1961年生まれは誰?芸能・スポーツと各界で活躍する有名人まとめ

今年で58歳を迎える1961年(昭和36年)生まれの丑年の人ですが、俳優や女優、スポーツ選手やタレントなど、多くの人が第一線で活躍しています。1961年生まれの芸能人やスポーツ選手、海外の有名人などをジャンル別にまとめました。

1961年生まれの有名人と芸能人一覧【俳優編】

Pexels / Pixabay

1961年生まれで、今年で58歳を迎える俳優さんは多く活躍しています。1961年生まれの俳優さんをまとめました。

柳葉敏郎(1月3日)

1961年1月3日生まれの柳葉哲郎さん。秋田県大仙市出身で、融合事務所所属です。結婚しており、1男1女に恵まれ、娘が小学校に入学前に、故郷である秋田に移住し、仕事のたびに上京する生活を送っています。

18歳の時に「スター誕生!」へ出場しますがあと僅かのところで落選、これをきっかけに上京して「劇団ひまわり」に入団します。その後「劇男零心会」に加わり、「一世風靡セピア」を結成し、歌手デビューします。

1983年9月より「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」に良川先生としてレギュラー出演、1988年以降はトレンディドラマに出演して、元祖トレンディ俳優となっています。

山田雅人(1月22日)

1961年1月22日生まれの山田雅人さん。大阪府大阪市大正区出身で、山田企画所属です。結婚しており、1女を授かっています。過去にテレビの企画で東大受験して以来、その後7浪しているそうです。

16歳の時に歌を始め、22歳の時に松竹芸能の関係者にライブハウスでスカウトされます。事務所に所属した数カ月後に初のリポーター出演が決定しています。情報番組「おはよう朝日です」で一躍有名になりました。

黒田アーサー(2月1日)

1961年2月1日生まれの黒田アーサーさん。アメリカ合衆国サンフランシスコ州出身で、エクセリング所属です。2007年に結婚するも2008年に離婚、2011年にには黒田志保さんと再婚しています。

1982年にドラマ「名犬ゴローの冒険 ビバ!カナダ」で俳優デビューし、1986年には「Angel Baby c/w 雨にぬれて」をリリースします。1990年代にはトレンディドラマでブレイクしました。

「たまな めい」名義で1979年から1982年までの3年間、宝塚歌劇団で活躍した黒田メーベルさんは2歳年上の実姉に当たります。

高橋克実(4月1日)

1961年4月1日生まれの高橋克実さん。新潟県三条市出身で、シス・カンパニー所属です。1995年に女優の兎本有紀さんと結婚しますが1999年に離婚、2011年に一般女性と再婚して1男1女を授かります。

松田優作さんに憧れて俳優を志し、1987年に「劇団離風霊船」に入団し、映画「ウェルター」の端役で映画デビューしています。1993年にドラマ「トーキョー国盗り物語」ドラマ初出演をしています。

1990年代のドラマ「ショムニ」の寺崎人事部長役でのブレイクし、2000年代の「トリビアの泉」での司会が話題となり、現在では情報番組「直撃LIVE グッディ!」ではキャスターを務めています。

今井雅之(4月21日)

1961年4月21日生まれの今井雅之さん。兵庫県城崎郡日高町出身で、元オスカープロモーション所属の俳優です。2014年末に腸閉塞で体調を崩し、大腸癌を公表、闘病の末2015年5月28日に死去しました。

高校卒業に俳優を目指しますが、父親の意向から約2年間自衛隊に所属後、法政大学文学部を卒業します。1986年には「MONKEY」で演劇デビューを果たします。

1995年の映画「静かな生活」で日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞しています。様々なドラマや映画、演劇などで活躍しますが2014年に病に倒れてからは、闘病しながらも熱心に俳優を続けていました。

渡辺徹(5月12日)

1961年5月12日生まれの渡辺徹さん。栃木県小山市出身で、文学座映画放送部所属です。城西国際大学メディア学部の特任教授も務め、1987年にアイドルの榊原郁恵さんと結婚して2男の父親です。

高校卒業後の1980年に文学座附属演劇研究所本科に入所し、翌年には文学座研修科の研究生になります。1981年のドラマ「太陽にほえろ!」の竹本淳二/ラガー刑事役でデビューし、一躍人気者となりました。

1982年には「彼〈ライバル〉」で歌手デビューしており、1985年には文学座座員となります。子供の頃より肥満体系であったが、榊原さんの献身によりダイエットに成功するも、再度太る生活を続けていました。

哀川翔(5月24日)

1961年5月24日生まれの哀川翔さん(本名は福地 家宏)。徳島県徳島市出身で、ビンゴ所属です。1995年に元女優の青地公美さんと結婚、青地さんの連れ子2男1女と青地さんとの実子1男1女の父親です。

「劇男一世風靡」に所属し、1984年に「一世風靡セピア」のメンバーとして「前略、道の上より」でデビューしています。1986年に「青の情景」でソロデビューし、1988年にはドラマ「とんぼ」に出演します。

1967年1月16日に発生した航空自衛隊所属のヘリコプター接触事故で航空海上自衛隊所属のパイロットだった父親を亡くし、臨月だった母親の代わりに、当時5歳の哀川さんが父親の亡骸に対面しています。

遠藤憲一(6月28日)

1961年6月28日生まれの遠藤憲一さん。東京都品川区出身で、エンズタワー所属です。1990年に元タレントの女性と結婚しており、子供はおらず、妻は所属事務所の社長兼マネージャーです。

横浜商工高校を中退し、電車の中吊り広告で見たタレント養成所に入所しています。20歳の時に劇団無名塾に合格するも10日で離脱、その後は劇団フジの東京宝映に移籍し、22歳でドラマデビューしています。

役者として食べていけるようになるのは29歳の頃で、2002年の第16回「高崎映画祭」最優秀助演男優賞や2015年第1回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」主演男優賞など、数々の賞を受賞しています。

近藤芳正(8月13日)

1961年8月13日生まれの近藤芳正さん。愛知県名古屋市瑞穂区出身で、松竹エンタテインメント所属です。1996年に結婚していますが、2003年に離婚しています。子供はいない様です。

1976年に「中学生日記」でデビューし、高校卒業と同時に俳優を目指し、俳優の湯浅実さんの元で俳優の修行を始めています。2001年には近藤さんプロデュースの「劇団♬ダンダンブエノ」を立ち上げています。

中井貴一(9月18日)

1961年9月18日生まれの中井貴一さん。東京都世田谷区出身で、オフィス貴貴所属です。俳優の佐田啓二さんを父に、女優・エッセイストの中井貴惠さんを姉に持ちます。2000年に一般女性と結婚しています。

高校時代はテニス少年で、父親の17回忌法要で映画監督の松林宗恵さんにスカウトされます。1981年公開の映画映画「連合艦隊」でデビューしており、同作品では日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。

1983年放送のドラマ「ふぞろいの林檎たち」で人気を博し、1988年放送のNHK大河ドラマ「武田信玄」で主役を演じ、1983年「エランドール賞」新人賞や1989年「松尾芸能賞」優秀賞等を受賞します。

相島一之(11月30日)

1961年11月30日生まれの相島一之さん。埼玉県熊谷市出身で、藤賀事務所所属です。2007年に同じ劇団の方と結婚しており、2児の父親です。妻は福島三郎さんのマネージャーをしています。

立教大学法学部の卒業生で、在学中に学生劇団「劇団テアトルジュンヌ」に所属しており、1987年に三谷幸喜さんが立ち上げた「東京サンシャインボーイズ」へ入団しています。

2008年に「ジスト」を患い、腫瘍の摘出手術を受けています。

1961年生まれの山田雅人に関連する記事はこちら

1961年生まれの有名人と芸能人一覧【女優編】

Free-Photos / Pixabay

1961年生まれで、今年で58歳を迎える女優さんは多く活躍しています。1961年生まれの俳優さんをまとめました。

石野真子(1月31日)

 

1961年1月31日生まれの石野真子さん。兵庫県出身で、フロム・ファーストプロダクション所属です。1981年に長渕剛さんと結婚、1983年に離婚、1990年に広岡瞬さんと結婚、1996年に離婚します。

中学3年生から歌のレッスンに通い、1977年に「スター誕生!」に合格し、バーニングプロダクションに所属します。 1978年に「狼なんか怖くない」で歌手デビュー、映画「九月の空」で女優デビューします。

1978年には「日本レコード大賞」新人賞や「日本テレビ音楽祭」優秀新人賞など多くの賞を受賞し、トップアイドルとして活躍していましたが、長渕剛さんとの結婚期間は家庭の為に芸能活動を引退していました。

青地公美(2月25日)

1961年2月25日生まれの青地公美さん。北海道札幌市出身の元女優で、俳優の哀川翔さんの妻で所属事務所社長です。2度の離婚歴と2男1女の子供がおり、1995年に哀川さんと結婚し1男1女を出産します。

1979年にミス・ユニバースの北海道代表に選出され、1981年公開の映画「女子大生の基礎知識 ANO ANO」に主演しています。1995年に哀川さんと結婚して以降は社長業に専念している様です。

2009年4月11日には哀川さんと「2009 よい夫婦の日 ナイス・カップル大賞」を受賞しています。

岡安由美子(2月25日)

1961年2月25日生まれの岡安由美子さん。東京都出身で、株式会社愛企画所属です。ストリートのパフォーマンスチームである「秘密結社G」のメンバーで、「オールナイトフジ」の司会を務めていました。

1990年にはカーレースのA級ライセンスを取得し、カーレーサーとして活躍しています。現在は自身のレースチームである「ハートインハートレーシングチーム」の監督を務めています。

浅野温子(3月4日)

1961年3月4日生まれの浅野温子さん。東京都大田区蒲田出身で、生島企画室所属です。1983年に作詞家の魚住勉さんと結婚し、長男はNHKのアナウンサー魚住優さんです。

15歳の時に映画「エデンの海」で女優デビューし、1983年公開の映画「陽暉楼」で日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞します。1986年放送のドラマ「あぶない刑事」に真山薫役でレギュラー出演します。

1988年放送のドラマ「抱きしめたい」では浅野ゆう子さんと「W浅野」と呼ばれ、人気者となりました。

斉藤とも子(3月14日)

1961年4月14日生まれの斉藤とも子さん。兵庫県神戸市北区出身で、アニマ・エージェンシー所属です。1987年に芦屋小雁さんと結婚し、1995年に離婚しています。

小学6年生の頃から芸能界を志し、1976年放送のドラマ「明日への追跡」で女優デビューしています。1978年のトーク番組「若い広場」で注目を集め、数多くの学園ドラマで優等生の生徒役を演じました。

1995年にスラムの生活を見て共感を覚え、1999年に東洋大学社会学部社会福祉学科へ合格、その後東洋大学大学院へ進学しています。日本ジャーナリスト会議市民メディア賞などを受賞しています。

手塚理美(6月7日)

1961年6月7日生まれの手塚理美さん。東京都大田区出身で、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属です。1990年に俳優の真田広之さんと結婚して2男に恵まれますが、1997年に離婚しています。

小学生からジュニアモデルとして活動しており、中学1年生の時に不二家の2代目マスコットガールに選出されて本格的に「手塚さとみ」名義で芸能界デビューしています。

1978年の映画「正午なり」、雑誌やグラビアモデルなどで人気を博しました。1981年にはヌード写真集を発表、以降は女優業を主に1982年のNHK連続テレビ小説「ハイカラさん」でヒロイン役を務めました。

斉藤慶子(7月14日)

1961年7月14日生まれの斉藤慶子さん。宮崎県小林氏出身で、太田プロダクションです。1997年に結婚し長女を出産して2008年に離婚、2011年にショップジャパン創業者の中村規脩さんと再婚します。

勉学に優秀に長けており、熊本大学教育学部に入学しますが、大学在学中の1982年に日本航空「JAL沖縄キャンペーンガール」に選出され、仕事に忙しくなり大学を中退、これをきっかけに芸能界入りしています。

同じ大学出身の女優の宮崎美子さんが人気絶頂の時期でもあった為に「宮崎美子2世」とも呼ばれており、1994年に「東雲楼 女の乱」で日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞しています。

藤吉久美子(8月5日)

1961年8月5日生まれの藤吉久美子さん。福岡県久留米市出身で、劇団青年座映画放送所属です。1987年に歌舞伎役者の坂東正之助さんと結婚し1992年に離婚、1995年に俳優の太川陽介さんと結婚します。

高校時代にモダンダンスに魅せられ、大学進学後に「劇団☆新感線」に入団、大学在学中に1982年放送のNHK連続テレビ小説「よーいドン」のヒロインに選出され、仕事の忙しさから大学と劇団を中退しています。

1児の母親で、食育に非常に関心が高く、2004年の「第1回・食を考える国民フォーラム」でパネリストとして参加しています。2017年に不倫大阪・朝日放送のプロデューサーとのダブル不倫で話題となりました。

高橋ひとみ(8月23日)

1961年8月23日生まれの高橋ひとみさん。東京都出身で、ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属です。2013年に一般男性と交際2ヶ月のスピード結婚をしています。

17歳の時に寺山修司さん演出の舞台のオーディションを受け、舞台「バルトークの青ひげ公の城」でデビューし、男性雑誌でのグラビアやセクシーショットも披露していました。

同期の三上博史さんや、過去に共演歴のある手塚理美さんや中井貴一さん、専属メイク担当でIKKOさんなどと仲が良く、大の犬好きで幼少から現在まで犬を飼っているそうです。

岡田美里(8月24日)

1961年8月24日生まれの岡田美里さん。東京都港区出身で、オスカープロモーション所属です。1989年にタレントの堺正章さんと結婚し、2女を出産しますが、2001年に離婚しています。

父は俳優のE・H・エリックさん、叔父は俳優の岡田眞澄さん、長女はデザイナーの栗原菊乃さん、次女は女優の堺小春さんという芸能一家です。高校在学中から雑誌「ポパイ」やCMなどのモデル活動をしていました。

大学卒業後にスポーツキャスターなどのタレント活動を開始しており、1998年にライフスタイルスクール「Atelier Millie Millie」を開講し、カリスマ主婦として活躍しています。

松田美由紀(10月6日)

1961年10月6日生まれの松田美由紀さん。東京都出身で、オフィス作所属で、代表取締役です。18歳の時には既に結婚しており、俳優の松田優作さんとのW不倫の末に1983年に松田さんと結婚しています。

1989年に松田さんが癌で亡くなりますが、長男の龍平さん、次男の翔太さん、長女のゆう姫さんは皆芸能活動をしています。10代からモデル活動をし、1979年に「金田一耕助の冒険」で女優デビューしています。

2014年には映画「2つ目の窓」が第67回「カンヌ国際映画祭コンペティション部門」に正式出品され、レッドカーペットを歩いています。現在は、写真家としても活動しています。

賀来千香子(10月17日)

1961年10月17日生まれの賀来千香子さん。大阪府枚方市出身でテアトル・ド・ポッシュ所属です。1994年に俳優の宅麻伸さんと結婚しますが、2012年に離婚しています。俳優の賀来賢人は甥のあたります。

中学から短大まで美術系の学校であり、経歴を生かしてジュエリーブランドを持っています。原宿にて高校3年生の時にモデルとしてスカウト、短大時代には雑誌「JJ」でモデル活動をしていました。

1982年に「白き牡丹に」というドラマで女優デビューし、以降人気ドラマに次々と出演します。1992年のドラマ「ずっとあなたが好きだった」でのマザコン男を夫に持つ妻の役を演じ、代表作となりました。

塩田朋子(10月26日)

1961年10月26日生まれの塩田朋子さん。福岡県出身で、文学座所属です。1984年に文学座研究所に入所し、初舞台は1987年の「THE MERCHANT-商人-」、1989年に座員となっています。

主に舞台俳優として活動し、声優としても活動しています。名探偵コナンの岡野利香役や土佐林アキ役、機動戦士ガンダムUCのマーサ・ビスト・カーバイン役、この世界の片隅にの小林の叔母役などを担当しています。

また吹き替えとしても活躍しており、エマ・トンプソンさんやケイト・ブランシェットさん、ダイアン・レインさんなどの吹き替えもしています。

1961年生まれの有名人と芸能人一覧【タレント編】

DanaTentis / Pixabay

1961年生まれで、今年で58歳を迎える有名人や芸能人は多く活躍しています。1961年生まれの有名人や芸能人をまとめました。

泰葉(1月17日)

1961年1月17日生まれの泰葉さん。東京都出身で、泰葉エンターテイメント所属です。初代林家三平さん娘で、1988年に春風亭小朝さんと結婚、2007年に離婚しています。

幼少のころからクラシックを学び、1981年に「フライディ・チャイナタウン」でシンガーソングライターデビューしています。2018年に自己破産したことをブログで発表しています。

上島竜兵(1月20日)

1961年1月20日生まれの上島竜兵さん。兵庫県丹波市春日町出身で、太田プロダクション所属のダチョウ倶楽部のボケ担当です。1994年に元お笑い芸人の広川ひかるさんと結婚しています。

体を張ったリアクション芸人として有名で、怒って帽子を叩きつけるリアクションが持ちネタです。本来は役者志望であり、青年座研究所やテアトル・エコー附属養成所に所属しています。

服部真湖(2月17日)

1961年2月17日生まれの服部真湖さん。東京都中央区出身で、オスカープロモーション所属です。ニューヨーク在住の1987年に結婚し、長女を出産しますが、帰国後の2017年に離婚しています。

1978年にカネボウ化粧品キャンペーンガールとしてデビューし、CMなどにも引っ張りだこでした。現在は得意な日舞など生かして、東京広尾の香林院で、指導者として活躍しているそうです。

NEXT 山田幸伸(2月18日)