こげんた事件とは?福岡猫虐待事件の概要と犯人の写真、現在は? 社会

こげんた事件とは?福岡猫虐待事件の概要と犯人の写真、現在は?

目次

[表示]

数日中二2ちゃんねらーにより解析、写真分析がされ通報が殺到

geralt / Pixabay

事件当時の2チャンネルは、電子掲示板では日本最大級と言われ、事件の翌年の利用者は700万人以上といわれました。犯人はこれだけの人々を敵に回してしまったのです。

この2チャンネルを利用する「2ちゃんねらー」と呼ばれる多くの人の中には、いろんな人たちが介在しており、情報収集や高度な解析技術を持て余している人も多くいました。

この中には特殊な方法を用いて個人を特定する能力を持つ「特定班」と呼ばれる正義の味方がいて、書き込みや画像を解析しています。数日中には犯人が特定され、通報が殺到する結果となりました。

5月22日福岡県警に書類送検された

BookBabe / Pixabay

こうした動きがメディアにも取り上げられて、警察も動かざるを得なくなります。犯人の地元の福岡県警と、警視庁までが動きだす事となり、刑事事件として取り上げられたのです。

その結果、5月22日に「ディルレヴァンガー」こと松原潤被告が、動物愛護法違反の容疑で書類送検される事になりました。

こげんた事件の詳細・逮捕後の展開

ネット上で行われた行為が、事件として取り上げられた後、どのような力が働き解決に至ったのか、またその後のメディア等の反応についてもご紹介いたします。

逮捕後、松原は「反響が多くてびっくりしている」と供述

Mandyme27 / Pixabay

逮捕された松原被告は、「反響が大きすぎてびっくりしている」と供述の中で語っていますが、多くの2チャンねらーにとっては普通の反応であり、彼の行為の方がビックリするものです。

「猫は逃がした」?

gdakaska / Pixabay

犯人は逮捕された際に「猫は逃がした」と供述しましたが、画像を目撃した2ちゃんねるの利用者等からは信用されてもらえず、供述は「嘘」だと断定されています。

猫が生きているとは考えにくく、松原へ刑事責任を求める署名運動が

capotian / Pixabay

画像を分析した「特定班」などからも、「猫が生きていたとは思えない」といった意見が多く挙がり、刑事事件として扱われるのが相当であると考え、刑事訴追を求める署名活動へと発展します。

事件を知った人々が警察へ逮捕を求める嘆願書が殺到

Andrys / Pixabay

そして、メディアなどから事件の内容を知った人たちからも犯人逮捕を求める声が上がり、広島県警にたくさんの嘆願書が送られました。

こげんた事件に関するウェブサイトが乱立した

Broesis / Pixabay

こうした動きに連動して、犯人の個人情報がネット上の多くの場所で公開される事となり、「こげんた事件」に関わるウェブサイトが乱立する事になります。

これらのウェブサイトは事件の署名活動の拠点にもなった

「こげんた」の為に作られたウェブサイトは、事件解決への活動拠点となり、広報および署名などの中心地点として利用されました。

また、未公開とされていた犯人の個人情報についても、血も涙もない行為に及んだ犯人を守る必要はないという考えも多く、社会的な制裁も受けるべきだという事で、情報は公表される方向に進みました。

最終的に署名は3000通を超えた

geralt / Pixabay

福岡県警のもとには多くの嘆願書が届きましたが、その数は逮捕と実刑を求めるものを合わせて全部で3000通を超えるものだったと言われています。

松原は「ペット嫌い板」でハムスター虐待の様子を文章で書き綴っていた

Free-Photos / Pixabay

犯人へ厳罰を求める声が増えた理由に、警察の尋問に対する言い訳や嘘のような発言も影響しています。

「はさみや紐は引越しのために購入した」「酔っていて、かっとなって」 「目立ちたかった」「猫は逃がした」

(引用:wikipedia)

こうした発言に対しネットユーザーの間では、使用された「波板ばさみ」は工事現場で使う専用工具である事や、スレッドの書き込み時間が長く虐待も内容を延々と書き込むなどの悪質さを指摘しています。

更に犯人は「ペット大嫌い板」にて、以前からハムスターを虐待する様子も文章にして頻繁に書いていた事も調査済みであり、より重い刑が求められたのです。

8月7日証拠隠滅の恐れがあるため逮捕

上記のような嘘や不審な点が指摘され、「証拠隠滅を働くおそれがある」ことから、8月7日に福岡県警によって犯人は逮捕されています。

当時、動物虐待で刑事告訴されるケースは異例だった

katielwhite91 / Pixabay

松原被告は、逮捕後に福岡地検によって起訴され、法で裁かれる事になりました。事件当時は、「動物虐待」を理由に刑事告訴されるという例は殆ど無く、かなり特別な事件だと言えます。

福岡地検の説明では、「極めて悪質で、社会的影響も大きい」という理由から起訴に至ったとされました。

福岡県警が獣医師に写真鑑定で依頼し、猫の死亡が確認され逮捕された

3dman_eu / Pixabay

また、猫の生死については犯人の供述の真偽を見極めるものでもあることからも、福岡県警は専門の獣医師に画像の鑑定を依頼しています。書類送検の対応を急遽変更したものです。

そして鑑定を行った結果、専門獣医師より「猫の死亡」が確認されています。

その後、松原は猫の殺害を認めた

stevepb / Pixabay

その後、松原被告の「猫は逃がした」という証言と、鑑定結果の相違を指摘した取り調べにおいて、松原被告は猫を殺害したことを認めています。

なお松原被告の供述では、犯行後に近くの川に「こげんた」の遺体を捨てにいったとする証言があったとも言われています。「ペット葬」の際に遺骨があったかという詳細な情報も見つかりませんでした。

探偵ファイルがペット葬を執り行った

事件の経過と殺害人物像を追いかけていた「探偵ファイル」というサイトが立ち上がり、犠牲になった猫のために僧侶を呼んで「ペット葬」を行いました。

僧侶に猫に「こげんた」という戒名を付けてもらった

犠牲になった猫は野良猫であることが探偵ファイルの調査で明らかになっていました。

猫には名前がなかったため、僧侶によって「こげんた」という戒名をつけてもらい、以降はサイト等でも「こげんた」の名前が使われ定着しました。

インターネットで広まったことでマスメディアも反応

geralt / Pixabay

インターネット上で大きく拡散していったことで、マスメディアも素早く反応しました。

テレビ、新聞などでも報道され注目を集めた

joshborup / Pixabay

事件として騒動になったことも影響し、テレビや新聞でも取り上げられるようになります。これにより、民衆の注目を集めるとともに、大きな波紋を呼び議論も交わされました。

こげんた事件の犯人・松原潤の生い立ち

nattanan23 / Pixabay

こげんた事件の犯人として逮捕された松原潤の生い立ちを調べてみました。

名前は松原潤

  • 名前:松原 潤 (事件当時27歳)
  • 生年:昭和50年生まれ
  • 高校:広島県呉市三津田高校卒業
  • 大学:九州大学工学部物質科学工学科機能物質化学クラスをH10年度卒業
  • 職業:事件当時-無職

事件当時27歳だった松原潤は、事件後にはネット上の有名人となっており、別名「まつじゅん」とも呼ばれています。事件当時はネット上のハンドル名は「ディルレヴァンガー」を使っています。

これは、ドイツ・ナチスの将官れの名前で、フルネームは「オスカール・ディルレヴァンガー」と言います。武装親衛隊の中での、犯罪者を兵隊化した特殊な部隊を率いていたとされる人物です。

隊員たちも粗暴な犯罪者ばかりだったようですが、率いる将官もそれ以上に暴力的且つ異常な性癖を持ち、犯罪者の隊員たちからさえ嫌われる人物だったと言われています。

広島県呉市三津田高校を卒業

彼は広島県に生まれ育ち、県内呉市の三津田高校を卒業後しています。

九州大学工学部物質科学工学科機能物質化学クラスを卒業

高校卒郷後に、九州大学工学部物質科学工学科に入学し、機能物質化学を専攻しています。しして平成10年に大学を卒業しています。

光学機器メーカーに務めるが職場でリストラが進む

Elionas / Pixabay

大学卒業後は、光学機器メーカーに就職していますが、配属された職場でリストラが進んでいる状況でした。

社内の雰囲気に耐えられなくなり退職

geralt / Pixabay

こうした会社の状況が背景にあり、社内の雰囲気に耐えられず辞職を決意して退職します。

虐待は退職後に行われた

Duszkolandia / Pixabay

就職時の蓄えを食いつぶして生活していた27歳の時に、松本は虐待事件を起こしています。もちろん事件当時は無職です。

松原潤がこげんた事件をおこした動機

ElisaRiva / Pixabay

彼は逮捕時に事件の動機とも思われる供述をしていますが、その供述には偽りも多かったため、あらためて彼が事件を起こした理由を追求してみます。

餌を与えたら糞をされたため?

Alexas_Fotos / Pixabay

彼の供述の中にもありますが、「猫が糞をした為に憎悪が湧いた」と、非常に浅はかで無分別なことを動機として語っています。

また、本心かは分かりませんが、可愛いと思って連れ帰ったとも言っていますが、そのあとに浴槽に猫を連れていき犯行に及んいる事には大きな矛盾を感じます。

ネット上で騒がれたかった?

mohamed_hassan / Pixabay

彼は「目立ちたかった」と供述しており、公判においても「ネット上で騒がれたかった」と言っています。注目を集めるための悪ふざけ行為が、一般人の道義的な心に火を付けることになりました。

NEXT:松原潤のその後
2/4