双極性障害が噂される有名人・芸能人は誰?うつ病との違いは? エンタメ

双極性障害が噂される有名人・芸能人は誰?うつ病との違いは?

目次

[表示]

双極性障害あるあるってどんなことがある?

geralt / Pixabay

双極性障害の人にみられる「あるある」をまとめてみました。

好奇心旺盛で想像力が豊か

双極性障害のある有名人の中でも色々な才能を開花させている方がいるように、「既存の概念にとらわれない発想」ができるひとが多い傾向にあるのではないでしょうか?

たとえば、文豪でいえば「宮沢賢治」や「太宰治」など、常人では考えられない創造力から作品をつくり、多くの人たちから共感されているのです。

昨日は出来たけど今日はできない

躁状態のときはできたけど、うつ状態に入ると出来なくなってしまう、よくあることではないでしょうか?それは突然訪れて急に出来なくなってしまうそうです。

例えると、岡村隆史さんはファンにサインを求められても「あれ?」と忘れてしまうことがあったように、いままで出来たことが出来なくなってしまうのです。

躁は気づかない

RobinHiggins / Pixabay

少しイライラするなどいつもと少し違うなどには本人はなかなか気づかないようです。また、躁状態が本来の自分と勘違いしてしまうので、周りの協力が必要なのだそうです。

特にⅡ型の双極性障害は気づきにくいそうです。

どんな病気なのか理解されづらい

geralt / Pixabay

双極性障害は躁と鬱を繰り返す病気です。周りから見たら「浮き沈みの激しい人」として見られがちです。

気分があがったり下がったりすることは誰にでもあることで、なんでいきなり暴力的になるの?と未だに理解されにくく社会的偏見がある病気です。

双極性障害は天才が多い

qimono / Pixabay

いままで、有名人や芸能人を取り上げてきました。そこには文豪をはじめ天才と言われる人たちの名前があげられました。双極性障害と天才にはなにか関連があるのでしょうか?

双極性障害と言われる天才たち

  • ベートベン(音楽家)
  • シューマン(音楽家)
  • ヘミングウェイ(作家)
  • ミケランジェロ(彫刻家)
  • ゲーテ(作家)
  • リンカーン(政治家)
  • チャーチル(政治家)

他、多数天才と言われる人たちの名前が挙げられました。

双極性障害と天才的能力の関係

双極性障害の特徴にエンパシー(共感)とクリエイティビティ(創造力)を持ち合わせているという点です。他人の気持ちを察することが出来て「仲間」「同士」を作る能力が高いのです。

また、社交性もあり集団のリーダーになれる素質があります。集団のもつ問題発見や解決能力にも優れておりクリエイティビティな能力に長けているのです。

しかし双極性障害は天才病ではない

Comfreak / Pixabay

勘違いしてはいけないのは決して双極性障害は天才病でなないということです。まれに躁状態のときの行動が上手く行った例はあるのかもしれません。

しかし、躁状態は病気の状態なので終わりが来ます。その後にはうつ状態になり、躁状態が激しければ激しいほどうつ状態は強い物になるそうです。

そのとき、自殺をしたくなる人も少なくないそうです。そのような最悪の事態は避ける為にも双極性障害の病気としての知識を正しく持たなければなりません。

障害に対する理解を深めよう

Larisa-K / Pixabay

双極性障害と噂される有名人や芸能人から双極性障害の特徴まで見てきました。双極性障害は脳の病気であり、時として偉人となるひともいます。

しかし、実際に双極性障害になっている人たちは躁とうつに悩まされ日々つらいおもいをしながら生活されているようです。

私たちは障害に対する理解を深め、障害のある人たちが生活しやすい環境をサポート出来るようにしていきたいものです。

関連する記事

3/3