大阪のうどんだったようです。地元の人の話しでは、日本人とメキシコ人がよく来ていたということです。

2008年にうどんチェーン店が廃業

geralt / Pixabay

2005年9月にうどん店を開業した伊良部秀輝さんでしたが、2008年にそのうどんチェーン店を廃業しています。

ネット上では高くてまずかったからだとの意見もありましたが、2007年に土地のリース契約が切れたこともあり、同時に廃業しています。

開店当初はお客も多かったようですが、徐々に経営がうまくいかなくなったのかもしれません。かなりの資産家だと予想される伊良部秀輝さんですから、うどん屋の廃業によるダメージは少なかったのではないでしょうか。

2008年8月20日、大阪のバーの店長を暴行して現行犯逮捕され起訴処分に

pixel2013 / Pixabay

伊良部秀輝さんは、2008年8月20日午前5時過ぎ、大阪北区のバーの店長を暴行して現行犯逮捕されています。

伊良部秀輝さんは、カードの支払いをめぐって店側ともめ、洋酒のボトルを投げるなどして暴れたそうです。その後伊良部さんは、起訴処分となりました。

2009年ヒザに負担がかからないフォームを編み出し、5年ぶりに現役復帰

KeithJJ / Pixabay

伊良部秀輝さんが、最初にプロ野球界を引退した理由に、膝の故障から来る痛みがありました。

しかし、現役時代の踵を浮かせたフォームから踵を地面に付けたフォームに変えたことで痛みが消え、新しい投球フォームで再度球界を目指すようになりました。

高知ファイティングドッグスへ入団するも1年で引退

伊良部秀輝さんは、日本で野球をしたいという気持ちががあり、2009年8月に独立リーグである高知ファイティングドッグスへ入団しています。

当時の月給は16万円しかなかったそうですが、それでも伊良部秀輝さんは日本で野球がしたかったのでしょう。

しかし翌月の9月に右手首腱鞘炎の症状に悩まされ、全治3週間と診断され復帰困難となったことで、伊良部さんは自ら退団を決意しました。高知での成績は2試合に出場し、0勝0敗で6奪三、防御率は5.25でした。

2010年アメリカにて飲酒運転の疑いで逮捕

jarmoluk / Pixabay

2010年1月19日、伊良部秀輝さんは自身のブログで2度目のプロ野球引退を報告しています。

また、同年の5月にロサンゼルスで飲酒運転によって逮捕されています。

2011年7月27日ロサンゼルス近郊にある自宅で死亡しているのを友人に発見される

qimono / Pixabay

伊良部秀輝さんは、2011年7月27日にロサンゼルス郊外の自宅で首を吊った状態で死亡しているのを友人によって発見されました。

28日に、ロサンゼルスの保安官事務所によって自殺であることが分かりました。詳しい直接の死因などは不明ということです。

伊良部秀輝は首を吊った状態で死亡(42歳没)、日本には29日に訃報が届く

ferobanjo / Pixabay

伊良部秀輝さんの訃報が日本に届いたのは、2011年7月29日でした。

一部の報道では、自宅にはワールドシリーズのチャンピオンやメジャーリーグの選手の組合IDカードがあり、伊良部さんだと確認されたそうです。

その後、殺人課による捜査と検死を行った結果、自殺と断定したと報じ、遺書などは見つかっていないそうです。

イチローに関する記事はこちら

伊良部秀輝が自殺した理由は何だったのか?死の真相は?

MiraviArt / Pixabay

日本のプロ野球界やメジャーリーグでも活躍した伊良部秀輝さんですが、どうして自殺してしまったのか、その理由について調べてみました。

経営不振や家族との不仲、球界に復帰できないことが自殺の原因と見られた

Free-Photos / Pixabay

伊良部秀輝さんは、うどんのチェーン店を開業し、最初は好調だったようですが、その後経営不振だったのかチェーン店を廃業しています。

しかし、伊良部秀輝さんにとって、うどん屋の廃業が自殺するほどのダメージだったことは考えにくいです。

また、自殺前は家族との折り合いも悪く妻や子供とも別居していて、それらが自殺の原因ではないかともいわれていました。

自殺の1ヶ月前から嫁・子供と別居していた?離婚説もあった

Free-Photos / Pixabay

伊良部秀輝さんは、自殺する1ヶ月ほど前から奥さんと子供と別居していて、離婚していたのではないかとも噂されていました。

伊良部秀輝さんの自殺には、そんな家族との不仲があったのではないかと噂されていますが、遺書もないので本当のことは分かっていません。

自殺直前の雑誌の取材では「日本に帰りたいけど、家族がアメリカでの生活を気に入っているから帰れない」といい、日本での生活を希望していたと見られています。

自殺の本当の原因は球界引退だった?

kelseyannvere / Pixabay

また、伊良部秀輝さんは日本のプロ野球界からコーチなどの誘いがなかったのは、現役時代の素行によるものだったようです。

伊良部さんは、日本のプロ野球界に未練がありましたが、その希望を断たれたことで気持ちが塞いでいたのではないかと見られています。

生前は少ないギャラで地方球場の解説をしていた

Skitterphoto / Pixabay

生前の伊良部秀輝さんは、自らテレビ局を歩いて「解説者として使ってくれ」と衛生放送の小さな制作会社にも足を運び、5万円という少なすぎるギャラで地方での解説を担当していました。

お金より野球との関わりがほしかった?

1848983 / Pixabay

メジャーリーガーだった伊良部秀輝さんが、5万円という少ないギャラで地方での解説を担当していたのは、お金に困っていたわけでなく、心底から野球に携わりたかったからだと考えられます。

転落人生が原因?今の自分に納得できずに自殺したという噂もある

PublicCo / Pixabay

伊良部秀輝さんは、高校時代から甲子園に出場して周囲から注目されるようになり、ロッテオリオンズから1位指名で入団し、憧れのメジャーリーグでも活躍しました。

伊良部さんにとって、野球だけが自分の全てだったのかもしれません。また、野球の才能は自他ともに認めていましたから、その気持ちが強かったようです。

才能はあっても実力は年齢と共に衰えて来ますが、分かっていながらそんな自分に納得できなかったのかもしれません。過去の栄光にしがみ付いていたことが、自殺につながったとしたら皮肉なことでしょう。

伊良部秀輝の生い立ち・人生は?

日本のプロ野球界や、メジャーリーグでも活躍した伊良部秀輝さんですが、そんな彼の生い立ちや輝かしい野球界での出来事など、その人生を振り返ってみました。

香川尽誠学園が野球の才能を認めてスカウト

manfredrichter / Pixabay

中学時代から伊良部秀輝さんは、ボーイズリーグ・兵庫尼崎に加入し、4番エースでしたが、その才能に目を付けた香川県の尽誠学園高等学校は、スカウトして入学が決まりました。

尽誠学園に通っていた時代に夏の甲子園へ出場、「四国の豪腕エース」と呼ばれた

尽誠学園に通っていた伊良部秀輝さんは、四国の豪腕エースとして騒がれ、高校2年生と3年生の時に、全国高等学校野球選手権大会に出場しました。

2年生の夏の大会では初戦で敗れ、3年生の夏に優勝候補とされた浦和学院高校に勝利し、3回戦の試合中に右手を痛めて常総学院高校に敗れています。

1年生の時に出場できなかったのは、先輩が暴行事件を起こしたことで1年間試合ができなかったからでした。

1987年のドラフト会議でロッテオリオンズに1位指名され入団

伊良部秀輝さんは、1987年のドラフト会議でロッテオリオンズから1位指名を受け、契約金5000万円で入団を決めました。

1993年球速158km/hを記録!当時最速だった

伊良部秀輝さんは、入団直後から1軍の投手として活躍し、それまで弱小チームだったロッテオリオンズを蘇らせました。

1993年5月3日には、西武ライオンズにいた清原和博さんと対戦し、当時の最速である158km/hを記録しました。この時の様子は平成の名勝負として今も語り継がれています。

1994年先発ローテーションに固定、好成績を出した

ulrichw / Pixabay

伊良部秀輝さんは、1993年シーズン後半から7連勝を記録し、1994年からはローテーション投手として好成績を残してます。

最優秀防御率を二年連続で記録、球界を代表する投手に

Free-Photos / Pixabay

1994年、伊良部秀輝さんは最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得し、1995年には先発投手陣の三本柱として活躍し、ロッテ2位への貢献投手となりました。

同年のファン投票でオールスターゲームに出場し、2年連続最優秀防御率との最多奪三振のタイトルを獲得しています。

高校時代から不良?ロッテからメジャー時代までトラブルが多かった

andreas160578 / Pixabay

伊良部秀輝さんは、高校時代から悪童として知られ、ロッテ時代からメジャー時代まで激しやすい性格だったために、トラブルも多かったそうです。

降板された不満で、グローブと帽子をスタンドに投げ入れたり、ファンのブーイングに対し唾を吐いたりもしています。

1996年オフFA権を保有しないままヤンキース入りを直訴して騒動に

geralt / Pixabay

1996年のオフに、メジャーリーグへの移籍を希望し、FA(フリーエージェント)権を保有しないままヤンキース入りを直訴し問題となりました。

ロッテは伊良部の保有権をサンディエゴ・パドレスに譲渡

伊良部選手のニューヨーク・ヤンキース入団希望に対し、ロッテ側は、提携球団であるサンディエゴ・パドレスに、伊良部選手の保有権を譲渡する契約を交わしました。

NEXT:ヤンキースへの入団にこだわり、三角トレードで1997年5月ヤンキース入団
1/3